有料のTargetを解約して無料のスマート出馬表で予想する

アイキャッチ競馬

様々なデータ分析ができる優良な有料ソフト「Target」は、データ分析以外にも出馬表の見やすさなど使い勝手は非常に良いものです。

僕も数年前から利用を続けており、自分が本命にした馬の成績が簡単に振り返ることもできるため、自分の予想力がどれほどなのかを知るのにも役立ちました。

何よりも便利なのは、買い目の合成オッズが瞬時にわかり、金額調整も簡単、そのまま投票まで行える機能ですね。

しかし、毎月の利用料が2,000円ほどかかるため、それを馬券でペイしようと思うと一筋縄ではいきません。どれだけデータが調べられても、馬券で勝てるとは限らない。

毎月2,000円くらい…と思われるかもしれませんが、仮に1レース1,000円で1日3レース購入すると、土日で6,000円。1ヶ月で24,000円の投資になります。

24,000円で2,000円の利益を出すには、約108%の回収率が必要です。108%って、簡単そうで簡単ではないですよね。そもそも、ほとんどの人は競馬で勝てないんですから。

投資額を倍にして月48,000円にすれば、104%の回収率でペイできます。しかし、1レースで2,000円を使うと、ハズレが続いたときのリスクも上がります。

実は、以前はブログの収益でTarget代くらいはペイできていましたが、昨年からグーグル神の都合でアクセス&収益が激減し、今では雀の涙ほどにしかなっていません。クソがッ!

まぁ月2,000円が負担になっているわけではないですが、最近になってTargetから自動投票ができなくなったことに加え、他に使えるサービスがあるので解約することにしました。

その使えるサービスというのが、「スマート出馬表」です。

スポンサーリンク

スマート出馬表でできること

スマート出馬表は、亀谷敬正さんが開発しているツールです。

スマート出馬表

ここからは、僕が予想をする際に利用している主な機能を紹介していきます。

推定人気が超便利!

前日の19時前後くらいに「推定人気」が更新されます。

推定人気は高確率で当日の人気と同じになるもので、前日予想するうえでは非常に重宝します。前日のオッズを見ても、確定オッズとかけ離れていることが多いですからね。

オッズまではわかりませんが、おおよその人気がわかることで危険な人気馬、妙味のある人気薄にあたりを付けることができます。

もちろん、推定人気では10番人気やけど最終的に5番人気になってる!みたいなこともありますが、そういった馬の期待値は高いとのことです。

スマート出馬表・推定人気

これは先日の大阪杯の画面、赤枠で囲ったところが推定人気です。

推定1番人気はブラストワンピースですが、最終的には推定2番人気のダノンキングリーが1番人気、推定5番人気のラッキーライラックが2番人気となり、ブラストワンピースは3番人気でしたね。

結果は推定人気より確定人気が下がったブラストワンピースは着外へ沈みました。ただ、推定4番人気で確定5番人気のクロノジェネシスが2着だったので、絶対的な指標となるわけではないです。

そもそも、直前になってオッズが急変することもありますし、あくまで参考程度にとどめておくほうが良いですね。

推定人気は単純に、どの馬がどれくらいの人気になるかを確認するために使いますが、僕はもはや推定人気がないと前日予想ができなくなりました。ちなみに、推定人気等の項目は昇降順に並び替えすることもできます。

