【楽天証券】口座開設の流れを画像付きで解説します

証券口座の開設は必要事項を入力していくだけですが、投資未経験者には聞いたことのない言葉が出てくることがあります。

せっかく投資を始めてみようと思ったのに、途中でどうしたら良いかわからなくなり、申込を中断することになってはもったいない。

そんなことにならないように、ここでは楽天証券の口座開設をする方法を画像付きで解説していきます。

スポンサーリンク

楽天証券の口座開設

まずは楽天証券の口座開設ページから申込をします。

楽天会員であれば、個人情報の入力が自動的に行われます。まだ楽天会員ではない方は、これを機に会員登録しておきましょう。

楽天証券では楽天スーパーポイントが貯まるサービスもあるので、まだお持ちでない方は楽天カードの申込もしておきましょう。

楽天カードの申込

個人情報の入力

最初に個人情報の入力をしてきます。楽天会員ならある程度入力されているため、必要箇所だけ追記しましょう。


メールアドレス入力の下にある「ご案内メール」に関しては不要なので、受信しないでも大丈夫です。

納税方法の選択

ここで選択する「特定口座」とは、株式を売買するための口座のひとつです。

特定口座とは別に「一般口座」がありますが、投資初心者が利用するメリットはありません。

下画像右の「特定口座開設しない」を選んだ場合は、一般口座での売買となるため選ばないようにしましょう。

ここでは「特定口座開設する」を選択しますが、そのなかでも「源泉徴収あり・なし」とありますね。

源泉徴収あり・なしとは

源泉徴収ありにしておくと、証券会社が「年間取引報告書」を作成してくれます。

売買損益や配当金が出るたび税金の調整も行ってくれるため、確定申告の必要がなく手間が掛からないのがメリットです。

確定申告をしないため、配偶者の扶養に入っている人が大きな利益を上げたとしても、扶養から外れる心配もありません。

源泉徴収なしでは年間取引報告書の作成はしてくれますが、税金は自分で納める必要があります。

そのため、年間で20万円以上の利益が出た場合に自分で確定申告をする手間がかかります

一般的な会社員で利益が20万円以下だと確定申告は不要ですが、住民税は自治体に申告して納税しなければならないので注意しましょう。

ただ、税金に関しては非常にややこしく、個人的にはおとなしく源泉徴収ありを選んでおくことをお勧めします。

源泉徴収あり・なしを途中で変更することも可能ですが、その年に取引を行っている場合は変更できなくなります。

要は、難しいことを考えたくなきゃ「特定口座・源泉徴収あり」にしとけってことです(真理)。

NISA口座の選択

これから米国株投資を始めるのであれば、「つみたてNISA」の開設をお勧めします。

先ほどとは違う口座になりますが、(つみたて)NISA口座で購入した場合、利益が非課税になるというメリットがあります。

つみたてNISAで利用できるのは、年間40万円までとなりますが、それ以上を運用できるという場合でも先につみたてNISAで取引するほうが効率の良い運用ができるでしょう。

追加サービスの選択

続いて、楽天銀行口座の申込をするかどうかを選択します。

楽天証券を利用するなら入出金が便利になるので、口座を持っていない方は開設しておくと良いですね。

他にはiDeCo(個人型確定拠出年金)やFX、信用取引口座の申込を選択しますが、個人的にiDeCoはSBI証券のほうがおススメですし、FX・信用取引は投機(ギャンブル)なので推奨はしていません。

重要書類への同意

この辺りは指示に従って進めていきましょう。

本人確認書類の提出

本人確認書類はパソコンかスマホで済ますのが手軽です。

申込完了

以上で申込は完了です。

まとめ

申込はそれほど難しくはありませんが、特定口座やNISAについては少し迷いそうですね。

楽天証券では申込完了から1週間ほどで、ログインに必要な情報が記載された書類が届きます。

その後、初期設定をして米国株投資を始める準備は完了です!

楽天証券の初期設定の方法

おしまい。


楽天証券の口座開設サイトへ

米国株投資に関する記事を一覧にまとめています。知っておくと人生の役に立つことは間違いないので、ぜひご覧ください。

米国株投資のすすめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする