ロードカナロア産駒の特徴と狙い方

アイキャッチ競馬

ロードカナロアは現役時代、短距離戦で世界を制した名馬です。

キングカメハメハの後継種牡馬として期待されましたが、その期待通りに初年度から三冠牝馬アーモンドアイを輩出。コンスタントに活躍馬を出し、リーディング争いの常連になることは間違いないでしょう。

ロードカナロアのポイントは、サンデーの血を持っていないので良血のサンデー系牝馬と配合できること。能力の高いロードカナロアと能力の高い牝馬なら、そりゃ強い馬も産まれるってもんですよ。

ここではロードカナロアを馬券にどう活かすべきかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ロードカナロア産駒の特徴と狙い方

ロードカナロアは父キングカメハメハ・母父ストームキャットという配合で、スタミナよりもスピードと馬力を強調している血統です。

トラック出走数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
179913.9%25.5%34.6%76%75%
ダート80811.5%22.9%32.3%88%87%

ダートの勝ち星は全体の約3割を占め、回収率は芝よりもダートのほうが高いですね。

ダートの狙い方

しかし、ダートでは中距離を走り切るスタミナがないのか、1600m以上になると苦戦しています。

距離出走数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1500m以下50013.6%25.0%35.2%121%103%
1600m以上3088.1%19.5%27.6%34%61%

ダートを走る馬は母父が米国型が多いのかと思いましたが、どうやらとくに関係なく走っているようです。これはロードカナロア自身がストームバードの血を持ち、ダート適性を秘めていたからでしょう。

hide
た、多分な(汗)

ただし、現状はダートの上級クラスで通用する馬はほとんどいません。そもそも、ダートの重賞を目指して育成されることが少ないでしょうからね。

ですから、ロードカナロア産駒はダートの下級条件、さらに短距離に絞って狙うほうが良さそうです。

他には内枠よりも外枠のほうが好成績

出走数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1~4枠22512.0%22.7%33.8%124%95%
5~8枠27514.9%26.9%36.4%119%109%

いや、内枠もええやんけ!と思いますが、たしかにその通りですね。ただ、詳しく見ると1.2枠と6枠より外が良く、3~5枠の真ん中がとくに成績が悪くなっています。

出走数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1~2枠10515.2%27.6%39.0%167%119%
3~5枠19810.6%21.2%29.8%79%69%
6~8枠19715.7%27.4%38.6%140%127%

こうなる明確な理由はわかりませんが、砂を被らない外枠が向いていることは間違いないので、狙いは外枠を中心にしたいところです。

まとめると、ダートは短距離の外枠狙いがベスト!ということです。ついでに、距離延長ローテはやや苦手というかダートでは不利なので、延長ローテは避けたほうがいいですね。

芝の狙い方

ロードカナロア産駒の芝での狙い方ですが、ぶっちゃけデータ的には特徴がまったくありません!逆に、どの条件でも無難に走ることが特徴でしょうか。

優等生タイプなので、大穴の激走はあまり見込めません。

単勝オッズ出走数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1~29.9倍149716.4%29.8%40.2%82%78%
30~99.9倍3021.3%4.3%6.6%48%60%

ちなみに、30~99倍の平均的な回収率は単複ともに75%ほどあるので、ロードカナロア産駒はいっそう穴馬が走っていないことがわかります。なので、30倍以上だからダメというわけではないのでご注意を。

他に粗探しをすると、非根幹距離での成績がよくありません。

単勝オッズ出走数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1~29.9倍47416.5%28.9%39.5%75%74%
30~99.9倍960.0%1.0%3.1%0%21%

人気馬は優等生ゆえに、能力の高さでこなしてしまいますが、人気薄の激走はさらに見込めなくなるのが非根幹距離です。

人気馬の弱点

視点を変えて、人気馬が苦手な条件を探してみます。穴馬の好走が少ないなら、人気馬を消すタイミングを考えればいいわけですよ。

なんでもこなしてしまいそうな気がしますが、人気馬は内枠でパフォーマンスを下げていることがわかりました。

出走数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1~2枠19122.5%37.2%50.8%65%70%
3~6枠40123.2%41.9%55.9%81%85%
7~8枠23926.4%43.5%52.3%89%81%

とくに、多頭数になるほど内枠がマイナスになります。優等生ゆえに、ごちゃごちゃとトラブルに巻き込まれるのはイヤなんでしょう。

ただし、明らかに内枠が有利になりやすい1200mはその限りではありません

まだ人気馬が1000mの内枠で出走したケースはないですが、1000mは内枠不利なコースなのでマイナスになると思います。

他には重馬場を苦手としていそうです。

馬場状態出走数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
良・稍重77824.4%41.4%54.1%81%81%
重・不良5317.0%39.6%47.2%63%71%

イメージ的にはパワーがあって重でもこなしそうですが、現状はパフォーマンスを落としていますね。この要素は今後もチェックしておきたいと思います。

ロードカナロア産駒の特徴と狙い方のまとめ

ロードカナロアは非常に優等生タイプで、種牡馬として同期のオルフェーヴルとは真逆の特徴を持っていると言えます。

馬券の狙い目としてはダート下級条件の短距離戦の外枠、ただ延長ローテは避けたほうがいいです。

芝では穴馬の激走には期待できないので、人気馬を消すタイミングを掴んで馬券に活用しましょう。

そのポイントは内枠・多頭数です。馬場が悪化したときも、疑ってかかるといいでしょう。

種牡馬
種牡馬の特徴や狙い方をまとめた記事一覧です。

コメント