スロットが勝てない絶対の理由。それでもあなたはスロットを打ちますか?

あなたはスロットで負け続け、悔しい思いをしていませんか?

この記事を読めば、あなたは今後負けなくなるかも知れません。

(負けないとは言っていない)

スロットは、普通に打っていてはまず勝てません。

なぜなら、スロットはそういう仕組みになっているからです。

以上、解散。

いや、適当かと思われそうですが、結局これが真理なんです。

運否天賦の勝負なら、胴元は企業としてやっていけたもんじゃないでしょう。

利益が出るかどうか、毎回イチかバチかの運任せなんて、僕が経営者ならガクガクブルブルで嫌です。

そうならないために、基本的に胴元はしっかり儲かる仕組みになっているんです。

ここでは、その仕組みについて解説していきます。

スポンサーリンク

スロットが勝てない絶対の理由

胴元が儲かる仕組み=ユーザーが勝てない理由は明確に存在しています。

スロットで説明すると、スロットには設定という概念があります。

そして、各設定ごとに「機械割」が変化し、それによって出玉性能に違いが生まれます。

スロットの機械割

ほとんどのスロットには1~6までの設定があります。

そして、各設定で大当たり確率などを変えることによって、機械割が変化します。

例えば、

  • 設定1…機械割97%
  • 設定2…機械割98%
  • 設定3…機械割100%
  • 設定4…機械割102%
  • 設定5…機械割105%
  • 設定6…機械割110%

このような感じ。

機械割は機種によって若干の違いはありますが、現行の機種は低いもので96%前後・高いもので119%くらいになります。

機械割の意味は、投入したメダルに対する払戻率と考えてください。

決して、投資したお金に対する払戻率ではありません。

例えば、機械割が100%の場合。

スロットで1,000G回すのに必要なメダルは3,000枚です。

リプレイでの再遊技もカウントされますが、話がこじれるので気にしないように。

機械割が100%なら、3,000枚に対して100%(3000枚)の払出となるように作られています。

その3,000枚には、ボーナス以外にもベルでの払出なども含みますが、話がこじれるので気にしないように。

つまり、機械割100%なら勝てないけど負けない…ということ。

換金率が等価でなければマイナスですけどね。

一方、機械割が110%の場合。

このとき、同じ3,000枚の投入に対して、今度は110%(3,300枚)が払い出されます。

等価で考えると6,000円の勝ちとなりますね。

機械割110%なら、1時間ちょっとで3連単1頭軸5頭流しマルチの馬券代が稼げます。

これは理論値なので、1,000G回せば確実にこうなるとは限りません。

実際に打っていれば、確率が偏ることを体験したことがあるでしょう。

というか、基本的に偏ってばっかりですからね。

バジリスク絆の巻物(25%)が外れまくってプギャーッ!!

同色で巻物(75%)を続けて外してオギャーッ!!

僕も、日々このような体験をしております。

しかし、確率は短期的には偏りますが、それを何回も繰り返すと、本来の確率に近い数値になっていきます。

完全確率と大数の法則

サイコロで考えると分かりやすいです。

数十回の試行では1が連続で出る、ほとんど出ないどちらもあり得ます。

でも、何百回~何千回とサイコロを振ると、回数をこなすほどに本来(1/6)の確率に近い結果になることは、なんとな~く分かるんじゃないでしょうか。

分からんって人は…解散。

ここからは分かる人だけ参加してください。

(分からなくても参加して)

サイコロの出目は、前回の結果が次の結果に影響を与えることはありません。

1が3連続出たからといって、次に1が出にくくなる…なんてことはないです。

このような、毎回の結果が独立している現象のことを、「完全確率」といいます。

そして、完全確率では回数をこなせばこなすほど、「大数の法則」によって、本来の確率に収束していく性質があります。

この、完全確率と大数の法則によって、スロットは勝てないことが分かります。

スロットと完全確率と大数の法則

では、スロットと完全確率と大数の法則には何が関係あるのでしょうか。

ズバリ、スロットの抽選は「完全確率」です。

大当たり確率が1/100の台があったとして、大当たりした次のゲームで当たる確率も1/100。

当たった次のゲームは当たりにくいなんてことはありません。

サイコロと同じですね。

仮に、このような【大当たり確率・機械割】の台があるとします。

  • 設定1…【1/176・95.9%】
  • 設定2…【1/172・96.7%】
  • 設定3…【1/156・98.7%】
  • 設定4…【1/147・100.8%】
  • 設定5…【1/135・102.8%】
  • 設定6…【1/134・105.2%】

設定3以下では機械割が100%を下回る=投入したメダルより払出が少なくなります。

そして、短期的には確率以上にボーナスを引く可能性はありますが、それを繰り返していくうちに大数の法則によって本来の大当たり確率に近づきます。

すると、その確率で当たると機械割は100%を下回るので、低設定を打ち続けると必ず負けるようになっていきます。

大数の法則は回数をこなすほど安定するので、打てば打つほど確実に負けに向かうのが低設定ということですね。

お店のスロットは大半が低設定

逆に言うと、高設定であれば打てば打つほど勝てることになります。

しかし、世の中のスロッターはほとんど負けていますよね。

俺は勝ってっし!!

という人の大半は負けているんじゃないでしょうか。

なぜなら、お店にはほとんど機械割が100%を下回る低設定しかないからです。

優良店と言われる店なら、何台も高設定を使用していることもあります。

しかし、高設定を入れるとお店には利益が出ないことになるので、その分を低設定を打ってもらうことで確保する必要があります。

低設定が稼働して利益が上がってこそ、高設定は使えるということですね。

ハマった後の連荘狙いは有効か?

実は、先ほどの大当たり確率と機械割は、みんな大好きアイムジャグラーのものです。

ジャグラーを打っていると、稀に早いゲーム数で連荘することがありますよね?

特に大きくハマった後は、その反動で連荘するんじゃないかと考える人も多いです。

実際、それでおいしい思いをしたことがある人も多数いるのではないでしょうか。

確かに、最終的には機械割の出玉率に近づくのだったら、大きくはまって機械割以上にマイナスになれば、その後は一時的にプラスになってもおかしくはなさそうですね。

しかし、結論を言うと「全くの無意味」です。

むしろ、そんな立ち回りをしている限り、ほぼ間違いなく負けるでしょう。

スロットは1日で多く回せても、時間的にせいぜい10,000回転くらいが限度。

大当たり確率の分母が100を超えるようなものだと、10,000回くらいの試行ではどう転んでもおかしくないのが事実です。

逆に、低設定でも運がよければいつでも連荘する可能性もあります。

ただ、そのタイミングを狙って打つことは、エスパーでもない限り不可能です。

ハマり台を打っても、たまには連荘するでしょう。

たまには当たらないこともあるでしょう。

それを繰り返していくうちに当たらないケースが多くなり、結果的に収支はマイナスになります。

…まぁジャグラーが意図的に、連荘しやすい状態をプログラムに組み込んでいたりすると話は変わってきますけどね。

その台が高設定という可能性もゼロではないし、それほど負けることもないかも知れません。

まとめ

スロットが勝てない理由をまとめます。

スロットの抽選は完全確率であり、大数の法則によって機械割に収束します。

低設定では機械割が100%を下回るので、打てば打つほどマイナスになり、お店にあるのは大半がその低設定だからです。

スロットで勝てないのは、あなたの運が悪いからではありません。

世界一の強運の持ち主ですら、低設定を打ち続ければ勝てない。

それがスロットなんです。

低設定でもたまには大勝ちできることもありますよ。

でも、その分もあっという間になくなるのがスロットの仕組みです。

そのうち負けた分を取り返せるかも…なんて幻想は、残念ながら夢のまた夢。

スロットのゲーム性は面白いものもありますし、打ちたい気持ちは分からなくもないです。

ただし、全然当たらないからと熱くなってはダメ、ゼッタイ。

熱くなって追加投資しまくって負けると、最低な気分になりますよね。

基本的には勝てない仕様ですが、理論的にはそれほど大きく負けることもないんです。

負けが続いても、そのうち運よく勝てるときもあります。

結果的に負けることには変わりありませんが、遊技代として楽しんだ分にお金を使ったと思えたら、スロットも一つの娯楽として悪くないと思います。

まぁ、そんなクールな立ち振る舞いができれば苦労しませんけどね。

しかし、スロットはギャンブルの中では、実は簡単に勝てるものです。

簡単ですが、楽という意味ではないですよ。

しっかりと勝とうと思えばそれなりに苦労します。

ただ、毎月決まった給料が貰えるサラリーマンとかなら、負けない程度に遊べれば十分だと考えてやる方が健全ではないでしょうか。

おしまい。

ギャンブルに使うお金を資産運用に回せば、見える世界が変わるかも知れません。

「株式投資」とギャンブルが決定的に違う理由
株式投資なんてギャンブルだからやるもんじゃない!!と思っているそこのアナタ。 投資とギャンブルの違いを理解せずに、イメージだけでそう思...

米国株への投資が、未来を明るくしてくれます。

投資初心者にこそ最適な米国株投資のメリット・デメリット
僕は現在、米国株への投資を行っています。 最初は米国株なんてイミフでしたので日本株から始めたわけですが、それから約1年後に米国株の魅力...

お金について、よく考えてみましょう。

人生とお金
人生を楽しく過ごすために、お金は大切な要素です。 しかし、日本ではお金は卑しいものだとか、お金の話をするのは下品という風習があります。...

日本人はお金の教養を身に付けることが必要です。

ファイナンシャルアカデミー【お金の教養講座】を受講して~騙されないために知識を高めよう~
お金の教養を身に付けるための、日本唯一のマネースクールとして誕生したファイナンシャルアカデミー。そこで行われている無料のセミナー「お金の教養...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    自己満足なのでしょうか。
    確率的ではそうかもしれないけど運が悪ければ負けるって言うのと同じではないでしょうか?打たなければ勝つと同じ事です。

    • hide より:

      コメントありがとうございます。
      ちょっとコメントの内容が理解しづらいですが、この記事はスロットに関する事実をお話しているだけです。
      個人レベルの稼働では確率は収束しない可能性もありますが、大勢の人が負けることは間違いありません。

      打たなければ勝つ…というのは個人的には違うと思いますね。
      打たなければ負けないだけで、それは勝つという意味ではありません。