自動投票機能が追加

最近、スマート出馬表に自動投票機能が追加され、とても便利になりました。

トップ画面下の「環境設定」から「IPAT連携設定」の項目に必要事項を入力すれば利用できるようになります。

スマート出馬表・投票の設定

出馬表の画面上部にある「IPAT照会」から入金もできるので、控えめに言ってめっちゃ便利です。

IPAT投票

IPAT投票」をクリックして馬券の種類を選択すれば、買い目の(合成)オッズまで瞬時に表示されます。

馬連で数点購入するときにも、購入金額を決めて払戻が均等になるように配分することもボタンひとつで可能。

投票の手順

投票の仕方は、まず最初に入金を済ませておき、出馬表の「IPAT投票」をクリックします。

スマート出馬表・投票の仕方

すると、馬券の種類が表示されるので、僕の場合は馬連を選択。買う馬をチェックする箇所が出てくるので、軸と相手を選択します。

スマート出馬表・投票の仕方2

丸で囲んだところに選んだ買い目の組数と合成オッズが表示されます。次に確認をクリックすると、金額の入力画面に移ります。

投票金額

個別に入力してもいいし、下部にある「金額一括指定」から購入金額を設定し、「仮払戻額均等配分」をクリックすると、購入金額に合わせて自動的に配分してくれます。

画像のように、金額が少ないとどうしてもバランス良く配分するのが難しくなりますが、まぁそこは仕方ない。金持ちが有利なゲームですからね。

最後に投票をクリックして最終的な購入金額を入力し、確定を押せば投票完了です。

投票完了

先行しそうな馬がわかる…かもしれない

競馬は前が有利。このブログでも何度も言っていることですが、問題はどの馬が先行するか事前にはわからないことです。

競馬新聞やTargetの出馬表からは、近走の通過順から前に行きそうな馬を探すしかありませんが、スマート出馬表ではもうひとう参考になるデータが掲載されています。

それが、「テン1F」です。

テン1Fは、各馬の過去最速時のタイムと前走のタイムが掲載されており、テンのダッシュ力が高い馬かどうかの判断がある程度できるものです。

実際にそれを利用して的中させたレースを紹介します。そのレースは4/5の阪神9R千種川特別・芝1200m。私の本命馬は推定6番人気のコウエイダリアでした。

スマート出馬表・阪神9R

阪神芝1200mは内・先行有利が顕著なので、狙いは当然前に行く馬。

コウエイダリアはここ最近の4角通過順が3.4.11.2番手と、一応先行馬と考えても良さそうな位置取りですが、今回は前走1400mからの短縮となります。

一般的(?)に、短縮では前走より道中ペースアップする可能性が高く、前走より位置取りが下がるケースが多いため、先行狙いで買っても差す形になるかもしれません。

そこで、テンの1Fのスピードの出番になります。

先ほどの画像で「テン1F」のデータを確認すると、コウエイダリアは過去12.0で③(出走馬中3番目)、前走が12.2で①となっています。

つまり、今回は1200m戦ながら前走ガンガン飛ばしたような馬はおらず、コウエイダリアは短縮でも前走くらいのスピードで走れば前に行ける可能性が十分あるということ。

同じ短縮の先行馬でも、テンの1F順位・前走の順位が低い場合は、追走に苦労する可能性が上がります。もちろん、意図的に出していけば前に行くことはありますが、可能性の話なのでそこはレースが始まってみないとわかりません。

コウエイダリアは短縮でも今回のメンバーなら軽く前に行けるスピードがあり、さらに有利な内枠、短縮得意な血統、それでいて推定6番人気ということもあって、見た瞬間に本命候補になりました。

後は相手選びですが、最近になって馬連で勝負するようになり、相手も基本は先行馬に絞り、人気の差し馬は来たら諦めるスタンスで臨んでいます。

人気馬から見ていくと、推定1番人気は10番ヴェルスパー。

テンの1F過去は上位ではありませんが、前走は3位です。血統はロードカナロアに母系はウインドインハーヘア一族と良血。外枠は不安材料ですが、抜けた人気でもないのでひとまず相手候補として残します。

推定2番人気はキャスパリーグ。

テンの1Fは過去も前走も下から数えたほうが早く、戦績からも今回いきなり先行するとは思えない。さらに不利な外枠となれば、これはもう危険な人気馬一択です。よって消し。

推定3番人気はレジーナファースト。

こちらもテンの1F・戦績から先行する可能性は低く、1枠なので上手くインを付けばチャンスはありますが、人気馬となればそれは逆にリスクです。よって消し。

推定4番人気はトンボイ。

テンの1Fは過去・前走ともに上位で戦績からも明らかに前に行くのがわかるので、もちろん相手候補で確定。前走は同じ理由で本命にしてお世話になりました。

推定5番人気のナンゴクアイネットも差し馬で消し…と相手を絞っていき、結局上位人気ではヴェルスパーとトンボイ以外は怪しいと考えました。

下位人気で妙味のありそうな馬は、今回短縮で力を発揮できそうな推定9番人気のスキップしか見当たらず、位置取りには不安がありますが人気薄なのでそこは目を瞑ります。

結果、馬なりで先手を奪ったコウエイダリアが危なげなく逃げ切り。2番手に付けたトンボイが残り、3着には好位に付けることができたスキップが入り、人気の差し馬は全滅。

ヴェルスパーが好位から全く伸びなかったですが、休み明けで-8㎏と体調に問題があったのかもしれません。

馬連は20倍でしたが、3点に絞って最終的な合成オッズは約8倍。現在は均等に払い戻されるようにしているので、回収率は800%と考えれば上々でしょう。

三連単で1万円使って8万馬券を当てるのと同じですが、馬連なら少額でも勝負できて的中率も期待できるのが良いところですね。

このレースでは上手くハマりましたが、当然全てのレースで狙い通りに先行するとは限りません。後ろから行くだろうと思った馬が先行することもありますが、これまでより精度が上がるのは間違いないと思います。

その他

他にもスマート出馬表には様々な機能があります。

血統・系統・国別系統が一目でわかったり、テンパターン・上がりパターン、過去の戦績やコースデータ(枠や血統などの回収率)も見ることができ、これらを全て無料で使えるのはすごいことだと思います。

色々ありすぎて、正直使いこなすことはできてません。

当然、Targetにできてスマート出馬表ではできないこともありますが、無料で使わせてもらえるので文句は言えません。そのあたりはJRAのサイトやヤフー競馬で補いながらやっています。

スマート出馬表まとめ

競馬新聞より有益な情報が無料で得られるスマート出馬表はいいぞ。

出馬表には予想印も入力できますが、データの保存には「データバイヤー」に登録(無料)する必要があります。登録しなくてもスマート出馬表の機能は使えるので安心してください。

先行馬を狙うための考え方は、こちらの書籍が参考になります。

コメント