【楽天カード】2枚目の引き落とし口座を変更する方法

アイキャッチ雑記

楽天カードは2枚目を作成して引き落とし口座を別々にすることで、カードごとに使用目的を分けて管理しやすくなります。

ただし、1枚目がVisa以外のカードだと2枚目を作るのは無理とのこと。また、2枚目のブランドはマスターカードかJCBのどちらかなど、制約が少しあります。

2枚目を作成した時点では、引き落し口座は1枚目と同じ口座のままなので、変更するには自分で設定をしなければなりません。

ここではカードを追加した後、カード情報の登録・新しいカードの引き落し口座の変更方法について画像付きで紹介していきます。

スポンサーリンク

2枚目のカードを申し込む

まずは2枚目のカードを作成する方法から。

楽天e-NAVIへログインし、「お申し込み」から「カードの追加・切り替え」を選択します。

楽天2枚目のカード作成

そこからカードのブランドやデザインを選択し、申込をすれば1週間ほどでカードが届きます。1枚目を持っているなら、審査は実質なしで作成できるとのことです。

カード情報を追加する

2枚目のカードが手元に届けば、楽天e-NAVIでカード情報を追加する必要があります。

まずはログインして現在のカード情報の下部にある「カードの追加登録」を選択します。

2枚目カード情報を追加

続いて、カードのブランド・番号等を入力していきます。

2枚目カード情報を追加②

なお、メールアドレスはPCメールを登録しているなら記入不要です。

よく見ると携帯・スマホのメールアドレスと書かれていますが、僕は気付かずにPCのメールアドレスを入力し、エラーが返ってきました。

2枚目のカード情報を追加③

これでカードの情報が追加されました。

続いて、2枚目のカードの引き落し口座を変更していきます。

引き落し口座の変更をする

2枚目の情報を追加したことで、TOP画面のカード情報でどちらのカード情報を見るか選択できるようになっています。

赤枠を選択すると、2つのカード情報が表示されるので、2枚目のカードを選択しましょう。

2枚目引き落とし口座の変更

続いて、「お客様情報の照会・変更」から「お支払い口座の照会・変更」を選択します。

2枚目引き落とし口座の変更②

表示されるカードが2枚目のブランドになっているか、確認しておきましょう。

2枚目引き落とし口座の変更③

続いて、変更手続きをインターネット・郵送どちらで行うかを選択します。まぁインターネットがカンタンで早いです。

2枚目引き落とし口座の変更④

そのまま下にスクロールして、引き落とし口座を指定します。

2枚目引き落とし口座の変更➄

続いて、口座情報を登録し、内容を確認すれば手続きは完了です。

2枚目引き落とし口座の変更⑥

まとめ

設定方法はカンタンですが、サイトの情報量が多すぎてどこから設定できるのかを探すのが、一番ややこしいところですね。

僕は今年から楽天証券でつみたてNISAと特定口座の投信積立を開始するため、新たに楽天カードを追加し、そのカードで決済をすることにしました。

1枚のままでは普段使っているカードと同じ口座から引き落とされるので、投資用の口座を用意してそちらから引き落とされるようにしたかったのです。

わざわざ2枚目のカードを作成する必要性があるケースはそれほどないかもしれませんが、引き落とし口座を分けたいときには活用しましょう。

初心者の資産形成にはつみたてNISAがおすすめ
将来のために資産形成がしたいと思っても、何をどうすればいいかわからない!とお悩みの方に、僕は初心者の資産形成にはつみたてNISAをおすすめします。ここでは初心者の資産形成につみたてNISAが最適な理由を解説していきます。

コメント