格安スマホに乗り換えれば月額料金はどれだけ安くなるのか?

格安スマホに乗り換えれば、毎月のスマホ代は格段に安くなります。

気になっている方は調べたりしていると思いますが、サイトを見ても実際にどれくらいの料金が掛かるのかイメージできない人もいるかも知れません。

今回は、MVNOの簡単な料金比較や、実際に格安スマホで契約したときに掛かる費用を紹介していきます。

その前に、格安スマホについてイマイチよく分かっていない人のために、格安スマホの基本的なことからお話します。

スポンサーリンク

格安スマホの基本

格安スマホと言っていますが、格安スマホはスマホ本体が安い機種のことを指しますので、正しくは「格安SIM」と言います。

格安SIMとは、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するSIMカードのことで、MVNOで契約することによって、月額の使用料金が安くなります。

SIMカードは個人情報が入ったカードと思っておくと良いでしょう。

大手キャリアはそれぞれ通信回線を保有していますが、MVNOは通信回線を持っていません。そのため、通信回線をレンタルして通信が行えるようにしているんですね。(ここ、重要)

通信回線による違い

MVNOの多くは、docomoの通信回線を使用しているところが多いです。au・softbankの通信回線も数社で利用できますが、まだ多くはありません。

どこの通信回線を使っているかは、乗り換えの際に現在使用している端末をそのまま使う場合に影響します。

例えば、auで契約している人がdocomoの通信回線を利用しているMVNOに乗り換えたい場合は、現在使用している端末はauの通信回線でしか使えない状態(SIMロック)になっているので、その状態を解除する手続きが必要になります。(SIMロック解除)

まぁそれだけと言えばそれだけなんですけど、通信回線が同じならSIMロック解除はしなくても良いので、ひと手間掛かる…ということを覚えておいてください。

MVNOで契約するときに、新たに端末を購入する場合は通信回線を気にする必要はありません。ただし、中古スマホを自分で購入する場合は注意が必要。その端末がSIMロック状態である可能性があるからです。

SIMフリーという端末なら問題ありませんが、MVNOでも端末を販売しているのでそちらで購入する方が安心です。

スマホ代はどれだけ安くなるのか?

大手キャリアで契約していれば、安くても月額6,000円前後でしょうか。

最近ではデータ通信量によって自動的に料金が変わるプランがありますが、上手く契約していればもう少し安くなる可能性もあります。

ただ、個人的にはこれらの契約には何かと複雑な条件があれこれ付いてくるので、あまり良いものとは思っていません。

MVNOなら、基本的にはデータ容量に応じて料金が変わるだけのシンプルなものが多いですが、実は各社の利用料金には基本的に大きな違いはありません。

格安スマホの料金

MVNOの中でも知名度の高いところで比べてみます。

・楽天モバイル…1,600円(3.1GB)
・mineo…1,510円(3GB)
・LINEモバイル…1,690円(3GB)
・IIJmio…1,600円(3GB)
・イオンモバイル…1,580円(4GB)
・UQモバイル…1,980円(2GB)
・ワイモバイル…1,980円(2GB)

この中で注意したいのは、サブブランドと呼ばれるUQモバイルワイモバイルです。

ともに公式サイトで大きく表示されている月額料金は、基本的に割引が適用される1年目だけのものです。2年目以降は月額料金は1,000円高くなり、データ通信量も一定期間経過後には減少するような契約となっています。

これらは見えにくい小さな文字で書かれているので、細かい内容までチェックしておかないと、後で話が違うとなりかねません。サブブランドは所詮、大手キャリアと同じやり口なので、個人的には契約したくありません。

メリットとしては他のMVNOより通信速度が速く、実店舗も多めでサポート体制も多少整っていることでしょうか。キャリアとMVNOの中間的な立ち位置と考えておけば良いと思います。

他のMVNOでは料金にほとんど違いはありません。そのため、基本的にはどこを選んでも問題ないと言えるでしょう。

決め手となるのは他のサービス面となりますが、楽天ユーザーならポイントが付く楽天モバイルが無難ですし、mineoはユーザー同士の助け合いシステムが個人的には高評価です。

LINEモバイルはデータ使用量を消費せずに楽しめるサービスがありますが、使いこなすには少しコツがいるかも知れません。

個人的には楽天モバイルとmineoしか契約したことがありませんが、両社とも不便なく使えましたのでおススメできます。

※楽天モバイルは第4のキャリアとなるので、今後どうなるかは現状分かりません.

