ビスマルクの格言から学ぶ山口達也のわいせつ事件

ドイツの宰相ビスマルクの言葉に

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

というものがあります。

世間を騒がせているTOKIOの山口達也による強制わいせつ事件も、この格言から学べるものがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

今回の事件について

まず、大前提として僕はこの事件にそれほど興味はありません。そして、山口達也の行為を擁護するわけでもありません。

そのうえで、今回の事件について僕の思うことは3つあります。考え方としてはデヴィ夫人と同じなので、少数派でしょう。

  • 世間は騒ぎすぎ
  • 加害者のみに責任があるとは思えない
  • 日本人は思考停止しすぎ

世間は騒ぎすぎ

国民的アイドルが犯した事件とはいえ、僕にはただの男と女のひと悶着でしかありません。

この事件によって僕の生活に何か大きな影響を受けることもないし、僕以外のほとんどの人だって同じだと思います。

デヴィ夫人も言っていましたが、公に発表されている限り酔っ払ったオッサン(失礼)がキスをしただけの話ですよね。

正直、これで山口達也の人生が終了するかのような大問題になっているのが理解できません。実際にどのようなことが起こっていたのかは分かりませんけどね。

現状の内容を見る限りは、騒ぎすぎという印象しかありません。

責任は全て山口達也にあるのか

別に山口達也を擁護する気はありませんが、世間では圧倒的に山口達也が全面的に悪いという声が多いようです。

いや、どう考えても20時以降に酔っ払ったオッサン(失礼)に呼び出されて、一人暮らしのオッサン(失礼)の家に行く女性側にも問題があるでしょう。

昨今、スマホが急速に普及してSNS関連の事件だって多発しています。年頃の娘がそんな時間に外出するのを、普通の神経をしている親なら何か言うべきではないでしょうか。

本人はどういうつもりで行ったのかは分かりませんが、もしジャニーズのトップアイドル(?)に呼び出されて悪い気がせずに行っているのなら、まぁ自業自得です。

そんなつもりではなくても、少なくとも女子高生が20時以降に40代・一人暮らしの男性宅へ行くなんてことは一般論としておかしいことくらい分かるでしょう。

この事件、確かに山口達也が電話で女子高生を呼び出すことをしなければ起こりませんでした。が、同時に女子高生が行かなければ問題はおこっていないはずです。

土曜の昼の番組で、遥洋子とかいうアホな人が電車で痴漢にあった人がその後、長い間トラウマになってどうのこうのって話を引き合いに出していましたが、状況が全く違います。

通勤や通学で電車に乗る必要があるなかで受ける行為を完全に防ぐのは難しいかも知れませんが、今回の事件はそもそも発生すること自体防げているはずです。

日本人は思考停止しすぎ

冷静に、ごくごく普通に考えれば被害者とされる女子高生側にも問題があったことは分かると思うんですが、世の中の大半はそうは思わないみたいですね。

とくに、被害者が未成年という点が引っ掛かっている感じがします。でも未成年とはいえ、法律的には結婚もできる年齢です。(もうすぐ変わりますが)

義務教育も終わっているし、自分のやっていることの是非くらいは判断できる年齢ではないでしょうか?

でも世の中は「未成年」という言葉に対して、未成年相手に…とか、未成年はヤバいだろ…とか過剰な反応を示します。ただ相手が未成年だから何もかも加害者が悪いと決めつけている節があるようにも思います。

