投資が不安な初心者は、まずワンタップバイで米国株投資を体験しよう

1,000円から気軽に個別株への投資ができることで話題のワンタップバイですが、その気軽さから利用者の7割が投資初心者と言われています。

このブログで推奨している米国の個別株も購入できるし、色んな企業の詰め合わせ商品のようなETFにも投資ができるようになっています。

僕はネット証券を通じて投資をしているため、ワンタップバイを使うことはありませんが、投資未経験者には最初のステップとして良いサービスだと思います。

スポンサーリンク

ワンタップバイとは

ワンタップバイは、スマホから簡単に株が購入(投資が)できるサービスです。

1,000円から購入できるので、ほぼノーリスクで投資を体験できると言えます。そのかわり、少額ではリターンもほぼ期待できませんけどね。

設定しておけば自動で積立ができたり、みずほ銀行の口座に残高があればワンタップバイの口座に資金を移さなくても買付ができるなどのサービスもあるようですが、それほど重要な問題ではないです。

投資未経験者は、まず投資に触れてみる

自分で利用しないサービスを勧めるのはどうかと思われそうですが、僕が初心者にワンタップバイを勧めるには理由があります。

それは、投資は実際にやってみる方が、本を読むより圧倒的に価値があるからです。

憶測でしかありませんが、まず勉強しなくてはと株式投資の本を読んだところで、ほとんどの人はその内容を理解できないと思います。

自分が経験していない分野については、イメージも湧かないですからね。

そんな状況で難しい言葉がズラズラと並び、下手すれば損をするかも知れない投資に手を出そうとする人がどれだけいるでしょうか。

おそらく、多くの人は途中で投資に対する熱意は薄れ、その本はどこかで埃を被る運命を辿るようになるでしょう。

また、株式投資の本には短期売買をメインとした手法が紹介されているものが多く、そもそも僕からすれば読む価値はないものだと思っています。

投資の経験がなければ、株価がどんな値動きをするのかも想像できません。でも、実際に投資をすれば、自ずと株価が気になるのでチェックするようになります。

株式は仮想通貨のように激しい値動きをすることはほとんどないので、よっぽどダメな企業の株を買わない限り、短期間で大損するようなものではないことがすぐに分かります。

本を読むだけでは、そのようなことは体験できません。

ちょっと投資に興味あるんやけど…くらいで本を読みだすと、やっぱり断念するハメになる気がします。

始めは「とりあえず投資」で良い

そこで、ワンタップバイの出番です。

ワンタップバイでは、1,000円から株を購入できます。まずはとりあえず1,000円で3~5銘柄くらい購入してみましょう。それでも3,000円~5,000円程度です。

それが全て無くなることはほぼあり得ないし、仮に損をしたとしてもそれくらいなら痛手は少ないでしょう。

詳細は別記事をご覧になっていただければと思いますが、このブログで推奨している高配当銘柄の一つであるコカ・コーラや、ジョンソンエンドジョンソンがおススメです。

株式の詰め合わせ商品とも呼べるETFなら、米国優良企業の寄せ集めであるS&P500を対象としたSPYは投資の最適解の一つとも言われます。

他にも推奨はしていませんが、全く趣の違うアマゾンなどの成長企業などを購入しておけば、様々な値動きが経験できます。

自分で選んでみる

現状、ワンタップバイでは米国の優良企業30社への投資が可能です。どの企業を選ぶかは、自分で好きなように選べばいいと思います。

ただ、アマゾンなどの成長株と、コカ・コーラなどの成熟株では株価の動きが全く異なります。どうせなら違うジャンルの企業を組み合わせて買う方が良いんじゃないでしょうか。

ETFも購入してみることをおススメします。

とくにS&P500は多くの米国株投資家が推奨するように、誰もが投資で結果を残せるであろう超優良商品です。

気を付けたいのは、ワンタップバイにはレバレッジ3倍の商品もあります。レバレッジとは、自分の持っている資金以上の取引をする方法です。

つまり、実際には1,000円しか投資していなくても、レバレッジによって3,000円分のETFを購入して運用することになります。株価が上昇すれば良いですが、下落すればそれだけダメージも大きくなるのでおススメはしません。

S&P500と言えど、短期的には大きく値下がりする可能性もありますから、下手に欲を出さないようにすることが重要です。

また、下落したときに利益が出て、上昇したときに損をするタイプの商品もあります。逆張りのようなもので、こちらも手を出さないことをおススメします。

投資は素直にレバレッジなしで行うようにしましょう。まぁ、1,000円くらいなら3倍のレバレッジでも大したことにはなりませんが、それで味をしめて金額が大きくなった時に損失を被ると、悲惨なことになりかねません。

ワンタップバイの手数料

ネット証券でもワンタップバイでも、取引には手数料が必要になります。

ネット証券では、米国株の売買手数料は購入代金の0.45%ですが、最低手数料が5ドルに設定されています。つまり、1ドルの株を購入するにも手数料が5ドル必要になり、手数料比率は500%になってしまいます。

これほど手数料比率が高くなると、リターンを得ることは非常に難しいです。それだけ手数料がリターンに与える影響は大きいと覚えておきましょう。

銀行などで販売される投資信託が良くないと言われるのは、手数料が高いうえに理由を付けては売買を繰り返させるからです。

そんなに手数料を支払っていたら、儲かるものも儲かりません。

売買手数料

初心者にワンタップバイを勧める理由の一つが手数料です。

ネット証券でも数千円で米国株を購入することは出来ますが、先ほども言ったようにそれだと手数料比率が高くなりすぎて、投資をする意味がなくなります。

しかし、ワンタップバイでは売買手数料は一律0.5%となっています。

1,000円の投資でも、手数料が5円で済むことになるので、これがネット証券との大きな違いですね。ただし、米国市場の取引時間外だと手数料は0.7%になるそうです。

投資が難しいものではなく、資産形成に役立つものだと理解できれば投資する金額も増やすことができるでしょう。

そうなると、ネット証券を通じて購入する方がメリットが出てきます。僕がワンタップバイを利用しないのは、ネット証券で購入する方がメリットがあるからです。

為替手数料

米国株を購入する際には、為替手数料も必要になります。米国株は基本的に円ではなく、ドルで購入するからです。

実際にワンタップバイで注文をするときは円のままで注文しますが、代わりにドル転して購入してもらっているのです。

その手数料として1ドルあたり0.35円、これはネット証券に比べて少し高い金額になります。僕が利用しているSBI証券では、住信SBIネット銀行と連動させることで、1ドルあたり0.04円で済みます。

入出金手数料

ワンタップバイでは口座の入出金手数料は、こちらが負担することになります。

振込手数料は銀行によって無料になることもありますが、おそらく、出金する際の手数料をゼロにする方法はないと思われます。

みずほ銀行の普通預金口座を持っていれば、そのまま投資ができるサービスがあるようですが、そのサービスも1回108円の手数料が取られます。※2018年9月までは無料のようです。

出金さえしなければ気にする必要はありませんが、頭の片隅には置いておきましょう。

ワンタップバイは初期段階だけでいい

ワンタップバイ最大の魅力は、1,000円から投資ができて少額の買付による手数料が安く済むことです。反面、出金するたびに手数料を取られるデメリットがあります。

少額でしか投資をしていないと、出金手数料の比率が非常に大きくなりますから、出金する回数はできるだけ減らさないと売買手数料の安さも無意味になります。

かと言って資金が大きくなれば、今度は売買手数料や為替手数料がネット証券に比べて割高になってきます。

これらのことから、ワンタップバイは少額で投資に触れてみるために利用するに留め、投資に対する不安が和らげばネット証券を利用するのがベストです。

2018年からつみたてNISAが開始され、ETFと似た商品の投資信託で海外の優良企業へ少額から投資ができる体制も整っています。さらに、NISAでは非課税というメリットもあり、入出金の際の手数料も基本的には不要です。

少額投資ならつみたてNISAを利用するという手もありますが、つみたてNISAでは個別株を購入することができません。

経験という意味で、ワンタップバイで個別株を購入してみてはいかがでしょうか。

個別株は配当金が受け取れる

株式投資の魅力の一つに、配当金が受け取れることがあります。投資において軽視されがちな配当金ですが、実は非常に重要なものなんです。

ただ、つみたてNISAでは投資信託しか購入できませんし、投資信託は配当金は自動で再投資という形になるため、配当金を受け取ることはできません。

再投資されているので受け取っているようなものなんですけど、実際に受け取ることができるとちょっとした楽しみにもなります。

そのため、ワンタップバイで1,000円で数銘柄購入し、株価はどのように動くものなのかに加え、配当金はどれくらい貰えるのかなどを実際に体験してみるために利用するのです。

つみたてNISAでも少額から購入できますが、投資信託は株価ではなく基準価額という形で表示されるので、株価の動きが分かりづらいかも知れません。

まとめ

ワンタップバイの仕組み自体は投資未経験者が投資に触れるきっかけとして、ともて良いものです。ただ、そこに掛かる費用などを考慮すると、投資がどんなものか分かった後は自分でネット証券から購入する方がいいでしょうね。

本を読んで勉強してからでは、いつまで経っても投資に踏み切れない可能性が高いです。

少額なら損をしてもしれていますから、思い切って投資を実行してみる方が、本を読むより何倍にも自己投資になります。

なお、僕はワンタップバイを利用していませんので、詳しい使い方等は分かりません。そこは実際に利用している人のブログでもご覧になって参考にしてください。

ここからワンタップバイの公式サイトで申し込みができます。紹介しても僕には一円も入らないんですが、一人でも多くの人が投資を始めるきっかけになればと思います。

おしまい。

米国株投資のメリット・デメリットを解説しています。

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
これから株式投資を始めようとする投資初心者の方は、まず日本の株で取引をしようと考えると思い...