【自助努力】65歳までに2,000万円を作る方法を考える

金融庁が「高齢社会における資産形成・管理」で、「老後生活の支出と年金給付を勘案すると、老後生活が20年なら約1,300万円、30年なら2,000万円不足する」と発表しました。

これまでより長く生きる以上、多くのお金が必要となるので自助努力をお願いしますとの報告に、ネットやテレビでは批判が殺到しています。

しかし、今回の報告は大して問題とも思いませんし、批判している人は今更なにを騒いでいるのか…という感じですね。

スポンサーリンク

年金は老後の収入の柱になる

まず、今回の報告はあくまで豊かな老後を過ごすために、年金以外の資産を築きましょうという趣旨であったことを理解する必要があります。

一般的なモデルケースでは年金による収入が約21万円に対し、支出が約26万円と発表されていますが、支出の約26万円のうち、5万円強は「趣味・娯楽・交際費」となっています。

それを除いた最低限の生活であれば、年金の収入だけでも生活していくことはできる計算で、多少の誤差があっても2,000万円が必要になるとはなりません。

つまり、年金が破綻しているから老後の生活は全て自分で責任を持ってくださいという類の指摘は、圧倒的にズレた批判だということです。

支出の約90%を賄ってくれる年金がアテにならないなんて、僕には恥ずかしくて口が裂けても言えません。むしろ、僕は年金にとても期待しています。

平均より収入が少ない人は支出も少ないでしょうし、2,000万円なんてひとつの参考資料でしかないことは承知ですが、お金はあるに越したことはありません。

ということで、モデルケースでは夫婦で生活している金額となりますが、ここでは一人で2,000万円を作る方法を考えてみます。

2,000万円を作る方法

では、僕のような庶民が2,000万円もの大金を作るにはどうすれば良いのか。まずは日本人が大好きな貯金です。

貯金で2,000万円を作る

老後を年金受給開始の65歳として、大卒で働き始めると約40年の期間があります。40年で2,000万円を貯めるには年間50万円、月だと約4万2千円が必要です。

手取りで15万円あれば、残り10万円で生活するように心掛ければ2,000万円を作ることはできます。

もちろん、結婚などで支出が増えることもありますが、給料もよほどブラックな会社でない限り多少は増えていくでしょう。

子供の教育費が嵩む時期には厳しくなるかもしれませんが、その間はペースを落としても、子育てが終わればペースを上げることもできます。

トータルで平均4万2千円の貯蓄をしていくことは、収入に見合った生活をしていれば特別難しいことではないと思います。

しかし、貯金には「インフレに弱い」というデメリットがあるので、自分が老後を迎えるころには2,000万円が2,000万円の価値を持たないという可能性があることには注意が必要ですね。

投資で2,000万円を作る

毎月4万円も貯めるなんて無理やわ~と考えるなら、おそらく貯めることはできないでしょう。人は、できないと思うことはできないようになっているからです。

そんな思考停止する人のことなんて正直放置したいところですが、そんな人でもなんとかできる方法を提案します。

それは、投資をすること。

また、インフレの対策にもなり、貯金をするよりも遥かに少ない金額で2,000万円を作るためには、若いうちから投資を始めることが重要です

仮に、毎月2万円を5%で運用すれば、33年後に2,000万円に到達します。40年後には約3,000万円となり、貯金の半分だけでも貯金以上の資産が築けます。

頑張って月4万円を運用すれば、2,000万円を作るのに必要な期間は23年。40代半ばで老後に必要な資産が確保できるのです。

月2万円でも33年後には2,000万円になるということは、30歳から始めても十分間に合うということです。

投資額を多くすれば時期が遅くても何とかなりますが、早く始めるに越したことはないのは間違いないでしょうね。

投資額による年率5%の運用リターン

投資額10年後20年後30年後40年後
月1万円約158万円約416万円約837万円約1522万円
月2万円約316万円約833万円約1674万円約3044万円
月3万円約475万円約1249万円約2511万円約4566万円
月4万円約633万円約1666万円約3348万円約6088万円

戯言だと思って無視するのか、自分のために行動するのかはあなた次第です。

投資に対する意識を変えよう

早くから投資を始めれば2,000万円くらい簡単に用意はできますが、そもそも日本人は投資に対して悪いイメージを強く持っています。

しかし、それは完全に間違いであり、悪い言い方をすれば「無知」なだけと言えるでしょう。

金融庁は若いうちから「長期・分散投資」をすることを提案していますが、批判している人はこの意味を全く理解できないからでしょう。

批判している人のなかには高学歴であるはずの議員までいますし、僕には日本人の金融リテラシーの低さのほうが大きな問題だと思います。

株式投資は短期的には価格の大きな変動も起こり得ますが、長期的には最も高いリターンをもたらしてきました。それは今後も変わらないでしょうし、重要なのは「長期的に投資を継続すること」です。

それを金融庁は以前から国民に対して発信し続けています。にもかかわらず、自分では何もせず責任だけを国に押し付けようとするのは怠慢ですね。

あなたは具体的に何をどうすれば良いかまで指示されないと、何もできないのでしょうか?

まとめ

以前は老後に必要な金額は3,000万円とか言われていたような気もしますが、金額は人によって異なるので深く考えても仕方ないです。重要なのは、自分が何をすべきかを理解して行動に移すこと。

老後のためというわけではなく、単純に資産形成をするには投資をすることが最も効率が良いのは間違いありません。

2,000万円は決して難しい金額ではないし、あなたにも必ず作ることはできるはず。できないと考えるのではなく「どうすればできるか」と考えることです。

投資と言われてもどうしたら良いか分からない…という方には、米国株への長期投資について学んでみることをお勧めします。

おしまい。


【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
預貯金だけではお金が増えないこの時代、株式投資で少しでもお金を増やせたら…と思いませんか...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする