【格安SIM特集】多すぎて選べないMVNOのお勧めを紹介

格安SIMにすれば、毎月の通信費は大幅に削減できる可能性が高いです。とはいえ、格安SIMを提供するMVNOの数が多すぎて、どこが良いのか迷ってしまいますね。

選択肢が多いのは良いことのはずなのに、人は選択肢が多過ぎると、心理的ストレスが溜まると言われます(選択のパラドックス)。

ということで、ここでは独断と偏見で選ぶMVNOを紹介します。正直、全てのMVNOを熟知しているわけではないので、ここで紹介するもの以外がダメというわけではありません。

ただ、シンプルなプランならどのMVNOでも料金的には大差ありません。ややこしい使い方をしない限り、どこを選んでも大丈夫といっても良いくらいです。

それでも迷ってしまう人のために、選択肢を絞ってMVNOを紹介していきます。

MVNO特徴回線
楽天モバイルデータを使い切っても
最大1Mbpsで通信ができる
docomo
au
LINEモバイル主要SNSのデータ消費がゼロ全て
mineoデータ容量を分けてもらえる全て
BIGLOBEモバイル対象の動画サービス見放題の
オプション
docomo
au
IIJ mio家族でシェアできるdocomo
au
スポンサーリンク

楽天モバイル

2019年秋ごろから、第四のキャリアとなる楽天モバイルです。僕が最初に契約したのも楽天モバイルでしたね。

楽天モバイルはdocomoとau回線が使用でき、月額料金は3.1GBで1,600円です。

ベーシックプランでは低速通信しか行えませんが、データ容量は無制限で月額料金が1,200円。ポケットWi-Fiなどを持っているなら最安のプランで十分です。

楽天モバイル最大の特徴として、「スーパーホーダイ」というプランがあります。10分かけ放題が付いていることや、データ容量を使い切っても最大1Mbpsで通信が行えます(あくまでも”最大”です)。

10分かけ放題が要らない人にはメリットは少ないですが、長期契約をすることで月額料金は割安になります。楽天のダイヤモンド会員であれば、スーパーホーダイの料金はさらに安くなります。

楽天モバイルの紹介

楽天モバイルの公式サイトへ

LINEモバイル

LINEモバイルでは、全ての回線が使用できるようになり、プランによって主要なSNSのデータ消費がゼロになる特徴があります。

最安の「LINEフリー」は、データ容量は1GBでLINEのデータ消費がゼロ、月額料金は1,200円です。

LINEのほか、ツイッターやフェイスブック、インスタのデータ消費もゼロになる「コミュニケーションフリー」は、3GBで1,690円。5.7.10GBの契約もできます。

現在、4ヶ月目まで月額料金が割引されるキャンペーンを行っていますので、少しでもお得に使いたいなら検討に値するでしょう。

LINEモバイルの紹介

LINEモバイル公式サイトへ

mineo

mineoは関西電力系の電気通信事業会社である、ケイ・オプティコムが運営するMVNOです。

全て回線が使用でき、月額料金は回線によって少し違います。au回線が最も安く、3GBで1,510円。softbank回線はちょっと高いので、契約するメリットはないと思います。

mineoはシンプルに月のデータ容量によって料金が変わるプランしかないので、わかりやすくて好感が持てますね。

月額料金の割引キャンペーンもやっていますが、以前より割引額は少なくなっています。今後も割引額は減っていく可能性はありそうです。

mineoの紹介

mineoの公式サイトへ

IIJ mio

II Jmioは「IIJ(アイアイジェイ)」というインターネット系の大手通信会社が運営するMVNO事業で、「アイアイジェイミオ」と読みます(そのまま)。

僕は最初、読み方が分かりませんでした。IIJ mioの電話ということで「みおふぉん」と呼ばれることもあります。

MVNO業界のシェアNo2ということで、多くの人に支持されているようですね。IIJ mioではdocomoとau回線が使用できます。

ファミリーシェアプランでは、家族でデータ容量を分け合えるのが特徴で、家族が違う回線で契約していても大丈夫です。(父はdocomo回線、母はau回線でも分け合える)

IIJ mioの料金は、月額料金+SNS機能付帯料or音声通話機能付帯料という、少し変わったシステムになっています。

例えば、音声通話機能付きSIMの月3GBなら、月額料金900円+音声通話機能付帯料700円で計1,600円となります。

現在行われているキャンペーンでは、このシステムが割引額に影響してきますので、しっかりと確認しておくほうが良いでしょう。

IIJ mioのキャンペーンをチェック

☞ IIJmioの公式サイトへ

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEはインターネット業界を牽引してきた大手で、2017年からKDDIの子会社となって運営しているのがBIGLOBEモバイルです。

docomoとau回線が使用でき、月額料金は3GBで1,600円。最大の特徴は、月額480円で加入できる「エンタメフリー」というオプションですね。

エンタメフリーに加入すると、対象となっている以下のサービスがデータ消費ゼロで使い放題となります。

これらのサービスでも、一部対象外となるケースもあるようなので、よく確認しておきましょう。

自宅にWi-Fiがないけど動画はたくさん見たい、けど大容量で契約すると月額料金が高いから困る!という方にはピッタリだと思います。

キャンペーン内容も充実しており、お得に乗り換えたいならイチ押しのMVNOですね。

BIGLOBEのキャンペーンをチェック

BIGLOBEモバイルの公式サイトへ

まとめ

ここで紹介したのはMVNOのほんの一部でしかありませんし、他のMVNOが劣るというわけではありません。

ただ、数百社もある中から選ぶのは心理的に大きな負担となりますし、数社に絞ることでその負担は減らすことができます。

月額料金は基本的にどこも横並びで、あまり気にする必要はないと思いますが、最近は月額料金の割引キャンペーンを頻繁にやっていることが多いです。

タイミングによっては半年間ほどはかなり安くスマホ代を抑えられるようにもなりますし、いくつかのMVNOのキャンペーンをチェックしておくと良いでしょう。

おしまい。


公式サイトへGo!
楽天モバイル
LINEモバイル
mineo
IIJmio
BIGLOBEモバイル
スポンサーリンク

シェアする

フォローする