トンチン年金はデメリットが大きいから加入するのはやめておけ!

アイキャッチコラム

年金だけでは老後の生活費を賄えないと発表されたことは記憶に新しいですが、老後のために「トンチン年金」へ加入しようと考える人が増えているそうです。

しかし、僕はトンチン年金には加入するメリットはないと考えています。

この記事では、トンチン年金はデメリットが大きすぎるので加入しないほうが良いことをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

トンチン年金とは?

トンチン年金とは、保険料を支払うことで、自分が亡くなるまで毎月年金が受けとれる個人年金保険です。

例えば、日本生命が販売するグランエイジという商品では、このようなイメージになります。

  • 50歳男性
  • 70歳払込満了
  • 年金開始70歳
  • 年金額…年60万円
  • 保険料…月50,790円
  • 払込総額…約1,200万円

50歳から毎月5万円の保険料を70歳まで支払うと、70歳以降に年間60万円の年金が受けとれるという仕組みです。

この契約では70歳から5年間の保証期間があり、75歳以前に亡くなった場合は遺族に保証分の保険金が支払われます。

70歳以前に亡くなった場合や途中解約した場合、一定の解約(死亡)返戻金が支払われますが、返戻率は70%程度のようです。

人生を賭けたギャンブル

トンチン年金の唯一のメリットは、生きている限り年金が受け取れるので、長生きするほどお得になるということです。

ただ、グランエイジの場合、受け取れる年金額は年額で記載されていますが、月額にすれば5万円。この金額は、毎月支払っている保険料と同じ金額です。

保険料は20年間支払い続けることになるので、支払った保険料以上の年金を受け取れるのは20年後からとなりますが、受給開始年齢は70歳。つまり、損をしない分岐点は90歳です。

ところが、2017年に発表された男性の平均寿命は81歳。女性はもう少し長生きですが、男女で保険料が違うように設定されているので分岐点に差はありません。

もちろん、加入する目的は平均より長生きしたときのための備えとしてですが、これだけでもほとんどの人は損をする仕組みとなるのがお分かりですよね。

トンチン年金は、人生を賭けたギャンブルと言っても過言ではないでしょう

国民年金の場合

多くの国民が「どうせ納めた保険料以下しか貰えない」と思い込んで非難されている国民年金の場合はどうでしょうか。

国民年金は20歳から60歳まで保険料を支払います。保険料はこれまで少しずつ増加され、2019年の16,900円で固定される決まりです。

計算を簡単にするためにここでは月17,000円としますが、それを40年間支払うと総額は816万円、現在の受給額は年間78万円、月額だと約65,000円です。

少し支払額を多めに計算しても、支払った保険料は10年と数ヶ月で回収される計算になりますね。

おや、トンチン年金は20年でようやく元が取れるのに、国民年金が非難されるとは一体どうしたことか?!

今後、国民年金は受給額が減ることも予想されますので、仮に年間60万円まで下がったと仮定しましょう。しかし、その場合でも支払った保険料を回収するのは13年と6ヶ月、トンチン年金より遥かに早いのです。

さすがにここまで支給額が減る可能性は考えにくいですし、これだけ低く見積もってもトンチン年金より返戻率が高いのですから、どちらが優れた制度かは明白ですよね。

国民年金がこの年数で回収可能なのは、財源の半分に税金が使われているからです。それに、国民年金の場合は老後の年金以外にも、遺族年金や障害年金などの仕組みもあり、その手厚さはそもそも民間のそれとは比べ物になりません。

トンチン年金の大きなデメリット

トンチン年金には、大きなデメリットがあります。

それは、トンチン年金を販売する保険会社が存続し続けられるかどうかということです。国民年金がこれだけ民間より手厚い保障になっているのは、財源の半分を税金で賄っているからであり、民間の保険が太刀打ちできる道理がありません。

民間の保険会社は利益を出さなければ存続できませんが、その利益は契約者の保険料から賄う必要があります。

もし、さらに長寿化が進み平均年齢が上がるとしたら、保険料を上げるか受給額が下げるかしないと、保険会社は存続できません。

トンチン年金に加入する人は、長生きの備えとして損得では考えていないかもしれませんが、それは国民年金でも同じです。

トンチン年金は損をする可能性が遥かに高い商品なのに、国民年金より安心だと考えているのなら、すぐに考えを改めたほうが良いでしょう。

契約中に保険料の支払いが厳しくなって解約しようにも、返戻金が低く設定されているので損をしてしまうのも、デメリットのひとつです。

加入年齢が引き下げられると?

現在発売されているトンチン年金では、加入年齢が50歳からとなっています。

そのために毎月の保険料も高額になりがちですが、もしからしたら今後は加入年齢が下がって毎月の保険料が低めになる可能性もないとは言い切れません。

仮に、最初の契約条件で30歳から加入できるとしたら、毎月の保険料25,000円を40年間支払い続ければ同額の支払総額になります。

期間が長期になれば保険会社の運用期間も長く取れるので、もう少し安くなるかも知れません。まぁ月額20,000円としておきましょうか。

20,000円は安くはないですが、国民年金に不信感を抱き、人生100年時代に不安があるなら加入しても良いかな…と思うかもしれませんね。

が、ハッキリ言って、止めておいた方がいいです。

月20,000円を40年間支払い続ければ総額960万円なので、年額60万を受け取っても回収するまでに必要な期間は16年。40年なら国民年金と同じ加入期間ですし、それで保険料は高く、受給額は少ないのですからメリットは何もないですよね。

保険会社が存続しているかもわかりませんし…基本的に民間の保険会社には、こちらのメリットが大きい保険はほとんど存在しないのが現実です。

トンチン年金に加入するなら自分で運用しよう

トンチン年金に加入するくらいなら、自分で資産運用をすることをお勧めします。そのほうが、遥かにメリットが大きいからです。

株式投資では保有している株数に応じて配当金を受け取れます。配当金はせいぜい年間2~3%ですが、株を保有している限り受け取れるのは、終身年金と同等の意味を持ちます。

僕は米国株への投資を推奨していますが、仮に50歳からトンチン年金で支払う月5万円を米国株に投資し、毎年税引き後2%の配当を受け取り、配当金は再投資していくとします。

1年目は60万円の元本に対して配当金が1.2万円、2年目は元本120万円と配当金を合わせた121.2万円に対して配当金が貰えます。

年数元本配当
1年目600,000円12,000円
2年目1,236,240円24,240円
3年目1,872,965円36,725円
10年目6,701,229円131,397円
20年目14,869,990円291,568円

このように配当を再投資することで、70歳の頃には元本が約1,500万円になり配当金が約30万円受け取れます。

実際には、毎年増配していく企業が多く、株価の値上がりも見込めるため、元本も配当金もこれより多い可能性は高いですね。

そして70歳以降は元本から約30万円を切り崩し、配当金を合わせて生活の足しにします。元本を切り崩すことで配当金も減っていきますが、それでも20年後(90歳)時点の元本は約960万円、年間配当は約18万円です。

高齢になれば生活に必要なお金も減っていきますから、同じ年金額を貰い続ける必要性は高くないと言えるのではないでしょうか。

もちろん、株価の変動もあるのでこの通りにはいきませんが、米国株は長期的には上昇、配当金も増加していく可能性が高いのが事実です。

また、50歳からではなくもっと早いうちから投資を始めることで、複利の力によって大きな資産を得ることができます。

仮にトンチン年金の加入年齢が引き下げられて毎月の保険料が少なくなったとしても、保険商品である以上は保険会社に多くの手数料が取られていることを考えると、自分で運用することに大きなメリットがあることは間違いありません。

まとめ

保険は保険会社に取られる手数料が大きすぎるため、保険で貯蓄・運用することはお勧めできません。

自分ではとても資産運用なんてできない…なんてことはありません。あなたが思っているより、資産運用は簡単なのです。僕が米国株への長期投資でやっていることは、定期的に米国株を購入するだけ。

今は株価が高い気がするから買うのはやめようとか、株価が暴落したから早く売却しないと…とか一切考える必要はありません。ただ、定期的に購入(積立)するだけです。

それで資産運用と言えるのかと疑問に思われるかと思いますが、それが僕のような経済に疎い庶民ができる最適な投資であると考えています。

こちらの記事も参考に!

米国株投資について知りたい方はこちらをご覧ください。

【初心者にもお勧め!】米国株投資のメリットとデメリット
これから投資を始めたいと考えている人には、米国株投資をお勧めします。米国株投資は英語ができなくても大丈夫ですし、金融や経済の知識がなかろうが問題ありません。とはいえ、何も知らずに始めるのは恐いですよね。知識がなくても問題な...

保険で必要なのは小さな子供がいる家庭の生命保険くらいです。

無駄な保険には加入しない!無駄かどうかの基準って何?
日本は世界的にみても民間保険への加入率が高く、保険に加入するのが当たり前のような風潮すらあります。保険は人生で2番目に高い買い物と言われることもありますが、はっきり言って多くの人はそんな高い保険料を支払う必要はありません。にもかか...

コメント