短期投資と長期投資~初心者は長期投資で資産形成を~

一般的な株式投資のイメージは、おそらく幾つものパソコン画面に映るチャートを見ながらカチカチと取引をしているものではないでしょうか?

実際、僕の周りでもそのようなイメージを持っている人ばかりです。

しかし、そのようなものは株式投資とは言うものの、実は投資とは呼べないものなんです。

スポンサーリンク

株式投資とは?

パソコン画面を見ながら頻繁に取引をする手法は、投資ではなく投機と呼ぶ方が正しいです。

投機では上手くいけば大金が手に入る一方、しくじれば大きな損失を出します。

このような投機で大儲け・大損した人たちばかりをメディアで取り上げるのは、インパクトがあり視聴率や売上が見込めるから。

そんな話題ばかり目にするために、日本人が株式投資は危ないものだと勘違いするのも無理はありません。

そのため、安全志向の日本人は投資に触れることなく生活している人がほとんどです。

では、本来の投資とはどのようなものなのか。それを理解するためには、株式投資には大きく分けて短期投資長期投資があることを知る必要があります。

投資ってなんだか難しそう…と思われるかも知れませんが、そんなことはありません。

中学時代、授業中寝てばかりいた僕でも分かるくらい、とても簡単なものなんです。

短期投資

短期投資とは、多くの人が考えている投資の手法です。

株価が安いときに株を購入し、高くなったら売る…という方法ですね。

個人的には投資ではなく投機と考えますが、投機とは分かりやすく言えばギャンブルです。

短期投資を含むギャンブルでは、儲かった人がいる一方で同じだけ損をする人がいます。

誰かが儲けた1万円は、そこに参加している誰かの1万円の損失を得たに過ぎません。

これは人数ではなく金額ベースでの話で、実際に儲かるのは少人数であり、大多数の人は損をしているのが投機の世界です。

このようなお金の動きがトータルで±ゼロになるものを、ゼロサムゲームと言います。

短期投資やFXなどは基本的にこのような仕組みとなっているので、参加者全員が利益を上げることは不可能ということです。

一時期流行した仮想通貨、あれもゼロサムゲームです。

「みんなが幸せになって欲しい」とキレイごとを言って仮想通貨を勧める人がいましたが、仕組み的にそれは不可能なんですね。

本人がそれを理解して言っているのかどうかは分かりませんが、大半は自分が利益を出すために他人を巻き込もうとしている輩が多かった可能性は高いでしょう。

このような短期投資では、短期間でお金持ちになれる可能性がある一方で、大損するリスクも抱えることになります。

仮想通貨に興味があった人ならば、すぐにイメージができるのではないでしょうか。そして、大多数の人はお金持ちにはなれず、(大)損する側になるのが短期投資です。

投資のイメージが良くないのは、損をする人が多く、それも大きな損を抱える人が取り上げられるからでしょう。

それでも研究を重ねれば勝てる、と考える人もいます。実際に、一部の人は短期投資で儲けているのも事実です。

その際、短期投資の取引で活用するのが株価のチャートです。

そのチャートの動きから、今後株価がどう動くかを予測するテクニカル分析と呼ばれる手法で、銘柄を選別することになります。

果たして、研究を重ねれば株価がどう動くかを予測することができ、安定して利益を上げることはできるのでしょうか?

プロがサルに負ける?!

残念ながら、投資のプロと呼ばれる機関投資家であっても、安定して利益を上げることは不可能なことが分かっています。

プロの投資家が選んだ5銘柄と、サルがダーツを投げて無作為に選んだ5銘柄のパフォーマンスを比べたとき、サルの選んだ銘柄の方が良い結果になった…という有名な話があります。

このことから言えるのは、例えどれだけ相場に詳しくなった人でも、短期的に利益を上げられるかどうかは運に左右されるということです。

勝てない理由

テクニカル分析を駆使しても、永続的に利益を上げ続けることは難しいです。

なぜなら、テクニカル分析はその理論がなぜ勝てるのかという根拠に欠けるものだからです。

ギャンブルでも、勝てる方法は存在しています。

しかし、勝つためにはその根拠が明確でなければなりません

例えば、スロットはギャンブルのなかでも最も勝ちやすいものです。

その理由は、スロットは抽選の確率が完全に決められているので、2,000円分のメダルが出る大当たりを、1,000円で引ける仕組みが明確に存在しているからです。

それを理解して立ち回れば、短期的には負けることはあっても、長期的にはほぼ間違いなく勝てるのがスロットということです。

一方、テクニカル分析にはそのような仕組みはありません

テクニカル分析の多くは過去のチャートの形から、今回株価がどのように動くかを予測するようなものなので、明確な根拠に乏しいのです。

個人的にテクニカル分析は、ただのオカルトのようなものだと思っています。

これから投資を始めようとする初心者が、頑張って難しい用語を覚えてもそれが役に立つかどうか…僕には役に立つとは思えません。

スロットも適当に打ったところで、たまには勝てることもあります。

それは確率の偏りでたまたま都合良いことが重なっただけで、その後も同じように打てば確率は収束していき間違いなく負けるようになります。

たまに勝てても、トータルの収支では負けているでしょう?

同じように、テクニカル分析でも儲かるときはあるでしょう。

適当に選んだ銘柄でも、購入後に株価が上がることは多々あります。だって、株価は上がるか下がるのか2択なんですから。

しかし、その値上がりに根拠のあるものがなければ、その儲けはたまたまによるところが大きく、その後も儲け続けることは不可能です。

たまたま勝てたことで自分の分析能力の才能に溺れると、ほぼ間違いなく後悔しますので気を付けてください。

長期投資

長期投資では、短期投資のように頻繁に売買することはありません。

買い増しすることはあっても、基本的に売却するのは数年~数十年後、もしくは相続させて永続的に保有し続けるものです。

本来、株式投資とは企業の成長に期待して出資し、企業はその成長に応じた利益を株主に還元する両者がWin-Winな関係になるものです。

つまり、株式投資とは長期投資のことを指すと言えますね。

長期投資で利益を上げるには、今後成長していく企業を見付けなくてはなりません。

資料などから企業の業績を分析する方法を、ァンダメンタルズ分析と言います。

投資の本を読んだことがある方なら聞いたことがあると思いますが、ファンダメンタルズ分析ではPERやPBRなどの指標を用いて、現在割安である企業を探します。

詳細は省きますが、正直この方法は難しいです。

様々な指標を理解するのも一苦労ですし、数値的に割安感があっても、その事業に将来性があるのかどうかまで考えると、僕には到底無理だと思いました。

ただ、テクニカル分析よりは業績関連の裏付けがある分、良い結果に繋がりやすい手法だとは思います。

短期投資はギャンブルで、長期投資は分析が難しいなら、投資初心者はどうすればいいのでしょうか?

安心してください。

最初に投資は難しいものではないと言った通り、ギャンブルでもなく、小難しい企業分析などすることなく投資は出来ます。

その方法は、インデックス投資を呼ばれる投資を行うだけです。

まとめ

短期投資と長期投資では、その性質は大きく異なります。

個人的には短期投資は人に勧めませんが、我こそは相場の神なり、と思う人は好きにすればいいでしょう。投資は自己責任ですから。

長期投資が本来の株式投資であり、僕たちは長期投資によって資産形成をすることが可能になります。

その長期投資で初心者が行うべき投資はインデックス投資と呼ばれる投資法で、経済に興味がなくても誰にでも出来る簡単な投資です。

インデックス投資に関してはこちらの記事でまとめましたので、これから投資を始めてみたいと思う方は是非ご覧下さい。

初心者が行うべきインデックス投資とは?
短期投資と長期投資に関する記事で、初心者が行うべき最適の投資法はインデックス投資だとお伝えしました。 ここではインデックス投資...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする