【意見求む】投資信託の分配金自動再投資は税金の先送りができるので有利なのか?

投資信託の無分配型は、分配金を自動で再投資してくれるから、税金の先送りができて複利運用に有利だ!!と言われています。

確かに税金を支払う必要がなければ、元本が大きくなるので複利運用にとって大きな意味があることは理解できます。

ただ、僕はあまり詳しいことは知らないので、前々から疑問に思っていたことがあるのです。

スポンサーリンク

本当に有利なのか?

僕たちが個別株やETFで配当金を受け取る際には税金が発生します。

もちろん、投資信託とはいえ分配金が出れば基本的には税金が発生しますが。

でも、よくよく考えると投資信託も個別株を保有しているのは同じですよね。

ってことは、投資信託が企業から配当金を受け取った時点で課税されており、それを再投資しているなら個別株やETFと同じちゃうの?って思っていました。

なんなら分配金を受け取ってしまえば余計に税金支払うハメになるのでは…?

という疑問ですが、これは何となく解消されました。

どうやら、投資信託が企業から配当金を受け取る時点では課税されないそうですね。

企業→投資信託→個人投資家と課税されれば二重課税となるので、それを避けるということらしいです。(合ってる?)

そのため、やはり投資信託の分配金を自動で再投資できれば、有利であることは間違いなさそうです。それはそれで、個人的にはちょっと投資信託の優遇が気に入りませんけど…

でも、法人税を加味すればどちらにせよ二重課税になっているんですね。

ゼイキンタイコク・ニッポン!!

新たなる疑問

さて、疑問が自己解決してしまったわけですが、ここで新たな疑問が生まれました。

それは、投資信託が配当金を非課税で再投資できるなら、同じインデックスに投資をしている投資信託とETFなら投資信託のリターンが優るのか?ということ。

単純に考えて、複利効果が活かせる投資信託のリターンが高くなると思ってしまいますが…

ここでポイントになるのは、投資信託とETFの信託報酬でしょうか。

信託報酬の安さでいえば、ETFに軍配が上がるのは間違いありません。

楽天VTIが約0.12%に対して、本家VTIは0.04%と3分の1程度です。ただ、ETFなら毎回売買手数料が必要になるのに対して、楽天VTIの購入手数料は無料。

結局、複利効果が活かせても信託報酬が高く取られる(十分安いですが)投資信託と、ETFのリターンは大して違わないのでは…?

個人的には、現状のネット証券手数料は資金が多いほど割安になることを考えると、資金が多い人はETF、資金の少ない人は投資信託の方がいいのかなぁなんて思ったり。

毎月数万円くらいしか投資資金を捻出できない人がETFを購入するなら、NISA口座で購入しないと購入手数料が馬鹿にならないですからね。

でも正直、どっちがどうなのか全然分かりません。

教えてエロイエライ人

最近、友人の一人が投資に興味を持ち始め、投資信託の本を買って勉強を始めたそうです。

一応、アドバイスを求められたら知っている限りを伝えようとは思いますが、僕は投資信託に関してはイマイチ理解がありません。

いや、株式投資そのものですら、深い知識は持ってませんけどね。

それでも凡人ができる投資で最適なのは、米国株に投資を続けることであるとの理由は説明できるし、それくらいでも十分だと思っています。

それ以上は、経済が好きで投資を趣味にできるような人でないと、理解できないことが多いと思います。

ということで、結局投資信託とETFは税金の先送り効果や信託報酬の差などから、同じインデックスを対象にしているならどちらが有利なのか分かる人がいれば教えていただければ幸いです。

おしまい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. どうも初めまして。
    この件については、私も興味深いと思っている点です。
    記事中に出ていたVTIについては、以前簡単にシミュレーションしています。
    http://siegeljiro.com/rakutenvti-vti
    参考になれば幸いです。
    投資信託の課税繰り延べ効果は非常に有利ですが、現時点では信託報酬や隠れコストの差を覆すほどにはならないのではないかと思っています。
    仮に投信が有利だとしても、税制上の不平等な優遇で成り立つ歪なアドバンテージなので、やはりトータルで見ればETFのほうが安心感がありそうです。

    • hide より:

      コメントありがとうございます。
      記事拝見させていただきました。

      正直、比較するにしても前提条件を仮定する時点で、その前提条件がどれだけ効果的なのかも分かりづらいですし、リターンを比べても仕方ないのかなとは若干思っています。
      投信・ETFは資金面によって使いわけるのが無難なのかなという印象ですね。

      資金が大きいと信託報酬の差もバカになりませんし、一度に多額の購入ができれば手数料比率も下がりますから、ETFは金持ちがより金持ちになるための商品…ということでしょうか。笑
      一般NISAが恒久化されれば、ETFの購入手数料が不要になるので話は変わってきそうですが…

      税金を支払うことに関しては納得しますが、不平等な税制は改正してもらいたいですね。