国民年金を非難してトンチン年金に加入する残念な日本人

トンチン年金とは長生きすればするほどお得になる民間保険の一種です。

人生100年時代と言われる昨今、このトンチン年金は長生きしたときのリスクヘッジとして人気があるようですね。

今回は、僕がトンチン年金について思うことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

トンチン年金とは?

トンチン年金は、国民年金と同様に保険料を支払い終えれば、あとは亡くなるまで毎月年金が受け取れる民間保険会社が提供する個人年金保険です。

例えば、日本生命が販売するグランエイジという商品では、このようなイメージになります。

  • 50歳・男性
  • 70歳払込満了
  • 年金開始70歳
  • 年金額…年60万円
  • 保険料…月50,790円
  • 払込総額…約1,200万円

50歳から毎月約5万円の保険料を70歳まで支払い続けると、70歳以降は年額60万円(月5万円)の年金が受け取れる仕組みです。

また、この契約では70歳から5年間の保証期間が付いているので、75歳以前に亡くなった場合は遺族に保証分が支払われるようです。

70歳以前に亡くなった場合や途中解約した場合は、一定の解約返戻金(死亡返戻金)が支払われます。(返戻率は70%のようです)

人生を賭けたギャンブル

トンチン年金の大まかな内容は理解できたでしょうか。

長生きしても年金は終身で支払われるので、貯蓄だけで老後を過ごすより安心できると感じて加入する人が多いはずです。

しかし、内容をしっかり把握している人がどれだけいるのかは甚だ疑問。

先ほどの契約の場合、支払った保険料を上回る年金を受け取れるようになるのは、89歳以降になります。年金受取から20年近くかかるんですね。

ちなみに、2017年発表の男性平均寿命は約81歳。果たして、どれだけの人が保険料を上回る年金を受け取ることができるでしょうか。

平均を上回って長生きしたときに備えているんだから、加入者は損得で話をするようなものではないと考えているかも知れませんが…ハッキリ言って、ほとんどの人が損をする仕組みです。

トンチン年金は、人生を賭けたギャンブルと言っても過言ではないでしょう。

非難囂々の国民年金の場合

別記事でも書いていますが、年金の受給開始年齢が68歳に引き上げられるかも知れない話が浮上しています。

年金68歳支給案に避難囂々!?国も酷いが国民も酷いのが日本という国である。
財務省が年金支給を68歳とする提案をし、波紋が広がっているとのニュースを読みました。 ...

非難する人のほとんどは、どうせ支払った保険料以下しか年金は受け取れないんだから、年金制度なんて止めちまえ!!とか、自分で貯めるから支払った分を全額返してくれと言います。

簡単にシミュレーションしてみましょう。

基本的に、国民年金では20歳から60歳まで保険料を支払い続けます。保険料は年々増加の傾向にありますが、ここでは現状より高めの月17,000円とします。

それを40年間支払い続けると、総額は816万円。現在の受給額は満額で月額65,000円ほどなので、年間で78万円です。

この場合、年金受給開始から10年と数か月で支払った保険料を回収できる計算です。

おや、トンチン年金は20年近くかけてようやく保険料を回収できたのに…?

また、今後支給額が減ることが予想されますので、仮に満額で月5万円になったとします。この場合、年間の支給額は60万円ですね。

しかし、この場合でも支払った保険料を回収するまでには13年6ヶ月で済みます。

将来的に月5万円まで減るのが現実的なのかどうかは分かりませんが、これくらいで見積もっても民間のトンチン年金より遥かに返戻率が高いことが分かりますよね。

それに、国民年金の場合は老後の年金以外にも、遺族年金や障害年金などの仕組みもあり、その手厚さはそもそも民間のそれとは比べ物にならないのです。

それでも国民年金を非難し、民間の保険を信じますか?

国民年金がこれだけ民間より手厚い保障になっているのは、財源の半分を税金で賄っているからです。民間の保険が太刀打ちできる道理がありません。

また、国民年金はその存続について危機感を持たれていますが、トンチン年金を販売する保険会社の存続については考えたことはないのでしょうか。

まぁトンチン年金は保険会社の利益が相当大きそうなので、ある意味破綻する心配は国民年金より低いのかも知れませんが…素直に喜べませんよね。

そもそもトンチン年金に加入する人は、長生きの備えとして損得では考えていないかも知れませんが、それは国民年金でも同じです。

どうせ支払った保険料以下しか貰えないとか考えること自体おかしな発想です。どういう条件で試算してそういう考えになるのか、話を聞いてみたいもんですね。(何も考えていない可能性が高いでしょう)

現在の加入年齢は50歳からだが…

現在発売されているトンチン年金では、加入年齢が50歳からとなっています。

そのため毎月の保険料も高額になりがちですが、もしからしたら今後は加入年齢が下がって毎月の保険料が低めになる可能性もないとは言い切れません。

仮に、最初の契約条件で30歳から加入できるとしたら、毎月の保険料25,000円を40年間支払い続ければ同額の支払総額になります。

期間が長期になれば保険会社の運用期間も長く取れるので、もう少し安くなるかも知れません。まぁ月額20,000円としておきましょうか。

20,000円は安くはないですが、国民年金に不信感を抱き、人生100年時代に不安があるなら加入したくなるかも知れません。

が、ハッキリ言って、止めておいた方がいいです。

月20,000円を40年間支払続ければ960万円、年額60万受け取るにしても回収するまでに16年掛かります。86歳以降ならお得になりますね。

一見、それほど条件としては悪くないようにも思えますが、途中解約すれば大きく元本を毀損するし、こちらが得をする条件になるほど保険会社の利益は少なくなるということです。

保険会社に利益が出ない条件なら、保険料は20,000円以上になる可能性が高いですし、商品の販売そのものが無くなるかも知れません。

どのような形であれ民間の保険会社の商品に、こちらのメリットになるようなものはほとんど存在しないことを理解しておく必要があります。

せいぜいメリットがあるのは一部の生命保険・条件によっては医療保険くらいでしょう。

トンチン年金に加入するくらいなら

民間のトンチン年金に加入するくらいなら、株式投資をする方がよっぽどメリットが大きいです。トンチン年金うんぬん関係なしに、投資はやっておくに越したことはないと思いますが。

米国のETFにVYMという商品があります。

ETFは株式の詰め合わせのようなもので、VYMは高配当銘柄を中心に構成されており、配当利回りは現在約3%ほどで税金を差し引くと約2%強となります。

買付手数料や信託報酬などもありますが、計算が面倒なのでここでは考慮しません。

例えば、トンチン年金に使う毎月5万円でVYMを購入。年間60万円の投資に約2%の配当が受け取れるので、それを翌年に再投資します。

翌年は60万円の追加資金と配当再投資分を合わせ、その元本に約2%の配当が付くので翌年に再投資…を繰り返していくと、70歳の頃には元本が約1,500万円となります。

その頃には年間で約30万円の配当が受け取れるようになっています。

そして、70歳以降は元本から30万円を切り崩し、配当金と合わせて生活の足しにします。

毎年元本が減っていくので配当金も若干減っていきますが、毎年30万円を切り崩しても20年後(90歳)の元本は約900万円・年間の配当金は約18万円あります。100歳でも元本は600万円・配当金は約12万円です。

もちろん、株価の変動があるのでこの通りにはいきません。一方で、米国株では増配する企業が多いので、配当金が増加する可能性も高いです。

株価の変動があるとはいえ長期的には上昇する可能性も高く、すぐに現金化できる流動性も保険に比べて有利になります。流動性は大事ですよ。

トンチン年金が終身であるのと同様に、配当金も株式を保有している限り支払われ続けます。元本さえ大きければ、配当金だけで生活すること可能なんですから。

トンチン保険の加入年齢が引き下げられても加入はおススメしませんが、投資は若いうちから始めることをおススメします。なぜなら、投資は長期になるほど複利の効果が働くからです。

まぁVYMでのシミュレーションはかなり適当なところがありますが、少なくともトンチン年金で備えるよりは遥かに大きなメリットがあることは断言できます。

まとめ

日本人は先進国のなかでも金融リテラシーが低いと言われます。

それは国民年金や投資よりも、民間の保険を重視する傾向があることから間違いありません。

民間の保険が全て悪いとは言えませんし、トンチン年金がほとんどの人に不利な契約内容であることを理解したうえで備えるのなら問題はないでしょう。

しかし、なんとなく国の制度を毛嫌いして民間の保険に加入している人は要注意です。そんな考え方は自分にとってデメリットでしかありません。

複雑な制度が多いですが、少しでも理解しようとすることが長寿リスクを軽減することに繋がることは間違いないので、自分のためにも勉強することが大事だと思います。

おしまい。

米国株の配当再投資戦略とは?

【資産形成への第一歩】配当再投資のメリット・デメリット
このブログでは米国株投資を推奨しています。 その理由は、米国は先進国の中で唯一、今後...

複利効果は絶大です。

【資産形成の助っ人】人類最大の発見?!複利の力
世の中は、お金持ちがさらにお金持ちになるようにできています。なぜなら、お金持ちは複利の力を...

NISAは国が推奨する制度です。

【資産運用】NISA・つみたてNISAとは~仕組みと違いを解説~
2014年に少額投資非課税制度(NISA)が開始され、2018年には新たにつみたてNISA...

運用リスクと長寿リスクについて。

投資のリスクを取らないリスク~運用リスクと長寿リスク~
投資にはリスクがありますが、投資をしないことにもリスクがあると言われます。 日本では...