【掛け捨てか貯蓄型か】生命保険は掛け捨てにするべき理由

生命保険を選ぶとき、掛け捨てが良いのか貯蓄型が良いのかで迷うことがあるかと思います。

貯蓄型は保険金の支払いを受けなくても、一定期間を過ぎれば支払った保険料以上の返戻金が受け取れます。

一方、掛け捨ては支払った保険料が戻ってくることはなく、一見すると貯蓄型がお得に感じるようになっています。

しかし、生命保険は掛け捨てで加入することをおすすめします。貯蓄型がお得に感じるのは、知識のない人から採取しようとする保険会社の策略ですからね。

スポンサーリンク

掛け捨ての保険

掛け捨ての保険は、10年や15年、または60歳・65歳までといった形で契約する期間を設け、その間に被保険者が死亡した場合、保険金が支払われる保険です。

保険金を一括で受け取るものが一般的ですが、年金のように保険金を毎月受け取ることができる「収入保障保険」というものもあります。

掛け捨ての保険は必要な保障を必要な期間だけで契約できて、契約内容は至ってシンプルですから、自分でどのような契約になっているのか理解しやすいです。

貯蓄型の保険

貯蓄型の生命保険には終身保険・養老保険・学資保険があり、終身保険以外は満期が決められているため、定期型の貯蓄型保険ということになりますね。

終身保険は満期がありませんが、保険料を支払う期間は終身払い(一生涯払い続ける)か、60歳や65歳までに払い込むかを選択できます。

後者はそれ以降の保険料の負担はせずに、保障は一生涯受けられることになりますが、毎月の保険料は終身払いに比べると高くなります。

また、いずれも一定期間を過ぎれば支払った保険料より多くの返戻金が受けとれるため、貯蓄と保険を兼ね備えた商品として販売されています。

貯蓄型をおすすめしない理由

僕は貯蓄型の生命保険はおすすめしません。

なぜなら、貯蓄型の契約には複雑な内容が多すぎて、自分でどのような契約になっているのかわからなくなる危険性があるからです

保険は人生で二番目に高い買い物と言われます。

自分がよくわかっていない商品へ何十万、何百万という大金を投じるのは正気の沙汰ではありません。

全て理解したうえで契約するならまだしも、ほとんどの人は保険について理解できていないのが現実ではないでしょうか?

早期解約なら損をする

貯蓄型の保険は基本的に早期解約すると、支払った保険料より少ない返戻金しか受け取れません。

保険料は保険金に充てる金額と返戻金に充てる金額、保険会社の手数料に分けられます。

保険金に充てる金額は貯蓄型でも掛け捨て扱いとなり、残りを返戻金と手数料に充てることになります。

契約初期は、保険金に充てる金額以外の部分のほとんどが手数料として取られるので、返戻金に充てるお金がありません

つまり、保険会社は手数料をしっかりと徴収し終えてから返戻金をプールし始めるということです。

ということは、早期に解約しても保険会社は利益を得ることができ、損をするのは契約者だけということですね。

もちろん、早期解約しなければ元本以上の返戻金を受け取ることができますが、その返戻率は非常に低いことも問題です。

低い運用利回り

某保険会社の終身保険(60歳払込満了)で20歳から40年間保険料を支払った場合、満期時の解約返戻率は約116%となっています。

死亡保障額500万円なら保険料は月々約7,700円、支払い総額は約370円となり、60歳で解約したときには約430万円が受け取れる契約です。

おぉ!元本より60万円も増えちゃったよオイッ!!

と思われるかもしれませんが、ここで考えなければならないのは、これは40年間も資金を拘束されたことでようやく得られる結果だということです。

複利運用したときの運用利回りは、年率0.8%程度でしかありません。まぁ定期預金よりかはマシな程度ですね。

マシな程度ですが、40年間支払いを続け、途中解約すると損をするリスクがあるうえでのリターンと考えると、果たしてこの返戻率に魅力はあるのでしょうか?

契約内容を理解しづらい

何よりも貯蓄型をおすすめしないのは、やはり契約内容がわかりづらいことに尽きます。

養老保険や学資保険は、それぞれ自分の老後資金・子供の教育資金として積み立てていくものですが、目的が違うだけで構造は同じ。

早期解約で損をする、低利回りであることには違いありません。まさか学資保険だからと言って教育資金が効率良く貯められる仕組みになっている…なんて思っていませんよね?

また、契約者に一層わかりづらい内容で、あたかもメリットが大きいような謳い文句で勧められる商品もあります。

外貨建て終身保険

日本が低金利であることを理由に、金利の高い外貨建て終身保険なら貯蓄性が高いと契約を勧められることもあるでしょう。

単純に日本より金利の高い通貨で運用すれば、外貨建てでは確かに増えることになりますが、為替によっては円建てではマイナスになる可能性があります。

さらに、外貨建てはとにかく手数料が高いことで有名で、それは保険料から運用に充てる金額が少ないことを意味します。

金利が高い通貨にはそれなりの理由があり、金利差で簡単に儲かるなら今頃は世界中に億万長者が誕生しているでしょう。

そうなっていない理由は、金利差があっても儲かるかどうかは別の話だから…ということに他なりません

定期保険特約付終身保険

他にも定期保険特約付終身保険といった商品もあり、これは終身保険にプラスして定期保険(掛け捨て)の契約をするものです。

例えば、保障額が3,000万円の契約で、そのうち2,800万円が定期保険、貯蓄型にあたるのは200万円といった内容です。

この時点で意味が理解できない人も多いでしょうし、その場合どれだけメリットがあるように勧められても加入するべきではありません。

定期保険の保障が一生涯続くと勘違いしている人も多いようで、営業マンの説明不足や契約者の知識不足によって多々問題があった保険のようです。

生命保険は必要な時期に必要な保障だけで良い

貯蓄型保険でも、自分で理解して納得したうえで加入するなら問題はないでしょう。

ただ、そのような知識がある人であれば、貯蓄型保険に加入する選択はしないのではとも思いますけどね。

僕が生命保険で掛け捨てをおすすめする理由は、契約がシンプルなだけではなく、そもそも必要は保障は時期によって変わるからです。

生命保険に加入する最大の目的は、自分にもしものことがあった場合、残された家族が金銭面で生活に困らないようにするためです

小さな子供がいる家庭なら、親ひとりで子育てをするだけでも大変なのに、生活費に加えて教育資金を用意するのは不可能に近いでしょう。

ただ、子供が5歳の場合と20歳の場合なら、これから必要になってくるお金は明らかに違いますよね。

なのに、契約時から同じ保障がずっと続く貯蓄型の保険に加入するのは、何の意味があるのでしょうか?

貯蓄を兼ねて…という考えも、先ほど言ったように増えるお金はリスクを考えると決して多くありません。むしろリスクの方が大きいです。

子供が小さいうちは多めの保障を、大きくなるにつれて保障は減らしていくほうが合理的ですし、いつでも契約を見直せる掛け捨てのほうが適切です。

月々の保険料も圧倒的に安いですし、貯蓄型との差額を自分で貯めておけば、必要なときにいつでも使えることもメリットですね。

遺族年金

国民年金では子供が18歳になるまで遺族年金が、厚生年金に加入していれば、それに加えて遺族厚生年金が支給されます。

遺族厚生年金は子がいない配偶者でも支給されるなど条件が違いますが、まず公的な保障が受けられることを知っておきましょう。

遺族年金は子供の人数によって支給額は変わりますが、年間100万円~が支給されます。月額にすると約8万円ほどですね。

これだけだと生活するには厳しいですから、足りない分は生命保険で備える必要があります。

ただ、遺族厚生年金が十分にある人なら、生命保険はほとんど必要ないかもしれません。

自宅を購入するときに団体信用生命保険に加入していれば、以後ローンの返済が不要になるので、それも考慮しておく必要がありますね。

まとめ

基本的に、保険と貯蓄は分けて考えることが重要です。

生命保険が必要な時期は限られるため、同じ保障を一生涯契約する必要性は全くありませんし、掛け捨てでいざというときに備えるだけで十分。

保障額がいくら必要かは家庭によっても時期によっても違いますから、公的な保障なども踏まえて自分で考える必要があります。

自分で勉強するのが一番ですが、どうしてもわからない場合はFP(ファイナンシャルプランナー)に相談すると良いでしょう。

おしまい。


保険に加入する前に、保険の本質について考えましょう。

【保険とは?】無駄な保険に加入しないための考え方
日本は世界的にみても民間保険への加入率が高く、保険に加入するのが当たり前のような風潮すら...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする