SBI証券で積立NISAの受付開始。米国株に投資する商品も!!

日本人は投資に関する知識があまりないと言っていいでしょう。

そのため、政府は投資を通じて資産形成をしてもらうために、2018年から積立NISAの制度を開始しました。

スポンサーリンク

積立NISAとは?

積立NISAとは、毎年40万円を上限として最長20年間運用益が非課税になる制度です。

積立NISAより以前に、通常のNISA制度が2014年より開始されています。

主な違いは、既存のNISAでは上限額が120万円・非課税期間は5年となっていることです。

積立NISAでは、毎月定期的に投資信託を購入する積立方式となります。

購入できる投資信託は、金融庁が長期投資に適していると判断した商品に限定されており、初心者でも安心して運用ができる…と言われています。

実際は、適しているかどうか怪しいものもありますが。(個人的主観)

運用益が非課税になることが大きなメリットですが、非課税…?と言われてもピンと来ないかも知れませんね。

本来、投資で得た利益には約20%の税金が発生します。

(積立)NISAでは、この税金がかからない仕組みなので、利益が丸々手に入るということになります。

積立NISAは非課税期間が20年と長期にわたるため、非課税によって複利の力が効果的に働くようになります。

投資できるのが年間40万円までとなりますが、長期的な積立に複利の力が加わると、バカにできない効果を発揮します。

人類最大の発見?!複利の力
世の中のお金持ちがさらにお金持ちになり、一般人がどれだけ一生懸命働いてもお金持ちになれない理由をご存知ですか? それは、お金持ちは存分...

積立NISAは、まさに投資初心者にはもってこいの制度であり、少額からでも始めて徐々に投資の有効性を体感していけばいいと思います。

また、年金作りを目的としたiDeCoとは違い、(積立)NISAではいつでも現金化できます。

非課税の恩恵を最大限活かすには、途中で現金化することは避けたいですが、資金が縛られるわけではないので安心してください。

(時期によっては損失が出ている可能性もありますが…)

自分で書いていて思いますが、投資をしたことがない人にとっては全然意味が分からないでしょうね…

それでも、やるとやらないでは理解するスピードが全く違います。

習うより慣れろ、です。

少額の積み立てですから、生活が破綻するような損失を出すこともありません。

投資のメリットを理解するためにも、まずは触れてみることが大切です。

(積立)NISAに関する詳細はこちらにまとめています。

NISA・積立NISAで資産運用を始めよう
2014年に開始した少額投資非課税制度、通称NISA。その後、2018年には積立NISAなる制度が開始されました。 これは、政府がもっ...

SBI証券で購入できる米国株投信

僕はSBI証券を利用して投資を行っています。

SBI証券とはネット証券で、手数料関連は最安の水準、取り扱い商品も豊富な大手です。

他にはマネックス証券や楽天証券が肩を並べる存在でしょうか。

そしてこのブログでは、日本株ではなく米国株を推奨しています。

米国株だけで十分という考えもありますが、先進国・新興国をカバーする投資信託もリスク分散としては悪くないでしょう。

投資では最高のパフォーマンスを望むのではなく、最悪のパフォーマンスを避けることが重要だと僕は思っています。

SBI証券でも積立NISAの口座は開設できます。

取り扱い商品も豊富ですが、選択肢が多すぎると逆に選べないのが人の心理です。

そこで、米国株や先進国・新興国への投資が可能で、信託報酬(手数料)が安い水準の商品を挙げていきます。

()は信託報酬(年率)です。

・EXE-i つみたて新興国株式ファンド(0.1948%)

・EXE-i つみたて先進国株式ファンド(0.1155%)

・たわらノーロード先進国株式(0.216%)

たわらノーロード新興国株式(0.3672%)

・iFree 外国株式インデックス(0.2052%)

iFree S&P500インデックス(0.243%)

・iFree 新興国株式インデックス(0.3672%)

・ニッセイ外国株式インデックスファンド(0.20412%)

・ニッセイ新興国株式インデックスファンド(0.36612%)

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(0.2396%)

楽天・全米株式インデックス・ファンド(0.1696%)

これでも多いと感じますね。

この中から自分が選ぶとしたら…を赤文字にしています。

正直、僕はあまり投信に関しては詳しくないので、優れた投信を見極めるポイントとかあまり分からないですけどね。

まとめ

投資は自己責任となりますので、色んな人からの情報を収集したうえで行うことをお勧めします。

人によってメリット・デメリットの捉え方は違いますから、自分が納得できる考え方を持ちましょう。

それでも投資をする・しないでは、将来大きな格差が生まれる可能性があります。

自分の将来を豊かにするためにも、人生勉強が必要ですね。

おしまい。

米国株投資のメリット・デメリットを紹介。

投資初心者にこそ最適な米国株投資のメリット・デメリット
僕は現在、米国株への投資を行っています。 最初は米国株なんてイミフでしたので日本株から始めたわけですが、それから約1年後に米国株の魅力...

配当再投資戦略について。

配当再投資のメリット・デメリット
株式投資の魅力の一つに、企業から配当金を受け取れることが挙げられます。 また、配当を出さずに、企業がさらなる発展を遂げるための投資へ使...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする