【つみたてNISA】初心者にもおすすめの金融機関と商品を紹介します

つみたてNISAを始めてみたいとは思うものの、私は投資をしたこともないし、どの金融機関や商品を選べば良いかわからない…とお悩みではありませんか?

ここでは、つみたてNISAを始めるのにおすすめの金融機関や、投資初心者や投資に興味がない人でも資産形成ができるような商品をご紹介します。

僕は誰にでもできるほったらかしで大丈夫な投資を推奨していますので、自分であれこれ考えて投資をしたいという方には参考にならないかもしれません。

スポンサーリンク

つみたてNISAの口座開設におすすめの金融機関

つみたてNISAの口座開設におすすめするのは、ネット証券の「SBI証券」「 マネックス証券」「楽天証券」です。

その理由は、3社とも長期投資に最適な商品を取り扱っていること、最低100円からでも投資が始められることです。

さすがに100円だけ投資をしてもあまり意味がありませんが、とりあえずお試しとして始めてみたいと思う方にとっては、ありがたい設定ですね。

つみたてNISAはほとんどの金融機関で口座開設することができますが、利便性と実用性を考えても、上記の3社から選ぶのがベストだと思います。

3社ならどこでも良いですが、楽天証券は楽天スーパーポイントが貯まるサービスがあるため、楽天ユーザーなら楽天証券を選ぶのが良いでしょう。

つみたてNISAで選ぶ商品

つみたてNISAは各年で投資した非課税枠を、むこう20年間運用することができます。そのため、「長期投資」に適した商品を選ぶ必要があります。

長期投資に適した商品とは、長期的に成長(値上がり)をする商品です。そういった商品であれば、ただ積立を続けるだけで勝手に資産が増えていくからですね。

例えば、日本を代表する指標である日経平均株価の長期チャートを見てみます。

日経平均株価は90年代をピークに、その後は上がったり下がったりを繰り返しています。これでは、長期的には成長をしていないと言えますね。

一方、米国を代表する指標のひとつである、NYダウの長期チャートを見ると…

100年以上の長期チャートですが、NYダウはこのように右肩上がりに株価が上昇してきました。

赤丸で囲ったのは暴落と呼べる大きな下落があった時期で、株式投資をしている以上いつか訪れる可能性があるものです。

しかし、その暴落でパニックにならず、長期的に投資を続けていれば株価はいずれ回復していることがわかりますね。

このような商品であれば、投資の知識がなくても愚直に積立を継続していくだけで資産形成ができるということです。

つみたてNISAの運用におすすめの商品

ということで、具体的な商品を紹介します。

つみたてNISAは投資信託で運用することになりますが、運用には「信託報酬」と呼ばれる経費が必要になります。

信託報酬は安いに越したことはありませんが、ここで紹介するのはいずれも問題のない商品だけですから、どれを選んでも大丈夫です。

また、いずれの商品もおすすめ金融機関であれば購入することが可能です。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

最もおすすめできるのがこの商品です。

S&P500とは、NYダウと同じく米国を代表する株価指数のひとつで、米国の優良企業500社への分散投資ができます。

上場企業の時価総額のうち約80%を占めていると言われており、要はこれだけで米国経済の大部分に投資ができるということです。

投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェット氏は自分の死後、資産の90%をS&P500で運用しなさいと家族に伝えていることが、資産運用に向いた指数であることを物語っていますね。

ぶっちゃけ、これだけ購入して運用しておけばええで…というのが本音です。

eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

米国一点集中投資なんて怖くてできない…という方は、対象を全世界に広げたこちらの商品も良いでしょう。

全世界株式と言いながらもそのほとんどは先進国、とくに米国だけでも約60%を占めています。

日本を含む商品もありますが、日本は少子高齢化によって将来の経済成長に疑問が残ることから、個人的には含まなくても良いと考えています。

これまでのリターンが今後のリターンを保証するわけではありませんが、これまでは全世界株式よりも米国株式のほうが高いリターンをもたらしてきました。

分散すればするほど、成長しない部分を含めることにも繋がるので当然と言えば当然ですね。

似たような商品で、eMAXIS 全世界株式インデックスという商品がありますが、こちらは信託報酬が高いので間違えないように注意してください

楽天・全米株式インデックス・ファンド

これは「VTI」というETFを、楽天投信投資顧問が買い付け、運用している商品です。ETFは、とりあえず投資信託と同じような商品と考えても大丈夫です。

VTIは米国のほぼ全ての企業へ投資ができる商品で、S&P500よりも対象が広く、時価総額の約95%ほどを占めると言われています。

投資リターンはS&P500と遜色はないため、どちらを選んでも問題ないでしょう。

VTIを直接つみたてNISAで購入することはできず、そもそもETFは少額投資にはあまり向いていないので、少額でVTIに投資ができる点で魅力はあります。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

こちらは「VT」というETFを、楽天投信投資顧問が買い付けて運用する商品。

VTは全世界分散投資ができるETFなので、eMAXIS Slim 全世界株式と似たような商品と言えますね。

まとめ

おすすめした商品のうち、どれが今後に最も良いリターンを上げるかは誰にもわかりません。

しかし、いずれも長期投資に適した商品であることには違いなく、あまり考えすぎるのも意味がないと思います。

米国だけで良いと考えるのか、全世界に分散したほうが良いと考えるのか。

米国ならS&P500か全米まで拡げるのか、全世界なら日本を含むか含まないか、その辺りで自分なりに選ぶと良いでしょう。

途中で違う商品を購入することもできますから、まずは投資を始めてみて体験してみることが大切だと思いますよ。

おしまい。


口座開設にはいくつか迷う箇所があると思いますが、こちらの記事で申込方法を解説しています。

SBI証券で口座開設をする方法を画像付きで紹介
SBI証券は住信SBIネット銀行と連携し、ドルを購入するための為替手数料が他社に比べ大幅...
【つみたてNISAにも最適!】楽天証券で口座開設する方法を画像付きで解説します
証券口座の開設は必要事項を入力していくだけですが、投資未経験者には聞いたことのない言葉が...

SBI証券でつみたてNISAを始める

マネックス証券でつみたてNISAを始める

楽天証券でつみたてNISAを始める

スポンサーリンク

シェアする

フォローする