楽天モバイルの特徴と申込方法

MVNOのなかでもポイント還元などのサービスが魅力の楽天モバイル。

僕も最初にMVNOで契約するときは、楽天モバイルで契約していました。

今ではキャンペーンで破格の安さになったmineoに移行しています。

移行した理由はキャンペーンによる月額料金の安さだけなので、楽天モバイルに何か問題があったわけではありません。

楽天ユーザーなら、楽天モバイルが有力な乗り換え先になるのは間違いないでしょう。

格安スマホについての知識がある程度あるのもとして話をしていきますので、そもそも格安スマホってなんやねんって人はこちらの記事で確認してください。

長くなりますが、これを読めば格安スマホの不安点は解消できると思います。

これを抑えれば格安スマホも怖くない!!格安スマホについて、詳しく解説します。
格安スマホに乗り換えれば、毎月のスマホ代はかなり安くなります。 端末代が不要なら、多くの人は月々2000円前後になるでしょう。 ...
スポンサーリンク

楽天モバイルの特徴

楽天モバイルはdocomoの通信回線を利用します。

そのため、docomoユーザーならSIMロック解除なしで乗り換えが可能。

auやsoftbankユーザーが、同じ端末で乗り換えるにはSIMロック解除が必要になります。

楽天モバイルで端末を新規購入する場合は、それまで契約しているキャリアは関係ありませんので安心してください。

楽天スーパーポイントで支払える & ポイントが貯まる

楽天モバイルなら、毎月のスマホ代を楽天スーパーポイントで支払うことが可能です。

また毎月のスマホ代もポイントとして貯まるので、楽天ユーザーならお得に利用できます。

まぁスマホ代は節約するために乗り換えるはずなので、貯まるポイント自体は少ないですけどね。オマケ程度に考えておけばいいと思います。

楽天ユーザーでなくてもカード発行でお得

楽天モバイルではクレジットカードでの支払いとなります。

楽天カードを所有していない人でも、これを機に新規発行すれば大量ポイントが貰えます。

新規発行で2,000ポイント、初回のカード利用で3~5,000ポイント(時期によって変わる)も貰えるので、楽天モバイル関係なしにとりあえず発行するのもおススメです。

ただし、後者の3~5,000ポイントは期間限定ポイントとなるので、期限内に使い切るように気を付けて下さい。

楽天市場で買い物をするときに楽天カードで支払えば、ポイントが優遇されるのに加えて使用頻度+金額によってランクが上がればさらに優遇されます。

僕はカードの支払いや固定費などは全て楽天カードを利用しているので、勝手にランクが上がります。

気付けばポイントも貯まるので、本を購入したりするのに利用しています。



楽天カードの申込へ

楽天モバイルの料金

楽天モバイルの月額料金は、低速通信でデータ使用上限のないベーシックプラン・高速通信でデータ容量上限ごとに料金が変わるプランがあります。

通話+データ通信をするなら、SIMの種類は通話SIMで契約します。

この月額料金に各種オプション代・通話料、端末を分割購入した場合は端末代を加えたものが月額の支払総額になります。

僕は端末を一括購入し、オプションは加入しなかったのでほぼ1,500円程度で収まりました。

スーパーホーダイ

スーパーホーダイとは、データ通信量が上限を超えた場合でも最大1Mbpsで通信が行える+国内通話5分かけ放題がセットになったプランです。

従来の標準的なプランでは、データ通信量の上限を超えると通信速度が200Kbpsの低速通信でしか通信が行えませんでした。

スーパーホーダイは、その問題を解決できるプランとなります。

注意点としては、通信が込み合う時間帯(12~13時・18~19時)は最大300Kbpsでしか利用できず、あくまでも最大なので他の時間帯でも1Mbpsの速度が出るとは限りません。

月額料金はデータ容量ごとに2,980円~5,980円となっていますが、楽天会員に登録(無料)するだけで1年間1000円割引が適用されます。

会員ランクの最上位(ダイヤモンド会員)であればさらに500円割引がされますが、こちらはあまり気にしなくてもいいと思います。

割引を受けるために他で散財してランクを上げても仕方ないですからね。

また、現在は初月に限り全プラン月額1980円(楽天会員割引適用)で利用することができるようです。時期によってサービスが終了している可能性もありますので、一度ご確認ください。

基本的にはかけ放題がセットになっていることから、あまり通話をしない人にとってはそれほど魅力のあるプランとは言えないかも知れませんね。

しかし端末の購入を考えている人にとっては、次に解説する長期優待ボーナスを併用すればメリットはあるかも知れません。

長期優待ボーナス

長期優待ボーナスとは、スーパーホーダイ加入者限定の端末代割引サービスです。

契約期間を2年もしくは3年にする必要がありますが、2年の場合は端末価格を1万円・3年の場合は端末価格を2万円割引してくれます。

端末を購入せずSIMカードのみ契約した場合でも利用可能で、その場合は金額相当分を楽天スーパーポイントで受け取れます。

端末価格が割引額より安い場合は、差額分を楽天スーパーポイントで貰えるため端末を実質無料で購入できます。

当然ですが、途中解約した場合は違約金が掛かりますのでご注意ください。

こちらは大手キャリアの自動更新とは違い、最低利用期間が過ぎればいつ解約しても違約金が発生しないので、計画的に契約すれば問題ないと思います。

2018年2月現在、楽天モバイルではiPhone SEiPhone6sを販売しているので、長期優待ボーナスを適用すればiPhoneも安く手に入れることもできます。

個人的にスーパーホーダイ単体では大きなメリットは感じづらいですが、長期優待ボーナスと組み合わせることで利用価値のあるサービスにも成り得ると思います。

通話料

通話料は基本的に【20円/30秒】となっています。

しかし、専用アプリ楽天でんわをインストールして、そこから発信することで通話料は半額の【10円/30秒】となります。

月額850円で国内通話が5分以内なら何度でもかけ放題となるオプションもあります。

その際の5分超過分の通話料金も【10円/30秒】です。

オプション

楽天モバイルには様々なオプションがありますが、個人的にはほとんど不要だと考えています。実際僕は何もオプションには加入しませんでした。

端末保証のオプションに加入している人は多いと思いますが、楽天モバイルでは端末補償つながる端末保証 by 楽天モバイルという2つのオプションがあります。

2つの違いは、前者が楽天モバイルで端末とSIMを同時購入し、なおかつ申込時にしか利用ができないこと、後者はそれ以外の場合に加入するものになります。

月額料金はどちらも500円ですが、サービス内容は若干違いがあります。

端末補償

端末補償では、万一の場合に端末を修理するのではなく交換することになります。

その際、端末によって4~7,000円の自己負担金が発生します。

そのため、オプションに長く加入した後にサービスを受けると、それまでのオプション代+交換費用で支払う総額が多くなるので注意が必要です。

例えば、購入から2年後に端末が故障し交換してもらう場合を考えてみます。

この場合、オプション代だけで合計12,000円を支払っていますが、そこに自己負担金を合わせると合計16,000~19,000円を支払うことになりますね。

端末価格は2年後には間違いなく下がっているでしょうし、買い替えてもそれほど差はない可能性もあります。2年も経てば、他の端末を購入することも考えるでしょう。

このオプションに加入してメリットがあるのは、基本的に購入してから早い段階でサービスを受ける場合です。

サービスを利用することがなければオプション代は無駄になりますし、オプション代を自分で貯めておいて、何かあったときに補填する形にする方が合理的ではないでしょうか。

つながる端末保証

一方、つながる端末保証の場合は修理が基本になります。

修理代金は基本的に無料ですが、修理代金が5万円を超える場合は超過分を負担しなければなりません。

希望者には修理している間に貸出機(代替機)の提供もありますが、貸出機の送料はこちらの負担となります。

修理が不可能な場合には楽天モバイル指定の交換機の提供となり、1回目は4,000円・同年内で2回目は8,000円の負担が発生します。

やはりこちらもオプション代以外にも何かしらの費用は発生する可能性が高いです。

まぁすぐに故障しないとは言い切れませんので、加入する必要性があるかどうかはご自身で判断してください。

幸い、僕は未だに不具合なく使えているので、オプション代を支払わなくて良かったです。

契約までの流れ

これまで使用していた端末を引き続き使用した場合は、その端末が利用可能かどうか公式サイトでチェックしておく必要があります。

利用可能な端末かどうか調べる

また、今までの携帯番号を引き続き利用する場合、MNP予約番号が必要になるので現在お使いのキャリアにて予約番号を発行しておきましょう。

それでは、実際に申し込む手順を解説していきます。

申し込み

最初に契約するために必要なものが表示されます。

まだ楽天会員でない方も、途中で会員登録ができるのでこのまま進めても大丈夫です。

その下には申込方法を選択する箇所がありますが、Webで簡単に手続きできるので左側を選択すればいいでしょう。

ショップでは待ち時間が長くなる可能性が高いです。

中団の赤枠で囲ったエントリーパッケージとは、事務手数料を無料にできる商品のことでアマゾンで購入することができます。

在庫切れとなっていることもあるので、その場合は諦めるしかないです。

2-2.申込タイプの選択

続いて端末も購入するのか、SIMカードのみを契約するのかを選択します。

端末+SIMセットを選択すると、端末の一覧が表示されます。

端末を購入する場合、端末補償オプションに加入するかどうかを選択をします。

先ほども説明した通り、この時点でしか申し込みができないオプションになるので申し込まないと損をしそうな気がしますが、よく考えて決めましょう。

SIMタイプは、通話SIMが一般的なタイプです。

続いて料金プランの選択をしますが、赤枠で囲った部分をクリックすれば通常の料金プランが表示されます。

スーパーホーダイを選択した場合、最低利用期間を決めましょう。

申込の確認とカラーの選択

次の画面では、ここまで選択したプランの確認画面と、画像にはありませんがさらに下にスクロールすると端末のカラーを選ぶ項目があります。

SIMカードのみ契約する場合は、赤枠で囲った部分でSIMカードのサイズを選択します。

サイズが合わないと使用できないので、ご自身の端末のSIMサイズはしっかりと確認しておきましょう。端末を購入する場合は、適応するサイズのSIMカードが送られてきます。

オプション選択・アクセサリー購入

続いてオプションの選択とアクセサリーの購入画面になりますが、こちらは必要なものだけ選択してください。

お客様情報入力

続いてお客様情報の入力、楽天会員の方はログインすれば情報は自動入力されます。

まだ会員でない方はここで登録しておきましょう。

情報入力画面では、まず新規かMNPで契約するかを選択します。

MNPの場合、赤枠で囲ったところには必ずチェックを入れておきましょう。

ここでチェックをしておかないと、申込後に商品が手元に届くまでの間これまで使用していたスマホで通話・通信ができなくなります。

なぜかと言うと、チェックを入れない場合は商品を発送する時点で楽天モバイルへ契約が切り替わる手続きを完了してしまうからです。

つまり、発送されているときは以前のキャリアの契約が切れているので、通話や通信ができなくなるということです。

それを防ぐために、チェックを入れて契約の切替手続きを自分で申し込む必要があります。

自分で申し込みをすれば、契約が切り替わるまでの時間は30分~1時間程度だけで済みます。

その下には、現在の電話番号とMNP予約番号・有効期限を入力します。

続いて、楽天でんわの申込をするかを選びます。

下の画像ではスーパーホーダイで手続きを進めているため、赤枠で囲ったかけ放題オプションの加入にチェックが付いていますが、通常のプランでオプションが不要ならチェックしなくていいです。

楽天でんわ自体は無料のアプリで通話料が半額になるので、かけ放題には加入しなくても楽天でんわは利用するほうがお得です。

必要事項の入力・確認

これ以降は必要事項を入力し確認していくだけなので大丈夫だと思います。

これにて申し込みは完了となります。

お疲れ様でした。

乗り換え時の注意点

楽天モバイルに限りませんが、キャリアからMVNOへ乗り換える際にはいくつか注意点があります。

動作確認をする

先ほども言いましたが今使っている端末をそのまま使いたい場合、乗り換え先でその端末が利用可能かどうかを確認しなければなりません。

新しめの機種なら問題ないと思いますが、古い機種の場合は注意が必要です。

契約切替のタイムラグ

楽天モバイルでは商品発送時点で契約を切り替えてもらうか、自分で契約切替の連絡をするかを選択できます。

申込手順のお客様情報入力時に、自宅から楽天モバイル開通受付センターに電話する項目にチェックをしない場合、商品を発送した時点で楽天モバイル側で契約切替を完了します。

そのため、商品が手元に届くまでの数日間は、Wi-Fiが繋がる環境以外ではスマホで通話や通信ができなくなります。

チェックをしていれば商品が自宅に届いてから契約切替を行うことになるので、スマホが利用できない時間を最小限に抑えられます。

また、切り替えの申し込みを午後9時以降にした場合、回線が切り替わるのは翌日になるので注意してください。なお、Wi-Fiでの通信ならいつでも可能です。

iPhoneのAPN設定

通信会社が提供する回線の登録をして、インターネットを利用できるようにするのがAPN設定です。

android端末なら問題なく設定できますが、iPhoneではWi-Fi環境がなければ事前に対策しておく必要があります。

その時になって焦らずに済むように、iPhoneユーザーは事前にチェックしておきましょう。

最低利用期間

通常の料金プランでは12ヶ月の最低利用期間があり、12ヵ月以内に解約すると違約金9,800円が必要になります。

スーパーホーダイで契約した場合、最低利用期間内に解約すると端末割引分を違約金として負担することになりますので、ご利用は計画的に行いましょう。

解約月の支払料金に注意

キャリアでは現状、解約月に日割りが適用されないようになっています。

また、各種割引サービスも適用外となる可能性が高く、普段は割引サービス込みでの月額料金となっているので、解約月には支払額が大幅に上がる可能性があります。

今解約したら解約月の料金がどうなるのかは、あらかじめ確認しておく方がトラブルにならずに済むと思います。

まとめ

楽天モバイルは他のMVNOに比べ、ポイントが貯まる・利用できる点が魅力です。

僕も大手キャリアから乗り換える際は色々と不安はありましたが、実際使ってみると格安スマホでも何も不具合はありませんでした。

それでも月額料金は6,000円ほど安くなったのですから、もっと早くから自分で調べておけば良かったな…と思うばかりです。

最初は少し面倒かも知れませんが、一度契約すればその後は何もしなくても月額料金は安いままです。

大手キャリアを利用しているほとんどの方が、月額2~4,000円くらいは安くなるでしょう。

通信費が高くて困っている…という方は、これを機に格安SIMへ乗り換えてみてはいかがでしょうか?



楽天モバイルならスマホの料金が超お得!


楽天カード新規加入でもれなくポイントが貰える

スポンサーリンク

シェアする

フォローする