僕はLINEスマート投資がおすすめとは口が裂けても言えない

アイキャッチ株式投資

LINEスマート投資とは、テーマ(ジャンル)に沿った投資や、ワンコイン(500円)から手軽に始められる投資として、初心者におすすめする人も多いサービスだ。ただし、個人的にはこんなサービスを利用する必要はないと思う。

これをおすすめと紹介している人には「本気でそう思ってる?」という疑問しかなく、まぁ十中八九、アフィリエイトの報酬目当てだろう。いわゆるク〇アフィリエイターだ。

ここではLINEスマート投資の概要と、なぜおすすめしないかについて説明していこう。

スポンサーリンク

LINEスマート投資とは?

LINEスマート投資には、テーマ投資とワンコイン投資の2種類がある。

テーマ投資はこれから流行しそうな業界を選び、そのテーマに沿った企業への投資ができるもの。

ワンコイン投資は週500円から積み立てることができるものだが、積立が週単位なので月額では最低2,000円が必要となる。モノは言いようだな。

個人的にはメリットをまったく感じないが、とあるサイトに書かれていたメリットを紹介しよう。

  • 様々なテーマに分散投資が可能
  • リスクを抑えつつ簡単に投資ができる
  • ほったらかしでOK!
  • 口座開設も簡単
  • LINE PAYボーナスがつく

なるほどなるほど。初心者ならこれを見て「これなら私にもできそう!」と思ってしまうかもしれない。

だけんどもしかし!

こんなもん全然たいしたメリットちゃうで!

スマート投資にメリットはほとんどない

テーマ投資は上手くいく可能性が低いからやめとけ

まずテーマ投資についてだが、初心者が今後伸びていくテーマを的確に選ぶことは不可能だ。というか、経済に精通してても無理なことは、これまでの歴史が証明している。

正確に言うと、選べることはできるかもしれないが、それが良い結果とイコールになるとは限らないということだ。

初心者がこれから伸びていきそうだと分かるようなテーマは、すでに誰もが分かっていると考えたほうがいい。自分だけがこれからブームが来ることに気付けるなんて、勘違いも甚だしい。

となると、すでにそのテーマに関する企業は多くの人に注目されているとも言える。そんな企業の株価はすでに割高になっている可能性が高く、その後に業績が良くなっても株価が大きく上昇するわけではないのだ。逆に、思ったほど業績が良くなかったら株価は一気に下がることになる。

結果、思った通りにブームが来たけど、意外と儲からんかったな。うわ、狙いがはずれてめっちゃ損したやん!となり、トータルでは損をする人が多いのが現実なのだ。

テーマ投資は、資産運用ではなく趣味の一環として考えたほうがいいだろう。

というか、これは投資ではなく投機(ギャンブル)に近いやり方。初心者が手を出してもろくな結果にならない可能性が高いので、資産運用を考えているなら手を出さないことが賢明だ。

ワンコイン投資より自分で運用したほうがいい

ワンコイン投資については、週にワンコイン(500円)から株式・不動産・債券などに広く分散投資ができることがメリットと謳われるが、自分でやれば月100円から投資ができますけど何か?

この時点でワンコイン投資に優位性はないことが分かるが、唯一あるとすれば、それぞれの資産を自動でリバランスしてくれることだろうか。

リバランスとは、例えば株式50%・債券50%の割合で運用したいと考えているとしよう。その後、株価が値上がりして資産の比率が株式60%・債券40%になったとき、株式を売却して債券を購入し、改めて50%ずつに配分しなおすことを言う。

なるほど、これを自分で考えてあれこれやるのは面倒やし、それを自動でやってくれるなんて素晴らしいじゃないか!…とは思わない。

なぜなら、リバランスは頻繁にするようなものではなく、せいぜい年に1回か2回やれば十分だからだ。年に1回くらい、そのときの資産割合に応じてやるくらい手間じゃないだろう?

僕の場合、現在は株式でしか運用していないので、そもそもリバランスをする必要すらない。株式だけで運用している理由は、長期的にはもっとも高いリターンに期待できるからだ。短期的に大きく値下がりする可能性はあるが、どうせ使わないお金だからいずれ値上がりしていればいい。

つまり、長期投資を前提に始めるのであれば、株式で運用するのがもっとも効果的で、リバランスをする必要もないためワンコイン投資が優る部分がないのである。もちろん、いずれ株式をどうするかを考えておくことは必要だ。

ワンコイン投資ではAI、つまりロボアドバイザーが運用することになる。ロボアドバイザーにはウェルスナビやテオなどいくつかの種類があり、いずれも投資家は何もする必要はなく、ほったらかしでいいので投資の知識も必要ないことがメリットとも言われる。

だけんどもしかし!

僕はつみたてNISA・iDeCo・通常の口座(特定口座)で運用をしているが、いずれも99%ほったらかしと言ってもいい。NIASやiDeCoは自動で積立ができるため、完全にほったらかしだ。特定口座では気が向いたときにETFという商品を購入するが、それもせいぜい月に1回操作するだけ。

つみたてNISAやiDeCoで運用すれば、ワンコイン投資に限らずほったらかしでいいのだから、これをメリットとして強調するのは空いた口が塞がらない。たしかにほったらかしでいいとは言え、ワンコイン投資に限った話ではないことも説明するべきだろう。

また、知識がなくても大丈夫という言い方は、初心者にとって安心を覚えるかもしれないが、ハッキリ言って無責任極まりない発言であり、非常に危険な考え方であると言っておこう。

たしかに僕も始める段階では知識がなくても良いとは思っている。だが、自分がどういった投資をしているのかを勉強しておかなければ、いずれ損失を被る可能性が高くなるだろう。

2020年3月には、コロナウイルスの影響によって株価が大きく値下がりした。このとき、知識がない人はこれ以上の損失が増えることを恐れ、売却してしまう可能性が高くなる。損切りは早めに!なんていうにわか知識を持っている人も、おそらく同様に売却しているだろう。

こうした行動を取る人は、投資で資産を増やすことは難しい。なぜなら、投資は株価が下がっているときに売却することなく、継続することが重要だからだ。詳細についてはここでは触れないでおくが、株価が下がっても売却せずに投資を続けることで資産を殖やせる理由については、このブログの投資に関する記事をご覧になればお分かりいただけるだろう。(ステマ)

証券口座の開設方法なんて、調べればいくらでも出てくる。なにも難しいことはない。PAYが欲しいなら仕方ない。PAYを貰うために頑張って運用してくれ。

こういったマヌケなメリットに踊らされて投資を始めたところで、資産形成が上手くいくかは分からない。自分で勉強する気があるなら大丈夫だろうが、勉強すれば自分で運用するほうがいいということに気付くはずだ。

将来のために備えるなら株式がベスト

投資を始める理由の多くは、少しでも資産を増やしたいからだろう。なんのために増やすかと言うと、将来の備えとしてのはずだ。

その将来っていつ?という話だが、もし5年後とか期間が短い場合は、あれこれ運用しようと考えるより堅実に貯めていくほうがいい。5年程度で確実にお金を増やせる投資は存在しないからだ。もちろん、増えている可能性が高いとは言えるが、確実とは言い切れない。

でも、それが20年・30年後のためなら、株式で運用すれば「ほぼ間違いなく」資産を増やすことができる。債券やら不動産やらを組み合わせるのは、短期的には値動きをマイルドにしてくれる効果はあるが、長期的なリターンは株式には及ばないことは、これまでの歴史が証明しているのだ。

だからこそ僕は自分で株式100%の運用を行い、わざわざ無駄な手数料を払ってLINEスマート投資やロボアドバイザーで運用する気にならない。自分で運用するのとLINEスマート投資・ロボアドバイザーで運用するのとでは、手数料が10倍くらい違うからだ。

言うてもLINEスマート投資やロボアドバイザーの手数料は年率1%とかだが、それを数十年続け、積み立てる金額が増えれば増えるほど、その差は馬鹿にならないものになっていく。

20年・30年先を見据えて株式だけで運用すれば、リバランスをする必要もなくほったらかしで十分な結果が得られる。ほら、LINEスマート投資とかロボアドバイザーを使う理由なんて、どこにもないじゃないか!

まとめ

長期的な資産形成には自分で株式の運用をするのがベスト!しかもほったらかしで手数料は激安!それでいて好結果が期待できる!!

だから僕はLINEスマート投資に高い手数料を払う意味を見出せない。とはいえ、ワンコイン投資なら長く続ければ、プラスになる可能性は高いだろうから、サービスそのものが悪質というつもりはない。

ただ、投資について勉強していれば、こういったサービスがまったく必要ないことが分かるので、これらのサービスをゴリゴリにおすすめする人を僕はあまり信用することはできない。

https://xn--n8jr8c3bz579cbda294h.xn--tckwe/recommend-americakabu-invest/

コメント