住信SBIネット銀行でドルを購入する方法を画像付きで解説

米国株投資をするにあたり、避けられないのがドル転への為替手数料です。

国内ETFを通して円で購入することもできますが、通貨の分散としてドル建てで購入するのが望ましいと言われることが多いですね。

僕は正直どっちがいいのかよく分かりませんが…


SBI証券
楽天証券では円のまま米国株を買付(円貨決済)することもできますが、証券会社を通してドル転されているのでしっかり手数料は取られます。

しかし、住信SBIネット銀行(以下、住信)では為替手数料を安く抑えることができます。

他の証券口座では1ドルあたり25銭の手数料が、住信では1ドルあたり4銭と破格の安さ。

SBI証券を利用していれば、住信と外貨の入出金が無料でできることから、他社よりも手数料を抑えて米国株投資を行うことが可能です。

操作は慣れれば簡単ですが、僕も最初はやり方で迷っていたので画像付きでその方法を解説していこうと思います。

※いつの間にか画像がなくなって意味の分からない記事になっていましたが、修正しました。せっかく見ていただいたのに画像が見れなかった方、ごめんやで。

スポンサーリンク

米国株を購入するまでの流れ

SBI証券で住信と連携して米国株を購入するまでの流れとしては、以下のようになります。

  1. 住信に円を入金
  2. 住信でドルを購入
  3. SBI証券にドルを入金
  4. SBI証券で米国株を購入

まず住信でドルを購入する必要があるので、口座に日本円を入金する必要があります。

方法はキャッシュカードを使ってコンビニなどのATMから入金するか、SBI証券口座に円があればWeb上で資金の移動も可能です。

最初に、SBI証券の口座から住信へ出金する方法を紹介しておきます。

SBI証券から「出金」

SBI証券にログインし、口座管理から出金を選択。

出金金額を指定する

続いて金額を指定しますが、ここで赤枠で囲った振込先指定金融機関口座が住信になっているかを確認してください。

なっていなければ、右側から設定を変更しておきます。

問題なければ取引パスワードを入力し、出金指示確認をクリックすれば完了です。

※出金が反映されるのは出金指定日になります。

住信でドルを購入する

住信の口座へ日本円を入金できれば、続いてドルを購入します。

こちらも特に難しい作業はありません。

住信へログインする

住信のHPから直接ログイン、またはSBI証券からもログインできます。

SBI証券からの場合は、赤枠で囲ったところからログインします。

外貨・FX純金積立を選択

ログイン後、上段真ん中あたりの外貨・FX純金積立を選択。

米ドル/円の買付

この画面では、米ドル/円の買付を選択します。

金額を指定する

注文金額取引パスワードを入力。

金額は円・ドルどちらで指定しても大丈夫です。

入力すれば下部の確認をクリック。(画像には入っていません)

この後は指示に従っていけば完了です。

これで、住信へ入金した日本円をドルに替えることができました。

ただし、この状態ではドルは住信の口座にありますので、最後にドルをSBI証券へ入金する必要があります。

SBI証券に外貨を入金する

SBI証券へログインし、入出金・振替から外貨入出金を選択。

金額を指定する

通貨は米ドルにチェックを入れ、振込金額取引パスワードを入力。

最後に振込指示確認をクリックし、指示に従えば完了です。

外貨入金は瞬時に反映されるので、この後すぐに米国株を購入することも可能です。

まとめ

実際に米国株投資をしていても、為替手数料の差を気にして取引はしないかも知れません。

実際、僕は住信の為替手数料が4銭になったことを半年ほど気付きませんでした。(僕だけ?)

しかし、チリツモヤマナルで手数料は安いに越したことはありません。

円高のときの多くドル転できれば…とも思いますが、株価と同じで為替も短期的には読めません。(僕は長期的にも読めません)

資金ができれば、適宜ドル転しておくようにする方が、タイミングを考えずに済みストレスもなくて良いのではないでしょうか。

おしまい。

ドルの入金が完了すれば、後は実際に株を購入するのみです。

SBI証券で米国株を購入する方法を画像付きで解説
僕はSBI証券で口座を作って米国株投資をしています。 この記事ではこれから米国株投資をしようと考えている人へ、実際にSBI証券で米国株...

株価もタイミングを考える必要はなさそうです。

米国株投資は購入するタイミングを考える必要はない
投資をしているなら、少しでも安いときに買い、高いときに売りたいですよね。 このブログでは米国株の長期投資を推奨しています。 実際...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする