洗濯は手洗い!脱水も手絞り!だがそれでいい!

アイキャッチ日々の生活

自分の生活に広い部屋は必要ないことから、狭くても家賃が安い物件へ引越をして約2週間。今の生活スタイルが徐々に出来上がってきました。

この生活を始めるにあたり、当初はドラム式洗濯機を購入して乾燥まで文明の力に頼ろうとしていましたが、設置場所の関係であえなく断念。なんだかんだで洗濯機は置かず、近くのコインランドリーで洗濯は済ましていました。

ただ、実際コインランドリーを使うとなると、意外と先客がいたりしてタイミングが合わないこともあるんですよね。(一番小さい洗濯機が1台しかない)

乾燥機(10分100円)も10分だけだと半渇き状態なので、結局帰ってから干すか、もう10分乾燥させなければなりませんでした。

洗濯機が1回300円、乾燥機で200円となると、1回あたり500円必要になります。そうなると週一回(月4回)で月2000円、年間24000円と考えると、ちょっとコスパ的にどうなのか?

で、出した結論が「洗濯は毎日風呂のときに手洗いで済ます」です。よくよく考えれば、1日に出る洗濯物はシャツ・パンツ・靴下・タオルくらい。バスタオルは脱水に困るので、手洗いだとフェイスタオルが良いですね。

これくらいなら、溜め込まずに洗えば余裕っしょ!ということで、早速ネットで先人の知恵をお借りし、効率良く手洗い洗濯が出来る方法を探しました。

スポンサーリンク

手洗い洗濯に必要な道具

僕が用意したのは以下の3つ。

  • 折りたたみバケツ
  • 野菜スピナー
  • 液体石鹸
  • 柔軟剤

バケツは浴槽にお湯を溜めても良いんですが、洗濯物は少ないので浴槽だと広すぎる。あと位置的に洗いづらいので、バケツに入れて洗います。

折りたたみにしたのは、使わないときはたたんでコンパクトに収まるからという理由です。使い終わったら逆さ向けにして水気を切るようにしていると、結局次に使うまでそのままなので意味なかったかも…

お風呂(シャワー)の際にこのバケツにお湯を張り、液体石鹸を入れて洗濯物をしばらく漬け置き。

シャワー後に適当に揉み洗いをして、3回ほどお湯を変えてすすぎます。そして最後にお湯を張って柔軟剤を投入。漬けてる間に歯磨きを済ませます。

最後にお湯を捨て(すすぎは不要)、一番面倒な脱水作業に入ります。

手洗いで一番困るのが脱水ですね。ぎゅうぎゅうに絞るのも良くなさそうですし、そもそも手が痛い。そこで登場するのが野菜スピナー(水切り)です。

100均でも売っていますが(2~300円しますが)、ちょっとサイズが小さいんですよね。僕が買ったのはパール金属の野菜スピナーで、直径26.5㎝のもの。

これくらいだと1発で1日分の洗濯物は脱水にかけられます。キッチン用のタオルも洗うときは2回に分けないとちょっと厳しいかな。

ちなみに、Amazonで送料が掛からない人なら、Amazonで探すほうが安い可能性が高いです。なぜかAmazonだと商品ページへ飛ばせなかったので、自力で探してください。

追記

その後、野菜スピナーをガンガン床に落としているうちに色んな部分が壊れてしまいました。使おうと思えば使えるけど、手絞りでやってみたら案外大丈夫だったので、今は手絞りにしています。

手洗いでシャツが伸びる?!

量が少ないことから、手洗いすることは大した労力ではありません。

ただ、脱水が洗濯機ほど出来ないので水分が残って重みがあるためか、Tシャツの丈がすごい伸びてしまった気がします。

これ一枚だと違いが分かりにくいですが、こんなに丈長かったか?と思うような状態になっています。これはユニクロのヒートテックですが、同じヒートテックの長袖と並べてみたところ…

あら、あんまり変わらない?それとも長袖も伸びているだけなのか?(長袖はまだ手洗いで洗濯してない)

もう一枚、違うメーカーですが同じLサイズの服と並べてみます。

hide
ある意味ロンTッ!

やっぱり丈が伸びたのは気のせいではなく、手洗い(というより脱水と干し方?)が原因ではありそう。ちなみに、もう一枚ユニクロのエアリズムも丈が伸びています…

でも手洗いしている人のブログを見ても、このように丈が伸びたなんて言っている人がいないんですよね。ネットで調べても、いまいち情報が掴めません。

とりあえず、シャツはハンガー2つを使ってなるべく重力で伸ばされないようには注意しておきます。

干し方

手洗いに適したシャツとタオル

手洗い生活を始めて早半年ほど。もはや手慣れたもんですが、4月になってシャツを新たに新調し、タオルも絞りやすくて使い勝手の良さそうなものを調達しました。

シャツはユニクロの速乾Tシャツ、タオルはダイソーの無撚糸タオルがおすすめです!

速乾Tシャツ
画像クリックでユニクロのオンラインショップへ飛びます
無撚糸タオル

シャツは極薄ってわけじゃないので最初は絞るのが大変と感じるかもしれませんが、慣れれば余裕。んで、すぐに乾きます。

無撚糸タオルは100均だけに安っぽく極薄ですが、体を拭く分には問題なく、何より絞るのがちょー楽。髪が長い人は髪と体用で2枚必要になると思いますが、それでもバスタオルより遥かにスペース要らずです。

いや~、それにしても不便だ。

hide
だが、それがいい!

コメント