【SBI証券】口座開設の方法を画像付きで解説

アイキャッチ株式投資

※重要なお知らせ

諸事情により画像データが消えてしまいました。読みづらいところがあるかと思いますが、現在復旧中ですのでご勘弁。

証券会社の口座開設は、聞きなれない単語が多く出てくるため、途中で嫌気がさして諦める方もいるかもしれません。でも、せっかく投資を始めようと思ったのに、それはもったいない!

そうならないために、ここではSBI証券の口座開設をスムーズにできるよう、画像を交えて申込方法を解説していきます。

スポンサーリンク

SBI証券の口座開設方法

まずはSBI証券のサイトに進み、口座開設の申込をクリックします。

SBI

続いてメールアドレスを入力し、届いた認証コードを入力して進みます。

SBI口座開設の手順2

個人情報の入力

続いて個人情報の入力をしていきますが、途中から聞きなれない単語が出てくる箇所があると思いますので、それぞれについて解説していきます。

口座種別の選択

口座種別の選択では、基本的におすすめとなっている「SBI証券に任せる」でかまいません。それぞれについて、簡単に補足しておきます。

SBI口座開設の手順3

「SBI証券に任せる」には「特定口座 源泉徴収あり」と書かれていますが、「自分で申告する」には「特定口座 源泉徴収なし」と書かれています。

「源泉徴収あり」では、売買の度に税金を証券会社が計算して自動的に徴収してくれるため、自身で確定申告をする必要がありません

損失が出たときに税金の還付も自動的に行われるため、こちらが税金に関して何かする必要がないので、基本的にはこちらを選んでおけば問題ないでしょう。

「源泉徴収なし」を選ぶと、売買の度に税金が引かれることはありません。

証券会社から「年間取引報告書」が送られてくるので、それを使って確定申告をします。自身で税金を納める必要があるので、少し面倒になるのがネックです。

しかし、給与所得者なら年間20万円以下であれば所得税を納める必要はないので、年間の利益が少ないのが事前に分かっていれば、税金を払わずに済むのでその分だけお得になります。ただ、住民税の申告は必要になるので、税金について理解している人以外は選ばないほうが無難です。

源泉徴収のあり・なしは、当年に一度も取引をしていない状態であれば変更することも可能なので、あまり難しく考える必要もないでしょう。

一方、「自分で計算・申告する」には「一般口座」と書かれていますが、これは一昔前の管理方法であり、取引・利益・損失いずれも自分で記録しておき、税の申告をする必要があります。

まぁ簡単に言うと面倒なだけなので、こちらを選ぶメリットはないでしょう。

NISA・つみたてNISA

特定口座の次に、つみたてNISAなどの口座開設をするかを選択します。

SBI口座開設の手順4

NIAS・つみたてNISAとは利益に対する税金が非課税になる制度で、その口座を申し込むかどうかの項目です。こちらは特定口座とは別の口座になります。詳細は省きますが、非課税になる(つみたて)NISAは資産形成に有利になります。

これから始める方には「つみたてNISA」がお勧めですが、つみたてNISAなら楽天証券のほうがメリットがあるので、SBI証券で開設する必要はないかな…と思います。

小さな文字で書かれていますが、(つみたて)NISAは一つの金融機関でしか開設できないため、どこで開設するかはよく考えておきましょう。当年に一度も取引していなければ、金融機関を変更することはできます。ただし、手数料もかかるので注意してください。

普段から楽天はほとんど利用しないのであれば、とくにメリットはなくなるのでSBI証券で開設してもいいかと思います。

iDeCoの資料請求

iDeCoとは、利益に対する税金が非課税になる「自分年金作りの制度」です。

SBI口座開設の手順5

iDeCoも非課税なので資産形成に有利ですが、60歳になるまで資金を引き出せないというルールがあります。引き出せないのはデメリットである反面、強制的に積み立てができるのがメリット。

資料請求だけでは加入になるわけではないので、とりあえず請求して制度の勉強をしてから考えてもいいし、加入するときに改めて資料請求してもいいかと思います。

住信SBIネット銀行

SBI証券と連携している住信SBIネット銀行では、資金移動がスムーズにできたり、ドルの為替手数料が圧倒的に安くなるなどのメリットがあります。

SBI口座開設の手順6

むやみに銀行口座を増やしたくないというなら強要はできませんが、他行への振込手数料が一定回数無料になるなど、普通に便利なので開設しておくことをお勧めします。

最後にTポイントが貯まるサービスを利用するかどうかを選択し、次へのステップに進みましょう。

規約の確認

続いて規約の確認ですが、「各種規約等を確認する」をクリックしないと下のチェックボックスにチェックできません。

SBI口座開設の手順7

小難しい内容ですが、良い子はしっかり目を通しておきましょう。僕はもちろん…流し読みです。

チェックして次に進むと、入力内容の確認画面に移るので、間違いがないか確認して進みます。

口座開設方法の選択・申込の完了

続いて、口座開設方法をネットで行うか郵送で行うかを選択します。

SBI口座開設の手順8

どちらでもいいですが、郵送だと本人確認書類の件でひと手間増えるため、ネットで行うほうが楽だと思います。次に進むと口座開設の完了画面に移り、ネットで開設するを選んだ場合は本人確認書類の提出を行います。

SBI口座開設の手順9

ここで「次へ」を押す前に、画面下部にある「ユーザーネーム」と「ログインパスワード」はメモしておきましょう。

次へを押すと、ユーザーネームとログインパスワードを入力し、本人確認書類の提出画面に移ります。

SBI口座開設の手順10

本人確認

本人確認書類は以下のうち、いずれかを用意してください。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳(写真付き)のコピー
  • 住民票の写し
    住民票の記載事項証明書
  • 各種年金手帳
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 在留カード
    特別永住者証明書
  • マイナンバーカード
  • 運転経歴証明書
  • パスポート

現在は口座開設にマイナンバーの提出が義務付けられているので、ここでさっさと提出しておくといいですね。もしマイナンバーカードを持っていないのであれば違う書類を提出し、後日マイナンバーカードを作成して提出すればオッケーです。

SBI口座開設の手順11

本人確認書類の提出をクリックすると、個人情報の確認画面に移るので、間違いがなければ次へ進みます。

提出書類・提出方法の選択

続いていくつかの項目を選択していきますが、いずれも左側を選んでおくのがスムーズに進む手順になります。

選択した後に次へをクリックし、指示に従って本人確認書類を提出してください。僕は既に口座開設が済んでいるため、これ以上の項目に進むことができず画像を用意することができませんでした。

まとめ

以上で口座開設の手続きは完了、数日後には取引を開始することができるでしょう。管理画面にログインして初期設定はできるので、取引ができるようになるまでに済ませておきましょう。

【SBI証券】初期設定の方法を解説
SBI証券の口座開設が終わっても書類が届くまで取引はできませんが、マイページにログインすることはできるので、書類が届くまでに初期設定を済ませておきましょう。ここではSBI証券の初期設定方法を解説していきます。初期設定の方法...

これで資産形成への第一歩を踏み出せたわけですが、このブログでお勧めしている「米国株への長期インデックス投資」は、実際にやってみると思っている以上に何もすることがないので拍子抜けするかもしれません。

だが、それがいい!

別の記事ではSBI証券で米国株を買う方法や、つみたてNISAの設定なども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【SBI証券】米国株の買い方を画像付きで解説
ここではSBI証券で米国株の個別株・ETFを買う方法を解説していきます。その前に、米国株を買うなら住信SBIネット銀行でドルに替えておくとお得なので、まだドルを用意していないのであれば、こちらを参考にドル転しておいてください。...
【SBI証券】つみたてNISAの買い方を画像付きで解説
初めてつみたてNISAで積立をしようと思っても、設定の仕方がわからない…と困ってはいませんか?とくに投資の経験がない人であれば、すべてが意味不明に感じるかもしれません。そんな方のために、ここではSBI証券でつみたてNISAを買う方法を紹介します。

コメント