【IP Geo Block】セキュリティプラグインの設定方法

WordPressでは外部からの攻撃を防ぐプラグインとして、Akismetが有名です。

しかし、Akismetは動作が重くなるデメリットがあるそうで、それに代わるプラグインとして使われているのが「IP Geo Block」です。

正直、僕はそこまで詳しいことや、実際にどれだけ違いがあるのかも分かりません。しかし、新しいテーマをインストールした際に推奨されていたプラグインだったので、AkismetからIP Geo Blockへ変更してみることにしました。

スポンサーリンク

IP Geo Blockの設定

プラグインのインストール方法は管理ページ「プラグイン」→「新規追加」で検索ボックスに「IP Geo Block」と入力し、表示されたプラグインを「インストール」して「有効化」するだけです。

有効化すれば管理ページの「設定」にIP Geo Blockと表示されるようになるので、それをクリックして設定のページへいきます。

設定画面では左上の「全てを開閉」をクリックすれば、下図のように目次だけ表示され見やすくなります。

最初に「ローカル・データベースの設定」を選択し、一番下の「今すぐダウンロード」をクリックします。

一見何も起こっていないように思いますが、各ファイルの下に「データベース・ファイルは最新です」と表示されるようになります。

それを確認したら、「バックエンドの設定」を選択します。

ここでは、画像と同じようにチェックをしておけば問題ないようです。

他にも設定項目は色々とありますが、とりあえずはこれだけ設定しておけば大丈夫みたいなので、これで完了です。

まとめ

正直、これでどれだけセキュリティが向上しているのか良くわかりません。もっと詳しいところまで解説してくれるサイトもありますが、僕自身がそうであるように、詳しくない人にとっては理解不能。

とりあえず、これで最低限のことは大丈夫…ではないでしょうか(知らんけど)。

おしまい。

シェアする

フォローする