格安SIMのメリット・デメリットと乗り換えの手順を紹介

通信費を削減するには格安SIMにするのが最適です。

僕はsoftbankで契約していたときは毎月7000円前後支払っていましたが、楽天モバイルに乗り換えてからは毎月1500円ほど、その後もキャンペーンを見計らって乗り換え、1000円以下になることもありました。

毎月7000円が2000円になるだけでも、年間で6万円もの節約になります。スマホは一度契約をしてしまえば、後は何もしなくても大きな節約となるので、固定費の見直しは非常に効果的ですね。

この記事では、格安SIMのメリットやデメリット、乗り換えをするための手順を紹介していきます。

スポンサーリンク

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットは、言わずもがな月額料金の安さです。

格安SIMを提供するMVNOは数百社もあると言われますが、料金に関してはどこも似たり寄ったりで大差ありません。多少なりとも各社の特色があったりしますが、どこを選んでも安いのは間違いないので問題ありません。

また、最近でこそキャリアでも新プランでは解約金が安くなったりしていますが、MVNOは最低利用期間がなかったり、あっても1年使用すれば後はいつ解約しても解約金は発生しないことがほとんどです。

そのため、他のMVNOで自分に最適だと思うプランを見付けたときに、乗り換えしやすいですね。ただ、乗り換えには費用が発生するので、ちょっと料金が安くなるから…という理由だと意味がない場合もあるので注意しましょう。

では、なぜ格安SIMはキャリアに比べて大幅に月額料金が安くなるのか、その理由を解説していきます。格安SIMは、決して「安かろう悪かろう」ではないのです。

通信回線をレンタルしている

三大キャリアではそれぞれが独自の通信設備を持っていますが、MVNOはキャリアから通信回線をレンタルしています。その設備投資が不要なので、料金が安くできるということですね。

通信回線が同じということは、電波も問題ないということです。docomoの通信回線を使用するMVNOなら、docomoと同じ範囲で電波がちゃんと届きます。

乗り換え時に通信回線について注意しておきたいのは、現在使用している端末が乗り換え先の通信回線で利用できるかどうかです。

キャリアで購入した端末にはSIMロックがされており、自社の通信回線しか利用できないようにされています。

例えば、docomoで購入した端末はdocomoの通信回線しか利用できないため、auやsoftbankの通信回線を使用しているMVNOで契約するには、「SIMロック解除」をしなければなりません。

今のところ、ほとんどのMVNOはdocomoの通信回線を使用しています。auやsoftbankで契約をしている方は、とくに乗り換え時には注意しておきましょう。

MVNOで新たに端末を購入する場合は、何も気にする必要はありません。

人件費を削減している

格安SIMを提供するMVNOは、実店舗を持たないところも多いです。それによって人件費を削減することができ、それも料金に反映されています。

今では実店舗を持つところも増えてきましたが、公式サイトのチャットで対応してくれるところがほとんどなので、わからないことがあってもすぐに聞くことができます。

格安 = 低品質ではない

キャリアの月額料金が高い理由は、通信設備にコストが掛かること、サポートのための人件費が掛かることです。

格安SIMはそれらを極力排除した結果なだけで、品質が劣るから安くなっているわけではありません。

格安SIMのデメリット

続いて、格安SIMのデメリットについて。

一般的に言われるデメリットは、キャリアに比べて「通信速度が遅い・サポートが弱い・キャリアメールが使えない」といったところですね。

他にも細かいことが言われたりしますが、僕のようにスマホはネットの閲覧、友人との連絡手段、メモや電卓、時計くらいしか利用しない人であれば、何の問題もないでしょう。

実際、ほとんどの人はスマホの性能を使いこなせているかは疑問ですし、デメリットが生活に大きな影響を与えるようなケースはないと思います。

ただ、初期設定などは自分で行う必要があるため、最初は少し戸惑うかもしれません。それでも今はネットで調べればすぐに分かるし、それくらいで毎月の料金が大幅に安くなるならメリットのほうが大きいですよね。

格安SIMには安かろう悪かろうのイメージが強いかもしれませんが、実際そんなことはありません。一般的にデメリットと言われることはいくつかありますが、人によってはデメリットと感じることもないくらい。

