【スマホ代を節約したい】格安SIMに乗り換えるときに知っておきたいこと

スポンサーリンク

格安SIMと格安スマホとMVNO

格安SIMに格安スマホにMVNOと、スマホ代を節約するために調べると様々な言葉が出てきますね。

まず、通信費を安くするために必要なのは「格安SIM」です。

SIM(カード)とは契約者の情報が登録されているもので、それを端末に差し込むことで、その端末の利用者を認識します。

SIMカード

このSIMの利用料を格安で提供しているのが「MVNO」と呼ばれる事業者で、MVNOで契約することによって通信費が大幅に安くなるということです。

SIMにはサイズが3種類ありますが、違う端末でもサイズが合えば同じSIMを差し込むことで、自分の契約として利用することができるのです。

スマホは端末ごとに契約をしているわけではないんですね。

格安スマホとは、その名の通り端末そのものが安いスマホを指します。

新しいiPhoneや、高額な端末は10万円を超えることも珍しくありません。格安スマホなら、スペックは劣るものの3万円以内で機種もあります。

それでも高額だと思いますが、これまではキャリアで長期契約する代わりに端末代を一部負担してもらうことで、実質格安で端末を購入できました。

そのため、端末が高級品といった意識が若干薄い人が多いような気もします。

では、格安SIMをMVNOで契約したいけど、わからないことが多くて不安だという方のために、抑えておきたいことを解説していきます。

SIMロック

格安SIMについて調べると、SIMロックやSIMロック解除という言葉が出てきます。

キャリアで購入した端末は、そのキャリアでしか使えないように制限されており、その状態をSIMロックと呼びます。

docomoで購入した端末はdocomoの通信回線でしか使用できないので、auやsoftbankの通信回線を提供するMVNOのSIMカードを入れても使えません。

その状態を解除し、どの回線のSIMカードでも使えるようにすることをSIMロック解除と言います。そのまんまですね。

MVNOで販売している端末や、アップルストアで販売しているiPhoneは、SIMフリー端末でロックが掛かっていないのでどの回線でも使うことができます。

ただし、MVNOで取り扱っているiPhoneは、一部SIMフリーではない場合もあるので注意してください。

通信速度について

格安SIMはキャリアに比べて通信速度が劣ります。

ただ、実際にどれくらい遅いのか、どれくらいの速度ならまともに使えるのかってわかりにくいですよね。

まず、通信速度の基本的な知識として、「上り(アップ)」「下り(ダウン)」「Ping(ピン)」の違いを知っておきましょう。

  • 上り…データを送信する速度
  • 下り…データを受信する速度
  • Ping…応答速度

上りと下りは数値が大きいほど高速で、Pingは数値が小さいほど環境が良い状態となります。

ネットや動画を見る際に重要なのは、データを受信する「下り」の速度です。

速度の単位は「bps」で表示され、「Kbps < Mbps < Gbps」の順に高速になります。(1Gbpsは1024Mbps・1Mbpsは1024Kbps)

速度の目安

各社が発表している通信最大速度は、あくまで最大であって規格上の最高速度に過ぎません。

docomoとauでは最大1200Mbpsを超えると謳っていますが、実効速度は50~200Mbps前後と発表されています。(時間帯や地域によって異なる)

一般的にストレスなく閲覧することが可能と言われる目安がこちら。

  • 30Mbps以上…非常に快適
  • 10~30Mbps…快適
  • 5~10Mbps…まずまず快適
  • 1~5Mbps…ネットは快適、動画は止まることも
  • 1Mbps以下…動画は厳しいかも

ネットがメインなら、1Mbpsあれば良いようです。動画も見たい場合は5Mbps以上の速度が望ましいですが、画質によっても変わってきます。

  • 4K…20Mbps
  • 1080p…5Mbps
  • 720p…2.5Mbps
  • 480p…1.1Mbps
  • 360p…0.7Mbps

高画質にするほど高速が求められますが、画質さえ落とせば十分見れる可能性がありそうですね。

試しに、自宅の回線で解像度1080pの動画を視聴したところ、最初の読み込みに少し時間が掛かりましたが、その後はサクサクと視聴できました。

そのときの通信速度は「下り7.27Mbp」でした。

同時刻のモバイル回線(LINEモバイル)は「下り2.9Mbps」で、解像度720pだとちょくちょく止まる感じ。

360pにするとスムーズに視聴できましたし、360pでもスマホなら十分な画質です。

MVNOの通信速度

2019年3月に、各社の通信速度を計測された記事があったので、一部引用します。

MVNO12時台
(Mbps)
18時台
(Mbps)
・楽天モバイル4.51.5
・IIJ mio5.72.3
・LINEモバイル1.80.8
・BIGLOBE(D)
・BIGLOBE(A)
1.1
0.9
0.7
1.5
・イオンモバイル(D)
・イオンモバイル(A)
0.9
0.7
1.6
0.5
・mineo(D)
・mineo(A)
1.1
1.5
0.5
0.4
・DMM
0.9
2.0
・Y!mobile9.812.8
・UQモバイル1.87.9
・エキサイトモバイル3.21.7

※ (D/A)はdocomo回線・au回線

基本的にはどこもネットの閲覧くらいは問題なくできそうな速度が出ています。

ただ、環境によって速度は変わってくると思うので、あくまでも参考程度にしてください。

また、これらは最も混雑すると言われる時間帯です。

この時間を避ければ、MVNOでも動画の閲覧は問題なくできる可能性が高いと思われます。

乗り換えの手順

電話番号をそのまま引き継ぎたいときは、MNPという方法を利用します。

MNPで乗り換えをする手順は以下の通り。

  1. 契約中のキャリアでMNP予約番号を発行する
  2. 契約先でMNP予約番号を入力して申し込む
  3. SIMカードが届いたら契約切替の手続きをする
  4. ネットを利用するためのAPN設定を行う
  5. 電話帳やLINEの移行を行う

