【競馬】貧乏人は有料予想を買っても勝てない

アイキャッチ競馬

競馬で勝てない人の中には、有料予想を買った経験がある方も多いのではないでしょうか。ただ、有料予想は最低でも1レースに3千円くらい使えて、予想が10レース・20レースとはずれても気にしない人でないと勝てる可能性は低いです。

スポンサーリンク

有料予想代は買付手数料である

某競馬サイトでは色んな方の予想を有料で購入できますが、6月末時点で回収率が100%を超えているのは108人中13人。しかも、そのうち3人(?)は人ではなく機械が予想するものです。

もちろん、競馬は半年程度の回収率でどうこう言うものではないですが、お金を取って予想を公開している人でも言ってみればこの程度ということ。今年度が終わるまでにプラスになる人もいるでしょうが、逆に今はプラスでも半年後にはマイナスになっている人もいる可能性があるわけです。

どれだけ過去に実績があっても、それはこれから確実にプラスになる保証をしてくれるものではありません。とは言え、勝てない自分の予想に比べれば勝てる可能性は高くなるでしょう。

つまり、有料予想は少しでも勝てる確率を上げるための「投資」であり、予想代は株式投資でいう「買付手数料」のようなものです。株式投資をやっている人なら分かるかと思いますが、手数料はリターンに大きな影響を与えます。

有料予想の場合、予想代は馬券を買う金額にかかわらず一定です。それがいくらなのかは知りませんが、馬券を買う金額が少ない人ほど予想代=買付手数料の比率が高くなるということですね。

仮に、予想代が500円としたら、馬券を10,000円買う人なら比率は5%に過ぎませんが、1,000円しか買わない人なら50%にも及びます。もうね、この時点で分かるでしょう?

貧乏人は有料予想を買っても勝てないんだってばよ!

競馬は資金力がものを言う

某競馬サイトで6月末の時点でもっとも回収率が高い人は167%となっていますが、予想代の手数料として50%も取られていると、これでなんとかプラスになる程度。次点の成績では、予想代でマイナスになってしまいます。

また、回収率がプラスになっている人のほとんどは、三連系で高配当を的中させて一気に回収率を跳ね上げています。つまり、そもそも1,000円くらいじゃその人の予想を反映した馬券を買えないんですよ。

まぁ本命馬から相手馬への馬連・ワイドなら買えますが、それで回収率がプラスになるのかどうかは分かりません。さすがにそこまで調査するのは面倒なのでやりませんが、プラスになったとしても長期的な回収率はせいぜい120~150%くらいがいいとこじゃないでしょうか。

現時点でプラスの予想家に丸乗りしていれば馬券代だけはプラスになるわけですが、予想代を含めたリターンとなるとどうなっているのかは公表されていません。

当然、馬券の購入額が多ければ多いほど、手数料比率は下がり回収額は増えるので、有料予想を利用しても(現時点では)勝てることになります。それでも毎月・毎週安定して勝てる予想ができる人なんていないので、一時的には数万~10万程度のマイナスになることもあります。

競馬は勝てないけどお金はいくらでもあるでぇ~!なんて人はそういないでしょうから、ほとんどの場合はこの当たらない時期で予想の購入を諦めるでしょう。で、購入をやめた途端に的中ラッシュが始まったりするんですよコレが(そうなったとしても、それはたまたまですよ)。

なので、有料予想で勝つためには初っ端に的中したところで勝ち逃げするか、プラスになるまで追い続けるしかないわけです。ただ、初っ端に的中すれば気を良くしてその後も予想を購入するでしょうから、結局は高配当を何度か的中して満足できる収支になるまで続けるしかありません。

そして、それができるのは予想家の提供する買い目通りに買い、はずれ続けても気にしないお金持ちということです。

プロの予想家なら単複だけでも勝てるんじゃないの?と思うかもしれませんが、おそらく単複だけで十分な収支を残せる人はほとんどいないでしょう。実際、某競馬サイトで6月末時点の回収率が112%となっている方の本命馬をピックアップし、その成績を調べてみたところ、157レースで単勝回収率90%・複勝回収率102%でした。

単複を同額で購入した場合の回収率は96%で、単複を1:2で購入した場合でも98%です。平均を大幅に上回るとはいえ、マイナスには違いありません。彼の場合、人気馬を本命にすることも多いので、今後どれだけ本命馬が好走しても回収率が大幅に上がることは見込めないはず。もちろん、単複を買う場合にはそれなりの本命馬選びをするのかもしれませんけどね。

手前お味噌ながら、僕の今年の本命馬は188レースの予想で単勝回収率128%・複勝回収率93%となっています。やや出来過ぎな感はありますが、プロ予想家と名乗っている人とも遜色のない予想をしていると豪語しても良いんじゃないかね。

〇〇万円に払い戻しを獲得!に騙されるな

有料予想や書籍などを販売するために、的中実績を挙げるケースは多いですよね。実績のない人の予想や書籍を買おうとは思わないでしょうし、インパクトを強めるために〇〇万円の払い戻しを獲得!と書かれたりします。

G1でタレントが馬券を的中させたときなんかも見かけますが、競馬で勝つために重要なのは金額ではなく「回収率」です。例え100万円の払い出しがあっても、馬券代が50万円ならそのレースの回収率は200%に過ぎません。1,000円が2,000円になるだけです。

プロの予想家やタレントは、賭ける金額が僕たち一般庶民とはかけ離れています。そりゃ大金を賭けて当たれば大金が戻ってきますよ。でも、はずれたときは大金を失っているわけです。

売る側は、ウン十万の払い出しを何度も的中させていかにも大勝しているような雰囲気を醸し出そうとしますが、払戻金に惑わされてはいけません。重要なのは回収率ですから。

金額に惑わされないために、その予想家が的中したときのレース回収率を見るようにしましょう。1万円の馬券を購入して3万円の払い出しなら、レース回収率は300%です。他の的中したときのレース回収率も同じくらいのものが多ければ、その人の予想では3回に1回は的中しないとプラスにならないのです。

金額的には大きく勝っていても、レース回収率で見れば大したことないというケースは多々あります。また、レース回収率でとんでもない数値を叩き出したとしても、常に大穴狙いで的中率が低すぎるということもあります。

その場合、どれだけ回収率が良くてもほとんどの期間で連敗しているので、有料予想を買う側としてはあまり好ましくないでしょうね。よっぽどその人を信用して心中する覚悟がないと、とてもじゃないけど続けられないでしょう。

ぶっちゃけ、的中した金額で人の目を惹こうとするやり方は好きではないです。その人の予想に乗ったところで、自分がその金額を手にすることはできないんですから。

競馬で勝ちたいなら勉強あるのみ

人の予想にお金を払っても勝てるとは限りません。賭ける金額が少なければ、予想代が重荷になってその可能性はさらに高くなります。お金がたくさんあるなら勝てる可能性もありますが、それでは楽しみもへったくれもありません。

お金が増えればそれでいいと言うならかまいませんが、予想は競馬の醍醐味のひとつでもあります。自分で予想して勝てるようになりたいじゃないですか。

ほとんどの人が勝てないように、競馬で勝つのは本当に難しいことです。予想だけ良くても、馬券の買い方で勝てないこともあるし、予想はイマイチでも馬券の買い方でカバーできることもある。

ただ、馬券の買い方はある程度の資金がないと話にならない問題なので、少額で楽しむには予想力を鍛えることが勝利への近道です。そのためには、勉強あるのみ。

どうやって勉強したらええねん?という問いの正確な答えは分かりませんが、まずはある特定のファクターに焦点を当てて、人にレクチャーできる程度の知識を身に付けることが重要ではないかと思います。

僕の場合は血統について、ディープインパクトが凱旋門賞で敗れたときから勉強を始めました。もうあれから15年近く経つのか…(しみじみ)

そのおかげで、(亀谷さんのほぼパクりですが)このブログで血統についてまとめることもできるくらいになったし、本命馬の成績も平均以上の回収率を残せるようになっています。

血統に限らず、競馬の予想には様々なファクターが取り入れられているので、自分にしっくり来るものを探して追求してみましょう。

まとめ

貧乏人は有料予想を買っても勝てない!

なぜなら、予想代が負担になるから!

競馬で勝ちたけりゃコツコツと自分のレベルアップを目指しましょう。

コメント