【SBI証券】口座開設と初期設定の方法を画像付きで解説

アイキャッチ株式投資

証券会社の口座開設は、聞きなれない単語が出てくるため、途中で諦める方も出てくるだろう。でも、せっかく投資を始めようと思ったのにそれはもったいない!

そうならないために、ここではSBI証券の口座開設をスムーズにできるよう、画像を交えて申込方法を解説していこう。

スポンサーリンク

SBI証券の口座開設方法

まずはSBI証券のHPから口座開設の申込をクリックしよう。

その次に、本人確認書類についてどうするかを選択する。

SBI証券口座の開設2

本人確認書類の提出方法

本人確認書類は以下のうち、いずれかを用意しよう。

  • 運転免許証
  • 住民基本台帳(写真付き)のコピー
  • 住民票の写し
    住民票の記載事項証明書
  • 各種年金手帳
  • 各種健康保険証
  • 印鑑証明書
  • 在留カード
    特別永住者証明書
  • マイナンバーカード
  • 運転経歴証明書
  • パスポート

提出方法でもっとも手間が少ないのは、WEBアップロードだ。現在は口座開設にマイナンバーの提出が義務付けられているので、ここでさっさと提出しておこう。

もしマイナンバーカードを持っていないのであれば、違う書類を提出し、後日マイナンバーカードを作成して提出すればオッケーだ。

個人情報の入力

本人確認書類の提出の下部分には、個人情報を入力する項目がある。ここでつまづく人はさすがに…いないよね?

個人情報の入力欄の下には、問題となる謎の業界用語が出てくるので、解説していこう。

SBI証券口座の開設3

① 特定口座

特定口座の欄には、開設する(源泉徴収あり)・開設する(源泉徴収なし)・開設しないという項目がある。ここでは、源泉徴収あり・なしのどちらかを選ぼう。

源泉徴収ありでは、売買のたびに得られる税金を証券会社が計算し、自動的に徴収してくれるため、自身で確定申告をする必要がない。

損失が出たときに税金の還付も自動的に行われるため、こちらが税金に関してなにかする必要がないので、基本的にはこちらを選んでおけば問題ないだろう。

源泉徴収なしを選ぶと、売買のたびに税金が引かれることはない。証券会社から送られてくる年間取引報告書を元に、自身で確定申告をして税金を納める必要があるので、少し面倒になるのがネックだ。

しかし、給与所得者なら年間20万円以下であれば所得税を納める必要はないので、年間の利益が少ないのが事前に分かっていれば、税金を払わずに済むのでお得だ。

ただ、住民税の申告は必要になるので、税金について理解している人以外は選ばないほうが無難である。

源泉徴収のあり・なしは、当年に一度も取引をしていない状態であれば、変更することも可能となっている。

②NISA・つみたてNISA

NISA・つみたてNISAは利益に対する税金が非課税になる制度で、その口座を申し込むかどうかの問いである。

資産形成にはつみたてNISAがおすすめだが、つみたてNISAなら楽天証券のほうがメリットがあり、SBI証券で開設するメリットはあまりないと言っておこう。

初心者の資産形成にはつみたてNISAがおすすめである
将来のために資産形成がしたいと思っても、何をどうすればいいかわからない!とお悩みの方に、僕は初心者の資産形成にはつみたてNISAをおすすめします。ここでは初心者の資産形成につみたてNISAが最適な理由を解説していきます。

③ 住信SBIネット銀行

SBI証券と連携している住信SBIネット銀行では、資金移動がスムーズにできたり、ドルの為替手数料が圧倒的に安くなるなどのメリットがある。

むやみに銀行口座を増やしたくないというなら強要はできないが、他行への振込手数料が一定回数無料になるなど、普通に便利なので開設しておくことをおすすめする。

これらの入力が終われば、次のステップに進もう。

同意する

次の画面では、難しそうな内容を読んで同意することを求められる。

SBI証券口座の開設4

しっかり内容を読み、同意をしたうえでチェックを入れるようにしよう。もちろん僕は、流し読みだ。オイ!!

申込方法を選択

最後に、オンラインで申し込むか郵送で申し込むかを選択する。

SBI証券口座の開設5

手間を考えると、オンラインで済ます方が手っ取り早いが、別にどちらでもいいのでお好きなほうを選べばいい。

これで申し込みは完了だが、必要書類が届かないと取引は開始できない。

ただ、この時点でサイトにログインすることはできるので、書類が届くまでに初期設定を済ませておくといいだろう。

初期設定の方法

口座開設の申込が完了すれば、ログインするために必要な情報が表示される。

SBI証券の初期設定情報

一度ログインすれば情報は端末に保存できるが、念のためこれらの情報はどこかに控えておこう。

個人情報の登録

最初にメールアドレスや電話番号・職業・勤め先などを入力していく。ここは問題ないだろう。

世帯主の登録

続いて、世帯主に関する登録をする。こちらも問題ないだろう。

インサイダー登録について

次に、インサイダーに関する情報を登録します。ここは本人・世帯主が上場企業に勤めている場合、必ず登録しなければならない。

上場企業にお勤めで、それに関連する取引を行った場合はインサイダー取引、つまり犯罪だ。どなたも上場企業に勤めていなければ、何も入力しなくて大丈夫だ。

振込先金融機関の登録

SBI証券の口座から、出金する際に利用する金融機関を登録する。

なお、住信SBIIネット銀行を同時開設した場合、この時点ではまだ口座開設が完了していないため、住信SBIネット銀行を振込先として指定することはできない。

ただ、振込に必要な手数料はSBI証券が負担してくれるため、ここは住信SBIネット銀行以外の、普段使っている銀行口座を登録しておいても問題ない。

手数料プランの選択

次に、手数料プランの選択をするが、これは国内株の取引に関するプランだ。

つみたてNISAやiDeCo、米国(海外)株の取引しかしないのであれば、ここは関係ない。後から変更もできるので、とりあえずどれを選択しても大丈夫だ。

配当金受領方法

これはどのようにして企業からの配当金を受け取るかだが、基本的には「株式数比例配分方式」を選択しておけば問題ない。

それ以外を選択すると、NISAの配当金が非課税にならないという問題があるが、そもそもNISAを使わないのであれば関係ない話ではある。

が、ほかの受領方法を選ぶメリットもないので、株式数比例配分方式を選択しておくといいだろう。

投資に関する質問・アンケート

ここでは自身の投資に関する情報を入力する。この情報がどう利用されるのかはわからないが、しっかりと適当に入力しておこう。

次にアンケート画面だが、ここも適当に入力しておけばいい。適当でも怒られることはない…はず。怒られたらそのときはそのときだ。

確認・登録

最後にこれまでの入力内容を確認して問題がなければ登録し、初期設定は完了だ。

書類の受取と返送

口座開設の手続きから数日で、SBI証券から本人限定受取郵便が届くはずだ。

そこには口座開設完了通知書兼パスワード通知書告知書(兼NISA申込書)が入っているので、告知書の枠内に署名をし、届出印の捺印をしよう。

ほかには、本人確認書類の添付台紙住民票取得代行サービスの委任状が入っている。

運転免許証などのコピーを台紙に貼り付け、住民票の取得を代行してもらいたいなら委任状に必要事項を書き、これらをSBI証券に返送する。

書類がSBI証券に到着後、しばらくすると取引が開始できるようになる。

外国株式口座の開設

つみたてNISAやiDeCoしかやらないという方には関係ないが、米国企業の個別株やETFを直接購入するには、外国株式口座を開設する必要がある。

手続きは簡単で、ログイン画面の右側にある外国株式の「開設」から申し込むだけで完了だ。

外国株式取引の申込

※ 僕の画面ではすでに開設済みなので「取引」と表示されている。

まとめ

以上で口座開設・初期設定は終了。数日後には、取引が開始できるだろう。

資産形成への第一歩となるわけだが、実際にやってみると思っている以上に何もすることがないので拍子抜けするかもしれない。

だが、それがいい!

SBI証券で米国株を買う方法や、つみたてNISAの設定の仕方は別記事で紹介しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

コメント