住信SBIネット銀行でドル転する方法を画像付きで解説

米国の個別株やETFはドルで購入する必要がありますが、SBI証券と住信SBIネット銀行を利用すると、為替手数料が最も安くなるのでお勧めです。

住信SBIネット銀行のサイトがリニューアルされたため、ここでは新画面でのドルを購入する方法を画像付きで解説してきます。

スポンサーリンク

米国株を購入するまでの流れ

SBI証券と住信SBIネット銀行を連携して米国株を購入するまでの流れとしては、以下のようになります。

  1. 住信SBIネット銀行に円を入金
  2. 住信SBIネット銀行でドル転(購入)
  3. SBI証券にドルを入金
  4. SBI証券で米国株を購入

最初に行うのは、住信SBIネット銀行へお金(円)を入金すること。コンビニなどのATMから入金するか、SBI証券から資金を移すことも可能です。

SBI証券から移行すると出金まで数日かかるため、キャッシュカードを作ってATMで入金するほうが便利ですね。ひとまず、SBI証券から住信SBIネット銀行へ資金を移す方法も紹介します。

※ 住信SBIネット銀行へは入金となりますが、SBI証券からは「出金」扱いとなります。

SBI証券から「出金」

まずはSBI証券にログインし、口座管理から「出金」を選択。

SBI証券から出金1

出金金額の指定

続いて、出金額を指定します。

ここで上段の「振込先指定金融機関口座」が住信SBIネット銀行になっているかを確認してください。

違う口座になっていれば、右側の「口座変更」から設定を変更しましょう。

SBI証券から出金2

問題なければ取引パスワードを入力し、出金指示確認をクリックすれば完了です。※ 出金が反映されるのは「出金指定日」になります。

住信SBIネット銀行でドルを購入する

続いて、住信SBIネット銀行でドル転する方法です。

まずは住信SBIネット銀行からログインしますが、SBI証券からでもログインすることができます。

ドル転1

ログイン後の画面がリニューアル後は大幅に変更されていますね。

まずは「外貨普通預金」を選びます。93円しか入金されていないことには触れないでください( ゚Д゚)

ドル転2

続いて、「米ドル/円」を選択します。

ドル転3

次の画面では、出金口座と入金口座の残高、注文方法、買付金額が表示されます。

ドル転4

ここでは買付金額と取引パスワードを入力し、下の確認するをクリックしましょう。長期投資なら買値にこだわる必要はないので、成行(リアルタイム)で良いです。後は指示に従っていけば、取引は完了。

これで日本円をドルに替えることができましたが、このままだとドルは住信SBIネット銀行の口座にある状態のままなので、個別株やETFを購入するには、このドルをSBI証券へ移す必要があります。

SBI証券で外貨を入金する

SBI証券へログインし、入出金・振替から「外貨入出金」を選択。

外貨入出金1

続いて、通貨は「米ドル」にチェックを入れ、「振込金額」と「取引パスワード」を入力します。

外貨入出金2

最後に「振込指示確認」をクリックし、後は指示に従えば完了です。

外貨入金は瞬時に反映されるので、この後すぐに米国株を購入することも可能です。

まとめ

決して難しい作業ではないですが、たまにしかやらないとど忘れしそうですね。僕は完全に覚えましたが、最初の頃は「どこやったけな…」と思うこともありました。

簡単な作業でも覚えるまでは案外難しいものです。皆さんも、覚えるまではこちらを参考にして作業して頂ければと思います。

ドル転ができれば米国株を購入できるので、その方法をこちらの記事で紹介しています。

【SBI証券】米国株の買い方を画像付きで紹介
米国株は最低手数料の引き下げによって、少額から気軽に投資ができるようになりました。 ...

シェアする

フォローする