mineoの特徴と申込方法

mineoは、auの通信回線が利用できるMVNOとして人気です。

僕も現在は楽天モバイルからmineoに乗り換え、キャンペーンを利用して大幅な通信費削減に成功しています。

その月額、なんと約500円!!

ここではmineoの特徴や、申込の手順を解説していきます。

格安スマホについての知識がある程度あるのもとして話をしていきますので、そもそも格安スマホってなんやねんって人はこちらの記事で確認してください。

長くなりますが、これを読めば格安スマホの不安点は解消できると思います。

これを抑えれば格安スマホも怖くない!!格安スマホについて、詳しく解説します。
格安スマホに乗り換えれば、毎月のスマホ代はかなり安くなります。 端末代が不要なら、多くの人は月々2000円前後になるでしょう。 ...
スポンサーリンク

mineoの特徴

mineoはau・docomoどちらの通信回線も利用できるので、Softbankユーザー以外ならSIMロック解除なしで手軽に乗り換えられます。

また、ユーザーに優しい独自のサービスも提供しており、初心者にも使い勝手がいいと思います。

フリータンク

フリータンクとは、データ容量を分けてもらえるサービスです。

データ通信量を使い切れなかった人が、他のユーザーのために寄付をしてくれます。

毎月最大1GBまで無料で譲ってもらうことが可能で、データ通信料の上限が際どくなってきたときでも心配せずに済みます。

毎月というのが嬉しいポイントですが、寄付してくれる人がいてこそ成り立つシステムなので、感謝して利用するようにしたいですね。

マイネ王

マイネ王とは、mineoユーザーが集まるコミュニティです。

疑問があればそこで質問することで、先輩ユーザーたちがアドバイスをしてくれます。

初心者は同じような悩みを抱える可能性は高く、経験者からアドバイスしてもられるのはとても頼りになりますね。

サポート面が弱いとされるMVNOではとても良い制度だと思います。

しかも、マイネ王への初回登録でデータ通信料が1GB貰えるという特典があります。

mineoスイッチ

mineoスイッチをONにすることで、データを消費せずに通信をすることが可能になります。

ただし、その際は低速通信となるので、時間帯によってはネットの閲覧も困難になる可能性もなくはないです。

僕は以前、楽天モバイルの低速通信しかできないプランで契約していましたが、確かに遅いけど混み合う時間帯でなければ見られる速度でしたね。

mineoの料金

mineoの料金は、Aプラン(au回線)とDプラン(docomo回線)で若干違います。

月額料金はデータ通信料の上限によって変わるシンプルなもので、初心者でも分かりやすい設定と言えます。

契約のタイプはデータ通信のみのシングルタイプと、通話+データ通信ができるデュアルタイプから選択します。

一般的にはデュアルタイプを選択することになりますね。

【Aプランの月額料金】

【Dプランの月額料金】

1GBの契約がお得?