※2018年11月からLINEモバイルへ乗り換えました。

通話料

格安スマホの月額料金には、通話料は含まれていません。そのため、通話をした分は月額料金に丸々加算されることになります。

基本的には20円/30秒ですが、専用アプリから発信すれば半額になりますし、かけ放題オプションを用意しているMVNOも多いです。

大手キャリアでもかけ放題のプランがありますが、料金的にはMVNOの方が断然安いですね。

例えば、docomoなら5分以内の通話が無料のプランが1,700円ですが、MVNOなら850円程度のオプション料金で済みます。(mineoなら10分までかけ放題)

ただし、24時間の完全なかけ放題を提供しているのは、現状ワイモバイルだけとなっています。ワイモバイルをMVNOと呼ぶのは意見が分かれるところですが…

とはいえ、LINEなどの無料通話もありますし、完全かけ放題の重要性は低いと思います。

多くのMVNOでは最初の5分、もしくは10分間なら何度でもかけ放題というオプションが約850円程度で用意されていますので、通話をよくする方なら加入することも検討してみてはいかがでしょうか。

月額料金の一例

MVNOのサイトに記載されている月額料金には、基本的に通話料など他の費用は含まれていません。実際には、通話料・各種オプション代・端末代などを加えた金額が必要です。

例えば、楽天モバイルで端末を同時購入し、3.1GBのプランに5分かけ放題と端末保証オプションに加入した場合の月額料金は以下のようになります。

・3.1GBプラン…1,600円
・5分かけ放題…850円
・端末保証…500円
・端末分割代金…1,000円
合計…3,950円

端末代金を支払い終えれば2,950円になりますし、今使っている端末のまま乗り換えるならそもそも不要です。個人的には、端末保証オプションも必要性は低いと考えており、実際に加入していません。

ちなみに、僕は楽天モバイルで端末を一括購入し、オプションには何も加入しなかったので毎月1,300円~1,500円程度で済みました。仮に端末代を分割購入していれば、毎月1,000円程度上乗せされている感じでしょうか。

その後はmineoのキャンペーン期間中に乗り換えをして、キャンペーン適用中は月額500円程度しか支払わずに済んでいます。

ここまで安くなる人はあまりいないと思いますが、大手キャリアで契約しているよりかは遥かに節約できることは間違いないでしょう。

さらに、LINEモバイルのキャンペーン中に乗り換えたことで、半年間は月額300円で利用することができます。

まとめ

MVNOで契約したときに掛かる料金は、基本料金・通話料・オプション代・端末代を合わせたものになります。

使用している端末のまま乗り換えれば、かけ放題オプションを追加しても月額2,000~2,500円ほどで済みます。不要ならもっと安くなりますね。

オプションは基本的に要らないものがほとんどなので、MVNOならスマホ代を月額2,000円以下に抑えることも、十分に可能だということです。

おしまい。

LINEモバイルでは、11月7日から新たなキャンペーンが始まります。

LINEモバイルではdocomo・softbank回線が利用できます。

LINEモバイルの特徴
通信費を削減するには、MVNOで格安SIMの契約をするのが最適です。 しかし、今では...


mineoはユーザーに優しいサービスがあり、おススメです。

【auユーザー必見】mineoの特徴を詳しく紹介
最近、格安SIMの認知度が90%を超えているというアンケート結果が出ていました。 し...


以前契約していた楽天モバイルです。

楽天ユーザーなら特典があります!!

ただし、docomo回線の利用となるので、au・softbankユーザーが端末をそのまま乗り換えたい場合は、SIMロック解除が必要です。

【スーパーホーダイはお得?】楽天モバイルの特徴を解説します
楽天モバイルは楽天ポイントの利用や還元などのサービスがあるMVNOです。 普段のクレ...