相手が未成年であろうが成人してようが、酔っ払ってキスをしようとする行為はただのアホです。ただのセクハラ親父です。

個人的に問題の本質は、本当にキスだけだったのかとか相手が未成年とかいうことではないと思います。

まず、アルコール依存症であろう山口達也が女子高生を呼び出したことに問題があります。それに応じた女子高生側にも問題があります。

そして、あちこちで事件が起こっている世の中で未成年の我が子を20時以降に外出させている親にも問題があります。

一部では16歳と17歳の女子高生のうち、16歳の子は事件当時まだ中学生だったとの話もあります。

卒業間近の中学生と入学間もない高校生なら大した違いはありませんが、一般論で考えると中学生の娘を一人暮らしの男の家へ行かすなんて有り得ないですよね。

行っていることを知らなかったのなら、それはそれで問題です。

今回の事件、間違いなくどちら側にも非があるのは明確でしょう。

最近セクハラ問題が多く取り上げられているからでしょうか、問題の本質を考えることなく一方的に加害者が悪いと決めつけるような人が多すぎる気がします。

とくに遥洋子というアホな人のように、すぐに感情的になって自分の考えをゴリ押ししようとする人は怖いですね。

てか、山口達也を一方的に悪いと叩く連中はいかにも自分は正義だと言わんばかりの主張をしますが、自分はそんなに清く正しい行動ばかりしているんでしょうかね…?

他人を叩くことは簡単ですが、叩くにも相応の責任を持つべきだと思います。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ

さて、本題です。(前置き長ッ!!)

これはドイツの宰相ビスマルクの言葉で、本来は少し違う意味合いのようですが気にしないでおきましょう。

この言葉を今回の事件で考えると、これまでもセクハラ問題なんていくらでもニュースで報道されています。

男と女、大衆の目が届かない密室で二人きりになれば、どれだけ信頼関係があっても何が起こるかは分からないことは、過去の事件から学ぶことができます。

しかし、今回の女子高生は過去の事件(歴史)から学ぶことはなく、自分で被害に遭う経験を持って学ぶこととなってしまいました。(これを愚者と言うと言葉が悪いですが)

まぁ16歳前後の子なら、あまりニュースや新聞は見ないかも知れません。体感的に危ないとは分かるはずですが、やはり親がもっとしっかりとした教育をしておく必要があったのかな…と思いますね。

日本は治安がいいとは言われますが、SNSをはじめとしたツールによって未成年が巻き込まれる事件が起こる可能性は格段に上がっています。

しかも、それらのツールを使うのは自分から犯罪に巻き込まれに行くようなものです。平和ボケとは言いませんが、今回の女子高生を含めほとんどの人はこう思っているでしょう。

自分だけは大丈夫。

いくら治安がよくても、自分の身は自分で守る意識は持ち続けなければなりません。

子供にそれを教えるのは親の役目です。

人生には経験によって学ぶこともたくさんあると思いますが、それはときに甚大な被害を被ることもあります。

未成年の女子高生が一方的に擁護され、被害を加えた側が一方的に叩かれていては、今後も同じことが繰り返されるのではないでしょうか。

夜(じゃなくても)男の部屋へ行ったら、何をされても文句は言えないという法律がなければ自分の身を案じることができないほど、女性はバカではないはずです。

もっと女性側も危機感を強く持つ必要があると思います。自分だけは大丈夫なんて慢心はせずに、歴史から学べるものはしっかりと学んでおきたいですね。

まとめ

この記事は投資のカテゴリーとして書いています。なぜなら、この格言は投資にも当てはまるからです。

過去、株式投資で甚大な被害を被っている人の多くは投機的な取引を行っている人たちです。彼らは短期間でお金持ちになりたいと考え、投機的な取引では大損する人が後を絶たないことを学ばずに失敗します。

歴史から学べば、株式投資で最も重要なのは時間をかけて長期的に投資を継続することだと分かります。

経験から学ぶのか、歴史から学ぶのか、あなたはどちらを選びますか?

おしまい。

投資は米国株が最適解です。

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
これから株式投資を始めようとする投資初心者の方は、まず日本の株で取引をしようと考えると思い...

これからの時代は投資をしないことにもリスクがあります。

投資のリスクを取らないリスク~運用リスクと長寿リスク~
投資にはリスクがありますが、投資をしないことにもリスクがあると言われます。 日本では...

株価が大きく下がっても心配する必要はありません。

【株価下落!!】こんなときこそ仙道の名言を胸に刻もう
ここ数日、レンタルサーバーの移行手続きでブログの更新が滞ってしまいました。(意味なく滞るこ...