【どっちが良い?】SBI証券のセレクトプランとオリジナルプランの違いは?

SBI証券のiDeCoには、オリジナルプランとセレクトプランの2種類があります。

従来はオリジナルプランだけでしたが、2019年からセレクトプランが追加され、運用できる商品が多様化されました。

しかし、選択肢が増えるのは一概に良いことかどうかは微妙で、投資初心者にはどちらのプランを選べば良いのかわからない方も多いでしょう。

結論を言えば、セレクトプランを選んでおけば間違いありません。

ここではオリジナルプランとセレクトプランの違いについてと、オリジナルプランからセレクトプランへ移行する際の注意点を解説していきます。

スポンサーリンク

オリジナルプランとセレクトプランの違い

オリジナルプランとセレクトプランは、運用できる商品が違うだけです

なぜ他社にはない2種類のプランがあるのか、推測でしかありませんが、iDeCoでは取扱商品数を35種類以内に収めなければならない決まりがあります。

SBI証券は本来、iDeCoの取扱商品の豊富さをウリにしていたため、35種類しか選べないなら、2つのプランを用意すれば良いじゃないか!

と考えたのではないでしょうか。プランを分けることで、最大70種類まで商品を増やすことができますからね。

とはいえ、初心者にとっては「選ばなかったほうが良いプランだったらどうしよう…」という不安を感じさせるだけにしか思えませんが。

ただ、セレクトプランは低コストと多様性にこだわって選定したと説明されているように、オリジナルプランより魅力的な商品が揃っているのは確かです。

セレクトプランのおすすめ商品

低コストと多様性にこだわられても、初心者にはどの商品が良いのかわかりませんよね。

基本的に、iDeCoは長期投資が前提となるので、長期投資に適した商品を選ぶことが重要になります。

ズバリ、長期投資に適した商品とは、米国株式や全世界株式です。それらに投資ができるのが、以下の商品です。

  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • SBI・全世界株式インデックス・ファンド

とくにおすすめなのが、S&P500に投資ができる商品です。

S&P500とは、米国の優良企業500社を対象とした指数で、これだけで米国の主要な大企業をほとんどカバーできます。

オリジナルプランではNYダウしか米国株式がなかったため、S&P500への投資ができるセレクトプランは魅力的です。

まぁ、実際はNYダウでも問題ないとは思いますけどね。

米国株投資が優れている理由については、こちらの記事をご覧ください。

米国株投資のメリット・デメリット

米国だけの集中投資は不安だと思う場合は、投資の対象を世界全体まで拡げる商品で運用するのが良いと思います。

eMAXIS Slim 全世界株式とSBI・全世界株式インデックス・ファンドの違いは、前者が投資先に日本を含めないのに対し、後者は日本も含みます。

正直、どちらが良いかは誰にもわからない…といったところでしょう。

個人的には、少子高齢化が進む日本への長期投資には、あまりメリットはないのではと思います。

なので、僕が選ぶならeMAXIS Slimのほうですかね。(iDeCoでは米国株式だけにしか投資していません)

オリジナルプランからの変更注意点

すでにオリジナルプランで運用している方でも、申請をすればセレクトプランへの変更はできます。

プランの変更は無料でできますが、いくつか注意点があるので紹介します。

  • 現在の資産を全売却し、現金化しなければならない
  • 資産の移換に2~3ヶ月かかる
  • その間、新たな拠出はできない

とくに気にする内容はありませんが、タイミングによっては含み損がある状態で現金化しなければならない可能性もあります。

移換が完了するまでの数ヶ月は拠出ができないことについては、長い目でみればそれほど影響はないでしょう。

僕は11月に移換手続きをして、手続きがすべて完了したのは2月の下旬でした。

他の金融機関への移換は?

SBI証券から他の金融機関へ移換することもできますが、その際は4,320円の手数料が必要になります。

わざわざ手数料を払ってまで移換する意味はあまり感じられませんね。

逆に、現在利用している金融機関がイマイチだと思う場合は、手数料を払ってでも移換するほうが良いでしょう。

移換先はSBI証券・マネックス証券・楽天証券のいずれかを選んでおけば問題ありません。

iDeCoでおすすめの金融機関と商品

まとめ

SBI証券でiDeCoを始めるなら、セレクトプランを選んでおきましょう。

iDeCoを始めるまでの方法は、こちらの記事で解説しています。

iDeCoの始め方

また、iDeCoは運用できる期間に限りがあるため、加入後は出口戦略についても考える必要があります。

iDeCoの加入後には出口戦略を考えよう

米国株への長期投資は思っている以上に簡単で手間もかかりません。将来のために何かしなければと思うなら、ぜひ始めていただきたいと思います。

おしまい。


iDeCoの資料請求(SBI証券)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする