mineoの大・大盤振る舞いキャンペーンは本当に大盤振る舞いだった

au回線を利用している数少ないMVNOのmineoですが、2017年9月からとてもお得なキャンペーンをやっています。その名も「大・大判振る舞い12ヶ月900円割引キャンペーン

これを適用すれば最安410円で1年間スマホを利用できることになりますので、MVNOへ乗り換えを検討しているauユーザーは必見です!!

スポンサーリンク

大・大判振る舞いキャンペーンの概要

このキャンペーンは2017年9月1日~11月9日までに「デュアルタイプ」で契約した方に適用され、利用開始月から12ヶ月間、シングルタイプ3GB基本料金相当額(900円)を割引するものです。

900円割引ではなく、シングルタイプ3GB基本料金相当額としているのは、今後シングルタイプ3GBの料金が値下げされた場合、それに応じて割引額も下がるからです。

…もしかして近いうちにシングルタイプ3GBの値下げを考えているのではないでしょうか。笑

デュアルタイプとは、通信+通話が出来る一般的な使い方の契約で、シングルタイプはデータ通信のみができる契約になります。

mineoの基本料金

今回キャンペーンの適用を受けるには、通信+通話のデュアルタイプ(右側の料金)で契約する必要があります。

この価格から毎月900円割引がされるため、500MBで契約すれば1年間は月額410円という破格の料金でスマホが利用できます。

動画なども見たい方なら6GBくらいで契約するとしても月額1290円。

mineoでは「フリータンク」という、月のデータ容量が余ったユーザーが寄付をする独自の機能があります。その寄付されたデータ容量を毎月1GBまで無料で分けてもらえるので、ライトユーザーなら500MBや1GBで契約しても十分でしょう。

余っている容量がなければ当然分けてもらえませんが。現状かなりの容量があるようなので、あまり気にしなくても良いかも。とは言えこれは助け合いの制度ですから、自分勝手な使い方ばかりするのはやめておきましょう。

デメリットはないのか?

さて、世の中上手い話には裏があるとよく言います。

みなさんこのキャンペーンにどんなデメリットがあるのか気になるところでしょう。このような美味しいキャンペーンには当然何かしらありそうなので、注意事項を読むことが重要です。

そして僕が注意事項を読んだ結果…

特にデメリットらしいものはありませんでした。

もちろんデュアルタイプで契約してキャンペーン適用→シングルタイプ3GBに変更して月額料金0円といった使い方はできません。しかしキャンペーン適用期間中にデータ容量のプランを変更するのは可能です。

また、eo光ネットの限定3ヶ月900円割引キャンペーン(詳細は知らない)と併用することも可能で、その場合は適用期間が3ヶ月延長されることになります。

1件のeoIDにつき5回線まで特典は適用されますが、ファミリー会員のeoIDでは特典は適用されないようです。IDに関しては僕は利用していないので詳しくは分かりません。

ご自身で確認していただくようお願いします。

今回のキャンペーンは基本的にデメリットは全くないと思われます。一つだけ可能性を挙げるとしたら、割引額が定額ではなく「シングルタイプ3GB相当の値下げ」ということでしょう。

途中でこの月額料金が下がれば割引額も下がることになりますが、さすがに大幅な変更がされることはないと思われます。

まとめ

mineoはフリータンク機能やマイネ王といったユーザー目線に沿った運営をしています。

今回のキャンペーンも利用期間の縛りを付ける訳でもなく、純粋に契約者数を増やそうとする企業努力のように見受けられます。(勘違いだったらすまぬ)

既に契約している人、特にキャンペーン直前に契約した人にとってはちょっと複雑なキャンペーンとも言えますが…MVNOへの乗り換えを検討している方には、思い切って行動してみる良いきっかけかも知れません。

いざ使ってみると大した問題も起こらず使える人がほとんどですから、今まで高いスマホ代を払ってもったいなかったと感じる人は多いと思います。

※2018年11月現在では、mineoは月額料金割引キャンペーンはやっていません。いずれキャンペーンが再開される可能性はあるので、チェックしておくと良いでしょう。

おしまい。


LINEモバイルで月額料金の大幅割引キャンペーン実施中。

LINEモバイルで主要SNS使い放題プランが、3ヶ月間1,390円割引キャンペーン開始!!
LINEモバイルでは、11月6日まで半年間の月額料金900円割引キャンペーンを行っていまし...