(超)ミニマム生活を1ヶ月続けて

京都市内で阪急の駅から徒歩10分ほどの立地で家賃34,000円(共益費、水道代、インターネット代込み)の激安賃貸へ引っ越して1ヶ月と少しが経過しました。

家賃が安いだけに部屋は5畳と狭いです。

以前住んでいた賃貸は家賃53,500円で部屋は8畳で浴室暖房や独立洗面台があったり、実家の部屋も8畳だったのでスペック面では圧倒的に劣る今回の住居。

よく生活のレベルを下げるのは簡単ではないと言われますが、果たして新たな住居の住み心地はいかがなものなのか。

1ヶ月ほど過ごして感じたことを綴っていきます。

スポンサーリンク

何も困ることはない

結論を一言でまとめると、何も困ることはなかったです。これまでより部屋が狭かろうと、キッチンが狭かろうと、風呂の脱衣所がなかろうと。

いや、キッチンが狭いのは自炊をするのにちょっと不便ではありますね。それも簡単なものしか作らないのでどうにでもなりますが。脱衣所も浴室で身体を拭けば良いだけなので、無くても困らないです。

物が少ないと掃除が圧倒的に楽

今の部屋は5畳程度ですがベッドを置いていないので、十分な広さを感じます。

今まではベッドが当たり前だったので、その分がないだけで全然違う。8畳でもベッドを置いたら使えるスペースは実質5畳程度かそれ以下ですしね。

部屋に物が少ないと、とにかく掃除するのが楽です。しかも圧倒的に。おかげで、掃除が好きではない僕でも掃除をする気が起こります。

だって、クイックルワイパーでササッと拭くだけで綺麗になるんですから。物が少ないから、いちいち動かして拭いては元の位置に戻すとかもしなくて済みます。

部屋も狭いんで拭くスペースも少なく、カップラーメンが出来上がるまでには終わっちゃいますよ。カップラーメン食べへんけど。

部屋

ほぼ部屋の端から撮った写真です。寝るときは窓側にマットレスを敷いてゴロリ。掛け布団は部屋の入口上部にある収納棚に置いてます。

部屋3

足元には電子レンジと炊飯器・電気ケトルを直置き。電子レンジを置くラックでも買おうかと思いましたが、別に直置きでも不便はないのでそのままにしました。最初は違和感ありましたが、今はもう慣れたもんです。

部屋2

ご覧のように、床にはほとんど物がないのでクイックルワイパーが捗る捗る。ただ、掃除が必要なのは床だけじゃありません。忘れがちなのが、エアコンの上部やカーテンレールなどに溜まる埃。

この辺は放置しがちですが、気付けば埃が大量に溜まる場所なのでクイックルワイパーの前にハンディモップでパパッとはたいておけば、ほとんど埃が溜まる心配もなし。

掃除は毎日していましたが、クイックルワイパーに付く埃を見るに毎日まではしなくて良いかなと思うようになり、今は2日に1回で掃除しています。んで、日曜日にはウェットタイプも併用して仕上げる。

これでいつ来客があっても十分綺麗な部屋を保てますね。来客とかないけど。

洗濯の手洗いも慣れたもの

この部屋の洗濯機置き場は部屋の外(でも屋内)にありますが、買おうと思っていた洗濯機が入らないなどのアクシデントがあり、洗濯機は買わずじまい。現在は毎日手洗いで洗濯しています。

その経緯はこちらの記事で。

【ミニマム生活】洗濯は洗濯機を使わずに手洗いでやってみた!なんだかシャツが伸びたような気がするぅ~
自分の生活に広い部屋は必要ないことから、狭くても家賃が安い物件へ引越をして約2週間。今の...

当初は手洗いで汚れがちゃんと落ちるのか、人力の脱水でちゃんと渇くのかなどの心配もありましたが、全然問題なかったですね。すでにシャワー後の洗濯・脱水が習慣化してるので、手間とも思わなくなりました。

脱水は大きめの野菜スピナーを使って行いますが、スムーズに動くときとガタガタなって上手く回らないときがあり、原因がイマイチ分かりません。ただ、最近は何となくスムーズに回せることが多くなってきたので、そろそろ手動脱水選手権にエントリーしようかと思います。

最近は長袖のインナーを着ているので、半袖より水分を含んだときの重さが圧倒的にあるので、干し方には多少気を遣いますね。ハンガーを2本使って下に伸びないようにしています。

今の時代に手洗いなんて…と思われるかもしれませんが(実際僕もそう思っていましたが)、今は一人暮らしなら手洗いでも十分やんって思います。とくにファッションに興味がない人なら。

手洗いのメリットは、洗濯機を持たないので初期投資が不要・ランニングコストが安いことや、毎日洗濯するのでタオル・シャツ・パンツ・靴下が2枚でローテーションできること。

干して渇いた後、タオル・シャツ・パンツはお風呂のときに使うし、靴下も次の日には使うので、基本的にたたんだり収納する必要がありません。

デメリットは慣れるまで多少は面倒なのと、人によっては慣れるかどうか分からないこと、後は雨や気温の低い日に弱いことですかね。まぁ渇かなければ他の衣類を出せば良いだけです。

洗濯は洗濯機が当たり前…そう思っていた時期が僕にもありましたが、手洗いでやるのも案外悪くないですよ。

(超)ミニマム生活まとめ

生きていくうえで優雅な生活をする必要なし!スマホかパソコンがあれば音楽も聴けるし動画も見れる。そのためのスペースはほんの少しあれば十分です。

引越した当初こそ色々と生活用品を買う必要がありましたが、ここのところ食料品以外はほとんど買ってない気がする。全然お金を使うことがないですね…

おかげで日々そんなに頑張らなくても生活していくのに困らない。最近は「時間を有効に使う」という考え方を重視する人も多いかもしれませんが、僕は逆行してのんびりと多少は時間を無駄にしてもえっか、くらいの緩さで生きていきたいと思います。

それが「自由に生きたいドットコム」のぽりすぃーだッ!

シェアする

フォローする