AMZN○子の謎…を書いていたら活動休止宣言

5月から米国株ブログに登場したAMZN○子さん。

彼女(彼?)は一体何者なのでしょうか。

個人的な嫌がらせでもされたのかと思うくらい、バフェット○郎氏を目の敵にしていましたが、そんなAMZN○子さんについて記事を書いていた矢先、活動休止宣言がなされました。

スポンサーリンク

AMZN○子は何者?

5月3日に投稿がされてから、あっという間に米国株カテゴリーの上位にのし上がったAMZN○子さん。5月16日には、INポイントで3~4位まで上昇しています。

正直、異常としか思えません。

あのシステムで、ぽっと出のブログがそんなにバナー押してもらえるのかと。

米国株ブログに登録している人に限らずですが、あのブログを見て真っ当な人がやっていると本気で考えている人はどれくらいいるのでしょうか。

僕にはどう考えてもネタ的なものにしか見えないです。

みんなそう思ってて話に乗っかっているんでしょうか?それともガチ?

一時期、プロレスごっこのようなブログが現れては消えて、また現れて…ということがありましたよね。今回もそれと同じニオイしかしません。

ブログは人それぞれ書きたいことを書けばいいとは思いますが、正直僕はこのようなブログは嫌いです。

僕がバフェット○郎氏に影響を受けたから言っているわけではないです。

AMZN○子さんはバフェット○郎氏の投資手法やブログ運営を全面的に否定していますが、AMZN○子さんがAMZNをあそこまでゴリ押しするのも見ていて違和感があります。

じゃあ見るなよって話ですが、正直ほとんど見ていません。

むしろ、AMZN○子さんがAMZNを推す理由が薄っぺらすぎて本気で言っているのか疑いたくなります。

高配当銘柄に投資をしている人たちは、基本的にシーゲル教授の書籍でグロース株の過去がどうだったかというのを理解しています。

だからと言ってAMZNが成長の罠に陥るのか、未来のことは分かりません。分かりませんが、その危険性は多少なりともあることは間違いありません。

そのような銘柄に集中投資して、直近のパフォーマンスだけを比べて一方を全否定する姿勢は滑稽にすら映ります。

別にAMZNに集中投資をするのは勝手ですから好きにすればいいと思います。でも、直近のパフォーマンスであたかもこれが絶対解かのようにアピールするのはどうなんでしょうね。

個人的には、投資は最高の結果を目指すよりも最悪の結果を避けることが重要だと考えていますので、とてもじゃないけど、投資初心者におススメできるブログではないです。

で、全て憶測で書いていますが、AMZN花子さん(あ、名前書いちゃった)が本当に真っ当な人物で、ただアフィリエイターが嫌いでバフェット太郎氏(あ、名前書いちゃった)が嫌いなだけなら申し訳ないですが、もしこれまでのようなプロレスごっこをしにきた人物なら…

真面目にやっているブロガーの邪魔でしかないと思うので、いい加減にしてもらいたいと思います。ハッキリ言って面白くないです。

まぁブログ村自体やりたい放題みたいなところがあるので、どのカテゴリーでも似たような問題がありますから仕方ないでしょうかね。

僕は競馬ブログも作っているのですが、競馬カテゴリーなんてそりゃもう…目も当てられないくらい酷いもんです。

まとめ

AMZN花子さんは僅か2週間ほどでINポイントが米国株ブログで3~4位になっています。

本当に応援している人がバナーを押しているのでしょうか?

僕はブログ村に登録はしていますが、ランキングバナーは貼っていません。ランキングはどうでもいいですし。

米国株ブログも参加者が増えてきて似たり寄ったりな内容が多いですから、ブログ村には特徴的な個性あるブログって少なく感じます。

まぁ日記的な感覚でブログをやるのも自由ですし、人の役に立つ情報を提供したいとブログをやるのも自由です。

でも、しょうもないプロレスごっこで注目を集めて、真面目にやっているブロガーの邪魔をするのはやめて欲しいですね。

おしまい。

って記事を書いて予約投稿していたのですが、本日AMZN花子さんがブログ休止宣言をされました。…なんなんコレ?

1位を狙っていたけど私の実力では3位が限界だったとか…ちょっと何言ってるか分かんないです。

どう考えても不自然なブログでしたが、今後このようなブログが出てこないことを祈ります。

ほんとにおしまい。

投資家には格安SIM利用者が多い気がします。

なぜかこのブログで最も読まれている記事です。

スロットが勝てない絶対の理由。それでもあなたはスロットを打ちますか?
最近のスロットは勝てない…そんな風に思ってこの記事に辿り着いた人は多いのではないでしょうか。この記事を読めば、あなたは今後負けなくなる…かも...

AMZNの人気は過剰なのか妥当なのか…

成長の罠~どちらの銘柄に投資をする?~
米国のジェレミー・シーゲル教授の著書「株式投資の未来」で成長の罠という言葉が使われています。 株式投資の未来は、米国株投資を実践してい...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする