初心者におすすめの米国株ETFを紹介

アイキャッチ株式投資

米国株投資のメリットは、知識や経験がなくても長期的に積立を続けるだけで資産形成ができる(可能性が高い)ことです。

嘘か真か、投資のプロが選んだ銘柄よりも猿がダーツを投げて選んだ銘柄のほうが、投資成績が良かったという話もありますからね。

適当に選んだ銘柄ですら利益が得られる可能性がある米国株は、それだけでも十分に素晴らしいと言えるかもしれません。

ただ、僕のような投資や経済にあまり興味がない人や投資初心者は、個別株ではなくETFや投資信託で運用するほうが、より高い確率で利益を得ることができるでしょう。

ここでは米国株投資でおすすめのETFを紹介していきますので、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

米国株投資でおすすめのETF

ETFの取引には手数料が必要ですが、今は最低手数料が撤廃されたので気軽に投資ができるようになりました。

また、運用にかかる費用(信託報酬)は投資信託より低いものが多く、分配金を受け取ることができるので、より投資をしている実感が得られるのがETFです。まぁ分配金に税金がかかるのはもったいないのは事実ですが…

では、米国株投資におすすめのETFを紹介していきます。

VTI

VTIは米国の上場企業ほぼすべてを対象(約3,500社)に投資ができるETFで、信託報酬は年率0.03%という破格の安さ。

配当利回りは記事作成時点(2020年5月)で約1.86%で、税引き後1.33%ほどになります。NISA口座で保有していれば国内課税はされないので、約1.67%になります。

目を引くような利回りではないですが、VTIは分配金の増加はもちろん、株価の上昇に大きな期待ができるETFです。米国を代表する企業というのは、世界を代表する企業と言っても過言ではありません。

そんな企業の株主になれるVTIなら、長期で保有するだけで十分なリターンに期待できるのは間違いないでしょう。

これ一本だけ持っていれば問題ない!と思われるくらい非の打ち所がない商品なので、これ以上僕が言うことはありません(‘ω’)

なお、投資信託の楽天・全米株式インデックスファンドは、このVTIを楽天の投資信託運用会社が買い付けて運用する商品になっています。

直接VTIを買い付けるより、間に楽天が入ることで信託報酬が高くなるのは当然ですが、投資信託は100円から買える気軽さがメリットですね。

VT

VTは全世界を対象に投資ができるETFで、信託報酬は年率0.08%とVTIには及ばないものの安いですね。

全世界株式への投資は究極の分散投資とも言えますが、その弊害として低成長の国の企業までカバーすることになり、これまでは米国のみが対象のVTIよりリターンが劣っているのが事実です。

ただ、今後も同じようになるとは言い切れないので、より分散させた投資をしたい場合は、有力で優良な商品で間違いありません。

配当利回りは約2.58%、税引き後で約1.85%となります。NISA口座なら約2.32%、VTIに比べると、やや高くなっていますね。

米国一本で大丈夫と考えるのか、いやいや世界全体へ分散したほうが安心と考えるかは人それぞれ。投資のスタイルは千差万別なので、どちらが正解・不正解ということはありません。

なので、他人にそれはやめとけ、これにしろ!と言われても、気にせず自分の道を突き進むのです!もちろん、長期的な成長が見込める対象へ投資していることが前提ですよ。

スポンサーリンク

VDC

VDCは米国の生活必需品セクターに投資ができるETFで、信託報酬は年率0.10%とやや高くなっていますが、まぁ比べる基準がおかしいだけで、十分安いと言えるでしょう。

生活必需品は、不景気でも人々が必要とする商品なので、売り上げが落ち込まず安定した利益を得ることができます。そのため、株価の下落相場に強いと言われています。

2020年に世界を襲った新型コロナウイルスによって株価が暴落したとき、VDCはその真価を発揮しました(現在進行中ですが)。VTIやVTが直近の高値から20%ほど下落しているにもかかわらず、VDCは10%程度の下落で済んでいます。

もっとも下げた時期でも、VTIが37%ほどの下げに対し、VDCは24%ほどで持ちこたえており、株価下落に強いと言われることを証明しています。

配当利回りは約2.54%、税引き後で約1.82%、NISA口座なら約2.28%

組入銘柄の上位にはP&G、コカ・コーラ、ペプシコ、ウォルマート、フィリップモリスなど、世界的大企業が名を連ねており、生活必需品セクターはこれまで投資家に大きなリターンをもたらしてきました。

今後もそうなることに期待したいですね。

VYM・HDV

VYM・HDVはどちらも米国の高配当銘柄に投資ができるETFで、信託報酬はVYMが年率0.06%、HDVが年率0.08%です。高配当銘柄に投資する両ETFですが、その中身は全然違います。

VYMは399銘柄、HDVは75銘柄で構成されており、VYMのほうが広く分散されていることになります。ただ、配当利回りはVYMが約3.44%、HDVが約3.96%と差があります。

HDVは回転率(銘柄の入れ替え)が高いと言われており、頻繁に売買するのはリターンの低下を招くとされているので、それがどう影響するかですね。

もちろん、HDVの運用が大成功する可能性もありますし、どちらのリターンが高くなるかを事前に知ることは不可能です。

高配当銘柄は基本的に成熟企業が多いため、株価の上昇にはそれほど期待できないと言えます。まったく上昇しないわけではないので、分配金の多さでどこまでリターンを高められるかがポイントでしょう。

VYMとHDV、どちらが良いかは正直わかりません。そのため、僕はどちらも保有しています。

SPY・IVV・VOO

SPY・IVV・VOOは、S&P500に採用されている米国を代表する優良企業へ投資ができるETFで、信託報酬は以下の通り。

  • SPY…年率0.09%
  • IVV…年率0.04%
  • VOO…年率0.03%

それぞれの違いは、ETFを販売してる会社が違うだけです。投資の対象はすべて同じなので、今後のリターンに大きな違いはないでしょう。

信託報酬が高いぶん、SPYは少し不利かもしれません。他社に対抗して値下げしない理由が謎ですけどね。

SPYはもっとも設立が早いこともあり、運用資産額も3商品のうちで最大です。昔からの顧客がいることで、強気の報酬設定をしているのかもしれませんね。

配当利回りはSPY・VOOが約1.9%に対し、IVVはなぜか約2.3%と多くなっています。が、僕にはその理由がわかりません。

S&P500への投資は、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットすら太鼓判を押しています。

バフェットの場合、分散ではなく集中投資で成功を収めていますが、それは彼の眼力があってこそ。僕たちのような凡人は、優良企業へ広く分散投資し、それを続けていくことがもっとも重要だということです。

S&P500かVTIのどちらかに投資しておけば、株式投資はほぼ成功したと言ってもいいんじゃなかろうか?と思っています。

米国株投資におすすめのETFまとめ

おすすめのETFを一覧にまとめます。

商品名(ETF)信託報酬投資対象
VTI0.03%米国の約4,000社
VT0.08%世界中の8,000社以上
VDC0.10%米国の生活必需品
VYM0.06%米国高配当株
HDV0.08%米国高配当株
SPY0.09%S&P500
IVV0.04%S&P500
VOO0.03%S&P500

ここで紹介したETFは、いずれもメジャーで多くの米国株投資家がおすすめされる商品です。

雑誌の特集にあるような「人気の投資信託!」といったものはあてになりませんが、米国株投資をしている人は自分でしっかりと物事を調べ、実践している人が多いはず。そんな人たちから支持される商品は、本物である可能性が高いですよね。

選択肢が多すぎても選ぶのに困る「選択のパラドックス」というものがありますが、迷うくらいならVTIかS&P500に投資する3つのうち、いずれかを保有しておきましょう。

マジでサイコロで決めてもいいくらい、どれを保有しても20年・30年後には良い結果をもたらしてくれるでしょう。

投資は自己責任とは言いますが、情報を発信している身としては、その一言で片付けるのは少し無責任な気もします。

なので、これらの商品を保有し続けて、30年後に損をしていたらそのときは僕を責めてください。その代わり、利益が出ていたら1割ください。

米国株投資にはSBI証券がおすすめです。

【SBI証券】口座開設と初期設定の方法を画像付きで解説
証券会社の口座開設は、聞きなれない単語が出てくるため、途中で諦める方も出てくるだろう。でも、せっかく投資を始めようと思ったのにそれはもったいない!そうならないために、ここではSBI証券の口座開設をスムーズにできるよう、画像を交えて...

投資初心者はつみたてNISAから始めるのもおすすめです。

https://xn--n8jr8c3bz579cbda294h.xn--tckwe/tsumitatenisa/

コメント