荻原博子「投資なんか、おやめなさい」を真に受けるのはおやめなさい

テレビなどでお馴染みの経済ジャーナリスト・荻原博子さんの書籍「投資なんか、おやめなさい」を読みました。

近年、国をあげて個人で投資を通じて資産形成をしてもらおうという動きがありますが、日本人は投資に対して消極的です。

荻原さんは投資に対してかなり否定的な意見が目立ちますが、この本を読んでわかったことがあります。

それは、「荻原さんは、株式投資の知識がなさすぎる」ということです。

スポンサーリンク

全体的には良心的

この本に書かれている「投資」は株式以外にも、保険や外貨・債券など対象は様々です。

それらを売りつける際のセールストークに対して、「○○だから手を出さないほうが良い」という形で、なぜダメなのかを解説してくれています。

これに関しては概ね賛同できる内容も多く、基本的には知っておいて損はないものだったと思います。

特に保険や投資信託は一番身近な金融商品ですから、これからの生活に関わってくる可能性も十分ありますし、理解しておきたいですね。

共感できないポイント

考え方は人それぞれですが、僕がこの本の内容で共感できなかったポイントがいくつかあります。

・ドルコスト平均法
・確定拠出年金
・「投資」そのもの

ドルコスト平均法

荻原博子さんは、ドルコスト平均法は「愚の骨頂」だと断言しています。

ドルコスト平均法とは、「定期的に一定額を買い続けること」を言います。

そうすることで株価が高いときには少なく、安いときには多くの株数を買えるので、平均取得単価が均されます。

例えば、ある株を株価に関係なく毎月1万円ずつ購入します。

1月は株価が1000円なので10株、2月は800円なので12株購入できます。

2ヶ月分の合計は22株となり、投資額は2万なので1株あたりの取得単価は2か月目には909円となりますね。

3月からも同じように買い続け、5月に買い始めたときと同じ株価に戻ったとします。

すると、同じ株価に戻っただけなのに、安い単価で株を買えていたため、利益が出るようになります

1株あたり153円高くなっているので、153円×59株で約9,000円の利益ですね。

というのが、ドルコスト平均法をおススメする際の一般的なセールストークになります。

ただし、これはメリット面だけをみた結果であり、ドルコスト平均法も決して万能ではありません。

ドルコスト平均法が効果的なのは、いずれ「株価が上昇する場合」です。

逆に株価が下がり続けた場合、上図では3月の時点では持ち株数が増えることで損失も増えていきますね。

その後に株価が上昇すれば良いですが、下がり続けた場合にはより大きな損を出すことがドルコスト平均法の弱点でもあります。

しかし、荻原博子さんがドルコスト平均法に異を唱えているのは、これとは少し違う理由でした。

その理由を以下のようにおっしゃられています。

投資というのは、安く買って高く売るから、手数料を払っても儲かるのです。

なるほど、ごもっとも!!

と思った方は、営業マンのセールストークに騙される可能性が高いでしょう。

そもそも、安く買って高く売ることが簡単にできるなら、今ごろ世界中が大金持ちで溢れています。

2016年の日経平均株価は、年初より年末のほうが高くなりました。にもかかわらず、その年に利益を出せた個人投資家は4割程度だったそうです。

多くの個人投資家は、株価が上がった年ですら「高く買って安く売って」損をしているのです。

大きな要因として、2016年は8月にチャイナショックによって株価が大きく下落したことがあります。

そこで損失が大きくなるのを恐れた人は、損を覚悟で株を手放してしまうんですね。

人は利益を上げるよりも損失を出すことを恐れます

暴落(株価が安いとき)こそ利益を上げる絶好の機会なのに、実際に株価が暴落しているときに買い向かえる人は多くありません。

だから、多くの人は株で損をしているのです。

ドルコスト平均法の図をもう一度ご覧ください。

荻原博子さんの言い分では、6月には株を買うのは愚か者ということになるでしょう。

というか、何をもって株価を高いか安いかを判断しているのか。表のなかでは3月が最も安くなっていますが、それがわかるのは後になってからです。

もし、6月以降に株価が上がり続けたとしたら、逆に利益を上げるチャンスを逃すことにもなりますよね。

ただ、株価が上がるかどうかを事前に察知することはできませんし、そもそも荻原さんの言う安く買って高く売るを実践することは現実的ではないのです。

ドルコスト平均法が最も優れているというわけではありませんが、どのようなスタイルでも一長一短があり、愚の骨頂と言い切るのは自分の無知をさらけ出しているようなものでしょう。

