これを抑えれば格安スマホも怖くない!!格安スマホについて、詳しく解説します。

格安スマホに乗り換えれば、毎月のスマホ代はかなり安くなります。

端末代が不要なら、多くの人は月々2000円前後になるでしょう。

しかし、未だに乗り換えている人はそう多くありません。

それは、格安スマホに対して色んな不安があるからだと思います。

ですが、実際そんな大した問題はありません。

ここでは格安スマホの仕組みや安さの秘密、乗り換えのためのポイントやその方法、簡単なデータの移行方法などを紹介。

この記事一つを読めば、格安スマホへ乗り換えるのに必要な知識が得られるのではないかと思います。

本気で格安スマホについて学びたい人のために、こちらも本気で長文を書き上げましたので、本気の人だけ読んでいただきたいと思います。(本気じゃなくても読んでね)

スポンサーリンク

格安スマホの基本

まずは、格安スマホについての基本的なことを解説していきます。

格安スマホとは?

一般的には格安スマホで名前が通っていますが、本来は格安SIMと呼ぶ方が正確です。

格安SIMは、MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するSIMカードのことで、MVNOで契約することにより、月額の使用料金が安くなります。

細かいことは気にする必要ありませんので、ここでは格安スマホと呼びます。

MVNOは独自の通信回線を持たずに、docomo・au・Softbankの大手キャリアから通信回線を借りています。(ここ、重要)

格安と言っていますが、個人的にはこれくらいが標準的な価格なんじゃないかと思いますけどね。大手キャリアの料金が高すぎるんです。

通信回線による違い

大手キャリアから通信回線を借りているため、どこのキャリアの回線かによって、乗り換える際に注意する点があります。

現在契約しているキャリアと違う通信回線を利用しているMVNOなら、SIMロック解除という手続きが必要になるのです。

現在、ほとんどのMVNOではdocomoの通信回線を利用しています。

そのため、docomoで契約しているユーザーなら、ほぼ問題なく乗り換えることが可能です。

問題は、auやsoftbankで契約しているユーザー。

auの通信回線を利用しているMVNOは、現在ではmineoUQmobileなどの数社しかありませんが、これらなら簡単に乗り換えができます。

まぁmineoに関しては、サービスも非常に良いと思うのでauユーザーならmineoで十分だと思いますけどね。

他のMVNOにしたいと言うなら、SIMロック解除の手続きをする必要があります。

softbankに至っては、現在では通話ができるサービスを提供しているMVNOはないようです。

今後は増えてくるかも知れませんが、softbankユーザーは基本的にSIMロック解除をする必要があると言えるでしょう。

SIMロック解除とは

本来、キャリアで販売されている端末では、そのキャリアのSIMカードしか使えないようにロックされています。

そのため、他の通信回線を利用することができません

この状態をSIMロックと呼び、SIMロック解除とは、その状態を解除することです。

つまり、SIMロック解除により、他の通信回線のSIMカードも利用できるようになるということですね。

端末を購入する場合

端末を新たに購入してMVNOで契約する場合、基本的にSIMロックは気にしなくていいです。

ただし、その際はSIMフリースマホと呼ばれる、SIMロックされていないスマホを用意する必要があります。

MVNOでは端末も販売しており、いずれもSIMフリースマホなので、契約したいMVNOで端末も購入すれば問題はありません。

それらの端末は価格が安いものも多く、本来はそれを格安スマホと呼ぶようですね。

注意したいのは、自分でAmazonなどから中古の端末を購入した場合です。

その端末がSIMフリースマホか確認しておかないと、後々トラブルになりかねません。

買い替えるなら、MVNOでセット販売されている端末の方が安心ですね。

格安スマホが安い理由

多くの人が不安に思う理由が、料金の安さによるものでしょう。

これだけ安いと何か裏があるんじゃないか…と疑うことは重要です。

重要ですが、その内容の良し悪しを見極めることもまた、重要です。

格安スマホが安い理由は主に2つあります。

設備投資が不要

1つ目はMVNOは通信回線を借りているため、自社で設備投資が不要であること。

通信設備を自社で設けるには莫大な費用が掛かると言われています。

それを自社で持たず、レンタルすることで料金に反映しているわけですね。

人件費削減

2つ目は基本的に店舗を持たずにWebをメインとしているため、人件費がかからないこと。

最近ではMVNOでも店舗を増やしているところもあります。

しかし、キャリアショップ同様に、待ち時間が長くなるのでネットで済ませる方がいいです。

実際、私が店舗へ行ったときは3時間ほど待ちが出ていると言われ、翌日に行きましたがやはり2時間ほど待つ必要がありました。

結局自宅へ帰ってネットから申込をしましたが、非常に簡単だったのでわざわざ店舗へ行く必要はなかったですね。

安さの理由は真っ当なもの

格安スマホの料金が安い理由は、品質が悪いとかそういう類のものではありません。

最低限のサービスのみ提供することで、大手キャリアより遥かに安い料金を実現しています。

これを理解せずに、格安スマホは安いから怪しいと言っていては、スマホ以外のところでも色々と損をする可能性があるので注意したいですね。

格安スマホのメリット

格安スマホのメリットは、言うまでもなく安さです。

月額料金と端末料金

月額料金は当然のこと、各MVNOで販売されている端末自体も安いものが多く、端末を新たに購入する際も負担は少ないでしょう。

また、勘違いされやすいですが、通信回線は大手キャリアのものを使用しているので、電波が届きにくいということはありません

違約金

他にも大手キャリアでは、基本的に2年縛りの自動更新契約が多く、それに悩まされている方も多いと思います。

しかし、MVNOでは6ヵ月~12ヶ月程度の最低利用期間を過ぎれば、いつ解約しても違約金が掛からないところがほとんどです。(一部例外はあります)

格安スマホのデメリット

もちろん、デメリットもあります。

しかし、考え方によってはデメリットとも言えないようなものばかりですけどね。

メールサービス

大手キャリアとMVNOの最も大きな違いは、これまで当たり前のように利用できたキャリアメールが使えなくなる点だと思います。

○○@docomo.ne.jpなどのメールは、大手キャリアの独自サービスですので、MVNOでは利用することはできません。

代わりに、MVNOではGmailなどのフリーメールを使う必要があります。

フリーメールには無料のYahooメールやGmailなどがありますし、MVNOによっては独自のメールアドレスを利用できるところもあります。

しかし、これらは全てパソコンメールとして認識されることになり、キャリアメール宛に送信すると、自動的に迷惑メールに振り分けられる可能性があります。

よく連絡を取る人には事前にその旨を伝えておき、迷惑メールにならないように設定してもらう必要がありますね。

まぁ最近ではキャリアメールを利用する機会は減っているでしょうから、そこまで大した問題になるとは思いません。

LINEなどは問題なく利用できるので、デメリットというほどではないかも知れませんね。

サポート

他には人件費を抑えている分、サポート面は大手キャリアに比べてやや弱めです。

それでも最近のMVNOでは、チャット形式ですぐに質問に答えてくれることもあり、かなり改善されていると言えるでしょう。

通信速度

また、電波自体は安定していますが、レンタルしている回線量を契約者でシェアすることになるので、さすがに通信速度は劣ります。

かと言ってネットが閲覧できないということはないですし、個人的にはネット依存を解消するためにも通信速度は多少遅いくらいが丁度いいと思うくらいです。

スマホ代はどれだけ安くなるのか?

格安スマホなら、実際どれくらい安くなるのか気になると思います。

大手キャリアで契約していれば、少なくとも月額6000円くらいは必要でしょう。

MVNOでは、基本的に使用料金に大きな違いはありません。

格安スマホの料金

ある程度知名度のあるMVNOで比べてみます。

MVNO月額料金
楽天モバイル1600円(3.1GB)
mineo1510円(3GB)
LINEモバイル1690円(3GB)
IIJmio1600円(3GB)
イオンモバイル1580円(4GB)
※UQモバイル1980円(2GB)
※ワイモバイル1980円(2GB)

この中で注意したいのはUQモバイルとワイモバイルです。

両社はサブブランドと呼ばれ、他のMVNOとは少し違います。

ともに公式サイトで大きく表示されている月額料金は、基本的に1年目のものです。

2年目以降は、月額1000円高くなるので注意が必要です。

また、データ通信量も一定期間を過ぎると上限が下げられますので、細かい内容までチェックしておかないと、後で話が違うとなりかねません。

メリットとしては他のMVNOより通信速度が速く、実店舗も多めでサポート体制も多少整っていることでしょうか。

キャリアとMVNOの中間的な立ち位置と考えておけば良いと思います。

他のMVNOでは、それほど料金に大きな違いはないことが分かります。そのため、基本的にはどこを選んでも問題はないということです。

決め手となるのは他のサービス面となりますが、楽天ユーザーならポイントが付く楽天モバイルが無難ですし、mineoはユーザー同士の助け合いシステムが個人的には高評価です。

LINEモバイルは上手く使えばデータ使用量を消費せずに楽しめるサービスがありますが、使いこなすには少しコツがいるかも知れません。

個人的には楽天モバイルとmineoしか契約したことがありませんが、両社とも不便なく使えましたのでおススメできます。

※楽天モバイルは今後第4のキャリアとなるので、どうなるかは現状分かりませんね。

通話料

格安スマホでは通話量がネックになると思われるかも知れません。

しかし、専用アプリから発信すれば【10円/30秒】となるMVNOもありますし、今ではかけ放題のオプションを用意しているところも多く、とくに不便はないと思います。

ただし、完全かけ放題は今のところワイモバイルのみ提供しているようです。

楽天モバイルでは完全かけ放題のサービスが終了しました。

とはいえ、LINEなどの無料通話もありますし、完全かけ放題の重要性は低いと思います。

多くのMVNOでは最初の5分、もしくは10分間なら何度でもかけ放題…というオプションが約850円程度で用意されていますので、通話をよくする方なら加入することも検討してみてはいかがでしょうか。

月額料金の一例

MVNOの公式サイトに記載されている月額料金は、基本的に通話料等は考慮されていません。

実際の月額料金は、その金額に通話料・各種オプション代・端末代などを加えたものになります。

例えば楽天モバイルで端末を同時購入し、5分かけ放題と端末保証のオプションに加入した場合は以下のようになります。

例) 楽天モバイルで契約した場合
3.1GB1,600円
5分かけ放題850円
端末保証500円
端末分割代金1,000円
合計3,950円

端末代を支払い終えればさらに安くなりますし、端末をそのまま使い続けるならそもそも不要な項目です。

個人的には、保証のオプション等も必要性を感じておらず、僕は加入していません。

ちなみに、僕は楽天モバイルで端末を一括購入し、オプションには何も加入しなかったので毎月1,300円~1,500円程度で済みました。

仮に端末代を分割購入していれば1,000円程度上乗せされている感じでしょうか。

その後はmineoのキャンペーン期間中に乗り換えをして、キャンペーン適用中は月額500円~600円程度しか支払わずに済みます。

ここまで安くなる人はそういないかも知れませんが、それでも月額で数千円安くなるだけで今後大きな節約効果があることは間違いありませんね。

MNPの乗り換え方法

実際に乗り換えるとなると、これまで使用していた電話番号はそのまま使いたいという人がほとんどだと思います。

その場合は、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)で乗り換えることになります。

MNPの手続きは非常に簡単です。

MNP予約番号を発行する

MNPで乗り換える際に必要になるのが、MNP予約番号です。

各キャリアへ電話をするか、ショップで発行してもらういましょう。

docomoのみ、スマホならWeb上で発行ができるようです。

詳細はご利用キャリアの公式サイトで確認してもらうのが確実ですが、発行自体はすぐにできるので用事のついでにショップで発行してもらうのもいいでしょう。

また、予約番号には15日間の有効期限があり、申し込みをする際には基本的に有効期限が10日以上残っている必要があるので、取得してからはお早めに申し込みをしてください。

有効期限が切れても、その番号が使えなくなるだけで再発行すれば問題ありません。

料金等が発生することもありませんので、その点はご安心ください。

MVNOへ申し込みをする

予約番号を取得すれば、契約したいMVNOへWeb上から申し込みをします。

その際、身分証明書と支払い用のクレジットカードが必要になるので用意しておきましょう。

身分証明書は、Webでアップロードが可能です。

SIMカード(+端末)が届けば回線切替の手続きをする

回線切替をする方法は、MVNOによって違います。

例えば、mineoではマイページへログインして回線切替の手続きをしますが、楽天モバイルでは電話をする必要があります。

また、端末をそのまま使用する場合で、PCやタブレットを所有しておらずWi-Fi環境もないという方であれば、先にSIMカードを差し替えると通話や通信ができず切替の手続きもできませんので、SIMカードを差し替える前に手続きを行うようにします。

回線切替の手続きをしてもすぐに契約が切り替わる訳ではなく、MVNO側が確認した時点で契約が切り替わって以前のSIMカードは使えなくなり、自動的に解約という形になります。

僕の場合、手続きをしてから30分~1時間程度で契約が切り替わりました。

ただし手続きが21時以降になった場合、契約が切り替わるのが翌日の朝になり、その間は通話・通信ができない状態になります。

手続きをする時間帯には注意しましょう。

APN(アクセスポイント名)設定を行う

APN設定とは、各業者が提供するネットワーク回線を利用するための設定です。

docomoならdocomoのAPN・楽天モバイルなら楽天モバイルのAPNが存在し、それを設定しなければ、契約を切り替えてもインターネットに繋がりません。

大手キャリアでは店員がすでに設定した状態で商品を受け取れるので、あまり馴染みがないかも知れませんね。

android端末では説明書通りに手順を踏めば簡単に設定が出できますが、注意したいのはiPhoneを使っている方です。

iPhoneの場合、safariから構成プロファイルと呼ばれるものをインストールするだけで簡単なのですが、Wi-Fi環境がない場合は、そもそもネットに繋がらない状態なのでインストールしようにもできない…ということになります。

そのため、無料Wi-Fiスポットでインストールをするか、あらかじめ構成プロファイルをインストールしておく必要があります。

あらかじめインストールしておく手順としては以下のようにします。

  1. Filer Lite」というアプリをインストール
  2. MVNOの構成プロファイルをダウンロードして「Filer Lite」に保存
  3. ダウンロードしたファイルを自分宛てにメールで送る
  4. 契約を切り替え、その後送信したメールのファイルをインストール

※MVNOの構成プロファイルのURLは、取扱説明書に記載されています。

3.の宛先は、キャリアメールではなくフリーメールに送信しておくと良いでしょう。

キャリアメールは契約が終了すると使用できなくなります。

詳細はこちらのサイトが画像付きで紹介されていますので参考にしてください。

また、新しいMVNOの構成プロファイルを使用する際には、これまで使用していた構成プロファイルはアンインストールする必要があります。

MNPにかかる費用

MNP転出手数料に約2~3,000円。

新たに契約するMVNOの転入手数料として3,000円が必要です。

大手キャリアでは更新月以外の解約となると違約金が発生するので、それも考慮しておいてください。

転入先の初月料金は日割りが適用されるところが多いですが、転出する側の料金は日割りにならない可能性が高いです。

また、解約月は各種割引サービスが適用されないというケースも多く、大手キャリアでは解約月の料金が高くなる可能性もあるのでご注意下さい。

違約金を払っても得なケース

乗り換える際に違約金を払うのがもったいないと感じ、更新月まで待ってから乗り換えようと考える人も多いと思います。

しかし、更新月までの期間が長い場合は、違約金を支払ってでも乗り換える方が安くなる可能性も高いです。

例えば、乗り換えることで月額4,000円安くなり、違約金は10,000円発生するというケース。

この場合、更新月まで3ヵ月以上あるなら、すぐに乗り換える方がお得になります。

ただし、キャリアでの解約月の支払いが大きくなるのであればこの限りではありません。

契約を解除すると他にも発生する料金がある可能性もありますので、まずはショップで確認しておくことをおススメします。

新しい端末に電話帳やLINEを引き継ぐ方法

格安スマホへ乗り換える際に端末を新しく購入する場合、電話帳などのデータ移行も基本的には自分で行う必要があります。

しかし、作業自体は非常に簡単にできるので、とくに心配する必要はありません。

今までの端末を使用される場合は、データ等もそのまま残るので何も問題はありません。

電話帳をグーグルアカウントと同期する

まずは電話帳移行の手順を解説します。

この方法ではグーグルアカウントを使用しますので、グーグルアカウントを持っていない人はここからアカウントの取得をしてください。

その際に決めたユーザー名(メールアドレス)とパスワードは、後で必要になるので忘れないようにしましょう。

グーグルアカウントを作成すればGmailなどが利用できるので、どちらにせよ作っておいた方がいいと思います。

ではアカウントを作成しているとして話を進めていきます。

iPhoneの同期方法

iPhoneでの同期の手順です。

まずは設定連絡先を選択します。


次にアカウントを選択。


次にアカウントを追加を選択。


次にGoogleを選択してアカウントのユーザー名とパスワードを入力すると、下の画面になります。

ここで連絡先をチェックして保存します。

これでグーグルアカウントに電話帳のデータが同期されました。

このデータはWeb上に保存されているので、他の端末やパソコンでもグーグルアカウントにログインすればデータが共有できます。

Androidの同期方法

Androidは機種によって画面が違う可能性もありますが、ここでは僕が利用しているarrows 03の画面で説明します。

まずは設定端末管理を選択。


次にアカウントからGoogleを選択。


最後に連絡先をチェックして完了。

これでandroid端末の同期は完了。

グーグルアカウントに連絡先のデータが保存されたので、違う端末からでもログインすれば共有することができます。

新しい端末に電話帳を同期させる

グーグルアカウントに電話帳のデータを保存すれば、後は新しい端末でも同じようにグーグルアカウントの電話帳を同期すれば、自動的にデータが保存されます。

新しい端末がiPhone・androidのどちらでも、先ほどの手順と同様にグーグルアカウントの連絡先にチェックを入れればいいだけです。

グーグルアカウントに画像なども同期しておけばそれらも移行することができますので、やり方を覚えておくと今後も役に立つでしょう。

LINEのデータを引き継ぐ

LINEのデータも引き継ぐことができますが、トーク履歴までは残らないようです。

データの引き継ぎ方法は公式サイトでも解説されていますが、要点をまとめると以下のようになります。

  1. 今までの端末でキャリアメール以外のメールアドレスと、パスワードを設定する
  2. 引き継ぎの許可を設定して、24時間以内に新しい端末でLINEをインストール
  3. 新しい端末でログインしてメールアドレス・パスワード・電話番号を入力
  4. 送られてきた認証番号を入力

注意点としては新しい端末ではキャリアメールが使えないので、メールアドレスはフリーメールで設定しておくこと。

それと新しい端末で新規登録ログインと表示が出ますが、必ずログインを選ぶことです。

誤って新規登録をすれば、データの引き継ぎができなくなるそうなので、注意が必要です。

まとめ

長かったですね。(疲弊)

僕は以前から、ほとんど使いこなせていないスマホに月6,000円前後も支払うのがもったいないと思っていました。

しかし、無知だった僕は、それに対してどうすることもできず、ただ数年間その高い料金を支払うしかなかったのです。

よくよく調べてみると、そんなに難しく考える必要はないことが分かり、結果的にスマホ代は以前とは比べ物にならないくらい安くなりました。

まさに、無知は節約の敵であることが身に染みて分かります。

スマホは今後なくてはならない存在になります。(すでになっています)

面倒だからと調べることなく高い料金を支払い続けると、とんでもなく大きな損失になってしまう可能性もあります。

格安スマホに関しては調べることは、決して難しいことではありません。

全く無知だった僕でも、これくらいの記事を書けるようになるんですから。

やるかやらないか、全てはそれだけです。

おしまい。

楽天モバイルについてまとめています。

mineoについてまとめています。

mineoの特徴と申込方法
mineoは、auの通信回線が利用できるMVNOとして人気です。 僕も現在は楽天モバイルからmineoに乗り換え、キャンペーンを利用し...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする