【楽天モバイル】スーパーホーダイは3年契約が最安になる!

楽天モバイルには独自のプラン「スーパーホーダイ」がありますが、スマホ業界にありがちな「わかりにくい」「注意書きの多い」プランです。

スーパーホーダイ

パッと見る限りは非常に月額料金が安く見えますが、当然この料金で契約するには条件があります。

ここではスーパーホーダイに興味はあるけど、内容がイマイチよくわからないという方のために、実際に必要な月額料金を紹介していきます。

※ この記事は2019年7月に作成しています。最新の情報とは異なる可能性もあるため、公式サイトでの確認もお願いします。

スポンサーリンク

スーパーホーダイとは?

スーパーホーダイとは、10分かけ放題+高速通信ができるプランで、データ容量の上限は契約プランによって変わります。

大きな特徴としては、データ容量を使い切っても最大1Mbpsの速度で通信が行えること。

基本的にデータ容量を使い切った後は最大200Kbps程度に制限されるので、それに比べるとかなり速い速度となりますね。

ただし、最大なので常に1Mbpsで通信ができるわけではありません。環境によって速度は違ってくるため、もしかしたらかなり遅くなる可能性もあります。

僕は実際に契約したことありませんが、知り合いはスーパーホーダイにはとても満足している様子ではありましたね。

スーパーホーダイは今のところ、docomo回線しか利用できないため他のキャリアから乗り換える場合はSIMロック解除が必要になります。

スーパーホーダイの料金は?

スーパーホーダイの料金は少し複雑で、まず最低利用期間1~3年のいずれかを選択しますが、利用期間を長期にするほど月額料金が割引されます。

スーパーホーダイ

公式サイトに掲載されている料金は、最長の3年で契約した場合です

料金の割引内容

プランSはもともとの基本料金が2,980円となっています。

ここから楽天会員なら2年間は毎月500円割引、2年契約なら2年間500円割引、3年契約なら2年間1,000円割引が適用されます。

楽天会員の最上位ランクであるダイヤモンド会員なら、1年のうちダイヤモンド会員になった月のみ、さらに500円割引されます。

ただ、ダイヤモンド会員はハードルが高く、狙ってなれるものではないのでここでは考えないことにします。

割引割引額(2年間)
楽天会員毎月500円
2年契約毎月500円
3年契約毎月1,000円

つまり、プランSなら基本料金2,980円から楽天会員割+長期割3年の1,500円を割引した料金が、月額1,480円となります。

2年契約なら割引額が合計1,000円なので、月額料金は1,980円ということですね。

ただし、割引されるのは2年間です。3年契約だからといって、3年間割引が続くわけではない点には注意が必要ですね

3年目には割引はなく、プランSでも月額2,980円になります。

スーパーホーダイの契約解除料(違約金)

スーパーホーダイは契約期間内に解約すると契約解除料(違約金)が発生します。

契約解除料は、2018年6月14日20:00以降に契約した方と、それ以前に契約した方で大きく変更されました。

2018年6月14日20:00以降に契約した場合、契約年数にかかわらず一律で9,800円となりました

スーパーホーダイの契約解除料1

それ以前に契約した場合は、契約期間と解約時期によって変わります。

スーパーホーダイの契約解除料2

長期契約したときに早期解約すると高額な契約解除料が発生するため、注意してください。

スーパーホーダイの料金シミュレーション

では、スーパーホーダイで契約した際に必要な月額料金を、プランと契約期間ごとに分けてシミュレーションしてみます。

プランSの月額料金

Sプラン1年契約2年契約3年契約
1年目2,480円1,980円1,480円
2年目-1,980円1,480円
3年目--2,980円
実質月額料金2,480円1,980円1,980円

プランMの月額料金

Sプラン1年契約2年契約3年契約
1年目3,480円2,980円2,480円
2年目-2,980円2,480円
3年目--3,980円
実質月額料金3,480円2,980円2,980円

プランLの月額料金

Sプラン1年契約2年契約3年契約
1年目5,480円4,980円4,480円
2年目-4,980円4,480円
3年目--5,980円
実質月額料金5,480円4,980円4,980円

プランLLの月額料金

Sプラン1年契約2年契約3年契約
1年目5,480円4,980円4,480円
2年目-4,980円4,480円
3年目--5,980円
実質月額料金5,480円4,980円4,980円

2年契約と3年契約の実質負担額は同じ

ご覧のように、3年契約は最初の2年間は安いものの、3年目に割引がなくなることで実質の月額料金は2年契約と同じになることがわかります。

それなら縛りの短い2年契約のほうが良さそうですが、契約解除料が一律になったことで、最も安く使えるのは3年契約となりました。

スーパーホーダイは3年契約が最安になる

これから3年契約をする方はいつ解約しても、契約解除料は9,800円です。

そのため、3年契約で2年使用した後に解約することで、契約解除料を含めても実質月額料金が最安になります。

Sプラン2年契約3年契約
2年合計47,520円35,520円
契約解除料-9,800円
総支払い額47,520円45,320円
実質月額料金1,980円1,888円

3年契約で2年後に解約すれば、どのプランでも合計で2,200円安くなります。

まぁ月額では100円にも満たない額なので、そこまでして最安を求めなくても良いかなとは思いますけどね。

まとめ

今回の料金シミュレーションは、オプションなどに加入していない前提なので、オプション加入や端末の同時購入で分割払いをした場合はその金額をプラスする必要があります (+税)。

楽天モバイルは楽天スーパーポイントも貯めることができるので、楽天ユーザーにはおすすめのMVNOですね。

おしまい。


楽天モバイルの公式サイトへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする