米国株投資から約1年!!運用状況を報告します。

夏に間に合うように
春先から取り掛かって
ポートフォリオに
納得いくまで
何度もやり直して
うちもとうとう
米国株投資
はじめました~

どうも、AMEMIYAです。

hideです。

僕は将来受け取れる年金が少ないことがすでに分かっているので、それを補う毎月のキャッシュフロー作りに励んでいます。

それが、米国株への投資です。

将来的には、年金と配当金、その他の不労収入もしくは労働収入でのんびり暮らせればいいなぁと考えています。

今回は、僕の米国株投資の運用状況を報告したいと思います。

スポンサーリンク

トータルリターン

僕が投資しているのは、配当再投資に適した(と思っている)大型優良高配当企業です。

ぶっちゃけますと、米国株投資を始めるきっかけとなったバフェット太郎氏の影響を強く受けたポートフォリオになっています。

氏は辛辣な物言いでアンチも多いようですが、言っていることは真っ当だと思います。

で、僕はトータルリターンの計算方法がイマイチよく分かっていません。

追加投資した分や、配当を再投資した分などを含めたりすると、何をどう計算すれば正しい結果になるのかがチンプンカンプンです。

数学どころか算数ですらまともにできない知能がここで発揮されていることを痛感します。

しかし、トータルリターンを知ることが目的ではないので、別にええやんって思ってます。

ついでに言えば、S&P500などの成績と比較するのもとくに意味はないかと。

だって、競争してるわけちゃいますからね。

ということで、これまでの配当金込みの運用状況(推定)です。

結果を見て

現在、僕が米国株で運用しているのは約500万円です。

もともとドルベースでの記録をしていなかったので、円ベースの記録しかありませんでした。

米国株投資を開始した直後は、リターンは少しマイナススタートでしたね。

その後、トランプ大統領の就任によって株価が上昇し、リターンも大幅に増加。

2017年もほぼ上がり続ける相場だったので、じわじわと資産も増加しています。

12ヵ月目に資産がガクンと減っているのは、実家の問題でまとまった現金が必要になり、一部保有していた株式を売却することになったからです。

そして、14ヵ月のトータルリターンは+12.29%でした。(多分)

この結果が良いのか悪いのかはよく分かりません。

しょせんは1年程度の結果なので、気にしてもしゃあない。

現状では、税引き後で年間約1100ドルの配当金を想定しています。

年金をもらう頃には、毎月このくらい配当金があればいいなぁと妄想中。

単純に、今の10倍程度の資産を築く必要があるんですね…

年金生活まであと約30年、僕の資産10倍計画は果たして上手く行くのでしょうか?

次回は30年後に報告致します。( ゚Д゚)オイ!!

おしまい。

配当再投資のメリット・デメリットを紹介。

配当再投資のメリット・デメリット
このブログでは米国株投資を推奨しています。 その理由は、米国は先進国の中で唯一、今後も人口増加が見込まれ、経済成長に期待出来るからです...

自分年金のiDeCoについて解説しています。

iDeCoでお得に年金作りを。その概要とメリット・デメリットを詳しく解説します
2017年から個人型確定拠出年金・通称iDeCoの加入対象者が拡大し、少しずつ加入者が増加しています。それでも加入できる人のうち、僅かな人し...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする