【スーパーホーダイはお得?】楽天モバイルの特徴を解説します

楽天モバイルは楽天ポイントの利用や還元などのサービスがあるMVNOです。

普段のクレジットカードは楽天カードを利用している僕は、最初にMVNOで契約するときには楽天モバイルを選びました。

その後、キャンペーンによって月額500円まで下げられるmineoに、さらに現在は月額300円程度になるLINEモバイルへ乗り換えています。

LINEモバイルで主要SNS使い放題プランが、3ヶ月間1,390円割引キャンペーン開始!!
LINEモバイルでは、11月6日まで半年間の月額料金900円割引キャンペーンを行っていまし...

移行した理由はキャンペーンによる月額料金の安さだけなので、楽天モバイルに何か問題があったわけではありません。楽天ユーザーなら、楽天モバイルが有力な乗り換え先になるのは間違いないでしょう。

格安スマホについての知識がある程度あるのもとして話をしていきますので、そもそも格安スマホってなんやねんって人はこちらの記事で確認してください。

【通信費の大幅削減!!】格安スマホのメリット・デメリットを理解しよう
以前と比べて格安スマホの利用者は増加しています。 それでも2018年の調査では全体の...
スポンサーリンク

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルは、docomoの通信回線を利用しているMVNOです。

そのため、docomoユーザーならSIMロック解除なしで乗り換えが可能。auやsoftbankユーザーが同じ端末のまま乗り換えるには、SIMロック解除が必要になります。

楽天モバイルで端末を新規購入する場合は、それまで契約しているキャリアは関係ありませんので安心してください。

楽天スーパーポイントで支払える & ポイントが貯まる

楽天モバイルなら、毎月のスマホ代を楽天スーパーポイントで支払うことが可能です。また、毎月のスマホ代もポイントとして貯まるので、楽天ユーザーならお得に利用できます。

まぁスマホ代そのものが安くなるので、貯まるポイントは多くはありませんけどね。オマケ程度に考えておけばいいんじゃないでしょうか。

楽天カード発行で誰でもお得

楽天モバイルでは、料金の支払いはクレジットカードのみです。楽天カード以外でも可能ですが、どうせなら楽天ポイントが貯まる楽天カードを利用する方が効率的ですね。

※現在は口座振替楽天スーパーポイントでも支払い可能です。

※口座振替では手数料が100円必要になるので、利用しない方が良いでしょう。

楽天カードを所有していない人でも、新規発行すれば大量ポイントが貰えます。

新規発行で2,000ポイント・初回のカード利用で3~5,000ポイント(時期によって変わる)も貰えるので、楽天モバイル関係なしにとりあえず発行するのもおススメです。

ただし、後者の3~5,000ポイントは期間限定ポイントなので、期限内に使い切るように気を付けて下さい。

楽天市場で買い物をするときに楽天カードで支払えば、ポイントが優遇されるのに加えて使用頻度+金額によってランクが上がればさらに優遇されます。

プランによっては最上位ランクで月額料金の更なる割引が適用されるので、楽天ヘビーユーザーならよりお得になる可能性もあります。

僕はカードの支払いや固定費などは全て楽天カードを利用しているので、勝手にランクが上がります。気付けばポイントも貯まるので、本を購入したりするのに利用しています。

年会費無料で使い勝手の良いカードですから、とりあえず初回のポイントを貰うためだけでも作っておくとお得ですよ。



楽天カードの申込へ

楽天モバイルの料金

楽天モバイルの月額料金は、低速通信でデータ使用上限のないベーシックプラン高速通信でデータ容量上限ごとに料金が変わるプランがあります。

データSIMでは通話ができませんので、これまで通りの使い方をするなら通話SIMで契約することになります。

この月額料金に各種オプション代・通話料、端末を分割購入した場合は端末代を加えたものが月額の支払総額になります。僕は端末を一括購入し、オプションは加入しなかったのでほぼ1,500円程度で収まりました。

格安スマホに乗り換えれば月額料金はどれだけ安くなるのか?
格安スマホに乗り換えれば、毎月のスマホ代は格段に安くなります。 気になっている方は調...

スーパーホーダイ

スーパーホーダイとは、データ通信量が上限を超えた場合でも最大1Mbpsで通信が行える+国内通話5分かけ放題がセットになったプランです。

従来の標準的なプランでは、上限を超えると通信速度が200Kbpsの低速通信に制限されますが、スーパーホーダイはその問題を解決できるプランとなります。

注意点としては、通信が込み合う時間帯(12~13時・18~19時)は最大300Kbpsでしか利用できず、あくまでも最大なので他の時間帯でも1Mbpsの速度が出るとは限りません。

スーパーホーダイは料金体系がややこしいです。

初期の頃とは仕組みが変わっており、自分に適したプランなのかどうかの判断が難しくなっていると思いますね。

まず、データ容量ごとにS~LLまで4つのプランがあり、基本料金が2,980円~6,980円。そこから楽天会員であれば月額500円割引が適用され、2,480円~6,480円となります。

2年or3年契約をすれば長期割として、さらに500円(2年契約)・1000円(3年契約)が割引されます。3年契約でも1000円割引が適用されるのは2年までで、3年目は料金が上がります。

楽天会員でSプランを契約した際の支払金額はこのようになります。

Sプラン1年契約2年契約3年契約
1年目2,480円1,980円1,480円
2年目-1,980円1,480円
3年目--2,480円
年間コスト29,760円23,760円21,760円

年間コストは1年あたりの平均料金です。3年契約なら1年あたり21,760円、月に約1,800円で2GB+10分かけ放題+データを使い切った後は最大1Mbpsで利用可能ということです。

長期契約の縛りを付けたうえでこれが高いか安いか、判断する必要がありますね。

楽天会員の最上位ランクであるダイヤモンド会員であれば、その月はさらに500円の割引が適用されます。ただ、普段から生活費等を楽天カードで支払っていなければ、ダイヤモンド会員をキープし続けるのは条件的に厳しいと思います。

逆に、自然とダイヤモンド会員がキープできる人であれば、グンとお得度が上がるプランとも言えそうですね。

※今後スーパーホーダイの内容が変わる可能性もあるので、最新の情報を確認するようにしてください。

通話料

通話料は基本的に20円/30秒となっています。

しかし、専用アプリ「楽天でんわ」をインストールして、そこから発信することで通話料は半額の10円/30秒となります。

月額850円で国内通話が5分以内なら何度でもかけ放題となるオプションもあり、その際の5分超過分の通話料金も10円/30秒です。

オプション

楽天モバイルには様々なオプションがありますが、個人的にはほとんど不要だと考えています。実際僕は何もオプションには加入しませんでした。

楽天モバイルでは「端末補償」と「つながる端末保証」という2種類の端末保証オプションがあり、どちらも月額500円です。

前者は楽天モバイルで端末とSIMを同時購入し、なおかつ申込時にしか利用ができないオプションで、後者はそれ以外の場合に加入するものになります。

端末補償

こちらは端末とSIMを同時購入し、申込時にしか選べないオプションです。

内容としては、修理をするのではなく端末を交換することになります。その際、端末によって4,000~7,000円の自己負担金が発生します。

そのため、オプションに長く加入するほどメリットは無くなります。例えば、購入から2年後に端末が故障し、交換してもらう場合を考えてみます。

オプション代が500円×24ヶ月で12,000円、自己負担金を合わせると合計16,000~19,000円を支払うことになります。

端末価格は2年後には間違いなく下がっているでしょうし、不具合なしに使えていればオプションを行使することもありませんし、その場合はオプション代は無駄になります。

果たして、使うか分からないオプションのために毎月料金を支払うのがお得なのか…それなら、オプション代を自分で貯めておき、何かあったときに端末代の足しにするなどした方が合理的ではないでしょうか。

余程高額な端末を購入した場合は加入を検討しても良いかも知れませんが、そもそも格安SIMで安くしたいのに、高い端末を購入していては本末転倒のような気もします。

まぁすぐに故障しないとは言い切れませんので、加入する必要性があるかどうかはご自身で判断してください。

つながる端末保証

こちらは上記のオプションに加入出来ない人が加入する端末保証で、修理対応が基本です。

修理代金は基本的に無料ですが、修理代金が5万円を超える場合は超過分を負担する必要があります。希望者には修理している間に貸出機(代替機)の提供もありますが、貸出機の送料はこちらの負担となります。

修理が不可能な場合には楽天モバイル指定の交換機の提供となり、1回目は4,000円・同年内で2回目は8,000円の負担が発生します。

これらは一種の保険と言えますが、本来保険とは自分で用意するのが難しい金額に備えるための仕組みです。端末代は安くはありませんが、決して自分で用意できない金額ではないので、それに保険で備えるのはあまり得策とは言えません。

なんとなくで加入するのは避け、内容をしっかり確認しておくようにしましょう。

ちょっとお得な裏技

楽天モバイルへ乗り換える際には、事務手数料として約3,400円が必要になります。他社に比べると僅かに高いですが、恐らくSIMカード発行の費用も含まれているはずです。

これまでも事務手数料は普通に払ってきたと思いますが、楽天モバイルでは「エントリーコード(パッケージ)」と呼ばれるものを利用すれば、事務手数料が無料になります。

Amazon・ヨドバシカメラ・ヤフオク・メルカリなどで購入できますが、在庫によっては手に入らない時もあるかも知れません。

相場は現在なら400円~500円前後だと思いますので、手に入るなら利用した方が間違いなくお得ですね。ただし、送料がいくらになるかは確認しておいてください。

もし乗り換えたいときに在庫がなく入手できない場合は、セルフバックというシステムを利用することで、実質的な節約をすることも可能です。

セルフバックで賢く節約とお小遣い稼ぎをしよう!!
世の中には、知っているだけでとても得をする仕組みがあります。 ここで紹介するセルフバ...

まとめ

MVNOのなかでもポイントが貯まる・利用できる点が魅力の楽天モバイル。

今後、第4のキャリアとなることでMVNOとしての楽天モバイルがどのようになるのかは分かりませんが、現状ではMVNOの契約先としては有力な候補となるでしょう。

楽天モバイルの契約関係なしに、楽天カードの発行だけでもお得です。

※2018年10月1日よりau回線の提供開始!!

楽天モバイルでもau回線が利用できるようになりました。

しかし、現状ではサービス内容にメリットはとくに感じられず、わざわざ楽天モバイルで利用する必要性はあまり感じません。

おしまい。



楽天モバイルならスマホの料金が超お得!


楽天カード新規加入でもれなくポイントが貰える

楽天モバイルの申込方法を画像付きで解説しています。

【画像付き】楽天モバイルの申込方法を解説
楽天モバイルは楽天との連携で様々な特典があり、格安SIMの契約をするならお勧めのMVNOで...

auユーザーならmineoがお勧めです。

【auユーザー必見】mineoの特徴を詳しく紹介
最近、格安SIMの認知度が90%を超えているというアンケート結果が出ていました。 し...

LINEモバイルで月額料金の大幅割引キャンペーン実施中。

LINEモバイルで主要SNS使い放題プランが、3ヶ月間1,390円割引キャンペーン開始!!
LINEモバイルでは、11月6日まで半年間の月額料金900円割引キャンペーンを行っていまし...