実際、僕は格安SIMで言われるデメリットなんてデメリットとは思わないし、月額料金が安くなるメリットは計り知れません。

とはいえ、どういったデメリットがあるのか知っておくことは大事ですし、実際に契約したことがある楽天モバイルのデメリットについてまとめてみました。楽天モバイルに限った話ではないので、簡単に目を通してもらえればと思います。

楽天モバイルのデメリット

格安SIMで十分な理由

僕が格安SIMで契約している最大の理由は、スマホの利用頻度が高くないことです。友人との連絡はLINEで十分だし、インターネットを使うのは基本的にWi-Fiがあるところ。

地図やメモ、電卓、時計などの機能は利用しますが、ゲームなどはしないのでアプリもほとんど入れていません。なので、ホーム画面は最初の1ページだけで事足りています。

プライバシー保護のためボカシを入れています

生活するうえで必要な機能ってそんなにないですよね。自分のホーム画面を見て、今入っている無数のアプリのうち、なければ困るというアプリはどれだけありますか?

おそらく、あれば便利だから…という程度のものがほとんどを占めるはずです。

僕の場合は少し極端かもしれませんが、それくらいスマホが生活に影響することが少ないので、毎月1万円も支払う価値がないのです

もちろん、様々な機能を使いこなし、キャリアでないと生活に重大な影響が出るような人は格安SIMにする必要はありません。

格安SIMにしない理由は?

キャリアで契約している人でも、月額料金に見合った使い方をしていない人は山ほどいるでしょう。

実を言うと、僕も格安SIMにしたのは2016年ですから、それまでは大して使ってもいないスマホに高い料金を支払っていた側の人間です。

それまでの僕や、今でもキャリアで契約している人が格安SIMにしない理由は何なのでしょうか?

僕の場合は、それまで格安SIMという存在をほとんど知らなかったことや、情報が少なかったことで格安という言葉に不安があったことでした。

しかし、いつまでも高い料金を支払うのはアホらしいので、駄目もとで格安SIMで契約してみようと思ったのです。それでスマホに不具合があっても、生活できなくなるわけではないですからね。

結果、「なんでもっと早く気付かなかったんだろう…乙」というくらい、格安SIMにして良かったと思っています。

なので、格安SIMに不安を覚える人の気持ちは理解できます。ただ、以前に比べて、今では格安SIMの情報は溢れかえっていますよね。溢れすぎて調べるのが面倒…というパラドックスにもなっていますが。

それでも乗り換えない理由の多くは、「今の携帯会社のほうが安心だから」ということらしいです。

不安なのは無知だから、無知は理解すれば解決する

はっきり言うと、これだけ情報が溢れかえっている世の中で今の携帯会社のほうが安心だからという考えは、怠惰でしかありません。ただの言い訳です。

とくに、スマホ代が高いと感じている人ならなおさらですね。

格安SIMが不安だと感じるのは、格安SIMに対して無知だからです。多くの人は、自分の知らないことに関しては強い不安を感じます。以前の僕もそっち側でした。

未だに月額料金を抑えられても安かろう悪かろうでは意味がない…と思い込んでいる人もいるでしょう。実際は、格安SIMが安いというよりキャリアが割高なだけだと思いますけどね。

ただ、それもなぜ格安SIMは安いのかについて理解すれば、安かろう悪かろうではないことは分かりますし、デメリットを抑えておけばトラブルにもすぐに対処することが出来るでしょう。

多くの人はそれらを勉強して理解するのが面倒だから、 スマホ代が高いと思いながらも今の携帯会社のほうが安心だと自分に言い聞かせているのではないでしょうか?

