サラリーマンでもホールのクセを把握すれば勝てる可能性は格段に上がる

サラリーマンのみなさん、仕事帰りにスロットで勝っていますか?

ほとんどの人は負けていることでしょう。

なぜなら、スロットとは負けるような仕組みになっているからです。

関連記事:スロットが勝てない理由

特にサラリーマンで仕事帰りにしか打てないとなると、期待値のある台はスロットで稼いでいる連中に根こそぎ掘られているので尚更勝てません。

もちろん、サラリーマンでもスロットで稼いでいる人はいるので、不可能ではありませんがハードルは非常に高いです。

なので、個人的には「負けない程度に遊べれば御の字」としてスロットと付き合うのが一番いい方法だと思っています。

関連記事:サラリーマンがスロットで負けないようにするには

今回は、サラリーマンが少しでも負けないようにするちょっとしたポイントを紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ホールのクセを調べる

サラリーマンがスロットで負けないようにするには」でも紹介したように、仕事帰りに高設定を掴むことはほぼ不可能だと思います。

ですから、仕事帰りなら少しでもハマっている台を打ち、なるべく期待値が低いところは打たないようにするのが重要です。

しかし、思うようにハマっている台があるとは限りませんよね。

そこで、まず抑えておきたいのは通っているホールが設定を変更するのか放置(据え置き)しているのかということ。

スロットは、設定変更によって天井ゲーム数がリセットされる台が多いです。

設定変更は1から1へ打ち変えても有効になるので、前日ハマって閉店した台は同一設定へ打ち変えるという店も少なくありません。

むしろ、ほとんどの店が天井を潰すためにそのような方法を行っていると言えるでしょう。

稀に相当なハマりでなければ変更しないという店もありますが、そういった店は打ち手からするとパラダイスです。

また、店によっては前日のゲーム数に関係なく、特定の機種 or 全台設定変更というところもあります。

仕事帰りに行っても、当日ボーナスを引いている台ではあまりハマっている台は見付からないことも多いでしょう。

そんなとき、この設定変更の有無はスロットで負けないために、とても重要なポイントになります。

据え置きの店なら

大きなハマり以外は基本的に据え置くという店は多いと思います。

そのような店の場合、仕事帰りに行ったときに当日ノーボーナスで当たっていない台に注目しましょう。

例えば、バジリスク絆。

しっかりと稼ぎたい人であれば、BCを5回以上スルーしている台を狙いたいところですが、適度に遊ぶ程度なら4スルー、もしくは3スルー+BC間200G以上程度を打てれば十分です。

とは言え、今時なかなか当日4スルーという状況で空いていることは多くないでしょう。

しかし、前日1スルーで閉店し、当日3スルーしていれば、宵越しで4スルー台となります。当日2スルーでもBC間で多少ハマっていれば打てるレベルになりますね。

もちろん、前日2スルー+当日2スルー or 1スルー+BC間ハマりでもオッケーです。

据え置き店では、特にゲーム数管理の台で狙い目が増える機会が多くなります。

サラリーマン番長では、基本的にゾーン抜けで止められることがほとんどですよね。

前日96G止め・当日ノーボーナス96G止めがあれば、宵越しで192Gとなり、ゾーン直前のチャンス台となります。

ここでサラリーマン番長の挙動を少し解説しておきます。

サラリーマン番長の挙動

サラリーマン番長は、特定のG数(主に百の位が偶数)でゲーム数解除のチャンスマップへ移行します。

その際、レア役を引かずとも雫ステージへ移行するので一つの目安となりますね。

この機種は基本的に内部ゲーム数に依存して演出が発生するので、先ほどのケースでは前日96G+当日104G=200Gとなり、当日104Gから10G程度の間に雫ステージへ移行します。

仮にここで雫ステージへ移行しなければ、設定変更もしくは通常B(百の位が奇数がチャンス)ということが濃厚となります。

ただし、当日ノーボーナスの100G以内に限ってはこの法則は当て嵌まりません。

据え置きだった場合でも、ノーボーナスの100G以内であればチャンスゾーンでなくてもガセ前兆が発生し、ボーナスの期待感を演出します。

また、ノーボーナス100G以内の場合、宵越しでチャンスゾーンに入っても雫ステージへは移行しません。(高確示唆のリプレイ消灯は起こります)

例えば、前日115G止めだった場合、据え置きなら当日85Gからチャンスゾーンとなりますが、レア役を引かない限り轟・鏡ステージのままになります。

この法則を知らない人は、据え置き200Gを超えて雫ステージへ移行しないからゾーンではないと勘違いして止めることもあります。

実際はそのゲーム数ならガセ前兆が発生し、ちょうど演出が終わるころでしょう。

当日90Gあたりで止められているサラリーマン番長は、なかなか打とうとする人はいません。ですが、実際は宵越し205Gとチャンスゾーン真っ只中の美味しい台なのです。

この台を打つと、当日100Gを超えるとすぐに雫ステージへ移行します。

まぁ所詮はチャンスゾーンですから当たるかどうかは別ですが、少ない資金でボーナスを引くチャンスが掴めるわけです。

このような台の挙動を知っておくと、他の人より多くのチャンスが得られるので、情報を持っている者が強いということですね。

ちなみに、台によっては当日ゲーム数に依存して前兆が発生する機種もあり、そのような台は前兆発生ゲーム数では据え置きか設定変更は見抜けません。

他の挙動や、店のクセによって判断するしかないです。

例:まどかマギカ・笑うせえるすマン・攻殻機動隊など

据え置き店はどの程度のハマりで設定変更するかを確認する

基本は据え置きでも、大きなハマりで閉店した場合は設定変更するという店は多いです。

その場合、宵越しでかなりハマっててラッキーと迂闊に手を出すと、天井に到達しても当たらずに大損する可能性もあります。

例えば、ハーデスが前日850Gで閉店、当日ノーボーナス450Gだったとします。

据え置きなら宵越し1300Gの高期待値台ですが、設定変更されていれば天井までの1150Gハマる可能性があるということです。

これだけ前日ハマっていれば設定変更されている可能性は高いと考えるのが無難ですが、それを推測するのに当日ゲーム数も参考になることがあります。

今回の場合、450Gで止めているということは、400Gから突入するヘルゾーンの高確状態の挙動が確認された可能性が高まります。(鎖がガシャンガシャンと出てくるやつ)

前任者が知識のある人なら、尚更その可能性は高いですし、基本的には設定変更していると推測できます。

まぁ実は据え置きやけど、単に何も知らない人が適当に打って、適当に止めていったという可能性もなくはないですが…笑

自分で打たずとも、前日ハマり台を何台もチェックして、どれくらいのゲーム数なら変更しているのかを確認しておくと強みになります。

この場合でも、ゲーム数管理はチェックしやすいので台の特徴を知っておくことが重要です。

設定変更しているなら

逆に、全台設定変更している店や、前日ハマり台で設定変更していそうな場合は違った立ち回りが可能になります。

設定変更することで天井が浅くなる機種や、特定のゾーンが強くなる機種が存在します。

例えば、ミリオンゴッド凱旋なら天井が1480Gから1000Gへ短縮。(10%の割合で510Gが選択されます)

サラリーマン番長ならチャンスゾーンのボーナス確率が倍ほどになったり、花の慶次なら25%で天国モードが選択され、100G前後で当たる…といった具合ですね。

天国モードがある台などは仕事帰りに打てる可能性は低いですが、地域によっては放置されている可能性がなくはないでしょう。

設定変更を見抜くポイント

では、全台設定変更をしているかどうかを見抜くポイントを挙げていきます。

自分で打てば一番分かりやすいですが、サラリーマン番長では筐体で履歴が見れますね。

当日と過去2日分まで見ることができますが、その一番最初の当たりのゲーム数をチェックしましょう。

設定変更をされていると、必ず百の位が偶数がチャンスゾーンとなるので、250G・450G・650G・850G前後でばかり当たっている場合、設定変更をしている可能性が高くなります。

もちろん、前日即止めではない台が朝一で天井まで行っていれば変更確定ですね。

レア役でも当たる可能性はあるので、必ずしも上記のゲーム数でなければ可能性がないわけではありませんが、何台もチェックしていれば大体分かります。

逆に、前日100G止めで当日150G辺りで当たっていると、宵越し200Gのゾーンで解除した可能性が高まります。

また、前日80G・当日100Gの台を据え置きだと思って自分で打った場合に、120Gを超えて雫ステージへ移行しなかった場合、設定変更か通常Bの可能性が高まります。

設定変更ならゾーンの当選確率が高くなるので、そのまま打ち続けて変更したのか通常Bなのかをチェックするのも手ですね。

ゲーム数管理以外でも、前日と当日合わせて天井ゲーム数を超えている台を何度も見かけたり、ミリオンゴッド凱旋が朝イチ1012・1016・1020・1024Gで当たり、連チャンしている台は設定変更の天井で当たった可能性が高いです。

凱旋のゲーム数は、選ばれやすい前兆ゲーム数を加味したものなので、必ずしも上記のゲーム数でないといけないわけではないですよ。

設定変更店はオイシイ

一昔前に比べて、現在はネットですぐに天井が調べられるようになりました。なので、宵越しなどのハマり台でもなかなか落ちていないのが現状です。

それに比べて、設定変更は見抜きづらい or わかっていないという人も多いので、全台設定変更している店は意外と狙い目になります。

なかなか全台変更している店は多くはないですし、あったとしてもそれを確信するまではある程度の調査が必要で簡単には分かりません。

その分、それを確信したときは大きなメリットにもなりますので、近隣にそういった店がないかチェックしてみてはどうでしょうか。

イベント日を狙う

普段は設定変更していない店でも、特定日は全台設定変更するという店もあります。(高設定を入れるとは言っていない)

このような店は割と多いでしょうから、まずイベント日に全台変更しているかはチェックした方がいいですね。

その際は、サラリーマン番長やゲーム数管理台の履歴が役に立ちます。

普段は据え置きなのに、イベント日の初当たりは当日のゾーン内が多ければ全台変更している可能性は高いでしょう。

ただし、イベント日は客も多いので、設定変更の恩恵を受けられることは少ないかも知れません。

ここで注目したいのは、イベント日の翌日です。

イベント日に設定変更をした場合、翌日も設定変更するか、翌日は据え置き(ボッタくり店の典型)のパターンがあります。

前者の場合、翌日は客も少なくなるので仕事帰りでもリセット台で恩恵のある台を打てるかも知れません。

後者の場合、イベント日でもノーボーナスで閉店する台も多数出てくる可能性もありますので、翌日でも恩恵を受けられる可能性があります。特に、ミリオンゴッド凱旋などは狙い目になりますね。

僕の家の近くにあるホールでも、イベント日は全台設定変更・翌日は据え置きという過疎店があったので、変更された日を計算してオイシイ台を打てたこともあります。

最近、イベント日ですら全台設定変更しなくなったので本当にどうしようもないボッタくり店となっていますが…(変更しなくなったことに気付いたのもサラリーマン番長で据え置き挙動が見られたことがきっかけです)

まとめ

当日ゲーム数だけでハマり台を探すのは限界があります。

そのため、その店が据え置きか設定変更をしているのかを把握し、打てる台の幅を広げることで、スロットの収支も大きく変わってくることでしょう。

どのくらいのハマりで設定変更するのか、全台リセットしているのかを見抜くのは簡単ではありませんが、情報を制する者は世界を制します(?)

色んな台の特徴や挙動を知っておくとあらゆる面で有利になるので、これからは前兆の仕組みなどにも気を配って打ってみると、違った世界が見えてくるかも知れませんよ。(見えるとは言っていない)

なお、この記事を書いている頃、僕はスロットでかつてないほどの大敗を繰り返していることは秘密です。

関連記事:スロットが勝てない理由

関連記事:サラリーマンがスロットで負けないようにするには

関連記事:自制心があればスロットは勝てるんです

関連記事:スロットを打つとこれだけ負ける!!

関連記事:スロットで負け続けた男がスロットで勝てるようになった物語

スポンサーリンク

シェアする

フォローする