MNP予約番号の発行

MNP予約番号は、docomoのみネットから取得できますが、auとsoftbankは電話もしくは店舗へ行って発行してもらいます。

MNP予約番号には15日間の有効期限があり、申込の時点で10日以上残っている必要があるので、取得後は速やかに申込をしましょう。

期限が切れてもペナルティはなく、再発行すれば問題ありません。

契約の切替

無事に申込が完了し、自宅にSIMが届けば契約切替の手続きをします。

手続きの方法はMVNOによって若干違いますが、書類に記載されている通りに行えば問題なくできると思います。

契約切替の手続き後、すぐに契約が切り替わるわけではありません。

MVNOによって多少時間は違いますが、数十分~数時間で切り替わるようになります。切り替わったことを確認する方法も記載されています。

ただ、切り替えが完了するまでは通話やデータ通信が行えなくなります。

手続きが21時以降になると、切り替えが翌日になるので手続きの時間帯には注意をしておきましょう。

APN設定

APN設定とは、各社でインターネットを使用するための設定です。

設定自体は簡単にできますが、自宅にWi-Fiがない人でiPhoneを使っている場合は少し注意が必要です。

iPhoneはsafariから「構成プロファイル」をインストールするだけですが、問題はAPN設定をしないとモバイル通信でネットが使えないため、Wi-Fiがなければsafariが起動できないということです。

そのため、契約切替を行う前に構成プロファイルをインストールしておく必要があります

構成プロファイルをインストールする手順は以下の通りです。

  1. Filer Liteというアプリをインストール
  2. 構成プロファイルをダウンロードし、Filer Liteに保存
  3. ダウンロードしたファイルを自分宛にメールで送る
  4. 契約切替後、送信したメールのファイルをインストール

正直、自分でやったことがないので難易度がわかりませんが、調べる限り難しいことはなさそうです。

MVNOではキャリアメールが使えないため、ファイルを送信する宛先はキャリアメール以外にしておくほうが無難でしょう。

こちらのサイトでインストールする手順を詳しく解説されています。

電話帳やLINEの移行

これまで使っていた端末をそのまま使う場合は、これまでのデータは全て残ったまま利用することができます。

問題は端末を新しく購入した場合ですが、電話帳はGoogleアカウントを使えば簡単に移行することができます。

LINEも移行するのは簡単なので、こちらの記事を参考にしてください。

Googleアカウントで電話帳を移行する方法

乗り換えは更新月まで待ったほうが良い?

キャリアでは更新月以外に解約すると、違約金が発生します。

それがもったいないからと更新月まで待とうと考えるのは早計で、更新月が数ヶ月先ならすぐに乗り換えるほうがトータルで節約に繋がります。

更新月が5ヶ月後、現在の通信費が毎月8,000円で、乗り換え後は3,000円になると仮定します。

すぐに乗り換えた場合、違約金+乗り換えの手数料が約15,000円と、5ヶ月分の月額料金を合わせて約30,000円。

更新月まで待つと月額料金だけで40,000円、違約金はゼロで乗り換えの手数料が約5,000円なので、トータルで45,000円支払うことになります。

だいたい、乗り換え後の月額料金の差額が違約金の何ヶ月分かを考えると、すぐに乗り換えるほうがお得かどうかわかります。

月額5,000円の差が出るなら、更新月が2ヶ月先なら同等、3ヶ月以上先ならすぐに乗り換えるほうがお得ですね。

違約金を支払うという行為が嫌なのはわかりますが、大事なのはトータルでの金額です。

どのMVNOが良いかわからない!

MVNOは数百社あるとも言われるように、乗り換えようと思ってもどこを選べば良いかわからない方も多いでしょう。

各社の特徴や料金を比較していては、乗り換えるのが100年先になってしまうかもしれません。

ただ、実際にいくつか契約したことがある経験から言えることは、どのMVNOでも大して変わらないということです

多少なりとも各社で特色はありますが、格安SIMを契約する最大の目的は、スマホ代の節約のはず。

月額料金が8,000円から3,000円以下になれば、キャンペーンなどで最安の契約ができるMVNOを選べなかったとしても、十分だと思いませんか?

SIMロックの問題があるので、契約先が使用している通信回線は気を付けておきたいですけどね。

キャリアからMVNOへ乗り換えること、それがスマホ代の節約には最も重要なことです。

自分に最適なMVNOを探すのは、それからでも遅くはないでしょう。

あまりにマイナー過ぎると今後の事業継続に不安が残るので、ある程度は名の通ったところにしておくほうが安心ですね。

まとめ

乗り換えるまでの作業は、難しくはありませんが初めてとなると少し戸惑うことはあると思います。

しかし、多くの人が乗り換えをしてきているのですから、あなたにできないわけがありません。

どのMVNOで契約しても大した違いはないため、乗り換え先が多すぎて比較できないと悩む必要はありません。

最初に選んだMVNOが自分に最適ではなかったとしても、スマホ代が半分以下に抑えることができれば十分でしょう。

使っているうちに格安SIMに抵抗がなくなると思いますし、料金体系なども理解しやすくなっていくと思います。

まずは格安SIMでスマホ代を節約する、それから自分に最適なプランを探すという順番もアリだということも考えてみてください。

個人的に、ほとんどの人は格安SIMで十分だと思っています。

格安SIMに乗り換えたほうが良い理由

おしまい。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする