【男の簡単節約料理】鶏むね肉の簡単レシピ2品~揚げない唐揚げと生姜焼き~

アイキャッチ簡単節約料理

はい、今回の簡単節約料理は鶏むね肉を使用したレシピ2品の紹介です。

鶏むね肉は節約の王道でありながら栄養価も高く、味は淡泊なので味付け次第でとても美味しく食べられる貴重な存在ですね。

ただ、鶏むね肉は食感がパサパサするのがちょっと…という方もいるでしょう。しかし、鶏むね肉はちょっとした工夫でパサパサ感はなくなり、ジューシーな一品として食卓へ出すことができますよ。

スポンサーリンク

鶏むね肉のソテー~揚げない唐揚げ風味~

まずは揚げずに作る唐揚げ風味の鶏むね肉レシピです。

男の簡単節約料理ですから、材料はとてもシンプル。

  • 鶏むね肉…200~300g
  • 唐揚げ粉…適量
  • 付け合わせの野菜…好きなだけ

…もう説明せんでも作れるよな?

完成した写真がこちら!

鶏むね肉のソテー

このボリュームで一人前わずか150円ほど!野菜を含めても200円くらいかな。…おや、どこかから作り方を端折るのはやめろという声が聞こえるので、一応作り方を説明しましょう。

まず鶏むね肉は大きければ線の方向で半分にカットしますが、大きくても良いよというならそのままでも。

鶏むね肉をカット

そしてパサつかないためのポイントがこちら。

鶏むね肉のそぎ切り

はい、鶏むね肉は薄めにそぎ切りすることです。

鶏むね肉がパサつくのは、水分が少ないからですね。にもかかわらず大きい塊で焼くと、中に火が通るまでにどんどん水分が抜けていき、出来上がる頃にはパサパサの食感になってしまいます。

それを薄めのそぎ切りにすることで、パサつくことなく短時間で火を通すことができるというわけです。

鶏むね肉のそぎ切り2

おお、こうしてみるとなんだかマグロのような美しいビジュアルじゃないの。ちなみに、繊維を断ち切るように切ると良いと言われますが、繊維ってどうなってんのかよう分からんすよね?

ぶっちゃけ、そんな気にしなくても大丈夫です。だって、男の料理だかんね。横に向けたとき、高いほうを奥にして切っていけばとりあえず問題ありません。多分。

鶏むね肉の置き方

で、全部切れたらボウルに入れ、唐揚げ粉をまぶします。

唐揚げ粉

サンディで89円で売ってました。すでに開封済みなのでクシャクシャなのは気にしない。

唐揚げ粉をまぶす

量が多いときは袋に入れてモミモミしたほうが万遍なくまぶせそう。今回は所々薄くしか付きませんでしたが…男の料理だかんね。そんなの気にしない。

これをフライパンで焼いていきます。揚げるわけではないので油は少量でオッケー。中途半端に油を入れるとベタっとするので、ほんとに少量で焼いていきます。

鶏むね肉を焼く

できればお肉が重ならない大きさのフライパンを使いましょう。

薄く切ってあるので、火はすぐに通ります。両面に良い焼き色が付けば盛り付けましょう。

盛り付け

揚げずともしっかりと唐揚げの風味がする、鶏むね肉のソテー唐揚げ風の完成です!

しっかりと全体に唐揚げ粉をまぶせば、焼いたときに白い部分がなくなるので見た目も良くなりますよ。あたしゃそんなの気にしないけどね。

鶏むね肉の生姜焼き

もう一品は鶏むね肉の生姜焼き、材料はこちらです。

  • 鶏むね肉…200~300g
  • にんにく・生姜…1片
  • 醤油…大3くらい
  • 付け合わせの野菜…好きなだけ

作り方は簡単。

にんにく・生姜はすりおろして醤油と混ぜ合わせ、そぎ切りにした鶏むね肉をしばらく漬け込んで焼くだけ!

鶏むね肉の生姜焼き漬け込み

上からラップしておくと、少なめの醤油でも全体に味がなじみます。

これをフライパンで焼いていきますが、今回はなんとなくごま油を使ってみました。なければ普通のサラダ油で良し。量はちょっとで良いですよ。

鶏むね肉の生姜焼きを焼く

薄めに切っているので、中まで火が通っているかの心配をする必要がありません。

火の通り具合

片面を焼いているだけでも、火の通り具合がわかります。ただ、今回は醤油漬けにしてあるので焼きすぎると焦げ臭くなりますから気を付けろ!

両面焼けたら盛り付けて完成。

見た目は唐揚げ風と一緒ですが、味はしっかりと生姜焼きです。美味い!そして柔らかい!

ここだけの話、実は最初は違うものを作ろうとしていたんです。

漬け込むところまでは一緒ですが、焼く前に片栗粉をまぶしてから少量の油で焼き、竜田揚げ風にしようと思っていました。

それがなぜ生姜焼きになったかというと…これを作ったのが1日漬けた後だったので、ただ片栗粉をまぶすのを忘れただけ(*´Д`)

すでに初老の域に入ったので、記憶力の低下が恐ろしいです。

次こそ竜田揚げ風のリベンジや!!

コメント