Excelで手軽に付けられる家計簿を作成しました

アイキャッチお金

お金の管理がしっかりできている人の多くは、アプリや自作の家計簿を使用しているかと思います。

僕は一時期、無料アプリの家計簿を利用していたのですが、広告がバンバン出てくるのがうっとうしくて途中でやめました。今はExcelで自作した家計簿でゆるーく管理しています。

家計簿はきっちり付ける必要はありません。ある程度の収支が把握できれば十分だと思うし、きっちりしすぎると続けるのが大変。かと言ってアプリは広告がうざいし、無料でダウンロードできる家計簿は無駄に高機能で使い方が分かりにくい。

とは言うものの、自分で作るにもどうしたらいいか分からないという方のために、手軽に使える家計簿を作成しました。

家計簿のイメージ

このように、月別で各費目の金額を入力できるようになっています。

費目はざっくりこれくらいで分ければ十分かなというものにしています。変動費である生活費は左側に、月に1回しか支払いがないような固定費は右上段に分けています。

各費目に費用を入力すると自動的に集計し、支出に対してそれぞれが占める比率が計算されます(家賃等の下の表)。ここの食費は食費+外食費+酒代、水道光熱費は電気代+ガス代+水道代をまとめています。

月別一覧のシートでは、月ごと・費目ごとの支出が一覧できます。

家計簿の集計

これで他の月と比べてどの費目が多くなったかも一目で分かります。ここでも全体の支出に占める各費目の割合を集計して表示しています。

計算はすべて自動的に行われるので、やることは支出を記入するだけ。毎日は面倒だと思うなら、週に1回まとめて記入してもオッケー。1円単位まできっちりする必要もないし、ざっくり家計を把握できれば十分です。

ちなみに、うちの実家はわりとズボラ家計でして、数年前に家計が大変なことになっていたことにたまたま気付き、家計改善のために家計簿を付けてもらうようにしました。

それだけが理由ではないですが、なんとか家計は持ち直しました。そのときもこれと同じような家計簿だったので、家計簿を付けるのが苦手な方でも続けやすいかなと思います。

こちらからダウンロードし、「編集を有効にする」をクリックしてご利用ください。

家計簿のダウンロード

なお、支出がなかった費目でも、どこかに「0」と入力しておいてください。未記入のままだと、月別一覧シートの平均に含まれなくなります。

また、費目を追加すると月別一覧シートの編集が必要になるので、Excelに慣れていない場合はおすすめしません。

金額を入力したいセルで右クリック→コメントの挿入を利用すれば、何に使ったか詳細を記録できるのでコメントを上手く使いましょう。

計算式に間違いがないか確認はしたつもりですが、なんせ僕もただの素人ですからどこかでミスがあるかもしれないことはご了承ください。その際はご連絡いただけると幸いです。

コメント