【縛る?縛らない?】縛りなしWi-Fiはお得なのか?!

持ち運びができて月の制限なくデータ通信が行えるWiMAXですが、一番のネックは基本的に3年縛りということです。ある程度の期間を契約してもらわないと利益にならないとはいえ、さすがに3年も縛るのはちょっとやりすぎですよね。

しかし、契約期間の縛りがない「縛りなしWi-Fi」というサービスがあります。縛りなしWi-Fiはいつでも解約ができるうえ月額料金も安い…そんな契約者に都合の良い話だと、何か裏があるのではと疑ってしまいますね。

縛りなしWi-Fiについては調べたことがなかったので、これを機に調査してみました。結論としては、縛りなしWi-Fiはぶっちゃけ微妙…という感じでした。

スポンサーリンク

縛りなしWi-Fiとは

縛りなしWi-Fiとは、その名の通り契約期間の縛りなく持ち運べるWi-Fi機器の契約ができるところです。通常、WiMAXの契約では端末を購入することになりますが、縛りなしWi-Fiは端末をレンタルする形になります。

縛りなしWi-Fiで取り扱っている端末は「WiMAX」と「softbank」となっており、前者はUQコミュニケーションズ、後者はワイモバイルが提供しているサービスです。

UQコミュニケーションズが提供しているものを「WiMAX」、ワイモバイルが提供しているものは「ポケットWi-Fi」と呼ばれます。つまり、縛りなしWi-FiではWiMAX・ポケットWi-Fiのどちらも扱っているわけですね。

それぞれ最大通信速度や対応エリアに違いがあり、速度は気にするほどの違いはないと思いますが、対応エリアは事前にチェックしておきましょう。

縛りなしWi-Fiの注意点

縛りなしWi-Fiでは、端末をレンタルする形になるため契約期間の縛りがありません。

しかし、レンタルが故に故障・紛失時には39,800円とSIMカードの再発行が必要な場合は+3,000円の補償金が発生します。月額500円で補償金が10,000円に軽減できるオプションもあります。

また、利用できる端末はこちらが指定することができず、どんな端末が来るのかは届いてからでないと分かりません。さすがに性能が悪すぎるような端末が送られることはないと思いますが…調べる限りでは、ポケットWi-Fiが送られてくることが多いようです

基本的にはデータ無制限で使い放題ですが、1日で2GBを超えると速度制限がされるので、使いすぎには注意が必要ですね。

WiMAXは電波が弱い?

WiMAXはスマホとは違う独自の回線を使用しますが、その特徴として速度は速いけど屋内や障害物のあるところでは電波が届きにくいとされています。

僕が以前使っていたときは、自宅でも普通に繋がっていたし、地下以外では気になることもありませんでしたが、場所によっては屋内だとやはり弱いという声が多いですね。

一方、縛りなしWi-Fiで送られてくるsoftbankの端末は、softbankの回線を利用しているため、スマホと同じように電波の届く範囲はWiMAXより優れているようです。

WiMAXでもauのLTE回線が利用できるモードに切り替えると解決する問題ですが、LTE回線は月のデータ使用量の上限が7GBとなっており、それを超えた場合は通常の制限なしプランでも速度制限がされるデメリットもあります。

なので、たまにしかLTEモードを使わないなら問題ありませんが、7GBを超えるほど使う必要性がある地域ならWiMAXは不向きと言えますね。

で、縛りなしWi-Fiって結局どうなん?

縛りなしWi-Fiのメリット・デメリットを簡単にまとめたうえで、結局お得なのかどうなのか…について追及していきます。

縛りなしWi-Fi
メリット・月額料金が安い
・契約期間の縛りがない
・softbank端末は繋がりやすい
デメリット・端末が選べない
・端末はレンタルなので故障、紛失時に補償金が発生する
・1日2GBを超えると速度制限される

まず、月額料金ですが、縛りなしWi-Fiは月額3,300円となっています。しかし、端末の故障・紛失時の補償金を支払う羽目になると最悪ですね。その対策として月額500円のオプションに加入すると月額3,800円となるので、金額的なお得感はほとんどありません。

WiMAXの契約ができるプロバイダーと比べてみましょう。GMOとくとくBBは高額キャッシュバックがありますが、ここではキャッシュバックなしで月額料金が安くなるプランの料金を記載しています。

プロバイダー開始月1~2
ヶ月目
3~24
ヶ月目
25~36
ヶ月目
GMOとくとくBB0円2,170円3,480円3,480円
Broad WiMAX日割り2,726円3,411円4,011円
どんなときもWi-Fi日割り3,480円3,480円3,980円
カシモ WiMAX0円1,380円
(1ヶ月目)
3,580円
(2~24ヶ月目)
4,079円
プロバイダー3年間合計月額平均
GMOとくとくBB122,660円3,407円
Broad WiMAX128,626円3,572円
どんなときもWi-Fi83,520円3,480円
カシモ WiMAX132,668円3,685円

※ 変更されている場合があるので、最新情報もチェックしてください

これらのプロバイダーでは端末は購入(無料)することになるので、故障しても弁償する必要はなく、基本的に1年のメーカー保証が付いています。保証期間を過ぎての故障の修理は有償ですが、5,000円~端末交換でも最大20,000円ほどで収まるようです。

現在は3年契約が主になっているので、3年目にどれだけ端末が正常に動作するかは使ってみないと分かりませんが、端末をメルカリなどで安く仕入れてSIMカードを差しかえる等の対応もできますね。

これらを踏まえると、縛りなしWi-Fiのメリットは「縛りがない」という1点だけになると言えます。僕はスマホもWiMAXも故障・紛失したことはないので、そうそう起こり得ることではないと思いますが、縛りなしWi-Fiで常に故障・紛失のリスクを抱えるのもちょっとしたリスクですよね。

使い続けるならWiMAXか

GMOとくとくBBやBroad WiMAXは、縛りなしWi-Fiと比べても月額料金はそれほど高くありません。むしろ、縛りなしWi-Fiで保証オプションに加入するなら、先ほど挙げたどのプロバイダーでも3年間の月額平均は安くなります。

そのため、電波が届く地域でしばらくはWiMAXを継続して使い続けることになりそうな場合は、3年縛りを覚悟のうえで契約する方が良いでしょう。3年も使うか分からない、お試し感覚で使ってみたい場合は、縛りなしWi-Fiが適していますね。

何度も言いますが、縛りなしWi-Fiは端末レンタルなので、故障・紛失には細心の注意を払いましょう。一つだけ言えるのは、がさつな僕には縛りなしWi-Fiは向いていないことは間違いありません(*_*)

縛りなしWiFiの公式サイトへ


Broad WiMAXについて解説しています。

Broad WiMAXの評判は?元利用者がその実態を語る
Broad WiMAXは月額料金の安さが売りですが、ネット上ではあまり良くない評判があっ...

シェアする

フォローする