【SBI証券】つみたてNISAの買い方を画像付きで解説

アイキャッチ株式投資

つみたてNISAは楽天証券を利用するのがもっともお得だが、SBI証券を利用したいという方もいるだろう。だったら止めはせぬ。

ただ、つみたてNISAはその設定方法が投資経験者でも分かりづらく、ましてや初心者には難攻不落に思えるかもしれない。

ということで、ここではSBI証券でつみたてNISAを買う方法を解説していこう。

スポンサーリンク

SBI証券のつみたてNISAの買い方

まずはSBI証券にログインし、上段にある投信を選択する。

SBI証券つみたてNISA買い方1

次に、左側にあるつみたてNISAを選択。

SBI証券つみたてNISA買い方2

商品を絞り込む

続いて、商品を検索していく。商品名で直接検索してもいいが、ここでは詳細な条件で絞り込むで検索してみよう。

SBI証券つみたてNISA買い方3

僕がおすすめしている商品の絞り込み条件は、以下の通りだ。

  • ファンド分類…国際株式
  • 投資地域…グローバル、北米、エマージング
  • 買付手数料…無料
  • 信託報酬…0.54%以下
SBI証券つみたてNISA買い方4

これで対象が35件に絞られた。(よく見たら国際株式だけで35件に絞られてるねテヘペロ)

商品を選択して買付を行う

絞り込みに該当する商品が表示されるので、ここでは三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を選択してみよう。これがイチ押しの商品だ。

SBI証券つみたてNISA買い方5

なお、僕は楽天証券でつみたてNISAを開設しているため、ここから先の操作ができない。よって、以降はSBI証券のサイトから画像を拝借して紹介していく。

まず、商品を選んで表示される画面で、つみたてNISA買付を選択する。

SBI証券つみたてNISA買い方6

商品の詳細設定を行う

すると、画面下部に選択した商品が追加され、設定を行うことができる。いくつかの商品を組み合わせたい場合は、同様にして商品を追加していこう。

SBI証券つみたてNISA買い方7

各商品の設定をしていくが、「コース」は積み立てる間隔を毎日・毎週・毎月のいずれで選択する。どの期間がいいかという問いに対しては、どれでもいいと言っておこう。

SBI証券つみたてNISA買い方8

「設定金額・比率」では、各商品の資金配分を設定する。なお、この項目は金額入力・比率入力のどちらを選択しているかによって、入力できる箇所が変わる。

SBI証券つみたてNISA買い方9

この画面で「金額入力」を選択すれば商品ごとに金額を、「比率入力」を選択すれば商品ごとの比率で設定するようになる。

言葉では意味不明だが、実際に画面で操作すればすぐに分かるだろう。僕も友人の設定を手伝っているときに確認したが、カンタンなことだった。ただ…言葉にするのって難しいんだよ。

「ボーナス設定」は、ボーナスがある月に多めに積立をするかどうかだが、判断は各自にお任せする。個人的にはボーナスをあてにした生活設計はおすすめしないが。

「NISA枠ぎりぎり注文設定」を設定しておくと、非課税枠が残り少ないときでも残りの枠を使いきれるように注文をしてくれる。

非課税枠を使いきる金額(年間40万円)を投資できる人は、設定しておくといいだろう。非課税枠を使いきれない人は、気にしなくても大丈夫だ。

目論見書の確認

最後に目論見書の確認をして、注文は完了である。おめでとう、これであなたもつみたてNISAマスターだ!

SBI証券つみたてNISA買い方10

ちなみに、目論見書とは取扱説明書のようなものと考えておけば問題ない。その商品がどのような対象に投資をし、投資している企業の詳細や各種手数料なども確認することができる。

見方がわかるようになれば、新しい商品が出てきたときでもどんな商品かを理解することができる。気が向いたら目を通しておくようにしよう。

保有商品の損益を確認する

実際に投資をすると、損益の状況が気になるだろう。何を隠そう、僕も投資を始めたばかりの頃は値動きが気になり、毎日どうなっているのかチェックしていた。今でも毎日チェックはしてますけどな。

ただ、つみたてNISAは長期投資が前提なので、あまり短期的な値動きを気にしても意味がない。それでも株式はどのような値動きをするのかを知ることは勉強になるので、とりあえず初期の頃は毎日チェックすることをおすすめする。

SBI証券でつみたてNISAの保有している商品を確認するには、マイページにログインして「口座管理」→「口座(NISA)」と進めば確認可能だ。

SBI証券でNISAの確認

長期投資の心得

ここでつみたてNISAを始めたあなたに伝えておきたいことがある。

先ほども申したが、つみたてNISAは非課税枠が20年の長期投資を前提とした制度だ。長期投資では、いずれ株価が大きく下がる時期を経験する可能性が高い。というか、まず間違いなく経験することになるだろう。

しかし、株価が下がって含み損(売却すると損をする状態)が増えていく状況でも、絶対にそこで積立を中止したり、解約したりしないようにしてください

含み損の状態では、損失が確定している訳ではない。含み損の状態で解約(売却)したときに、初めて損失が確定するのだ。

米国株はこれまで長期的に右肩上がりに成長を続けてきた。それは今後も変わらないと思うからこそ、僕は米国株のインデックス投資をしているし、周囲にもすすめている。

そんな米国株へ運用をしていれば、いずれ株価は回復して含み損は解消し、含み益へと転じていくだろう。それが米国株の歴史でもあるのだ。

株価が安くなったときに積立を続けていれば、その恩恵は株価が回復していったときに発揮されることになる。しかし、暴落に脅えて積立を継続できなかった場合は、資産形成が難しくなることを忘れないようにしていただきたい。

まとめ

つみたてNISAは、一度設定すればあとは商品の変更や金額の変更をしない限り何もすることはない。最初にまともな商品を選んでおけば、それだけで資産形成は成功したも同然だ。

どういった商品がいいのかは、こちらの記事で解説している。

【投資信託】積立におすすめの商品を厳選!これを買っときゃ間違いなし!
投資信託は少額から幅広い分散投資ができる、投資初心者にもおすすめの金融商品です。しかし、投資信託の数はあまりにも多く、某大手ネット証券で取り扱っているだけでも、2000を超える商品が存在します。世の中には悪い大人たちも多く、中には...

積立の間隔がどれでもいいのは、タイミングを考えることに意味がないからである。

米国株は買うタイミングを考える必要はない!
株を買うタイミングなんて考える必要がないと言われたらどう思いますか?株は安く買って高く売らないと儲からないと思われがちですが、米国株への長期投資ならそんなことを考える必要がありません。ここではその理由を解説していきます。

コメント