【お金の教育】子供に教える資産形成術!

日本では学校で金融教育が行われることはなく、一般的にお金の知識は親から教わることになります。

戦後、日本では貯蓄をするような政策が取られていたことから、未だに貯蓄第一主義という人が多いですね。

しかし、今は時代が違います!

貯蓄をしていても、お金は全く増えることはありません。むしろ、インフレに負けて実質的にはお金は減っていくのです。

4月から色々と値上がりしましたよね(何が上がったのか知らんけど)。10月からは消費税も10%へ上がりますよね。

これまで100円で買えていたものが、100円で買えなくなるのです。ほら、持っているお金は減っていなくても、価値は下がっているでしょ?

これまでの常識を鵜呑みにしていると、これから訪れる令和の時代、どんどん生活が苦しくなっていくかもしれません。

そうならないためにも、自分はもちろんのこと、子供にもお金について教えてあげることが重要です。

スポンサーリンク

【複利】絶対に知っておきたいこの世の真理

かの有名なアインシュタインは言いました。

複利は人類最大の発見やでぇ!!

複利とは、預けた元本に付いた利息を元本に上乗せし、翌年も同じように運用していくことを言います。

【10%の複利運用】

年数元本利息
1年目10,000円1,000円
2年目11,000円1,100円
3年目12,100円1,210円

こんな感じで利息を上乗せしていくと、年数が経つごとに得られる利息が増えていきます。

これを繰り返すことで、元本が増えるスピードが加速度的に増していき、数十年後にはとても大きなお金になっていきます。

もちろん、元本が少なすぎたり、利率が低すぎたりすると効果は少ないですが。

世の中のお金持ちと一般ピーポーの格差が広がる原因は、お金持ちは投資によって高いリターン(利率)を得ているのに対し、一般ピーポーはリターンがほぼゼロの貯蓄ばかりしているから。

さらに、お金持ちは複利の力も活かしているので、格差が広がるのは当然の結果なのです。

貯蓄脳になっている人には理解するのが難しいかもしれませんが、複利の効果を知っているか知らないか、実践するかしないのかでは、将来大きな差が付いてくると思います。

我が家の金融教育

僕の実家には、両親と甥っ子(姉の子・16歳)がいます。姉はすでに他界し、甥っ子の父親は諸事情により離れて暮らしています。

実質的に、うちの親が面倒を見てきました。

僕は1年ちょっと前に実家に戻ってきたのですが、最近甥っ子にお金の知識を付けてもらおうと、あることを始めました。

それが、実際に「複利運用を体験させる」ということです。

もともとは、お金の管理を自分でできるようになるためにと、お小遣いは多めに渡し、学校で必要なもの以外は自分のお金で調達するようにさせていました。

しかし、何でも簡単に手に入る世の中。

ちょっと欲しいものをあれこれと買うだけで、あっという間にお小遣いを使い果たすのが現実でした。

最初に少しでも貯金として置いておき、残ったお金でやりくりするようにと伝えていたにもかかわらず、毎月の小遣いは綺麗さっぱり使い切ります。

働いて給料を貰うようになっても、同じように毎月使い切るような生活になりそうで、正直心配でしかありません。

自立すれば何か変わるかもしれませんが、今のうちにその辺りは改善しておくにこしたことはないでしょう。

とはいえ、どうすりゃいいのか分からず考えた末に辿り着いたのが、複利運用を体験させる方法です。

名付けて、「お金!貯めたい!殖やしたい!!資産形成大作戦!

資産形成大作戦!とは?

hide
説明しよう。

お金!貯めたい!殖やしたい!資産形成大作戦!」とは、子供にお金がお金を生む仕組みを実際に体験させ、お金は「稼ぐ・貯める」だけではなく、「殖やす」ことが大事だと教えるものだ。

これを理解させるために、お金がお金を生む仕組み=お金に働いてもらうことのメリットやデメリット、預貯金のメリット・デメリットを紙にまとめ、甥っ子に渡しました。

そして、毎月お小遣いを貰ったあと、最初に少しでもお金を貯めておけば、そこに僕が利息を付けるという作戦です。

問題は、実際に運用する場合には、せいぜい年率で5%前後増えるかどうかなので、お小遣いの一部を貯める程度だとほとんど増やすことができないことです。

複利の効果を実感させるには、利息を毎月付け、現実なら詐欺レベルの利率を設定する必要がありました。

具体的に言うと、毎月頭に専用の貯金箱(ただの箱)に入っている金額の「10%」を利息として付けるようにしました。

本当は元本もどうにか変動するような仕組みにしたかったですが、良い方法が思い浮かばず元本保証です…

元本保証で月利10%。実際にこんな話があったら、まず間違いなく詐欺確定ですね。

複利運用するとどうなる?

複利を知らない人にこれだけ伝えたところで、実際にどうなるのかが想像できないと思います。

例えとして、甥っ子にも毎月500円ずつ貯めた場合のシミュレーション結果を渡しておきました。

元本利息
4月500円50円
5月1,050円55円
6月1,655円166円
7月2,321円232円
8月3,053円305円
9月3,858円386円
10月4,744円474円
11月5,718円572円
12月6,790円679円

はい、徐々に利息が大きくなり、元本がどんどん増えてます。12月までに積み立てたお金は9ヶ月分=4,500円ですが、複利によって6,790円まで増えたのです。

これが「お金がお金を生む仕組み」ですね。甥っ子には高校を卒業するまでの結果を見せています。

驚くなかれ、卒業するまで続けた場合、最終的には12,000円の積立額が、約44,000円にまで増えるのです。

卒業間近になると、利息だけでも3,000円以上。それを払うためのお金を今から貯めておかなければ…(頑張れ、俺!)

実際にはあり得ないリターンではありますが、これくらい増えるようにしておけば、お小遣いを使いきろうとせずに投資する(貯める)楽しみができるんじゃないでしょうか。

もちろん、実際に得らえるリターンはどれくらいかも教えています。これが普通やと勘違いされたら、それはそれで危険な気がしますからね。

まとめ

これでどれだけ甥っ子がお金に関心を持ってくれるかは分かりません。

少なくとも、持っているお金を全部使うことは避け、お金がお金を生む仕組みがあるということを理解してくれればと思います。

とりあえず、最初は500円だけ入れておけと言ったあとに複利についてまとめた内容を見せたんですが…

翌月にはちゃっかり貯金箱に1,000円追加してやがんの!!

こちらが思っている以上に、意外としっかりしているのかもしれませんね。

おしまい。

※ちなみに、毎月1,000円ずつ貯めた場合で卒業まで運用すると、積立額23,500円に対し、元本は84,000円になります。

hide
俺の金がなくなるわッ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする