【楽天証券】つみたてNISAの買い方を画像付きで解説

アイキャッチ株式投資

これから資産形成をしていくには、つみたてNISAはぜひ利用したい制度である。

このブログではSBI証券楽天証券で口座開設することをすすめているが、ここでは楽天証券でのつみたてNISAの買い方について画像付きで紹介しく。

スポンサーリンク

楽天証券のつみたてNISAの買い方

まず、楽天証券にログインし、NISA・つみたてNISAを選択する。

楽天証券つみたてNISAの買い方1

投信を選ぶ

続いて、購入する投資信託を検索していく。

投信の検索方法

赤枠の「ファンド一覧から選ぶ」、もしくは投資信託を決めているなら直接ファンド名を入力して検索しても大丈夫だ。

「パッケージから選ぶ」はあまり意味がないので無視していいだろう。

ファンド一覧を選択すると以下のような画像が表示されるが、表示される順番はその時々によって変わるので注意していただきたい。

投信の選択

僕が実際に購入したのは、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)eMAXIS Slim 全世界株式だ。複数の買付をするときは左のマスにチェックを入れ、一括積立(画面外に表示されています)の設定に進もう。

※ 現在はeMAXIS Slim 先進国株式も追加している。

支払方法・積立のタイミングなどを決める

続いて、購入に関する項目を入力していく。

支払方法・積立のタイミングを設定

楽天証券では、楽天カードクレジット決済をすることで、投資額の1%がポイント還元されるのでお得である。

その場合、積立のタイミングは毎月しか選べないが、1%の還元は大きいのでぜひ利用したい。なお、カード決済を選択するとカードの情報を入力する画面が出てくるので、必要事項を入力しておこう。

続いて、選択した投資信託でそれぞれ積立金額を入力する。

積立金額の入力

僕は基本的に米国株重視なので、積立金額も米国株を多めに。

分配金コースは「再投資型」にして、ボーナス月に多めに積み立てたい場合はボーナス設定で調整するが、カード決済の場合はボーナス設定はできないので注意が必要だ。

年間積立プランを見ると、年初に設定をしても初回積立日が2月となるので、1月分の積立ができない

つみたてNISAの非課税枠は年間40万円なので、その差額分を埋めるためには増額のオプションを利用することになる。

増額オプションの設定

僕の場合、1月分の33,333円と半端の4円、合計で33,337円が増額可能額となっており、これを毎月の積立金額に分割して上乗せすることで、非課税枠を満額使える。

注意点は、クレジットカード決済は月の上限が5万円までとなっているため、5月以降に開始する場合は増額オプションを利用しても満額の積立ができないということだ。

例えば、5月に設定をして6月から積立が始まる場合、6月~12月まで月額33,333円(233,331円)となり、非課税枠は残り166,669円。

これを6月~12月の7ヶ月分で割ると、満額にするにはひと月あたり23,809円の増額が必要になる。しかし、33,333円と23,809円を足すと57,142円となり、カード決済の上限をオーバーしてしまう。

一応、初年度だけカード決済以外の支払方法を選択し、ボーナス設定で満額の積立ができるようにし、2年目以降はカード決済にすると問題は解決できるようだ。

ただ厄介なことに、支払方法を変更できるのは「楽天カード支払い口座」から「楽天カードクレジットカード決済」のみとなっていて、それ以外の場合は積立の設定を一旦解除し、新たに設定をし直す必要がある。

支払方法の変更

つまり、初年度は月5万円を7ヶ月分で35万円(カード決済で3,500P)にするか、楽天カード支払い口座でボーナス設定をして非課税枠をフルに使う(ポイントはなし)か、どちらかを選ぶことになる。もちろん、それ以下の投資額なら気にする必要はない。

ややこしいの嫌い。

ポイントのコースは、楽天証券ポイントコース楽天スーパーポイントポイントコースのどちらかを選ぶ。(初期状態では楽天証券ポイントコースが選択されている)

ポイントコース

楽天証券ポイントも投資信託の購入に使えるが、「楽天スーパーポイントコース」に設定し、月に500ポイント以上のポイント投資を行うと、楽天市場の買い物ポイントが+1倍になる特典がある。

また、積立をカード決済にするとポイントが貯まるが、積立の一部にポイントを使用した場合、ポイント分を差し引いた金額に対してしかポイントが貯まらない。つまり、効率よくポイントを再投資するのであれば、ポイントで投資する商品は別枠で積立設定を行うようにしなければならないということだ。

ポイント投資をするかどうかにかかわらず、楽天証券ポイントコースを選ぶメリットはほとんどないと思われるので、楽天スーパーポイントコースに設定しておくといいだろう。というか、ややこしすぎて自分でも何言ってるかちょっと分かんないっす。

ここまで入力が完了すれば、目論見書 の確認をクリックしましょう。

目論見書・約款の確認

ここは表示された目論見書・約款をすべて閲覧し、内容を確認する。

目論見書は取扱説明書のようなものだ。その商品がどのような対象に投資をし、投資している企業の詳細や各種手数料なども確認することができる。

目論見書の確認

見方がわかるようになれば、新しい商品が出てきたときでもどのような商品が判断がしやすくなるだろう。そのため、気が向いたら目を通しておくようにしたい。

注文内容の確認し、注文完了

入力内容を確認し、誤りがなければ下にスクロールして取引暗証番号を入力し、注文するをクリックしよう。

注文内容の確認

注文受付の画面が表示され、これで注文が完了だ。

保有商品の確認・設定を変更する

注文を終えたら、積立の設定がちゃんとできているか確認してみよう。トップページのNISA・つみたてNISAから、設定を確認するを選択する。

積立の設定変更

すると、積立の設定をしている商品が表示されるので、間違いがないかチェックしておくといいだろう。

設定の確認

この画面から設定内容の変更・積立解除の操作も行うことができる。

長期投資の心得

ここでつみたてNISAを始めたあなたに伝えておきたいことがある。

先ほども申したが、つみたてNISAは非課税枠が20年の長期投資を前提とした制度だ。長期投資では、いずれ株価が大きく下がる時期を経験する可能性が高い。

というか、まず間違いなく経験することになるだろう。

しかし、株価が下がって含み損(売却すると損をする状態)が増えていく状況でも、絶対にそこで積立を中止したり、解約したりしないようにしてください

含み損の状態では、損失が確定している訳ではない。含み損の状態で解約(売却)したときに、初めて損失が確定するのだ。

米国株はこれまで長期的に右肩上がりに成長を続けてきた。それは今後も変わらないと思うからこそ、僕は米国株のインデックス投資をしているし、周囲にもすすめている。

そんな米国株へ運用をしていれば、いずれ株価は回復して含み損は解消し、含み益へと転じていくだろう。それが米国株の歴史でもあるのだ。

株価が安くなったときに積立を続けていれば、その恩恵は株価が回復していったときに発揮されることになる。しかし、暴落に脅えて積立を継続できなかった場合は、資産形成が難しくなることを忘れないようにしていただきたい。

まとめ

つみたてNISAは、一度設定すればあとは商品の変更や金額の変更をしない限り何もすることはない。最初にまともな商品を選んでおけば、それだけで資産形成は成功したも同然だ。

どういった商品がいいのかは、こちらの記事で解説している。

【投資信託】積立におすすめの商品を厳選!これを買っときゃ間違いなし!
投資信託は少額から幅広い分散投資ができる、投資初心者にもおすすめの金融商品です。しかし、投資信託の数はあまりにも多く、某大手ネット証券で取り扱っているだけでも、2000を超える商品が存在します。世の中には悪い大人たちも多く、中には...

積立の間隔がどれでもいいのは、タイミングを考えることに意味がないからである。

米国株は買うタイミングを考える必要はない!
株を買うタイミングなんて考える必要がないと言われたらどう思いますか?株は安く買って高く売らないと儲からないと思われがちですが、米国株への長期投資ならそんなことを考える必要がありません。ここではその理由を解説していきます。

コメント