【リゼロ】設定5濃厚台のデータから特徴を考察する

6号機のなかではトップクラスの稼働を誇るリゼロですが、さすがに最近は高設定じゃないと動かなくなってきていますね。

偶数示唆が出ても設定4のキツさに耐えれず、設定6じゃないと分かれば捨てる人も多くなってきたのではないでしょうか。

リゼロは偶数示唆や設定4以上の示唆が出やすいため、基本的には偶数設定をメインにしている店が多いと聞きます。

実際、コンビニでの246円を見かける台が多いですが、解析もほとんど出ていないこともあって奇数設定が「まぁぼぉろぉしぃ~(IKKO風)」状態です。

ですが、僕が通うホールには幻の設定5が使われているのでは…と思われる挙動をする台があり、いそいそとデータを取り続けました。

サンプルは多くはありませんが、その結果から設定5(濃厚台)の特徴を考察していこうと思います。

スポンサーリンク

設定5の特徴

早速ですが、結論から述べていきます。

まず、僕が考える設定5の特徴は以下の通り。

  • 出玉推移(スランプグラフ)は設定6の劣化版
  • 設定6より通常A移行率が高い
  • 通常Aでの勝率は優遇
  • ただし、通常Aからの弱AT振分が多い
  • 設定4より256G以内の当選が多い
  • 白鯨攻略戦の勝率はトータル約70%ほど
  • 有利区間継続時の勝率は白鯨勝利後・敗北後で大差ない
  • ぶっちゃけ、調子の良い設定4にしか思えない

こんな感じですね。

設定5濃厚台を打っていて思ったのは、通常Aの移行率は設定4と同等もしくは高めでも、勝率は高い。その分、通常Aからでも弱ATが出てきやすいということ。

つまり、設定4・6よりハマりやすいが弱AT分の出玉が返ってくることで、設定4より安定感があり、設定6よりは伸びづらいグラフが出来上がると予想します。

一般的には設定6でも通常Aなら強ATが出てきやすいと言われますが、実際に通常Aだと負けることも多く、勝てば強ATが出てきやすいですね。

僕が打った設定6確定台では通常Aだとほとんど負けているので、どれくらいの割合で弱ATになるのかハッキリしませんが、負けている時点で強ATになる可能性が高いと思われます。

一方、設定5だと思われる台を打ったときは、通常A15回のうちATに繋がったのが9回と、勝率60%にもなりました。

もちろん、サンプルが少ないと言われればそれまでですが、9回のATのうち、弱ATが出てきたのが約半数の4回。

さすがに比率としては高すぎると思いますね。

これまで設定2・4・6を何度となく打ってきましたが、通常Aで弱ATが出てきたことは数えるほどだったと思います。

言うてこの記事を書いている当日に、推定設定2で通常Aから弱AT出てきましたけど…

ただ、この仮説が正しければ、設定5は通常Aと256G以内の当選が多く、設定4なら256G内が少なく通常Bが多め、設定6は通常Bと256G以内の比率が高い振分になって、勝率を調整することで奇数偶数で違ったグラフを作ることが出来る気もします。

