SBI証券で口座開設をする方法を画像付きで解説

先日、投資に興味を持った友人からSBI証券の口座開設を試みたところ、幾つかイミフな点があるとの連絡を受けました。

今思えば、確かに僕も口座を開設するときには所々意味の分からない箇所があったなぁと。

ということで、今回は口座開設の際に「?」となりそうな点に注目しながら、口座開設の方法を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

SBI証券の口座開設方法

まずはSBI証券のHPから口座開設の申込をクリックします。

本人確認書類の提出方法

名前などの情報を入力する前に、本人確認書類の提出方法を選択します。

最も手間が少ないのはWEBアップロードです。

個人番号カード・通知カードいずれかで、マイナンバーが記載されている面を撮影してアップロードするだけです。

カードがどこにあるか分からない…なんてことはないですよね?

個人情報の入力

本人確認書類の提出の下部分には、個人情報を入力する項目があります。

ちゃちゃっと入力していきましょう。

その際、イミフな項目が幾つか出てくると思うので解説していきます。

特定口座

特定口座の欄には、開設する(源泉徴収あり)・開設する(源泉徴収なし)・開設しないという項目があります。

ここでは開設しないという選択肢は除外して、源泉徴収あり・なしのどちらかを選ぶことになります。

源泉徴収ありを選ぶと、投資で得た利益に対する税金を証券会社が計算して自動的に徴収してくれるため、自身で確定申告をする必要がありません

損失が出た際に支払い過ぎている税金の還付も自動的に行われるので、手続きの面で煩わしいことをする必要が一切ありません。

基本的にはこちらを選んでおけば問題ないでしょう。

源泉徴収なしを選ぶと、売買の度に税金が引かれることがありません。証券会社から送られてくる年間取引報告書を元に、自身で確定申告をして税金を納める必要があります。

ただし、給与所得者なら年間20万円以下であれば所得税を納める必要はないので、少額の取引であれば源泉徴収ありに比べて税金分お得になることもあります。(年間20万円以下でも、住民税の申告は必要になるそうです)

つまり、源泉徴収ありでは少額で支払う必要のない税金を支払ってしまうことにもなります。

それが嫌なら、特定口座に関して少し勉強して税金を節約するようにすれば良いでしょう。

僕は面倒なのと、ゆくゆくのことを考えて源泉徴収ありの方が楽だと思い、そちらを選んでいます。

NISA・つみたてNISA

こちらはNISA・つみたてNISAの口座を申し込むかどうかです。

どちらも利益に対する税金が非課税になる制度で、投資をするならメリットが大きいです。まぁデメリットもありますが、詳細は関連記事をご確認ください。

投資初心者には、つみたてNISAを開設しておくことをおススメします。

住信SBIネット銀行

こちらはSBI証券と連携しているネット銀行で、両社の資金移動がスムーズにできたり、米国株投資をする際のドルを購入する手数料が圧倒的に安くなるなどのメリットがあります。

ドルを購入して米国株に投資しないのであれば、特にメリットはないかも知れません…

他にも即時入金できる銀行はあるので、下記のいずれかの口座を持っていて米国株には興味がないという人は開設しなくてもいいのかな、とは思います。

・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・ゆうちょ銀行
・楽天銀行
・ジャパンネット銀行
・スルガ銀行
・セブン銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・近畿大阪銀行
・イオン銀行

このブログでは米国株投資を推奨しているので、住信SBIネット銀行の利用も推奨することになりますけどね。

つみたてNISAしかしないのであれば、ドルを購入する必要もないので開設するメリットもあまりありません。(多分)

同意する

個人情報と特定口座・NISA・住信SBIネット銀行などの記入が終われば、次の画面では難しそうな内容を読んで同意することを求められます。

大人ですからしっかりと内容を読んで、ちゃんと同意したうえでチェックを入れましょう。

僕はもちろん、流し読みです。

申込方法を選択

最後に、オンラインで申し込むか郵送で申し込むかを選択します。

手間を考えるとオンラインで済ます方が手っ取り早いです。

別にどちらでも良いんで、お好きな方を選んでください。

まとめ

せっかく投資に興味を持っても、口座開設でいきなりイミフな用語が出てきたら困りますね。

SBI証券の口座開設で「?」となるのは特定口座・NISA口座・住信SBIネット銀行あたりだと思います。

いずれもデフォルトでチェックが入っているままで良いと思いますし、特定口座の源泉徴収あり・なしやNISA・つみたてNISAの変更も後から可能です。

住信SBIネット銀行も開設するデメリットはとくにないですから、そのまま口座開設しても大丈夫です。

SBI証券で米国株を購入する方法や、住信SBIネット銀行でドルを購入する方法なども解説していますので、参考にしてください。

おしまい。

NISA・つみたてNISAに関してまとめています。

NISA・積立NISAで資産運用を始めよう
2014年に開始した少額投資非課税制度、通称NISA。その後、2018年には積立NISAなる制度が開始されました。 これは、政府がもっ...

米国株の購入方法です。

SBI証券で米国株を購入する方法を画像付きで解説
僕はSBI証券で口座を作って米国株投資をしています。 この記事ではこれから米国株投資をしようと考えている人へ、実際にSBI証券で米国株...

ドル転する方法です。

住信SBIネット銀行でドルを購入する方法を画像付きで解説
米国株投資をするにあたり、避けられないのがドル転への為替手数料です。 国内ETFを通して円で購入することもできますが、通貨の分散として...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする