【auユーザー必見】mineoの特徴を詳しく紹介

最近、格安SIMの認知度が90%を超えているというアンケート結果が出ていました。

しかし、実際に利用しているのは10%程度とのこと。乗り換えを検討している人は一定数いるようですが、やはり格安SIMに対して知識がないため、若干の不安を覚えているようです。

CMでもお馴染みのmineoは、auを利用している人なら真っ先に乗り換えを検討する格安SIM会社と言って良いでしょう。

僕は月額料金の割引キャンペーンをやっているときに乗り換えたので、現在のスマホ代は月に500円程度で済んでいます。

mineoでは定期的に割引キャンペーンをやっているので、上手く利用してスマホ代の節約に繋げたいですね。

ここでは、mineoの特徴について、詳しく解説していきます。

ある程度、格安SIMについての知識があるものとして話をしていきますので、そもそも格安SIMってなんやねんって人はこちらの記事で確認してください。

【通信費の大幅削減!!】格安スマホのメリット・デメリットを理解しよう
以前と比べて格安スマホの利用者は増加しています。 それでも2018年の調査では全体の...
スポンサーリンク

mineoの特徴

mineoは2018年9月より、3大キャリア全ての通信回線が利用可能になりました。

つまり、どこのキャリアで契約していても、SIMロック解除なしに乗り換えが可能になったということです。(料金面での注意はあります)

また、mineoではユーザーに優しい独自のサービスもあり、初心者にも使い勝手の良いMVNOだと言えるでしょう。

mineoの主な特徴

・フリータンク
・マイネ王
・mineoスイッチ

フリータンク

フリータンクとは、データ通信量をユーザー同士でシェア出来るサービスです。

家族間でシェアするのが一般的ですが、mineoではそれをユーザー全体で行えます。

毎月1GBまでという制限はありますが、無料で譲ってもらえるだけでもありがたいですよね。

”毎月”というのも嬉しいポイントですが、譲ってくれる人がいるからこそ成り立つシステムですから、そのことは忘れずに感謝して利用しましょう。

マイネ王

マイネ王とは、mineoユーザーが集まるコミュニティです。疑問があればそこで質問することで、先輩ユーザーたちがアドバイスをしてくれます。

初心者は同じような悩みを抱える可能性は高く、経験者からアドバイスしてもられるのはとても頼りになりますね。サポート面が弱いとされるMVNOではとても良い制度だと思います。

しかも、マイネ王への初回登録でデータ通信料が1GB貰えるという特典があります。

mineoスイッチ

mineoスイッチをONにすることで、データを消費せずに通信をすることが可能になります。

ただし、その際は低速通信となります。実際に低速通信で利用してみると、真昼間だとページを開くのに10秒ほど掛かるときもあります。高速通信の快適さに慣れていると、我慢出来ないレベルだと思います。

他の時間帯であれば、遅くても見れないことはない…という感じなので、その速度に慣れてしまえば問題ないんじゃないかなと思いますね。

そもそも、そんなネットを見る必要があるのか…というところから見直すのにも、低速通信を利用するのは良いかも知れません。

mineoの料金

mineoには契約のプラン・契約のタイプ・データ容量によって、料金が変わります。

契約のプラン

・Aプラン…au回線を利用
・Dプラン…docomo回線を利用
・Sプラン…softbank回線を利用

契約のタイプ

・シングルタイプ…データ通信のみ可能
・デュアルタイプ…データ通信+音声通話

基本的にはデュアルタイプで契約することになりますね。

mineoでは、データ容量ごとに月額料金が変わるシンプルな料金設定です。複雑なセットによる見せかけの低料金プランなどがない分、選ぶのが簡単で良いですね。

ただし、AプランとDプランにほとんど差はないですが、現状Sプランだけ月額料金が頭一つ高くなっていますので、softbankから乗り換えを検討している人は、SIMロック解除をしてAプランを選択することも考えたいところです。

また、11月6日までは割引キャンペーンとして、月額料金が6か月間大幅に割り引きされるので、今が乗り換えるチャンスです。(今後も何かしらやりそうですが)

月額料金を見る

キャンペーンの内容はこちらで紹介しています。

通話料

mineoの通話料は、20円/30秒となっています。

無料の専用アプリ「mineoでんわ」をインストールし、そこから発信すれば半額の10円/30秒で通話することが出来るので、通話をする際はぜひ利用しましょう。

また、かけ放題やインターネット回線を利用して通話をするIP電話のオプションもあります。

通話料

・基本…20円/30秒
・mineoでんわ…10円/30秒

通話オプション

・10分かけ放題…月額850円
・通話定額30…月額840円
・通話定額60…月額1680円

・LaLa Call…月額100円(無料通話100円分)

10分かけ放題

10分以内の通話なら、何度でも無料になるオプションサービスです。短い通話を頻繁にする方は検討したいですね。10分超過後の通話料は、10円/30秒となります。

通話定額サービス

こちらは通話時間に応じた定額サービスです。

通話定額30なら月間最大30分、通話定額60なら月間最大60分までが、定額で利用出来ることになります。かけ放題と違うところは、1回の通話が10分を超えても大丈夫ということです。

注意点は、通話時間が30秒ごとにカウントされるため、31秒でも59秒でも60秒としてカウントされるようになります。

上手く利用するには、ちょっとハードルは高い気がするのは僕だけでしょうか。

LaLa Call

LINEの通話と同じ仕組みで、インターネット回線を使用するIP電話サービスです。

IP電話では050から始まる電話番号を使用し、オプション代が月額100円・無料通話が月額100円なので、実質無料となります。(利用すれば…ですが)

LaLa Callは通常の通話に比べて、通話料が安いのが特徴です。

LaLa Callの通話料

・携帯へ…8円/30秒
・一般電話へ…3分/8円
・LaLa Callへ…無料

通話はするけど、他の通話オプション代を支払うほどは…という方にはピッタリでしょう。

LaLa Callはシングルタイプの契約でも加入出来るので、通話はIP電話で良いと考えるなら、月額料金をさらに安く抑えれらる可能性もあります。

ただし、IP電話では110番や119番などの緊急通報へ掛けられないというデメリットもあるようなので、注意しておきましょう。

オプション

mineoでも様々なオプションサービスがありますが、個人的にはどれも不要だと思います。実際、僕は何も加入していませんし、それで不自由になったこともありません。

多くの人は端末保証オプションに加入しようとしますが、それも考え方一つでわざわざ加入しなくても良いとなるでしょう。

一応、mineoには2つの端末保証オプションがあるので、簡単に概要を説明しておきます。

mineoの端末保証オプション

・端末安心保証サービス…月額399円
・持込端末安心保証サービス…月額540円

端末安心保証サービス

mineoで端末を購入した場合のみ申し込めるオプションです。

修理ではなく、端末を交換することで対応されますが、交換するのにも費用が発生するので注意しましょう。

保証期間は契約から35ヵ月後の末日までとなり、その間に1回目の交換は5,400円・2回目の交換は8,640円・3回目以降は全額負担となってしまいます。

このオプションは、長く加入するほど損をする仕組みとも言えます。仮に、24か月後にオプションを使って交換した場合のシミュレーションしてみます。

オプション代が約400円×24ヵ月の約9,600円で、初回の交換費用と合わせると合計15,000円ほどになります。

端末価格が3万円程度だったとすると、2年後には2万円程度に下がっている可能性は高いですよね。その場合、差し引きで約5,000円程度しか金額的なメリットはありません。

交換することがなければオプション代は全額無駄になりますし、オプション代を払ったと思って自分で貯めておく方が、使い道は自由なので合理的ではないでしょうか。

まぁもっと高い端末を購入した場合では話は変わりますし、すぐに故障しないとも限らないので、加入するかどうかはご自身で判断しましょう。

持込み端末安心保証サービス

こちらは、端末をそのまま継続して利用し、SIMだけの契約をした際に加入出来ます。

端末によって、修理もしくは交換となります。

修理に関しては、4万円を超える修理代金は超過分を自己負担する必要があります。また、修理中に代替機を希望する場合、別途3,240円が掛かります。

修理が不可能な場合はmineoが指定する端末との交換となり、端末安心保証サービスと同様の免責金額(5,400円~)が必要になります。

保険の本質を考える

これらのオプションは一種の保険と言えます。

本来、保険とは自分で賄えないような金額に備えるための仕組みであって、端末に関しては安くないないですが、自分で用意出来ないほどの金額にはならないはずです。

つまり、それに対してオプションという保険に加入するのは合理的ではないのです。

オプションは企業が利益度外視の慈善事業としてやっているわけではありません。支払ったオプション代を上回る補償を受けられるのは、一部の利用者だけです。

それが何千万単位の金額なら保険として機能を果たしますが、数万円のために必要になるか分からないオプション代を毎月支払い続けるのは賢くないですよね。

なんとなくで加入するのは避け、本当に加入する必要があるのかを考えてから決めるようにしましょう。

ちょっとお得な裏技

mineoへ乗り換える際には、事務手数料として3,240円が必要になります。それに加え、SIMカード発行費用として248~368円(回線プランによる違いアリ)も必要です。

これまでも事務手数料は普通に払ってきたと思いますが、mineoでは「エントリーコード(パッケージ)」と呼ばれるものを利用すれば、事務手数料が無料になります。

Amazon・ヨドバシカメラ・ヤフオク・メルカリなどで購入出来ますが、在庫によっては手に入らない時もあるかも知れません。

相場は現在なら400円~500円前後だと思いますので、手に入るなら利用した方が間違いなくお得ですね。ただし、送料がいくらになるかは確認しておいてください。

エントリーコードはただの数字の並びなので、メルカリなら送料関係なしに取引後に数字を教えてもらうことも可能だと思います。(僕の時はそのような形で譲ってもらいました)

まとめ

mineoは分かりやすい料金体系で、ユーザー目線に沿ったサービスも提供しているため、初めて格安SIMを契約する人にもお勧め出来ます。

乗り換えのタイミングとして、契約解除月まで待とうとする人も多いですが、解除月まで4か月以上あるなら違約金を支払っても乗り換える方がトータルで節約出来る可能性は高いです。

現在の月額料金などによって変わるため一概には言えませんが、実際に掛かる費用を計算すればどちらがお得かはすぐに分かるので、一度計算してみることをお勧めします。

今後も月額料金の割合キャンペーンを行う可能性は高いですが、今よりお得なキャンペーンになるかどうかは分かりませんし、いつキャンペーンを行うかも分かりません。

様々な恩恵を享受出来るのは、実際に行動する人だけです。迷っているくらいなら、すぐにでも行動に移すことが大事なことだと思います。

※後からお得なキャンペーンが始まったらゴメンやで(*´ω`)

おしまい。


スマホの料金が今よりグッとオトクに!?【格安スマホはmineo】

2018年7月24日~11月6日まで、月額料金が大幅に安くなるキャンペーンをやっています。

mineoの申込方法を画像付きで解説しています。

【画像付き】mineoの申込方法
mineoはユーザーに優しいサービスが豊富で、初めて格安SIMを契約する人にもお勧めできる...