とはいえ、1日で設定4と設定5を判別するのは不可能に近いでしょう。

456以上の示唆アリ・6確+偶数示唆ナシの場合、設定状況から考えれば設定4の可能性が高いのは間違いありません。

しかし、設定4は白鯨の勝率が微妙に低いので、1日中苦戦することが多い。ところが、設定5だと勝率が高いのでじわじわプラス域に持っていけます。

ところどころ訪れる通常Aで、設定5はデキレ白鯨によって出玉が返ってくるも、設定4はガチ白鯨が多く、そこでやれないと死亡…

この辺りの微妙な違いによって、終わってみれば設定5なら安定してプラス収支で終えられる印象でした。

「設定4にしては白鯨によく勝てたけど、そういや偶数示唆出てないなぁ…」

そこで初めて設定5だったのかなと気付く程度でしょうね。

ということで、ここからは僕が打っている台が設定5だと思った経緯と、それを数日間打ったデータを紹介していきます。

※ 以降、服部と工藤という自称名探偵が登場しますが、某アニメとは関係ありません。

設定5の根拠

工藤「服部、まずホールの説明をしようか。」

服部「せやな、あっこはボッタ店や。間違いないでぇ工藤!」

工藤「しかし特定日にはジャグラーやその時期のメイン機種には高設定が入ってるぜ。」

工藤「しかも並びも緩くてプロもほとんどいない、いわゆる勝ちやすい店だ。」

服部「な、なんやて工藤!?」

工藤「ただ特定日以外はやる気がなく、とくにバラエティーなんかはリセットすら掛からない。」

工藤「あぁ、そういえば沖トロで数日間越しで天井10G前なんて台もあったな。」

服部「なな、なんやて工藤?!」

工藤「台数が少なくて稼働も少ないから、しょっちゅう拾えるわけじゃないが稀にお宝台が拾える店だよ。」

服部「ななな、なんやて工藤!?」

工藤「…(うっせー)」

工藤「とにかく、そんな店で異変に気付いたのは、いつものようにハマり台をチェックしているときだ。」

工藤「それまで明らかに特定日以外には低設定しか使っていなかったはずのリゼロの履歴が明らかにおかしかったんだよ。」

服部「せやな工藤。この店は平常時にも6を使うようになった…俺もそう思っとったで!」

工藤「…。データとグラフ的に設定6の可能性は限りなく低く、最初はどうせ設定4だろうなと思ったんだ。」

服部「せやな工藤!この店は平常時にも4を使うようになった…俺もそう思っとったで!」

工藤「…。ただ、万が一にでも設定6確定でも出れば、この店は更なるパラダイス店へと成り得ると思って、翌日の朝から打ちに行った。」

服部「け、結果はどないなったんや…?ゴクリ」

工藤「その日は設定4以上が確定したけど、設定6は確定しなかった。」

服部「俺の思った通り、やっぱり設定4やったんやな工藤!」

工藤「ただ…偶数示唆も出なかった。」

服部「なななな、なんやて工藤!?」

工藤「一日だけなら設定4でも有り得ることだが、その後も打ちに行っては4以上確定、6は確定せず、偶数示唆は出ず…ばかりだった。」

工藤「トータルで約30000Gも回して偶数示唆が出ない、つまり…」

服部「そんなアホなことあるかい!そんなアホなことあるかい!」

工藤「なんで2回言うんだよ?」

服部「関西人は同じ言葉を2回続けるんや。ちゃうちゃうとか、ばんば…」

工藤「つまり、この店は設定5を使っている可能性がある!!」

服部「最後まで言わせぇ!」

ということで、数日間を通じて約30000Gを消化した結果、毎回設定4以上は確定・設定6は確定せず・偶数示唆も出ず…という結果でした。

この台の偶数示唆、とくに246系は明らかに出現しやすくなっていると思われるので、これだけ打って偶数示唆が出ないということは奇数設定である可能性が高い。

それでいて設定4以上は確定しているので、この店は設定5を使用しているものと考えられます。

出玉的にも設定4とは思えないくらい「終わってみれば危なげなく勝利」ということが多かったので、僕の中では9割方、設定5だと思っています。

一応、断定することができないので「濃厚台」としておきますけどね。

設定5濃厚台のデータ

有利区間継続の有無に関係なく、トータルの実践結果をまとめたのがこちら。

項目データ
通常G数29218G
白鯨攻略戦70回(1/417)
AT回数56回(1/521)
直撃回数8回(1/3652)
白鯨戦勝率69%(48/70)
モード割合白鯨戦勝率
通常A15回(19%)9/15(60%)
通常B21回(27%)15/21(71%)
通常C3回(3%)2/3(66%)
25629回(37%)20/29(69%)
天国2回(3%)2/2(100%)
鬼天国8回(10%)-
  • 通常A…150G以内の前兆なし・300G以上の前半G数での当選
  • 通常B…後半G数での当選
  • 通常C…150G以内の前兆あり・300G以上の前半G数での当選
  • 256…150G~256G以内の当選
  • 天国…150G以内の白鯨攻略戦
  • 鬼天国…256G以内の直撃

※ 200G前半の当選はモードが見抜けないので、256としてまとめています。

白鯨攻略戦の初当たりは、公表されている設定5の数値よりは悪くなりました。(解析では1/379)

しかし、白鯨攻略戦の勝率は設定4にしては高いですね。どちらかと言えば、設定6にも引けを取らないくらいです。

全体的に、設定4に比べると通常Bが少なめで256G以内が若干多いという結果でした。

では、続いて有利区間初回のみを切り取ったデータです。

有利区間初回

有利区間初回のモード移行率と温泉orひざまくら後のカードです。

モード割合白鯨戦勝率
通常A13回(33%)8/13(67%)
通常B12回(31%)7/12(58%)
通常C1回(3%)0/1(0%)
25613回(33%)9/13(69%)

