【社会保険】106万の壁が82万の壁に?!

現在、特定の条件でパートとして働く人が年収106万円を超えると、社会保険への加入が必要となります。

その106万円の基準が82万円に下げる法案が審議され、審議に通れば2021年から適用される可能性があるようです。

スポンサーリンク

106万円と82万円の壁

現在106万円の壁と呼ばれているのは、配偶者の扶養から外れ、会社の社会保険に加入するかどうかの基準です。

ただし、加入する必要があるのは以下の条件に当てはまる場合。

  • 勤務時間が週20時間以上
  • 1カ月の賃金が88,000円(通勤費込、見込年収106万円)以上
  • 勤務期間が1年以上見込み
  • 勤務先が従業員501人以上の企業
  • 学生以外

106万円と言われていますが、厳密には月収88,000円以上となっています。

例えば、7月から働き始めて毎月10万円を稼いでも年収は70万円ですが、見込み年収としては106万円を超えるとみなされ、上記条件に該当します。

社会保険に加入すると、毎月の給与から厚生年金と健康保険料が引かれるため、106万円を少し超えたくらいだと手取りは減少してしまいます。

そのため、このラインを超えないように年末にはシフトを調整する人が多く、企業は人手不足になりがちですね。

そして、今後はそのラインが月収68,000円へ変更される可能性があります。

130万円の壁

106万円は先ほど挙げた条件に当てはまる場合に壁となりますが、それに当てはまらない場合は130万円(月収108,334円)が壁となります。

ただし、こちらも以下の条件に該当する方が対象です。

  • 1週間あたりのの勤務時間が正社員の4分の3以上
  • 1か月あたりの勤務日数が正社員の4分の3以上

〇〇円の壁という言葉がたくさんあってややこしいですが、106万円と130万円の壁は、働く時間と会社の規模によって当てはまる壁が変わるだけですね。

手取りは減るが…

配偶者の扶養に入っていれば、自身の保険料は支払わずとも年金が受け取れるため、多くの人は社会保険への加入を避けようとします。

しかし、多少手取りが減った分は、いずれ年金として自分に返ってくるものです。そう考えると、これは強制的に積立ができるとも考えられます。

貯蓄性のある民間の保険へ加入する人も多いですが、はっきり言って民間より国のほうが圧倒的に手厚い保障をしてくれますから、加入できるならしておくに越したことはないでしょう。

しかも、保険料の半分は会社が負担してくれるのですから。

年金は損得ではなく、長生きしたときに備えるもの

なかには年金は元が取れないと否定する人もいますが、国の年金制度は生きている限り一生涯受け取ることができます

もちろん、早くして亡くなった場合は支払った保険料以下しか貰えませんが、それ以上に長生きしたときの収入源として、年金は必要不可欠です。

年金がなくても貯蓄だけで生きていけるわ…という場合は別ですが、そんな人はそうそういませんよね。

健康寿命も延びてはいるものの、自分がいつまで働けるか、何歳まで生きられるかなんて誰にもわかりません。

だからこそ、払い損になる可能性はあるけれど、長生きしたときには支えてもらうための年金制度…ではないでしょうか。

民間の年金制度より国の年金制度

民間の保険でも一生涯年金が受けとれる「トンチン年金」という商品があります。

長生きすればするほどお得になる保険ですが、民間の保険では元を取るためには約20年以上かかる保険料設定となっています。

途中解約や死亡時にはいくらか返還されますが、返戻率はもちろん低め。また、民間の保険会社には倒産リスクもあります。

国の年金も破綻してる…と言う人もいますが、本当に破綻するなら国の前に民間のほうが先に破綻する可能性が高いとは思いませんか?

ちなみに、国民年金の元を取るには約10年、厚生年金に加入していれば人にもよりますが、もう少し早く元が取れる可能性が高いです。

トンチン年金に加入するのは自由ですが、国の年金制度のほうがよっぽど優れているのは間違いありません。

保険料のことより、気持ちよく働くことを考える

106万円の壁が82万円になり、扶養から外れないようにと考えると毎月の収入は大きく減ってしまいます。

だからと言って、仕事の量を調整するのはどうかと思います。生活が大変な家庭は多いでしょうし、一概に言えた話ではないことが承知ですが、どうせ働くなら気持ちよく働きたいですよね。

社会保険料を支払ったとしても、いずれ自分のためになるものです。その日暮らしの生活のために、このような制度に振り回されて働き方を考えるのはしんどいだけではないでしょうか。

まとめ

年金の受給額が今度どうなるかはわかりませんが、個人的には「一生涯収入が得らえる数少ない手段のひとつ」として、とても頼りにしています。

歳を取ってからお金に困る生活はしたくないですからね。そのために、保険料の支払いで「」を少しだけ犠牲にするのは仕方ないと思います。

将来を心配しすぎて何もかも犠牲にするのも嫌ですけどね。

106万円の壁が82万円になったとしても、働く人はマイナスに捉えず前向きに働いてもらいたいと思います。

おしまい。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする