【ぶらりバイク旅・香川編②】長崎の鼻と獅子の霊巌で見る夜景

長崎の鼻バイク旅

※重要なお知らせ

諸事情により画像データが消えてしまいました。読みづらいところがあるかと思いますが、現在復旧中ですのでご勘弁。

京都から四国へのバイク旅、前回はフェリーで香川に上陸したところまでを書きましたが、今回は香川に降り立った初日の出来事です。

スポンサーリンク

長崎の鼻

うどんを食べてから向かったのは、(香川やけど)長崎の鼻というスポット。長崎の鼻は、瀬戸内海に突き出した高松市屋島の最北端にある岬?

行き方は(高松駅方面から)屋島大橋を渡り、二つ目の交差点「屋島西町」を左折。そこからひたすら道なりに直進していくと、徐々に細い道になっていきます。途中までは家が立ち並んでいますが、あるところから一気に人気がなくなり左は海、右は山という風景に。

そのまま道なりに進むだけだとぐるっと一周してしまうので、分かりにくいですが途中の分岐点を見落とさないようにしないといけません。

長崎の鼻分岐

この分岐の左側を進んでいくと「長崎の鼻」に到達します。が、ここからは舗装されていないうえに車で離合するのも難しいので、気を付けて進んだほうがいいです。

この画像はGoogleマップから切り取ったんですが、なぜ現場で写真を撮らなかったかと言うと…

すでに日が落ちて真っ暗闇だったんです(´;ω;`)コワイヨゥ…

上の画像の分岐に行くまでも真っ暗でちょっとビビり気味だったんですが、分岐からさらに恐怖でしたよ。足場は悪いし前はあんまり見えへんし、イノシシかなんか野生動物に注意って書いてあるんでね。

で、なんとか無事に長崎の鼻まで辿り着いたんですが、駐車スペースには車数台が止めれるようになっていますね。しかし、あんな道で何台も来たら道中大変やで…

そんな観光スポットでもないのか他に人はおらず、照明とかも一切ない状態なんで…

長崎の鼻

暗すぎてまともに景色を楽しめる状況じゃありませんでした。

真っ暗のなか、肝試しのように恐る恐る階段を降りていくと…うん、悪くない景観を眺めることはできました。

長崎の鼻

でも正直なところ、不気味すぎてあれこれ探索しようという気にはなれず、あっという間の滞在ですぐさまこの場を離れました。

暗闇のなかこんなこんな階段を降りなあきませんからね。

長崎の鼻

写真やから少し明るく見えるけど、実際は真っ暗です(-_-)

教訓「長崎の鼻は昼間にいくべし!」

いや~、久しぶりにチビッたぜ。(チビったんかい)

獅子の霊巌(ししのれいがん)

心霊スポットを後にして向かったのは、屋島山上にある「獅子の霊巌」という展望スポット。

地図やとどういう経路で行けるのか今ひとつ分かりにくかったですが、屋島スカイウェイをひたすら上っていくと駐車場があり、車・バイクを止めてそこから歩いて向かいます。

コロナ禍・平日ということもあるのか、僕以外に山頂へ向かう(降りてくる)車が一切なく、ここで合っているのかという不安もありましたが、ロードバイクで上っている強者がいてビックリしました。

そこそこな上りと距離やったけど…根性ですね。

駐車場に着くと数台の車が止まっていましたが、周りに人の気配は一切なし。なお、駐車場は車が1回300円、バイクは200円です。20分までの利用は無料とのこと。

獅子の霊巌・看板

駐車場にはこんな看板があるんですが、ぶっちゃけここからどう進めばいいのか全然分からん。なんかもっと観光スポットで案内があるのかと思っていただけに、どうしたもんかと迷いました。

とりあえず奥に進んでみようと歩き出しますが、なんせ辺りは暗いし道が合ってんのかも分からんし、期待と不安の割合で言えば0:100でしたね( ゚Д゚)

で、少し歩くと目の前には地獄の入口が…

獅子の霊巌

こ、ここを進めと?

写真やから少し光量ありますけど、現場は真っ暗ですよ。ホラー以外なにものでもない。キョンシー出てくるわ。

獅子の霊巌

いや、もう道が合ってるかどうかより、こんなとこ入っていいの?お坊さんに怒られそうな気しかしませんが…

さすがにこれ以上進むのは厳しいと思い、駐車場まで戻ることにしました。途中で調べてみても、やっぱり獅子の霊巌は夜景を見れるってことで行けるはずなんですけど、あの道を進めってか?マジで?

で、駐車場に戻るとちょうど車が一台やってきて、中年の夫婦?カップル?がそのまま奥のほうへ向かっていったので、少し迷いつつも再度突撃してみることにします。

恐る恐る先ほどの道を進み、足元に道しるべになっているようなタイルの部分があることに気付いたので、それを頼りに前進。

獅子の霊巌

昼間やとそれなりに綺麗に撮れるカメラやのに、周りが暗すぎて全然まともに撮れない…

暗闇を進むと、ようやく照明が用意されていました。

獅子の霊巌

いや、もうちょっと手前からちゃんと案内してくれよ。長崎の鼻といい、僕は香川まで肝試しに来たのかよ…

この右側の奥へ進んでいくと、昼間は営業していそうな店舗みたいな家があり、そこを抜けると念願の夜景スポットに到達です。

獅子の霊巌
獅子の霊巌

いいですね~。道中、不安に苛まれまくりでしたが、そんな不安を一掃してくれる見事な夜景でしたよ。

短いですが、動画で撮影したのでぜひご覧ください。

獅子の霊巌からの夜景

このときは動画を上げるつもりじゃなかったけど、もっとじっくり撮影しとくべきでしたねぇ。

この辺りは他にも見れるところがあるようですが、さすがにこの暗闇で探索するのは厳しいので、今回は獅子の霊巌だけ堪能して戻ることにしました。談古嶺(だんこれい)というスポットにも行きたかったんですけど…

ネットで調べたら当たり前のように見れるように書いてありますが、ハッキリ言って、ここは初見で夜景だけを見に行くのは難しいですね。行くならせめて懐中電灯は持参したほうがいい。できるなら明るいうちに一度訪れて地形を覚えておいて、夜に見に来るのがいいんじゃないでしょうか。

ということで、これにて京都~三宮~高松(屋島)の初日が終了。

この日は高松駅近くの「ゴールデン高松」という源泉かけ流しラドン温泉がウリのカプセルホテルに宿泊しました。バイク旅は疲労感もパネぇからお風呂にゆっくり入るのが大事!これマメな。

カプセルは身長が180㎝くらいあるとちょい狭いですが、温泉+宿泊で2,500円なんでコスパとしては非常にいいんじゃないでしょうか。

明日は「こんぴらさん」でお馴染みの金刀比羅宮を目指します。…今初めて知ったけど、金刀比羅ってこれで「ことひら」って読むのね。

金刀比羅宮の修行

コメント