だって株価が上昇し続ければ、ドルコスト平均法で十分なリターンが得られるんですから。

これはNYダウの長期チャートです。

株価は短期的には上がったり下がったりですが、長期的には上昇し続けているのがわかると思います。

本来は、このように長期的に右肩上がりのチャートなら最初に資金をまとめて一括投資することで最も高いリターンを得られます。

しかし、多くの人は一括で投資する資金もありませんし、積み立てる感覚で適宜資金を追加していくしかありません。

それはドルコスト平均法と同じ意味を持ちますし、米国株のような長期的に成長を続けるものには、ドルコスト平均法はベターな投資法と言えるでしょう。

確定拠出年金について

2017年からiDeCo(個人型確定拠出年金)の加入対象者が拡大され、専業主婦でも加入できるようになっています。

ただ、専業主婦にとってはメリットは少なく、あまり推奨しないという点に関しては同意できます。

ただ、荻原さんは「加入しなくて済むなら入らなくて良い」と仰っていますが、その点には共感できませんね。

誰もかれも加入すれば良いとは思いませんが、節税効果と運用益非課税効果は間違いなく大きなメリットがあります。

会社で企業型DC(確定拠出年金)に加入しているなら仕方ないとも仰っていますが、個人的には企業型DCに加入している人も積極的に投資をしたほうが良いと思います。

「投資」そのもの

荻原さんは投資に関して否定的な意見ばかりですが、僕はこの人自身が投資に対する認識が誤っていると思っています。

荻原博子さんが口にしているのは、「投資」ではなく「投機」のことばかりです。

それは先ほどのドルコスト平均法の際にも書いたように、投資はタイミングを見計らって売買するものという発言からも明らかですね。

長期投資を疑問視しているのも、なぜか日本株についてしか話をされてません。そりゃ日本株への長期投資はどうかと思います。

しかし、米国へ目を向ければ長期的に成長を続けているのは明らかで、投資に対する知識は薄っぺらいと言わざるを得ませんね。

実際のところどうか分かりませんが、個人的には荻原さんは投資に詳しくない人と同様、株は上がるか下がるかという投機的なやり方しか知らない人に思えます。

自身で認めた投資=ギャンブル

読んでいるうちに以上のことを感じたわけですが、本の最後にこのように書かれていました。


私は昔から、皆さんにはあまり「投資」をお勧めしてきませんでした。

けれど、私自身は40年近く様々な「投資」をしてきました。

それなのに、なぜ皆さんにお勧めしないのかといえば、「投資」=「ギャンブル」ということを、身銭を切って学んできたからです。

「ギャンブル」というのは、余裕がある人がやるもので、普通に働いていたら失ってもいいお金などそれほどないはずです。

はい、自分で「投資=ギャンブル」と言い切っています。

株式投資は不確定要素も多く、正しいやり方というのは存在しないかもしれません。その意味では、ギャンブルではないと言い切れないかもしれません。

しかし、米国株もしくは世界分散投資への長期投資には、今後の成長を裏付けるものがありますし、限りなくギャンブルの要素は取り除くことができます。

ギャンブルは知識や技術的なことで勝てる確率を上げることはできますが、運に左右される面も大きいです。

その運の要素を限りなく取り除いた投資が、米国株もしくは世界への分散投資を長期的に行うことだと考えています。

しかも、それらの投資は難しい知識は不要で、誰もが簡単にできる方法だということを、知っている人は知っています。

まとめ

この本では、投資以外にも保険や悪徳な投資信託についても言及しており、それらは知っておくべき内容だと思いました。

ただ、投資に関してだけは的外れな意見を述べられているな…と感じます。

最後に、感想を一言でまとめます。

荻原博子さんのいう”投資”の話なんか、真に受けるのはおやめなさい

おしまい。


米国株投資についてまとめた記事です。

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
預貯金だけではお金が増えないこの時代、株式投資で少しでもお金を増やせたら…と思いませんか...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする