【つみたてNISA】SBI証券でつみたてNISAをするメリットは?

2018年につみたてNISAが開始され、3ヶ月で約50万口座が新たに開設されたそうです。今ではさらに口座開設数は増加していることでしょう。

つみたてNISAは、長期分散投資で正しい資産運用を行うことが出来る制度です。さらに運用益に本来掛かる約20%の税金が非課税になり、資産運用の効率がさらに良くなるメリットも。

2014年に開始された通常のNISAとは、以下の違いがあります。

通常NISA

・投資期間…2014年~2023年
・非課税枠…年間120万円
・非課税期間…5年
・個別株やETFの買付が出来る

つみたてNISA

・投資期間…2018年~2037年
・非課税枠…年間40万円
・非課税期間…5年
・投資信託のみ買付が出来る

(つみたて)NISAに関しては、こちらで詳しく解説しています。

【資産運用】NISA・つみたてNISAとは~仕組みと違いを解説~
2014年に少額投資非課税制度(NISA)が開始され、2018年には新たにつみたてNISA...

このブログで推奨しているのは米国株や世界全体への分散投資で、それを行える証券会社の一つであるSBI証券でもつみたてNISAが利用出来ます。

スポンサーリンク

SBI証券でつみたてNISAをするメリット

SBI証券は、米国株取引の手数料は業界最安の水準で、取扱商品も豊富です。ただし、つみたてNISAに関しては購入手数料は無料なので、気にする必要はありません。

公式サイトでは、3つのメリットを紹介されています。

1. 豊富な商品ラインナップ
2. 毎日・毎週・毎月から選べる積立方法
3. カートつみたて機能

はっきり言いますが、これらのメリットはそれほど重要ではありません

商品(選択肢)が多いと、逆に選ぶのに悩んでしまうのが人の心理であり、投資をするうえで良いことなのかどうかは微妙なところです。(個人的見解)

積立の期間も、20年間の長期で考えれば毎日積立でも毎月積立でも大きな違いはないと思われます。カートつみたて機能は、つみたてNISA専用の設定画面で管理がしやすいとのことですが、メリットと呼べるほどのものではないでしょう。

つまり、SBI証券でつみたてNISAを行うメリットは、実質ほとんどないとも言えます。ただし、これは他社でも同様です。

楽天証券がポイント関連で一歩リードしている…というくらいなので、長期投資に適した商品を取り扱っている金融機関なら、どこを選んでも問題ないと言えるでしょう。

長期投資に適した商品

では、長期投資に適した商品とはどのようなものか。

つみたてNISAでは、個別株やETFではなく、投資信託で運用をすることになります。

投資信託は様々な個別株を集めた商品なので、それ自体に分散投資としての機能があるため、後は「何を対象としているか」と「信託報酬(経費)」がいくらなのかを見る必要があります。

長期投資では長期的に成長をする可能性が高い商品を選ぶことが重要で、それが実現する可能性が高いのは「米国」もしくは「世界全体」へ投資をすることです。その中でも信託報酬が安い商品が良いということになります。

ということで、それに該当するSBI証券でお勧めの商品を紹介します。

お勧めの商品

・SBI・全世界株式インデックス・ファンド(約0.15%)

・eMAXIS Slim 全世界株式(約0.15%)

・eMAXIS Slim 米国株式(約0.17%) 

・楽天・全世界株式インデックス・ファンド(約0.23%)

・楽天・全米株式インデックス・ファンド(約0.16%)

()は信託報酬(年率)です。

全て株式のみを対象とした商品ですが、20年間の長期で運用するならこれらの商品を選んでおけば、ほぼノーリスク(損をしない)と言えると思います。

もちろん、もう少し短期的な運用を考えているのであれば、債券などを組み込んだ方が短期的な値下がりは抑えれれる可能性が高いので、全員に適しているとは言えませんけどね。

まとめ

これらの商品を揃えている金融機関なら、どこで口座開設をしても同じリターンが得られます。後は独自のポイントによる違いだけなので、どこにしようか悩む必要はありません。

今回、なぜSBI証券のつみたてNISAを紹介したかと言うと、僕の知り合いがSBI証券でつみたてNISAを始めたので、購入方法などを画像付きで説明出来るからです。

【難解?!】SBI証券のつみたてNISAの購入方法
2018年から始まったつみたてNISA。 長期投資に適した商品が揃えられ、一度設定す...

既に投資経験のある僕でも、つみたてNISAの購入方法は正直よく分かりませんでした。どの画面からどこをクリックしていけば良いのか…などは、やってみないと分からないものです。

慣れれば簡単ですが、慣れる前に嫌気が差して止めてしまう…なんてことも十分に考えられるくらい初心者には未知の世界だと思います。せっかく始めようと思ったのに、それでは非常にもったいない。

そうならないためにも、このブログを通して少しでもお手伝いが出来れば幸いです。(天使)

おしまい。

米国株投資のメリット・デメリットを紹介。

【初心者にこそ最適】米国株投資のメリット・デメリット
これから株式投資を始めようとする投資初心者の方は、まず日本の株で取引をしようと考えると思い...

配当再投資戦略について。

【資産形成への第一歩】配当再投資のメリット・デメリット
このブログでは米国株投資を推奨しています。 その理由は、米国は先進国の中で唯一、今後...