【スマホ代を3000円以下に】ほとんどの人は格安SIMに乗り換えたほうが良い理由

この記事を見ているあなたは、毎月スマホ代に1万円近く支払っているのではないでしょうか?

こんな記事を書いている僕の毎月のスマホ代は1,500円以下です。なぜこんなに安くできるのか?

それは格安SIMを利用しているからですね。

スマホ代が1,500円以下で済んでいる僕が思うことは、ほとんどの人はスマホ代を毎月3,000円以下に抑えることができるだろう…ということです。

スポンサーリンク

格安SIMとは?

格安SIMとは、MVNOが提供するSIMカードのことです。

MVNOはいわゆる格安SIM事業者で、格安SIMで契約すれば三大キャリアよりも大幅に月額料金を抑えることができます。

SIMカードには契約者の情報が登録されており、それを端末に差し込むことで、その端末の利用者を識別します。

SIMカードにはサイズがいくつかありますが、同じサイズなら違う端末にも差し込むことが可能です。

格安SIMで十分な理由

僕が格安SIMで契約している最大の理由は、スマホの利用頻度が高くないことです。

友人との連絡はLINEで十分だし、インターネットを使うのは基本的にWi-Fiがあるところ。

地図やメモ、電卓、時計などの機能は利用しますが、ゲームなどはしないのでアプリもほとんど入れていません。

なので、ホーム画面は最初の1ページだけで事足りています。

もうちょっと使いこなせよ…と思われそうですが、生活する上で本当に必要なものって何があるのでしょうか?

自分のホーム画面を見て、今入っている無数のアプリのうち、なければ困るというアプリはありますか?

おそらく、あれば便利だから…という程度のものがほとんどを占めるはずです。

僕の場合は少し極端かもしれませんが、それくらいスマホが生活に影響することが少ないので、毎月1万円も支払う価値がないのです

もちろん、様々な機能を使いこなし、キャリアでないと生活に重大な影響が出るような人は格安SIMにする必要はありません。

格安SIMにしない理由は?

キャリアで契約している人でも、月額料金に見合った使い方をしていない人は山ほどいるでしょう。

実を言うと、僕も格安SIMにしたのは2016年ですから、それまでは大して使ってもいないスマホに高い料金を支払っていた側の人間です。

それまでの僕や、今でもキャリアで契約している人が格安SIMにしない理由は何なのでしょうか?

僕の場合は、それまで格安SIMという存在をほとんど知らなかったことや、知ってからは情報が少なかったことで格安という言葉に不安があったことでした。

しかし、いつまでも高い料金を支払うのはアホらしいので、駄目もとで格安SIMで契約してみようと思いました。

それでスマホに不具合があっても、生活できなくなるわけではないですからね。

結果、なんでもっと早く気付かなかったんだろうというくらい、格安SIMにして良かったです。

なので、格安SIMに不安を覚える人の気持ちはわかります。ただ、以前に比べて、今では格安SIMの情報は溢れかえっています。

それでも乗り換えない理由の多くは、「今の携帯会社のほうが安心だから」ということらしいです。

「不安 = 無知」= 理解すれば解決

はっきり言うと、これだけ情報が溢れかえっている世の中で今の携帯会社のほうが安心だからという考えは、怠惰でしかありません。ただの言い訳です。

とくに、スマホ代が高いと感じている人ならなおさらですね。

格安SIMが不安だと感じるのは、格安SIMに対して無知だからです。多くの人は、自分の知らないことに関しては強い不安を感じます。

格安SIMでも安かろう悪かろうでは意味がないと思い込んでいる人もいるでしょう。実際は格安SIMが安いのではなく、キャリアの料金が割高なだけです。

なぜ格安SIMは安いのか、デメリットには何があるのかを理解するには、自分で調べるなりして勉強する必要があります。

それをするのが面倒だから、 スマホ代が高いと思いながらも今の携帯会社のほうが安心だと自分に言い聞かせているのではありませんか?

なぜ格安SIMは安いのか?

格安SIMが安い理由は、大きく分けてふたつあります。

ひとつはキャリアから通信回線をレンタルしていること、ひとつは人件費を削減していることです。

通信回線をレンタルしている

三大キャリアではそれぞれが独自の通信設備を持っていますが、MVNOはキャリアから通信回線をレンタルしています。

通信設備への設備投資が不要な分、料金が安くできるということですね。

通信回線が同じということは、電波にも問題がありません。docomoの通信回線を使用するMVNOなら、docomoと同じ範囲で電波が届きます。

乗り換えの際に注意したいのは、現在契約している回線が乗り換え先で利用できるかどうかです。

例えば、docomoの通信回線しか利用できないMVNOの場合、auとsoftbankで契約している人は「SIMロック解除」をする必要があります。

SIMロックとは、端末を購入したキャリアの回線でしか使えないように制限するもので、これを解除すればどの回線でも利用することができます。

今のところ、ほとんどのMVNOはdocomoの回線を使用しており、次いでau回線、softbank回線が使用できるMVNOは少なめです。

人件費を削減している

格安SIMを提供するMVNOは、実店舗を持たないところも多いです。それによって人件費を削減することができ、料金に反映されています。

今では実店舗を持つところも増えてきましたが、公式サイトのチャットで対応してくれるところがほとんどなので、わからないことがあってもすぐに聞くことができます。

格安 = 低品質ではない

キャリアの月額料金が高い理由は、通信設備にコストが掛かること、サポートのための人件費が掛かることです。

格安SIMはそれらを極力排除した結果なだけで、品質が劣るから安くなっているわけではありません。

格安SIMのデメリット

格安SIMには安かろう悪かろうのイメージが強いかもしれませんが、実際そんなことはありません。

一般的にデメリットと言われることはいくつかありますが、人によってはデメリットと感じることもないくらい。

実際、僕は格安SIMで言われるデメリットなんてデメリットとは思わないし、月額料金が安くなるメリットは計り知れません。

とはいえ、どういったデメリットがあるのか知っておくことは大事ですし、実際に契約したことがある楽天モバイルのデメリットについてまとめてみました。

楽天モバイルのデメリットとは?

ここで紹介するデメリットは、楽天モバイルに限らずどこのMVNOでも同じようなものだと思います。

おすすめのMVNOを紹介

MVNOは数百社あるとも言われるくらい、数が多すぎて比べるのも億劫になりますが、実際はどこを選んでも料金的には大差ないと言えるでしょう。

実際に僕がこれまで契約したことがあるMVNOは、どれも問題なく利用できました。

LINEモバイル

LINEモバイルは、主要なSNSをデータ消費なし(データフリー)で利用することができるのが特徴です。

通信回線は三大キャリア全てに対応しているので、softbankからも簡単に乗り換えができます。

プランデータフリー
LINEフリーLINE
コミュニケーションフリーLINE・Instagram
Facebook・Twitter
MUSIC+LINE・Instagram
Facebook・Twitter
LINE MUISC
 LINEフリーコミュニケーション
フリー
MUSIC+
1GB1,200円--
3GB-1,690円2,390円
5GB2,220円2,720円
7GB2,880円3,280円
10GB3,220円3,520円

コミュニケーションフリーが他のMVNOの一般的な料金プランと同じくらいで、月額料金はシンプルでわかりやすいですね。

現在、LINEフリーとコミュニケーションフリー(3GB)なら最初の3ヶ月は300円で利用できるキャンペーンをやっています。

また、申込時にキャンペーンコードの「1906WA05」を利用して申し込むと、5~9ヶ月目の料金が1,000円割引されます。

これらは終了日未定となっていますが、利用者が増加すれば割引が少なくなることが予想されますので、今が乗り換えのチャンスと言えますね。

☞ Check!LINEモバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは、10分かけ放題に加えてデータ容量を超過したときでも、最大1Mbpsの速度で通信ができる「スーパーホーダイ」が特徴的です。

プランデータ容量月額料金
プランS2GB1,480円
プランM6GB2,480円
プランL14GB4,480円
プランLL24GB5,480円
※ 初月はすべてSプランと同額
※ 月額料金は割引適用後の最安値

ただし、スーパーホーダイの料金は最大割引額が適用されたものが掲載されているので、契約の仕方によっては図の通りにはならないことには注意してください。

スーパーホーダイを最安で契約する方法

スーパーホーダイはdocomo回線しか使用できませんが、通常のデータ容量によって料金が変わる「組み合わせプラン」では、au回線も使用することができます。

プラン名通話SIMデータSIM
(SMSあり)
データSIM
(SMSなし)
ベーシック1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円
※ データSIM(SMSなし)はdocomo回線のみ

データSIMとは通話ができないSIMなので、一般的には通話SIMで契約することになりますね。

割引を加味するとスーパーホーダイはお得ですが、かけ放題が不要な方にとっては何とも絶妙な料金体系となっています。

楽天モバイルではこれといった割引キャンペーンはやっていません。今後もキャンペーンには期待できない気がします。

☞ Check!楽天モバイル

mineo

mineoは、au回線を利用している人にとって有力な乗り換え先となります。

三大キャリア全てに対応していますが、月額料金に違いがあるため、docomoとsoftbankから乗り換えるなら他社のほうが良いと思いますね。

データ容量AプランDプランSプラン
500MB1,310円1,400円1,750円
3GB1,510円1,600円1,950円
6GB2,190円2,280円2,630円
10GB3,130円3,220円3,570円
20GB4,590円4,680円5,030円
30GB6,510円6,600円6,950円

Aプランがau回線、Dプランがdocomo回線、Sプランがsoftbank回線です。

料金体系がシンプルなので、余計なことを考えずに契約できるのもメリットではないでしょうか。

☞ Check!mineo

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、僕が実際に契約したことはありませんが、友人に紹介して使っているMVNOです。

BIGLOBEモバイルには対象の動画サービスが見放題のオプション(月額480円)があり、これによってWi-Fiがなくても動画を気にせず見ることができます。

友人は家にWi-Fiがなく、Youtubeをよく見るので毎月20GB前後のデータを消費しているとのことでした。

MVNOは10GBを超えるような大容量の契約では割安感がないため、それ以上のデータ容量が必要な場合はキャリアで契約するほうがメリットがあります。

しかし、データ消費の主な要因がYoutubeなら、動画見放題のオプション+容量が少なめの契約にすることで、スマホ代を節約することができます。

プラン音声通話SIMデータSIMSMS機能付き
データSIM
3GB1,600円900円1,020円
6GB2,150円1,450円1,570円
12GB3,400円2,700円2,820円
20GB5,200円4,500円4,620円
30GB7,450円6,750円6,870円
※ docomo回線・au回線が使用可能
※ データSIMはdocomo回線のみ

6GBと動画見放題のオプションでも月額3,000円以下です。時間帯によっては動画が重くなるようですが、友人曰く「料金考えたら十分」とのことです。

なお、BIGLOBEモバイルも月額料金を6ヶ月間1,200円割引するキャンペーンを行っています。

以前よりは特典が少なくなっているので、キャンペーンをやっているうちに乗り換えるほうがお得ですね。

☞ Check!BIGLOBEモバイル

詳細を知ってもあまり意味はない

ここでは簡単な紹介しかしていませんが、各MVNOの特徴を詳しく知ったところであまり意味がないと思っています。

なぜなら、月額料金がどれも安くなるのは同じで、その違いはそれほどないからです

いやいやそんな無責任な…と思われそうですが、これは実際にいくつか使ってみたからこそ、わかることでもあります。

ただ、BIGLOBEモバイルは人によってこれしかないという可能性もありますね。友人がまさにそうでした。

データ通信は主にWi-Fiで行うなら、どこのMVNOを選んでも大丈夫でしょう。

細かいことを気にして乗り換え先を決められないくらいなら、とりあえず格安SIMを使ってみることをおすすめします。

まとめ

僕は格安SIMにして数年経ちましたが、これまで何かトラブルが起こったことはありません。

それによって節約できたスマホ代は、すでに20万円くらいにはなるでしょうか。

何も困ったことはないのに、数年でウン十万円の違いが出る。これがスマホの現実です。

どれだけ情報を調べたとしても、使ってみないことにはわからないことも多いです。

使ってみてやっぱりキャリアが素晴らしいと思えば、最低利用期間だけ使って戻れば良いだけの話ですからね。

とりあえず、やってみないことには何も変わらないことだけは間違いないので、スマホ代が高いと感じているのであれば、格安SIMを利用してみましょう。

おしまい。


おすすめのMVNOへ戻る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする