スマホ代を安くしたいなら格安SIMとは何かを勉強しよう!

アイキャッチお金

あなたは毎月のスマホ代が高いなぁ…と悩んでいませんか?

周りの人は毎月どれくらい払っているのか気になるかもしれませんが、僕は現在のスマホ代は月1,300円ほどです。

もちろん、僕は自分の使い方に合った契約をしているからこれだけ安くなっているだけで、あなたにはあなたの使い方がありますから、僕と同じくらい安くなるとは限りません。

しかし、スマホ代を安くしたいなら、自分の使い方に合った契約ができるかどうかが重要です。

スマホ代が高いと悩む方のほとんどは、docomo・au・softbankの三大キャリアで契約していることでしょう。

「格安スマホなら安くできるんやろうけど…」と思っても、よくわからないから乗り換えるのが不安だと思っていませんか?

三大キャリアで契約するのが悪いわけではありません。それが、自分の使い方に合っているなら問題ないんですから。

問題は、自分の使い方に合っていないのに三大キャリアで契約し、毎月バカ高いスマホ代を支払っていることです。

それを解決するには、格安スマホ(格安SIM)について勉強するしかありません。とはいえ、心配しなくても大丈夫です。

はいてますよ。

スマホの契約って複雑で難しそうと思いがちですが、実はちょっと勉強すれば意外とカンタンだった!と思えるようなものでしかありません。難しそうに感じるのは、通信会社の策略にまんまと引っ掛かっているのです。

ここでは、スマホ代を安くしたいと考えている人のために、自分の使い方に合った契約を自分で考えられるようになるよう、格安スマホ(格安SIM)について解説します。

スポンサーリンク

格安スマホと格安SIMとMVNO

まず最初に知っておくべきことは、格安スマホ・格安SIM・MVNOとは何かということです。

毎月のスマホ代を安くするには、格安スマホの契約をする必要があると思っている方がいるかもしれませんが、それは間違い。

格安スマホとは、端末そのものが安価なスマホのことだ

端末の価格もピンキリで、高いものでは10万円を超えるものから、安いものなら2万円前後で買えますよね。

2万円でも十分高価だと思いますが、こういった中でも価格が安い端末を格安スマホと言います。

毎月のスマホ代を安くしたい場合に必要なのは、「格安SIM」と呼ばれるものです。

SIM(カード)とは、契約者の情報が記録されているカードのことだ

SIMカード

スマホは端末ごとに契約しているわけではなく、SIMによって契約を認識しているので、違う端末でもSIMを差し替えれば、自分の契約として使うことができます。

ただ、SIMには3種類のサイズがあるので、その端末に合ったサイズを使う必要があります

そして、SIMを格安で提供しているのが「MVNO」と呼ばれる通信事業者で、MVNOが提供するSIMを「格安SIM」と呼ぶのであーる!

つまり、スマホ代を安くするには、MVNOで格安SIMの契約をする必要があるのです。

MVNOはキャリアの通信回線をレンタルしている

MVNOは独自の通信回線を持っているわけではなく、キャリアからレンタルして契約者に分配しています。

設備投資が不要になるので利用料金を安く抑えることができますが、使用できる通信量に限りがあるので、通信速度は遅くなりがちです。

docomoの通信回線を使用しているMVNOがもっとも多く、次いでau、softbankの回線を使用しているところは少なめです。なかには、全社の回線に対応しているところもあります。

SIMロック(解除)とは?

格安SIMで避けては通れないのが、SIMロック(解除)ですね。

知ってしまえばカンタンなことですが、知らないとなんのこっちゃ?という仕組み。まぁ難しい話ではないので、よく覚えておいてください。

SIMロックとは、その端末を購入したキャリアのSIMしか使えないようにロックされる機能のことです!

例えば、D社で購入した端末にはD社の通信回線を利用するSIMしか使えないので、A社のSIMをその端末に差しても使えません。

MVNOはキャリアの回線をレンタルしているので、au回線を利用しているMVNOでは、docomoで購入してSIMロックされている端末だと使えないということになります。

そのため、同じ端末でMVNOに乗り換えたい場合は、基本的に契約しているキャリアの回線を使っているMVNOで契約しなければなりません

しかし、絶対にその端末が使えないというわけでもないのです。

ロックされている状態を解除し、どの回線のSIMでも使えるようにするのがSIMロック解除だ!

つまり、SIMロック解除さえすれば、どこで購入した端末であろうと、回線を気にすることなくMVNOで契約することができます

SIMロック解除をするためには条件がいくつかありますが、基本的に購入して半年ほど経過していれば、問題なくSIMロック解除はできるはずです。

なお、appleストアやMVNOでは、「SIMフリー」というSIMロックがされていない端末を販売しています。

SIMフリーもSIMロックがされていない状態なので、どの回線でも利用することができます。ただし、MVNOで取り扱っているiPhone の一部は、SIMフリーではなくキャリアの端末の可能性もあるので、購入する前には確認しておくようにしましょう。

海外では自分でSIMフリーの端末を購入して、好きな通信会社と契約するのが一般的らしいです。

格安SIMは通信速度が遅い?

格安SIMのデメリットとして挙げられるのが、キャリアに比べて通信速度が劣ることです。

ただ、個人的にはそれほど気になることはないし、通信できない状況になることもありません。

MVNOごとに速度を計測して比較されているサイトもありますが、速度は他の利用者がどれくらい使っているかにもよって日ごと変わるものです。

なので、計測したときに最速だったとしても、あなたが使うときはそうではない可能性も十分にあることを理解しておきましょう。

一応、通信速度の目安について記載しておきます。]

スポンサーリンク

通信速度の目安

まず、通信速度には以下の3つの指標があります。

  • 上り…データを送信する速度
  • 下り…データを受信する速度
  • Ping…応答速度

上りと下りは数値が大きいほど高速で、Pingは数値が小さいほど通信環境が良い状態となります。

ネットや動画を見るときにもっとも重要な指標は「下り」の速度で、単位は「bps」です!

ちなみに、1Gbps=1,000Mbps で、1Mbps=1,000Kbps です。

一般的にストレスなく閲覧するために必要な通信速度は、以下のように言われています。

  • 30Mbps以上…非常に快適
  • 10~30Mbps…快適
  • 5~10Mbps…まずまず快適
  • 1~5Mbps…ネットは快適、動画は止まることも
  • 1Mbps以下…動画は厳しいかも

ネットがメインなら、1Mbpsくらいでも大丈夫ということですね。動画であれば5Mbps以上が望ましいですが、低画質なら十分ということも有りえます。

以下は、画質によって動画を快適に閲覧できると言われる通信速度です。

  • 4K…20Mbps
  • 1080p…5Mbps
  • 720p…2.5Mbps
  • 480p…1.1Mbps
  • 360p…0.7Mbps

試しに自宅の光回線で解像度1080pの動画を視聴したところ、最初の読み込みに少し時間がかかりましたが、その後はサクサクと視聴できました。そのときの通信速度は、下り7.27Mbpでした。

同時刻のMVNO(LINEモバイル)では下り2.9Mbpsで、解像度720pだとちょくちょく止まる感じ。360pにするとスムーズに視聴できましたし、360pでもスマホなら十分な画質です。

MVNOは速度が遅いという情報で不安になるかもしれませんが、ネットの閲覧くらいなら基本的に問題なくできると考えて大丈夫です。動画に関しては、時間帯によっては厳しいこともあるかもしれません。

また、各社が通信最大速度を発表していますが、あれはあくまでも理論上の最高速度であり、常にその速度が出ているわけではありません

docomoとauでは最大1200Mbpsを超えると謳っていますが、実効(実際の)速度は50~200Mbps前後と発表されています。

MVNOの通信速度

2019年3月に、各社の通信速度を計測された記事があったので、一部引用します。

MVNO12時台(Mbps)18時台(Mbps)
IIJ mio5.72.3
LINEモバイル1.80.8
BIGLOBE(D)1.10.7
BIGLOBE(A)0.91.5
イオンモバイル(D)0.91.6
イオンモバイル(A)0.70.5
mineo(D)1.10.5
mineo(A)1.50.4
DMM0.92
Y!mobile9.812.8
UQモバイル1.87.9

※ Dはdocomo回線・Aはau回線

微妙な速度のところもありますが、これらはもっとも混雑すると言われる時間帯。また、地域などの環境によっても速度は変わってくるので、あくまでも参考程度です。

少なくともこの時間帯を避ければネットの閲覧は問題ないでしょうし、動画も問題なく見れる可能性は高いと思います。

キャリアが必要か、そうでないかを考えるよう

最初にも言いましたが、キャリアで契約するのが悪いわけではありません。

例えば、MVNOでは通話の無制限かけ放題を提供しているのは、現状だとY!moblieとUQモバイルしかありません。この2社は厳密にはMVNOではないのですが、細かいことは置いておきましょう。

そのため、仕事でLINEなどの無料通話だけじゃ困る!という方は、格安SIMにすることで通話料が高くなり、結果的に安くならない可能性もあります

多くのMVNOでは「5分(もしくは10分)間までは何度でもかけ放題」といったオプションがあるので、その範囲で収まるようなら問題ないでしょう。

また、キャリアの契約を解約するとキャリアメール(○○@docomo.ne.jpなど)も使えなくなります

格安SIMではMVNO独自のメールアドレスやフリーメール(GmailやYahooメールなど)で代用することになりますが、仕事でキャリアメールが必要な場合はやはり乗り換えるわけにもいきませんよね

そういった、キャリアで契約していないと困ることがあれば、格安SIMに乗り換えるのは難しいですし、そうでないなら乗り換えない理由がなくなります。

未だに格安SIMは安かろう悪かろうというイメージだけで乗り換えたくないと考える人もいるようですが、そういった人はスマホに限らずさまざまな場面で搾取される側に立たされます。

格安SIMは速度が劣るのは事実ですが、使っている回線はキャリアと同じなので、電波の届く範囲や品質に関しては何の問題もありません。

月額料金もほとんど横並びですから、たくさんあるMVNOの中でどこが一番お得か時間をかけて調べるのも、ほとんど意味がない。

スマホ代を安くしたいと思うなら、まずは自分の使い方だとキャリアでないといけないのかどうかを確認し、そうでなければ格安SIMの仕組みをしっかり調べる。

そして格安SIMでも問題ないことが理解できれば、少し知名度のあるMVNOならどこでもいいからさっさと乗り換えればいいのです。

それだけで月額数千円が節約でき、それはこれから何十年と続いていくのですから、その差は相当な金額になっていきますよね。

また、数十年後にはスマホに取って代わるものがあるかもしれません。そういったときでも対応できるように、自分で調べて解決できる力を付けておくことは重要です。

格安SIMで十分な人

自分が格安SIMでも十分かどうかは、普段スマホをどのように使っているかで考えてください。

例えば、僕は友達の連絡はLINEで十分だし、主にインターネットを使うのはWi-Fiのあるところ。Wi-Fiがないところなら少し調べものする程度なので、多少速度が遅かろうと、とくに困ることはありません。

スマホの機能でも地図やメモ、電卓・時計などは利用しますが、ゲームはしないのでデータ通信が必要なアプリもほとんどなし。

そんなくらいしか使わないのに、月額7,000円も支払うのは無駄すぎると思ったので、僕はMVNOに乗り換えることにしました。

ぶっちゃけ、生活するうえで必要なスマホの機能ってそんなにないですよね?

自分のホーム画面を見て、今入っている無数のアプリのうち、なければ困るというアプリはどれだけありますか?

おそらく、あれば便利だから…という程度のものがほとんどを占めるはずです。

僕の場合は少し極端かもしれませんが、それくらいスマホが生活に影響することが少ないので、毎月7,000円も支払う価値がないのです

あなたのスマホの使い方で、今支払っている金額が妥当かどうかを考えてください。もし妥当だと思うならそのままでもいいでしょうし、確かにそんな支払う価値はないなぁと思うなら、乗り換えるために行動しましょう。

不安なのは無知だから、不安は理解すれば解決する

はっきり言うと、これだけ情報が溢れかえっている世の中で、今の携帯会社のほうが安心だからという考えは、怠惰でしかありません。ただの言い訳です。

とくに、スマホ代が高いと感じている人ならなおさらですね。

格安SIMが不安だと感じるのは、格安SIMに対して無知だからです。多くの人は、自分の知らないことに関しては強い不安を感じます。以前の僕もそっち側でした。

未だに月額料金を抑えられても安かろう悪かろうでは意味がない…と思い込んでいる人もいるでしょう。実際は、格安SIMが安いのではなくキャリアが割高なんです。

格安SIMってネーミングがあきませんな。MVNOは「適正価格SIM」に、キャリアは「鬼高SIM」にするべきです!

格安SIMはなぜ安いのか、デメリットはどういったことがあるのかといった知識があれば、安かろう悪かろうでないことはわかるし、トラブルにも対応できます。

多くの人はそれらを勉強して理解するのが面倒だから、 スマホ代が高いと思いながらも今の携帯会社のほうが安心だと自分に言い聞かせているのではないでしょうか?

僕個人の話ですが、MVNOに乗り換えてから4年ほど経過しましたが、これまで何かトラブルが起こったことや、デメリットを痛感したことはまったくありません

だからといってあなたにもトラブルが起こらないとは限りませんが、過度にリスクを恐れている人が多いと思いますね。

楽天モバイルが第四のキャリアとして参入。まだまだ課題は多いですが、キャリアの壁をぶち壊せる可能性を感じます。

【第4のキャリア】楽天モバイル「rakuten Unlimit」の今後に期待!ただし注意点もアリ!
第四のキャリアとして注目を集める楽天モバイルが、ついに料金プランを発表しました。その内容は「月額2,980円で使い放題+300万人限定で1年間無料」と一見インパクトのあるものでしたが、詳しく見ると発表された時点の内容では微妙…。...

コメント