wordpressで会話ができるプラグイン「LIQUID SPEECH BALLOON」の紹介

アイキャッチブログ運営

wordpressでは、プラグインを使えば誰でも簡単に会話形式の記事を作ることができます。

hide
な、なんだと?!

な、ナンだって?!

hide
hide

ナンが食べたい!

こんな感じですね。

会話になってねぇ…

ここではwordpressで会話ができるプラグイン「LIQUID SPEECH BALLOON」の使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

LIQUID SPEECH BALLOONの使い方

まずは管理画面の「プラグイン」→「新規追加」と進み、右上の検索欄に「LIQUID SPEECH BALLOON」と入力し、該当プラグインをインストールし、有効化します。

LIQUID SPEECH BALLOONのインストール

続いて、管理画面の「設定」→「LIQUID SPEECH BALLOON」を選択し、キャラの「名前」と「画像」を設定します。

名前と画像の設定

画像のURLがわからない場合ですが、これは管理画面の「メディア」→「ライブラリ」で画像の一覧を開きます。

画像のURLを探す

画像名の下にカーソルを持って行くと、編集や削除など表示されるので、「編集」をクリックします。

画像のURL

赤枠で囲ったところがどちらもURLなので、コピーして先ほどの「画像URL」へ貼り付けておきましょう。

キャラクターを増やしたいときは、同様にして名前と画像を追加していきます。

では、実際に記事を作成するときの使い方です。

投稿記事の作成ページで、ブロックを追加するところから「一般ブロック」→「フキダシ」を選択します。

ブロックから吹き出しの選択

すると、セリフの入力配置(左・右)デザイン等の設定ができるので、好きなようにカスタマイズしていきましょう。

吹き出しの詳細設定

設定欄を下にスクロールしていけば、文字の色や背景色も変更できます。

カンタンやなッ!

LIQUID SPEECH BALLOONの使い方はめっちゃカンタン!

紹介した通り、LIQUID SPEECH BALLOONの使い方はとてもカンタンですね。

実は、このブログが使用しているテーマ「Cocoon」ではプラグインなしで会話ができるようになっているんですが、Guteenbergを使用しているとちょっと使い勝手が悪いんですよね。

というのも、会話形式にするにはブロックで「クラシック」を選択し、「文字を入力してすべての範囲を選択」→「吹き出し」からキャラを選択する必要があります。

cocoonの吹き出しの作り方
cocoonで吹き出しを作成
hide
hide

なんかひと手間かかるって感じぃ?

まぁカンタンっちゃカンタンなんですけど、これだと個別に文字色や背景色が変えられず、最初の設定でそれぞれのパターンを作成しておかないといけないようです。

個人的にはもうGuteenbergに慣れたので、なんとなくクラシックエディタを使うのは抵抗があります。

てか、いずれクラシックエディタは使用できなくなるとか言われているけど、そのときはどうなんの?

まとめ

LIQUID SPEECH BALLOONは吹き出しのパターンが少ないので、凝った吹き出しを作るのは難しそうですが、手軽さに作れるという点では一番ですね。

これまで僕はSpeech bubbleというプラグインで会話の吹き出しを作っていましたが、どうやら開発者がガイドライン違反により、プラグインが閉鎖されたようです。

すでにインストールしていれば使えることは使えますが、ちょっとセキュリティ面でリスクがあるかもしれないので、今後はこちらのプラグインを使いたいと思います。

これまでの吹き出しも修正したほうがええんやろか?
面倒やわ…

こちらの記事でブログ初心者におすすめのプラグインを紹介しています。

【ブログ初心者向け】プラグインのおすすめ12選
ブログ初心者には自分でサイトをカスタマイズするのは難しいことです。しかし、プラグインを使えば便利な機能が簡単に使えるようになり、ブログの運営にとても役立つでしょう。ここでは初心者におすすめの12のプラグインを紹介します。

コメント