僕個人の話ですが、格安SIMにしてから約3年ほど経過しましたが、これまで何かトラブルが起こったことやデメリットを痛感したことは、全くありません。

格安SIMへの乗り換えの手順

格安SIMに対する見方が変わり、自分も乗り換えてみようかなと思った方のために乗り換えるための手順を解説していきます。

基本的には現在の電話番号をそのまま引き継いで乗り換えると思いますが、その場合は「MNP」という方法で乗り換えることになります。

MNPで乗り換えをする手順は以下の通り。

  1. 契約中のキャリアでMNP予約番号を発行する
  2. 契約先でMNP予約番号を入力して申し込む
  3. SIMカードが届いたら契約切替の手続きをする
  4. ネットを利用するためのAPN設定を行う
  5. 電話帳やLINEの移行を行う

MNP予約番号の発行

MNP予約番号は、docomoのみネットから取得できますが、auとsoftbankは電話もしくは店舗へ行って発行してもらいます。

MNP予約番号には15日間の有効期限があり、申込の時点で10日以上残っている必要があるので、取得後は速やかに申込をしましょう。

期限が切れてもペナルティはなく、再発行すれば問題ありません。

MNP予約番号を入力して申し込む

それぞれの契約先の申込画面で、MNPを選択すると予約番号を入力する画面が出てくるので、そこに取得したMNP予約番号を入力しましょう。

ちなみに、一般的にSIMの種類は「データSIM・データSIM(SMS付)・音声通話SIM」と3種類ありますが、これまでと同じように使うなら「音声通話SIM」で契約するようにしましょう。

会社によっては若干名称が違うこともありますが、基本的に音声通話付というのを選んでおけば問題ありません。

契約の切替

格安SIMの場合、申込をしてSIMカードが届き、カードを入れ替えたら新しい契約がスタートする…わけではありません。SIMカードが届いたら、各社が指定する方法によって「契約の切替」の手続きをする必要があるのです。

手続きの方法はMVNOによって若干違いますが、書類に記載されている通りに行えば問題なくできるはず。

また、契約切替の手続き後、すぐに契約が切り替わるわけではありません。MVNOによって多少時間は違いますが、数十分~数時間で切り替わるようになります。切り替わったことを確認する方法も記載されています。

注意しておきたいのは、切り替えが完了するまでは通話やデータ通信が行えなくなることです。手続きが21時以降になると切り替えが翌日になる可能性があるので、そうすると翌日まで通話やデータ通信ができなくなります。

Wi-Fiがあればデータ通信は可能ですが、手続きの時間帯には注意をしておきましょう。

APN設定

APN設定とは、各社でインターネットを使用するための設定です。設定自体は簡単にできますが、自宅にWi-Fiがない人でiPhoneを使っている場合は少し注意が必要です。

iPhoneはsafariから「構成プロファイル」をインストールするだけですが、問題はAPN設定をしないとモバイル通信でネットが使えないため、Wi-Fiがなければsafariが起動できないということです。

そのため、契約切替を行う前に構成プロファイルをインストールしておく必要があります

構成プロファイルをインストールする手順は以下の通りです。

  1. Filer Liteというアプリをインストール
  2. 構成プロファイルをダウンロードし、Filer Liteに保存
  3. ダウンロードしたファイルを自分宛にメールで送る
  4. 契約切替後、送信したメールのファイルをインストール

正直、自分でやったことがないので難易度がわかりませんが、調べる限り難しいことはなさそうです。

MVNOではキャリアメールが使えないため、ファイルを送信する宛先はキャリアメール以外にしておくほうが無難でしょう。

こちらのサイトでインストールする手順を詳しく解説されているので、参考にしてください。

電話帳やLINEの移行

これまで使っていた端末をそのまま使う場合は、これまでのデータは全て残ったまま利用することができます。

問題は端末を新しく購入した場合ですが、電話帳はGoogleアカウントを使えば簡単に移行することができます。

LINEの移行も簡単なので、こちらの記事を参考にしてください。

Googleアカウントで電話帳を移行する方法

まとめ

僕は格安SIMにして数年経ちましたが、これまで何かトラブルが起こったことはありません。それによって節約できたスマホ代は、すでに20万円くらいにはなるでしょうか。

何も困ったことはないのに数年でウン十万円の違いが出る。これがスマホの現実です。消費税も増税された今、こういった情報を知っている人と知らない人では大きな違いが生まれるということですね。

どれだけ情報を調べたとしても、使ってみないことには分からないことも多いです。格安SIMを使ってみてやっぱりキャリアが素晴らしいと思えば、最低利用期間だけ使って戻れば良いだけの話です。

とりあえず、やってみないことには何も変わらないことだけは間違いないので、スマホ代が高いと感じているのであれば、格安SIMを利用してみてはいかがでしょうか。

おしまい。


シェアする

フォローする