mineoでは基本データ容量を1GBで契約した場合、初月のみ1GBが追加されて2GBの利用ができます。

つまり、マイネ王への初回登録で貰える1GBと合わせ、3GBの利用ができるということです。

余った分は翌月に繰り越すことができるので、あまりデータ容量を消費しない人なら1GBの契約でも十分にやりくりできるでしょう。

いざとなったらフリータンクで1GBが貰えますしね。

通話料

mineoでは基本的に【20円/30秒】の通話料が掛かります。

しかし、専用アプリのmineoでんわをインストールし、そこから発信することで半額の【10円/30秒】となります。

10分かけ放題

mineoには、オプションで月額850円で10分以内の通話なら何度でも無料になる10分かけ放題もあります。

短い通話を頻繁にする方は検討したいですね。

10分超過後は【10円/30秒】の通話料がかかります。

通話定額サービス

このオプションは、月額840円で最大30分・月額1680円で最大60分まで定額になります。

かけ放題と違うところは1回の通話が10分を超えても大丈夫ということですね。

ただし、通話時間は30秒ごとのカウントになるため、31秒と59秒でも同じ60秒としてカウントされるので気を付けましょう。

LaLa Call

LaLa Callはインターネット回線を使用したIP電話サービスで、050から始まる電話番号を使います。

オプション代が月額100円で、無料通話が100円分付くので実質無料となります。

通話料は携帯への通話は【8円/30秒】に、一般加入電話への通話は【3分/8円】と通常の通話料に比べても安く、LaLa Call同士の通話なら無料です。

LaLa Callはシングルタイプで契約しても加入できるので、通話はこちらで十分という方なら月額料金もさらに安くなります。

ただし、IP電話では110番や119番などの緊急通報がかけられないというデメリットもありますので注意してください。

オプション

その他のオプションサービスですが、基本的にはどれも不要だと思います。

多くの人が不安から加入しがちな端末保証オプションですが、mineoでは端末安心保証サービスと、持込み端末安心保証サービスの2種類があります。

これらも僕は加入していませんが、簡単に概要だけ説明しておきます。

端末安心保証サービス

月額370円で、mineoで端末を購入した場合のみ申し込めるオプションです。

端末が故障した際に修理ではなく交換することになりますが、交換するのにもお金が必要になるので注意してください。

保証期間は契約から35ヵ月後の末日までとなり、その間に1回目の交換は5,400円・2回目の交換は8,640円・3回目以降は全額負担となってしまいます。

長くオプションに加入するほど、損をする仕組みとも言えます。

仮に、24か月後に交換した場合のシミュレーションしてみます。

オプション代が約400円(税込)×24ヵ月の約9,600円で、初回の交換費用と合わせると合計15,000円ほどになります。

購入時の端末価格が3万円程度だったとすると、2年後には2万円程度に下がっている可能性は高いですよね。

その場合、差し引きで約5,000円程度しか金額的なメリットはありません。

交換することがなければオプション代は全額無駄になりますし、オプション代を自分で貯めておく方が使い道は自由なので合理的ではないでしょうか。

メリットがあるのは購入後すぐに故障した場合や、高額な端末を購入して故障した場合くらいです。

まぁすぐに故障しないとも限らないので、加入するかどうかはご自身で判断してください。

持込み端末安心保証サービス

こちらは、これまで使っていた端末をそのままで乗り換えたときに加入できる保証サービスで、月額500円です。

修理もしくは端末交換となりますが、4万円を超える修理代金は超過分を負担となります。

また、修理をしている間に代替機を利用する場合、別途3,240円が必要です。

修理が不可能な場合はmineoが指定する端末との交換となり、端末安心保証サービスと同様の免責金額(5,400円~)が必要になります。

どちらの保証サービスも仕組みがややこしく、オプション代を支払っていても追加で費用を負担する必要があるので、普段からスマホを大事に取り扱うことを心掛けたいですね。

なんとなくで加入するのは避け、内容をしっかり確認しておくようにしましょう。

契約までの流れ

これまで使用していた端末を引き続き使用した場合は、その端末が利用可能かどうか公式サイトでチェックしておく必要があります。

端末チェッカーを選んで、該当する項目をチェックすれば診断ができます。

利用可能な端末かどうかを調べる

また、今までの携帯番号を引き続き利用する場合、MNP予約番号が必要になるので現在お使いのキャリアにて予約番号を発行しておきましょう。

それでは、実際に申し込む手順を解説していきます。

申込

基本的には左側の新規お申し込みを選びます。

他のサービスでeoIDをお持ちの方は、右側を選んで下さい。

申込方法の選択

通常の申込では初期の事務手数料が約3000円必要ですが、エントリーコードを利用すれば事務手数料が無料になります。

エントリーコードはアマゾンでも購入できます。

サービスの種類

続いて契約のタイプを選択します。

auユーザーならAプラン、docomoユーザーならDプランを選ぶとSIMロック解除なしで契約できます。(Dプランの方が月額料金は90円高いです)

基本的には通話と通信ができるデュアルタイプで契約し、データ容量はご自身の利用頻度によって決めてください。

通話サービスのオプションが必要な方はいずれかのオプションを選択。

mineoでんわの利用は無料で、通話料が半額になるのでチェックしておきましょう。

現在お使いの端末をそのまま利用する場合は、右側のSIMカードのみを選択します。

新規購入でも電話番号の引き継ぎはできるので、買い替える場合は左側を選びます。

SIMカード選択

SIMカードのみ購入の場合サイズを選択しますが、SIMカードには3種類のサイズがあります。サイズが違うと使えませんので注意してください。

同じ端末を利用する場合は同じサイズのSIMカードが必要ですので、しっかり確認しておきましょう。

端末を新規購入する場合は端末購入画面になり、端末に適したSIMカードが選択されるので心配はいりません。

MNPのお申し込み

現在使用している番号をそのまま使いたい場合は左側のMNPを申し込むをチェックし、MNP予約番号など必要項目を入力します。

新たに番号を取得して契約する場合は右側を選択します。

オプションのお申し込み

mineoでは様々なオプションがありますが、必要だと思うオプションをチェックします。

ちなみに、僕はどのオプションも利用していません。

契約者情報の入力

ここからは必要事項を入力していくだけです。

mineoではクレジットカード払いしかできません。

必要事項を入力してください。

運転免許証やパスポートなど、本人確認が出来る書類をアップロードします。

最後に申し込みを確定させれば完了となります。

お疲れさまでした。

乗り換え時の注意点

mineoに限りませんが、キャリアからMVNOへ乗り換える際にはいくつか注意点があります。

動作確認をする

先ほども言いましたが今使っている端末をそのまま使いたい場合、乗り換え先でその端末が利用可能かどうかを確認しなければなりません。

新しめの機種なら問題ないと思いますが、古い機種の場合は注意が必要です。

契約切替のタイムラグ

mineoではMNPで乗り換えた場合、マイページから契約切替の申込をする必要があります。

申込後、実際に契約が切り替わるまでに30分~1時間程度のタイムラグが発生し、その間は通話やデータ通信ができなくなります。

また、切り替えの申し込みを午後9時以降にした場合、回線が切り替わるのは翌日になるので注意してください。なお、Wi-Fiでの通信ならいつでも可能です。

iPhoneのAPN設定

通信会社が提供する回線の登録をして、インターネットを利用できるようにするのがAPN設定です。

android端末なら問題なく設定できますが、iPhoneではWi-Fi環境がなければ事前に対策しておく必要があります。

その時になって焦らずに済むように、iPhoneユーザーは事前にチェックしておきましょう。

最低利用期間

mineoでは基本的に最低利用期間は設けられていません。

しかし、契約後12ヵ月以内にMNPで転出する場合、通常のMNP転出手数料が2,160円のところ12,420円が必要になります。

つまり、実質1年間の縛りがあると考えておく方が良いでしょう。

auのiPhoneだとテザリングが使えない

テザリングとは、スマホから電波を飛ばし、屋外でもPCやタブレットでデータ通信ができるようにする機能です。

まぁライトユーザーでテザリングが必須だという方は稀だと思うので、あまり気にする必要はないでしょう。

テザリング機能が必要な方は、ポケットWi-Fiなどで代用することになります。

解約月の支払料金に注意

キャリアでは現状、解約月に日割りが適用されないようになっています。

また、各種割引サービスも適用外となる可能性が高く、普段は割引サービス込みでの月額料金となっているので、解約月には支払額が大幅に上がる可能性があります。

今解約したら解約月の料金がどうなるのかは、あらかじめ確認しておく方がトラブルにならずに済むと思います。

まとめ

mineoはau回線を利用している数少ないMVNOですので、auユーザーが乗り換えるなら真っ先に候補に挙がります。

フリータンクやマイネ王などのサービスも、ユーザー目線で考えられていてますし料金体系もシンプルで使い勝手は良いでしょう。

僕も大手キャリアから乗り換える際は色々と不安はありましたが、実際使ってみると格安スマホでも何も不具合はありませんでした。

それで月額料金は6000円ほど安くなったのですから、もっと早くから自分で調べておけば良かったな…と思うばかりです。

最初は少し面倒かも知れませんが、一度契約すればその後は何もしなくても月額料金は安いままです。

大手キャリアを利用しているほとんどの方が、月額2~4,000円くらいは安くなるでしょう。

通信費が高くて困っている…という方は、これを機に格安SIMへ乗り換えてみてはいかがでしょうか?



スマホの料金が今よりグッとオトクに!?【格安スマホはmineo】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする