【楽天証券】口座開設の方法を画像付きで解説

アイキャッチ株式投資

楽天証券は取引の条件によって楽天スーパーポイントが貯められるため、普段から楽天のサービスを利用する方にとっては、とてもお得な証券会社です。そのため、つみたてNISAや投資信託での運用を考えている場合は、楽天証券を利用するのがベストでしょう。

ただ、口座開設には小難しい用語が出てくるので、途中で申込を断念してしまう人もいるかもしれません。それだともったいないので、ここでは楽天証券の口座開設の方法を画像付きで解説していきます。

スポンサーリンク

楽天証券の口座開設方法

まずは楽天証券の口座開設ページから申込をします。

楽天証券の口座開設1

楽天会員なら個人情報はほぼ自動で入力されます。まだ楽天会員でない方は、これを機に会員に登録しておきましょう。

個人情報の入力

最初に個人情報の入力をしていきます。

楽天会員ならある程度入力されているため、必要箇所だけ追記してください。

楽天証券の口座開設方法2

画像には写っていませんが、メールアドレス入力の下にある「ご案内メール」は不要なので、「受信しない」でも大丈夫です。

納税方法の選択

ここでは「特定口座開設する(源泉徴収あり・なし)」か「特定口座開設しない」を選択しますが、基本的には「特定口座(源泉徴収あり)」を選択すれば問題ありません。

楽天証券の口座開設方法2

特定口座とは、株式を売買するために利用する口座の名称で、開設しない場合は「一般口座」で取引するようになります。ただ、一般口座にメリットはないので、選ばないようにしましょう。

特定口座には源泉徴収あり・なしとありますが、年度内に取引をしていなければ変更することもできます。ひとまず、これらの違いについて簡単に説明しておきましょう。

源泉徴収あり・なしとは

「源泉徴収あり」では、売買の度に税金を証券会社が計算して自動的に徴収してくれるため、自身で確定申告をする必要がありません

損失が出たときに税金の還付も自動的に行われるため、こちらが税金に関して何かする必要がないので、基本的にはこちらを選んでおけば問題ないでしょう。

「源泉徴収なし」を選ぶと、売買のたびに税金が引かれることはありません。

証券会社から「年間取引報告書」が送られてくるので、それを使って確定申告をします。自身で税金を納める必要があるので、少し面倒になるのがネックです。

しかし、給与所得者なら年間20万円以下であれば所得税を納める必要はないので、年間の利益が少ないのが事前に分かっていれば、税金を払わずに済むのでその分だけお得になりますね。ただ、住民税の申告は必要になるので、税金について理解している人以外は選ばないほうが無難です。

NISA口座の選択

NISA口座は、これから投資をするのであれば「つみたてNISA」の開設をお勧めします。

楽天証券の口座開設方法4

(つみたて)NISAは利益に対する税金が非課税になる制度で、特定口座とは別の口座として開設することになります。

詳しいことは別記事で解説しているので、口座開設後にでもご覧ください。

【投資初心者向け】つみたてNISAについて解説
将来のために資産形成がしたいと思っても、何をどうすればいいかわからない!とお悩みの方に、僕は初心者の資産形成にはつみたてNISAをおすすめします。ここでは初心者の資産形成につみたてNISAが最適な理由を解説していきます。

追加サービスの選択

続いて、楽天銀行口座の申込をするかどうかを選択します。

楽天証券を利用するなら入出金が便利になるので、口座を持っていない方は開設しておくと良いですが、むやみに銀行口座を増やしたくない…というのであれば強制はできません。

楽天証券の口座開設方法5

続いて、iDeCo(個人型確定拠出年金)やFX・信用取引口座の申込の選択ですが、iDeCoはSBI証券で開設するほうがお勧めです。また、FXや信用取引は投機(ギャンブル)なのでお勧めはしません。

なので、ここは「申し込まない」としておきます。

楽天証券の口座開設方法6

必要箇所への入力ができれば内容確認をクリックして次に進み、内容確認画面で問題がなければ、内容を確定するをクリックしましょう。

楽天証券の口座開設方法7

重要書類への同意

最初は規定等を確認するの右上が「未確認」となっているので、そこをクリックして内容を確認し、下のチェックボックスにチェックをして次へ進みます。

楽天証券の口座開設方法8

本人確認書類の提出

本人確認書類はパソコンかスマホで済ますのがお手軽です。

楽天証券の口座開設方法9

本人確認書類は以下のいずれかを用意しましょう。

本人確認書類

本人確認書類をアップロードすれば申込は完了。

申込から1週間ほどで書類が届くので、そこに記載された情報をもとにマイページにログインすることができます。それまで食っちゃ寝するか、このブログで勉強をするのか…それはあなた次第!

ログインした後は初期設定を行いますが、それについてはこちらの記事で解説しています。

【楽天証券】初期設定の方法を解説
楽天証券で口座開設を申し込めば1週間ほどで書類が届き、マイページにログインすることができます。ただ、取引をする前に初期設定を済ませておく必要があるので、ここでは初期設定の方法を解説していきます。楽天証券の初期設定書...

まとめ

以上で口座開設の手続きは完了。数日後には取引を開始することができるでしょう。

これで資産形成への第一歩を踏み出せたわけですが、このブログでお勧めしている「米国株への長期インデックス投資」は、実際にやってみると思っている以上に何もすることがないので拍子抜けするかもしれません。

だが、それがいい!

別の記事では楽天証券のつみたてNISAの設定の仕方は別記事で紹介しているので、参考にしてください。

【楽天証券】つみたてNISAの買い方を画像付きで解説
初めてつみたてNISAで積立をしようと思っても、設定の仕方がわからない…と困ってはいませんか?とくに投資の経験がない人であれば、すべてが意味不明に感じるかもしれません。そんな方のために、ここではSBI証券でつみたてNISAを買う方法を紹介します。

コメント