モードは綺麗に3分割…といった感じです。サンプルが増えればもう少し通常Aは減るのかな…という気がしないでもないですが。

これでも余裕でプラスになっているんですから、モード移行に特徴がある可能性は十分有りえそうです。

カード回数
N9回(24%)
N+19回(50%)
R6回(16%)
R+2回(5%)
SR0
SSR2回(5%)
SSSR0

未だにカードが何を示唆しているのかがはっきりしませんが、R以上が選ばれた10回のうち、通常Aだったのは2回だけ。今のところ、R以上だと高確率で通常B以上に期待できます

※ ただし、高設定に限る

また、白鯨の討伐期待度では?という声もありますが、有利区間初回のデータに限るとR+以上での負けはなかったのですが、有利区間継続時のデータを含めると「期待度ではない可能性が高い」結果となりました。

上位カード=高モード=討伐しやすいということにはなりますが、例えば同じ通常BでNよりSSRのほうが勝ちやすい…といったことはなさそうです。

続いて有利区間継続時のデータを見ていきます。

有利区間継続時

モード割合白鯨戦勝率
通常A2回(5%)1/2(50%)
通常B9回(23%)7/9(78%)
通常C
2回(5%)2/2(100%)
25616回(41%)11/16(69%)
天国2回(5%)2/2(100%)
鬼天国8回(21%)-

鬼天国(直撃)の割合が多いですが、半分はコンビニでレア役を引いたときにループしたものでした。

それを踏まえても、設定4に比べると通常Bより256G以内の当選が多いのは間違いなさそうです。

白鯨攻略戦の勝率は有利区間初回に比べると高くなっていますが、あからさまに優遇されている感じはなかったです。

ここは設定4以下と設定5以上で大きな違いがあるかもしれません。

というのも、ネットで推定設定4のデータを公開されているものをまとめると、白鯨敗北後と勝利後(AT後)に有利区間が継続したとき、その後の勝率があからさまに変わるからです。

巷で言われる「AT後の白鯨は勝ちやすい」ですね。

これが設定5・6ならどのタイミングでも高い勝率を誇りますが、設定4以下だとどういう仕組みか勝率に大きな開きが出るのは間違いないでしょう。

後ほどもう少し踏み込んだデータで紹介します。

カード回数
N8回(21%)
N+10回(26%)
R3回(8%)
R+2回(5%)
SR11回(28%)
SSR5回(13%)
SSSR0

カードの出現率ですが、有利区間初回に比べると、N+が減ってSR以上が増えています。初回に出なかったSRが継続時に増える…やはりモード示唆なのか?

ただ、SRの内訳は通常A・B・Cが1回ずつ、256G以内が3回、鬼天国が5回。これだけだとモード示唆とも思えますが、SSRになると5回中1回しか256G以内に当選しませんでした。

わけがわからないよ。

それより、このデータで大きな違和感を感じたのは、設定6が確定した台のデータと比べたときです。

設定6カード選択率

カード有利区間初回継続時
N10回(24%)8回(13%)
N+13回(32%)10回(16%)
R9回(22%)10回(16%)
R+1回(2%)2回(3%)
SR4回(10%)16回(26%)
SSR4回(10%)13回(21%)
SSSR0回2回(3%)

設定6確定台は、有利区間初回こそNとN+が半数ほど選ばれますが、有利区間が継続したときはその割合がガクンと減り、R以上(とくにRとSSR)に振り分けられています。

設定5濃厚台と設定6確定台の有利区間継続時を比べてみると…

カード設定5濃厚台設定6
N8回(21%)8回(13%)
N+10回(26%)10回(16%)
R3回(8%)10回(16%)
R+2回(5%)2回(3%)
SR11回(28%)16回(26%)
SSR5回(13%)13回(21%)
SSSR0回2回(3%)

設定5濃厚台はNとN+の割合が多いのは一目瞭然です。しかし、有利区間継続時ならNでも当たり前のように200G前半で当たったり、ATにも当選するのでカードが微妙だからどうこうとは言えそうにないですね。

むしろ、有利区間継続時にNとN+ばかりなら、設定6の期待度が下がるというイメージです

続いて、白鯨攻略戦に敗北した後、有利区間が継続したときのデータです。

白鯨攻略戦敗北後・有利区間継続時

これは、有利区間初回に勝利→継続後の白鯨攻略戦に敗北→有利区間継続というケースでも白鯨攻略戦敗北後としてデータを集めました。

ただ、元々の勝率が高いのでサンプルは多くありません。また、カードに関してはあまり特徴はないので割愛します。

モード回数勝率
通常A2回(20%)1/2(50%)
通常B2回(20%)1/2(50%)
通常C1回(10%)1/1(100%)
2565回(50%)4/5(80%)

分析のしようもないですが、ひとつ言えることは白鯨に敗北したからといって次回の白鯨攻略戦の勝率が低くはありません。

7/10なので、勝率は70%ですね。

通常Aの割合が少なくなることが原因とは思いますが、言い換えると通常B以上ならどんな条件でも勝率は変わらないということですね。

これが設定4濃厚台だと大きく違いが出てきます。と言っても、自分で推定4を打ったときのデータはほとんど取っていなかったので、ネットで公開されているデータが中心となりますが…

モード回数勝率
通常A2回(18%)1/2(50%)
通常B2回(18%)0/2(0%)
通常C0回(0%)-
2566回(55%)1/6(17%)
天国1回(9%)1/1(100%)
鬼天国0回(0%)-

このように、3/11(勝率27%)と酷い有様です。

これをサンプルが少ない故のブレと見るか、設定差によるものと見るか。ここに設定差があるなら、設定4と5以上を見極めるポイントにもなりそうですね。

白鯨攻略戦勝利後・有利区間継続時

最後に白鯨攻略戦勝利後(AT後)に有利区間が継続したときのデータです。

モード回数勝率
通常A0回(0%)-
通常B8回(27%)7/8(88%)
通常C1回(3%)1/1(100%)
25611回(37%)7/11(64%)
天国2回(7%)2/2(100%)
鬼天国8回(27%)-

鬼天国を除いて17/22(勝率77%)と全体でみると最も勝率は高いですが、それは通常Aが選択されないことが大きく影響しています。

このケースでは200G前半の白鯨攻略戦では思いのほか負けることが多く、決して安心できません。

サンプルは少ないとはいえ、通常B(ほぼ400G後半か天井)はかなり安定して勝っているのは不思議ですが…

もしかすると、メダルを消費しているぶん勝率を高くして、出玉をコントロールしているのかもしれません。

逆に200G前半で勝率を高くし過ぎると、設定6にも匹敵する出玉率になってしまいそうですからね。

ちなみに、設定4と思われる台のAT後有利区間継続時のデータがこちら。

モード回数勝率
通常A0回(0%)-
通常B12回(38%)10/12(83%)
通常C0回(0%)-
25613回(41%)10/13(77%)
天国0回(0%)-
鬼天国7回(22%)-

こちらも20/25(勝率80%)と高確率でATに繋がっています。

白鯨攻略戦敗北時には設定4と5では大きな違いがありましたが、AT後だと不思議なくらい同等の勝率となっていますね。

設定5の特徴まとめ

あくまでも偶数示唆が出なかっただけで、設定5だと断言できる台のデータではありません。

ただ、設定6と比べると通常Aに行きやすかったり、有利区間継続時のカードの選択率に違いがあったり、設定4と比べるとどのケースにおいても白鯨の勝率が高いなど、ちょっとした違いを感じたのも事実です。

とはいえ、これは毎日設定を使っているだろうという店への信頼と、入る場所が簡単だったこと、そこに実際に入っていたからこそ成り立った立ち回りです。

設定5まで視野に入れると、その日に設定を使っているかどうか曖昧な場合、わりと通常Aへ行きやすいこと、ちょくちょく白鯨に負けることから、ヤメ時が難しくなります。

実際、このホールで設定が入らなかった日は、入ると思った台でイマイチな展開のままズルズルと引っ張られた挙句、5回目くらいのコンビニで246円が出たのでそこでヤメました。

これまで全く偶数示唆が出なかったのに、展開が悪く4万近く投資した台では偶数示唆が出現…たまたまではないでしょう。このときの台は設定2だったはずです。

なんだかんだと考察してみましたが、はっきり言って設定5を狙う機会と実際に遭遇する機会は今後もほとんどないと思われるので、あまり役に立つものではないかな…とデータを取りながら思っていたことは内緒です。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする