WP初心者にお勧めのプラグイン

WordPress(WP)でブログを始めようとしたものの、最初は使い方が難しいですよね。

とくに、様々な機能が使えるようになるプラグインは便利ですが、初心者には何がどう役に立つのかわからない。実際、僕が始めたときもそうでしたし、色々と調べたものです。

僕はいまだに難しいことはできないレベルですが、それでもこれは使っておいたほうが良さそうと感じたものを紹介していきます。

スポンサーリンク

導入しておきたいお勧めのプラグイン

まず、WPは2019年から大きな変更点がありました。

それは、Gutenberg(グーテンベルク)というエディタが今後のメインになっていくというもので、旧エディタとは(記事作成の)使い勝手が全く異なります。

旧エディタで非常に役に立ったプラグインがほとんど意味をなさなくなったこともあり、ここではGutenberg向けのプラグインを紹介します。

ちなみに、ここで言うエディタとは、記事作成のソフトのようなものです。詳しいことは僕も知らないので、そんな感じで捉えています。

BuckWPup

これは、データのバックアップを自動的に作成してくれるプラグインです。

WPではテーマ(テンプレート)やプラグインが頻繁に新しいバージョンに更新されるため、更新によってバグが起こった場合など、バックアップを取っておくと役に立ちます。

デザインをカスタマイズしようとコードを入力したときに、誤って変なところをいじると画面が真っ白になったりすることもあります。

僕も最初は何度か画面が真っ白になったことがあり、そのときはパニパニパニックでした。

そのときはバックアップから復元せず何とか元に戻りましたが、とりあえずバックアップは取っておくにこしたことはないでしょう。

ちなみに、僕は未だにバックアップから復元したことはなく、復元の仕方は知らないままです(‘ω’)

こちらで設定方法を紹介しています。

【BackWPup】WordPressでバックアップを作成する
WordPressでは、万が一のときのためにバックアップを取ることを推奨されています。 ...

EWWW Image Optimizer

これは、画像のサイズを自動的に最適化してくれるプラグインです。

画像のファイルサイズが大きすぎるとサイトの表示速度に影響を与え、表示が遅いと読者が離れる要因になってしまいます。

そこで、このプラグインを設定しておけば、画像を自動的に最適化してくれるため、こちらは何もしなくても大丈夫です。

インストール後、設定する項目は一つだけ。

赤枠で囲った部分にチェックを入れるだけで、他は何もしなくても良い(そう)です。

正直、画像の最適化をするのとしないのとでどれだけ差があるのかは良くわかりません。

Google XML Sitemaps

これはクローラーと呼ばれるGoogleの巡回ロボに、サイトの情報を正確に伝えるためのプラグインです。

検索で上位表示されるためには、その記事をGoogleに評価してもらわなければなりませんが、評価するために各サイトを巡回しているのがクローラーです(多分)。

まだ自分で設定方法の記事は作成していませんので、設定方法は簡潔に説明してくれているこちらのサイトをご確認ください。基本的にあまり設定することはありません。

IP Geo Block

これはセキュリティ系のプラグインです。

WPではスパムメールなどの攻撃が凄まじいらしく、何かしらの対策をしておかないと何をされるか分からない状態だそう。

セキュリティ系ではAkismetというプラグインもありますが、どうやら動作が非常に重くなるそうなので、こちらのプラグインを推奨している人も多いようです。

僕はずっとAkismetを使用していましたが…正直どれだけ差があるのかは分かりません。

設定方法はこちらで紹介しています。

【IP Geo Block】セキュリティプラグインの設定方法
WordPressでは外部からの攻撃を防ぐプラグインとして、Akismetが有名です。 ...

Table of Contents Plus

これは、記事の目次を生成してくれるプラグインです。

この記事の冒頭にも目次が表示されていますが、このプラグインで勝手に表示してくれているんですね。

見出しが〇個以上の場合のみ目次を表示させるなどの設定もできますし、目次のデザインも数種類から選ぶこともできます。

目次は必ずしも必要とは言えませんが、あったほうが親切じゃないでしょうか。

WP Multibyte Patch

WPはアメリカで開発されたもので、もともと表示は全て英語。それを日本語版WPにすると、文字化けが発生するリスクがあるそうです。

その問題を解決できるプラグインということになります。設定は必要ないので、インストールして「有効化」しておくだけで大丈夫です。

※プラグインはインストール後、有効化することで使えるようになります。

wp-jquery-lightbox

こちらは画像をクリックしたときに浮かび上がるようにできるプラグインです。

これも設定は必要ないので、インストールして有効化しておきましょう。

後々役に立ちそうなプラグイン

WPを始めたては記事をたくさん書いていくことが重要なので、まずはそれを優先的に進めていきましょう。

ある程度の記事数ができたとき、役に立つプラグインもいくつか紹介します。

Broken Link Checker

記事が多くなると、サイト内で違う記事を紹介するケースがあります。

その際にリンクを貼るのですが、URLが間違っていたり記事を削除していた場合など、リンク先のページが表示されないようになります。

せっかくリンク先へ行ってもらったのに、記事がありませんなんて表示されたら申し訳ないですよね。

記事が増えるとどこのリンクが有効か無効かを全て把握するのは難しくなります。

それを解決してくれるのがこのプラグインで、リンクが切れている場合は知らせてくれます。

自分のサイト内ならある程度は把握できますが、外部サイトのリンクを貼っている場合はいつの間にかサイトが閉鎖している可能性もありますし、リンクチェックは必須です。

Category Order and Taxonomy Terms Order

記事が増えるとカテゴリー別にまとめていくと、読者にも分かりやすくなります。

WPにはカテゴリーの順番を並べ替える機能がなく、これは自分の好きな順番に並べる替えることができるプラグインです。

使い方は簡単で、有効化した後に「投稿」の欄に「Taxonomy Order」と表示されるようになるので、それをクリックして表示されたカテゴリーをドラッグして移動させるだけです。

最後に更新するのを忘れないように。

WordPress Popular Posts

これは、サイトの人気記事を表示することができるプラグインです。閲覧者が多い記事を表示することで、読者の回遊率を上げることができる…かもしれません。

テーマによってはプラグインがなくても設定できるものがありますので、その場合は必要ありません。

旧エディタで役立つプラグイン

ここからは旧エディタで役立つプラグインを紹介します。

僕はこれまでこれらを利用して記事を作成してきたので、圧倒的にこちらを使う方がやりやすいんですけどねぇ。

AddQuicktag

よく使うショートコードやタグ、文章を登録し、それをボタン一つで挿入できるようになるプラグインです。

例えば、太字で黄色のアンダーラインを引くだけでも、実はこのように書く必要があります。

<strong><span class=”marker-under”>太字で黄色のアンダーライン</span></strong>

正直、こんなもの覚えられませんし、いちいち入力するのも面倒ですよね。

それをAddQuicktagで設定しておけば、登録したボタンを押すだけで装飾してくれます。

これは本当に便利な機能で、新エディタで使えないことはないけどちょっと面倒なところがあるのが残念です。

TinyMCE Advanced

これもボタン一つで簡単に装飾ができるようになるプラグインで、その配置を自由にカスタマイズすることができます。

これは僕が使用している画面ですが、16pxと書かれているプルダウンを選ぶと文字の大きさをすぐに変えることができます。

文字の色や背景色、太字・斜体・アンダーライン・取り消し線などもボタン一つで装飾可能です。

僕は大体書き方が決まってきたので、それほどあれこれ使うことはなくなりましたが、このプラグインも非常に使い勝手が良く重宝していたのは間違いありません。

TinyMCE テンプレート

投稿記事のテンプレートを作成できるプラグインです。

同じカテゴリーの記事を書く際、ある程度決まった内容があるときにテンプレートを作成しておくと、記事を書く度に入力する手間が省けるので便利です。

まとめ

プラグインは多用しすぎるとサイトが重くなってしまうらしいので、便利だからとあれこれインストールするのは避けた方が良いかもしれません。

今後はGutenbergが改良され、プラグインがなくても便利に使えるようになっていくことに期待したいですが、なんせ今のままではGutenbergは使いづらい。

これから始める人は、旧エディタではなくGutenbergで慣れておくのが良いと思います。文字の装飾はちょっと面倒になりそうですけどね。

おしまい。

シェアする

フォローする